佐藤寛之

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 
佐藤寛之 おすすめDVD 佐藤寛之 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ドレミソラ DVD-BOX

(購入者の評価)
テレビで放送されていたときから大ファンでした。
毎日30分ずつでも楽しかったんですが、次が気になって気になって・・・。
でも、やっとDVD発売!もちろん購入しました!
30分のドラマが続けて見れるので、とっても面白さが増します。
気になっている方はぜひ購入してみてください!
ハマると思います!


FIRST SOLO CONCERT 寛之・山本・赤坂・敦啓 1994

(購入者の評価)
やっぱり買って良かった!届いてからずっと何回も見てるけど自然と顔がニヤけてしまう…。山本くん最高です!4人全員個性が出てて本当飽きないし他のもいろいろライブDVDも見たくなりました!

青春の門

???昭和初期、九州の筑豊に生まれた伊吹信介は、義母のタエ(松坂慶子)と炭鉱事故で壮絶な死を遂げた英雄でもある父・重蔵(菅原分太)の威信を背負いながら成長していく。そして高校生になった信介(佐藤浩市)は幼馴染の織江(杉田かおる)らを通して性に目覚め、青春の門を潜り抜けていく……。
???五木寛之のロングセラー大河小説の第1作「筑豊篇」、2度目の映画化。ここでは前半部、東映製作らしい任侠映画的雰囲気が濃厚に醸し出され、後半は信介の青春映画として機能していく構成で、初の映画化たる東宝版よりも原作のテイストに近いものに仕上がっている。監督は蔵原惟繕だが、前半部の任侠的シークエンスを深作欣二が担当するという共同監督システムで完成させた。松坂慶子の大胆な濡れ場も大いに話題となった。また、これが初の映画出演となった佐藤浩市と、天才子役からティーン女優として人気を得ていた時期の杉田かおるの初々しい好演も忘れがたい余韻を残している。(増當竜也)


青春の門 自立篇

???昭和29年、高校を卒業して筑豊を飛び出し、東京の早稲田大学に通うことになった伊吹信介(佐藤浩市)は、そこで石井(渡瀬恒彦)の厳しい指導の下、ボクシングを習う一方、新宿二丁目のインテリ娼婦カオル(桃井かおり)と知り合い、その不思議な魅力に惹かれていく。そんな折、信介を慕う織江(杉田かおる)も上京してきたが……。
???五木寛之の自伝的要素も濃い大河ロングセラー小説、その東映版映画化の続編。今回は蔵原惟繕監督の単独演出であり、戦後の東京で社会や人にもまれながら成長していく主人公の姿をビビットに捉えながら、生と性と死を多分に意識したリリシズムあふれる内容のものに仕上がっている。後半、名優・萬屋錦之介が侠客・人斬り英治役で特別出演し、青年にはまだ理解しきれない当時の大人の理屈に説得力を持たせているのがいい。(増當竜也)


青春の門-筑豊篇- DVD-BOX

(購入者の評価)
今春、TBS系列で2夜連続で放送された作品のDVD化。過去に何度か映画化、ドラマ化された有名な作品である。今回は前・後編2部構成でドラマ化され、前半は信介の幼少時代、そして前半後半から後編は青年
時代が描かれてる。鈴木京香、佐藤浩市、緒形拳などベテラン俳優陣の中でもっとも光っていたのが若手の新星、石田卓也であろう。この作品が初出演作品だそうであるが、堂々とした演技でかつ、
信介のイメージにとても近い個性の役者でぜひ鑑賞の際、注目してほしい。この秋には映画「蝉しぐれ」の公開や来年には「夜のピクニック」の映画化に出演し、今年後半から2006年にかけて注目の若手俳優のひとりである。なお、今回、DVD化にあたり、新しく追加編集を施した「ディレクターズカットバージョン」で収録されている点も今から発売が楽しみである。


>> つづきをみる

+act. mini Vol.1(プラスアクトミニ) (ワニムックシリーズ 109) (ワニムックシリーズ 109)

(購入者の評価)
ROOKIESが好きな方は絶対に買うべき!
表紙にROOKIESの皆が映っているのに惹かれて買ったのだけれど、ここまで内容もROOKIES一色だとはびっくり。
写真も一人一人が4ページに渡って載っているので、どの俳優さんが目当ての方でも満足出来ると思います。
私は佐藤健さんが目当てだったのですが、まるで写真集のようなカットでとても楽しめました。


完璧版 爬虫類と両生類の写真図鑑 (地球自然ハンドブック)

(購入者の評価)
これは爬虫類・両生類好きには非常にお薦めできます。
図鑑といえば記述の正確性も大事ですが、パッと見て「これが○○だ」と分かるような写真も非常に重要です。
この図鑑に載っている写真はどれも色鮮やかで鮮明です。

亀なら甲羅のマット感と硬質さが、蛇なら胴体のうねり具合や艶やかなウロコの質感が、蛙なら濡れた体表と吸盤の柔らかさがそれぞれの色合いとともに伝わってきます。
実際に見てもらえば分かりますが、写真に関しては他の図鑑とは明らかに一線を画しています。
また珍しい生物なども載っており、その中には前肢しかないアホロテトカゲなども掲載されていたりと、内容も充実しています。

これほど見ていて楽しい図鑑はないですね。


Mozilla Firefox完全攻略ガイド―今注目のブラウザーを使いこなす!

(購入者の評価)
Firefox の初級解説書です。ムック本なので、雑誌の特集記事を拡張したような内容・構成となっています。記事の関連性は薄いので、興味のある記事だけ拾っていけばよいでしょう。

Firefox の入門者には「Firefox 乗り換え&拡張機能ガイド」との比較検討を勧めます。本書は Firefox の入手方法とインストール手順から解説をはじめますが、その次はいきなり「特集1 Internet Explorerユーザーに差をつける」と題して「ライブブックマークでRSSを使おう」となっています。本書の主な対象層はパソコンに慣れた方なので、Firefox の基本操作は非常に軽い程度の扱いなのです。この点、非常に注意が必要です。

逆にいって、既に Firefox を使用していて、単なる IE の置き換えは済んでいる方にとって、本書は効率よく「一歩上の活用法」を学ぶことができ便利です。タブブラウザ拡張がていねいな図解で解説されているのは、まさに本書ならでは。GUI が用意されていないユーザ設定項目の解説も好記事。

なお、中級以上のユーザには物足りない内容だろうと思います。「ウェブ上で自分の知りたいことを簡単に調べられる」「適当に試行錯誤するだけでタブブラウザ拡張をバリバリ使いこなせるようになった」そういった方々が瞠目するようなすごいテクニックは紹介されていません。あくまでも初級解説書です。

みんなのブログ Vol.3 (2005 Spring) Impress mook

(購入者の評価)
多種多様のブログサービスの中から、私にぴったりのものがこの本を読んで見つけれました。楽しくブログしながらアフィリエイトにも挑戦!初心者には入門書として最適だと思います。

勇気 (光GENJI全集)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4