佐藤B作

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 
佐藤B作 おすすめDVD 佐藤B作 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
振り返れば奴がいる DVD-BOX

(購入者の評価)
見所は何といっても織田さん演じる司馬先生の一挙手一投足。
これでもかというほどの悪党でありながら彼なりの医師としての信念を持っている。
私は「清く正しく美しく」の石川先生よりも人間味が感じられて好きです。
医療もののドラマが好きな方には是非見てほしいと思います。

千堂さんはきれいですし、松下さんもかわいらしいです。


下落合焼とりムービー

(購入者の評価)
ビデオカセットでも持ってましたが、いつの間にかテープにカビが生えて再生不能・・・DVD化待ってましたよ!でも・・・ジャケットがイマイチ。ビデオの時の方がよかったなぁ・・・


伊東四郎生誕?!七十周年記念「社長放浪記」

(購入者の評価)
 伊東四朗生誕70年を祝う記念の舞台。三谷幸喜作で、三宅裕司演出・出演の超豪華版に仕上がっています。脅威的なのは、御年70歳にて全編出ずっぱりの伊東さんでしょう。これほど、動ける70歳はいないです。もう、国宝と言っても過言はない!
 共演は中村メイ子・藤沢恵麻・佐藤B作・山口良一・東貴博・伊東孝明(伊東四朗さんの息子)・河本千明(SET期待の女優)のメンバーの中で、特筆すべきなのは、藤沢恵麻でしょう。彼女自体の演技はさほど期待は出来ないが、でも、素の魅力と言ったほうが適切だと思いますが、”天然ぼけ”に説得力あるので、松原千恵子から沢口靖子へ受け継がれている”天然ボケ”女優の系図を是非受け継いでほしい(誤解されるかも知れませんので、付け足しますが、これはほめ言葉です)。


暴れん坊将軍 DVD 先駆け版

(購入者の評価)
これは、暴れん坊将軍放送500回を記念して(実際にはその直前でしたが)放映されたものです。
記念作品らしく、主役側悪役側ともにキャストも豪華で、吉宗の宿敵である宗春や薩摩藩主も登場、歴代お庭番のみなさんも特別出演しています。(殉職されたはずの方もいますが、そこはツッコまないであげてください)
以下あらすじです。
吉宗の親友、結城一真(勝野 洋)に助けられた遊女、奈美(栗田陽子)は、死の間際に目安箱に投じた。
彼女たちは琉球の王族、金城貢(沢 竜二)とともに吉宗に琉球の舞を見せに来たが、薩摩藩江戸家老、鏑木軍兵衛(大門正明)たちにより金城以下男たちは皆殺しにされて貢物はすべて奪われ、女たちは吉原に売り飛ばされたとのことだった。
吉宗たちは妹の留美(柏原芳恵)とともに真相を探りにかかるが、証拠は全て鏑木によって消されてしまう。
そして意外な真相を知った吉宗は留美とともに琉球に向かうのであった……。


「アパッチ砦の攻防」より 戸惑いの日曜日

(購入者の評価)
三谷幸喜の作品と思って購入しました。とにかくコメディーに必要なテンポが非常に悪く(遅く)、そのため、途中でたびたび我にかえってしまいます。畳みかければいいものを無駄な小芝居を長々とやるもんだから、観客は退屈し、いろいろ考えてしまって矛盾にどんどん気がつきます。たぶん、上演時間を2/3位に縮めればおもしろく見ることが出来たのでしょうけれど。最後まで見るのに努力がいります。おすすめできません。

その場しのぎの男たち

(購入者の評価)


史実をここまでのコメディーに仕立て上げる手練れを、
この現代日本で三谷幸喜以外に見出せるだろうか?

教科書でしか知らない人物が、しょーもないところまで
生きた日本人として蘇るさまは見事であるし
それ以上に喜劇作品として見ても申し分ない点は
ただただ見事である。

私は初演も観た一人であるが、贅沢を言えば
伊藤四郎版も観直したいものだ。


ナニワ金融道 3

???1996年〜2005年、全6回にわたりフジテレビ系で放映されたSMAPの中居正広主演のスペシャルドラマ。原作は青木雄二による同名コミック。脚本は『踊る大捜査線』の君塚良一が手がけ、コミカルでテンポのよい作品に仕上がっている。ナニワの金融会社・帝国金融に入社した青年・灰原達之(中居正広)が、金に翻弄される人間の哀しさ、図太さ、したたかさを目の当たりにしながら、“大阪一の金融屋”を目指す姿を丹念に追っており、見ごたえがある。借金、債務取り立てなど、生々しくなりがちなテーマも、魅力的な女性ゲストを配することで、親しみやすく華やかに見せていて好感がもてる。灰原を導く先輩・桑田(小林薫)ら、渋い男性陣の活躍も必見。(みきーる)

ヘリウッド

(購入者の評価)
あまりにもぶっ飛んだ内容で、説明しにくい。
地球人の植物化を企む宇宙の悪漢ダンス。なんとロックの神様・遠藤賢司が演じておられる。監督がどうしてもエンケンの音楽を使ってミュージカルを撮りたかったらしく、『東京ワッショイ』『通好みロック』などが使用されている。
荒唐無稽で下品なストーリー。
だが手作り感覚が溢れた味わい深い作品。
ラストはエキストラを含めた登場人物全員が、『歓喜の歌』を大合唱する。
35歳のエンケンの姿を拝む為に買いました。マニア向け。


わが町〜「殺意の楔」より〜

(購入者の評価)
この作品を最初観たとき。
殺人事件があって、謎解きもとても面白かったのだけど。
それ以上に、下町の風景は情緒あって良いし。
主人公を含め、登場してくる人達の、個性が細かく映されていたのが、面白かったです。
とくに、主人公が妻を想うところが、たくさん描かれていて。
そこも、大好きな理由です。
事件が起こると、必ず嫌な感じが残ったり、悲しかったりするのだけど。
主人公の優しさに救われる、そんなドラマだと思います。

観る価値、十分だと思います。


新・お水の花道 Vol.1

新・お水の花道 Vol.2

新・お水の花道 Vol.3

新・お水の花道 Vol.4

男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎

(購入者の評価)
 今作品は、マドンナに中原理恵を迎えて、複雑にからんだ話です。そして懐かしい顔も見られたり(舎弟の登)、寅さんが説教したり。
 男はつらいよを見てると、自分も旅をしている気分になれる、日本中のきれいな景色を見たり、いろいろなお祭りを見たり、また、今の世の中殺伐として世知辛いこのご時世、ちょとだけ昔の人情味あふれた人と人のふれ合いなどを感じられる、ちょっと疲れたとき見ると良いですね、私なんか続けて3本も4本も見る時があります、気の利いた名ぜりふに名場面、いい映画て何回でも繰り返して見れるもんですね。
 今作品は、マドンナ風子に「寅さんがもう少し若かったら あたし 寅さんと結婚するのに」て言われたり、寅さんが「俺が話をつけた」と言うと風子が「寅さんとは関係ないのよ」怒鳴る、櫻のセリフに「幸せな恋もあれば 不幸せになる恋だってあるでしょう」「不幸せになると分っててもどうしょうもなかったのね」いいセリフです。


蕾のルチア

(購入者の評価)
高樹さんのベッドシーンは2回ありますが、乳首は見えません。
ベッドシーン以外のサービスシーンはありません。


竜馬の妻とその夫と愛人

なめくじ長屋捕物さわぎ

(購入者の評価)
原作が都筑道夫、元のドラマが1990年放映。
マニアすぎます。絶対レンタルにないだろうと思ったら、TSUT●YAにあるじゃん…

当時放送を見てたので、懐かしさもアリですが、なんというか全体的にチープな出来です。
単発2時間ドラマだから?
セットのショボさを見ても、原作を無視した能天気なシナリオにしても、ドラマというよりはコントとして制作されたのではないか、という気がします。
都筑ファンには、映像化されただけで価値があると捉える向きと、原作の世界観ぶち壊し、と憤る部分があるかもしれません。
まぁ、原作どおりだとゴールデンタイムに放映できそうにないですから、しょうがないですかね…

同世代の人には「月曜ドラマランドみたいな出来」と言うとわかってもらえるかなぁ。
軍団はそれなりにハマリ役だと思うので(マメゾーが伴内なのはどうかと思うけど)楽しむために見るならアリ。


わが町〜「殺しの報酬」より〜

男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎〈シリーズ第33作〉

(購入者の評価)
シリーズ後期の作品だが、84年製作とは思えないほど、寅さんや風子といった管理社会から疎外されている連中の存在感が現実味を帯びて活写されている。とりわけ北海道を舞台した前半が素晴らしい。そういう意味では、東京に舞台が移ってからはどうしても話が低調になってしまう。毎度のパターンで寅さんをふったマドンナが最後に結婚してしまうのは、この作品、この中原理恵についてはいかにも取って付けたような印象を受ける。熊の着ぐるみも、観客層の寛容を当て込んだ確信犯的匂いがする。あまり久しぶりなので顔が変わっちゃった登との再会など、ファンは必見のシーンもある。

わが町〜「大いなる手がかり」より〜 87分署シリーズ

>> つづきをみる

センター試験突破問題集数学II・B―元センター試験作問委員がズバリ予想する!

(購入者の評価)
センター試験の元作問委員として知られる佐藤恒雄先生による、分野別編集のセンター対策本。基本事項の確認用の小問は収録されていないので、入試基礎レベルをひととおり押さえた人の力試し用となる。

収録問題がすべてオリジナル問題であるのが最大の特徴。過去問を扱った問題集や予備校の講座で扱う問題と「かぶらない」ことを最大のメリットと考えよう。

正直言うと、もう少し問題数が多くてもいいのだが、これだけの数の問題に対して、出題の狙いやつまずきのポイントまで説明している本は他になく、特にセンターの配点の高い大学・学部の志望者には嬉しいはず。

佐藤先生は旧課程時代にも模試形式の問題集を出されていたことがあり、今回の「突破問題集」にも一部同じ問題が使われている。


センター試験で必要とされる力〈数学II・B+I・A〉―元センター試験作問委員がズバリ教える!

(購入者の評価)
佐藤恒雄先生といえば、ここ最近ばかりでなくかなり前から学参を精力的に出されている先生なのだが、最近脚光を浴びるようになったのは、元センター試験作問委員だった立場を生かし、オリジナリティのある本を出すようになったのがきっかけで、今回も、専門的な立場からセンター試験について語っている。

佐藤先生ご自身が作問に関わられた問題に関しては作問委員のやりとりまで収録されており、筆者は大変面白く読ませてもらったが、それはあくまで「個人的に」であって、当の受験生がこれを読んでどう感じるかは正直言ってわからない。

センター試験に限らず問題を解くときにどういう力が働くか、それらを分類し、我々に意識させたことは評価したいが、さらにその先、つまり具体的にどうやったら個々の力を伸ばせるのかというところまで踏み込んでくれないと、受験生は満足しないと思う。


東京ヴォードヴィルショー〈part 2〉舞台は舞台、本は本 (1982年)

東京ヴォードヴィルショー (1981年)

東京ヴォードヴィルショー〈part 3〉暁にほえる!地球防衛軍 (1983年)

東京ヴォードヴィルショーグラフィティ (1983年)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4