佐藤慶

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 
佐藤慶 おすすめDVD 佐藤慶 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
水滸伝 DVD-BOX

(購入者の評価)
長年DVD化されるのを待ってました。当時小学校5年・・毎週火曜日が来るのを楽しみでした。今見てみると一流のスターばかりでそのスター達のからみ合いはなかなかのもの。黒沢年男や長門勇、内田良平、田村高広、ハナ肇、丹波哲朗、若林豪、特に揚志役の佐藤允は相変わらずいぶしぎんでカッコイイ・・今では考えられないスターの共演をDVDで見れるのが楽しみ 正月にでもゆっくりしながら見たいね。

日本怪談劇場 DVD-BOX

(購入者の評価)
「怪奇十三夜」と同じく60年後半から70年中盤あたりまで製作された
和製カルトホラーTVシリーズのBOXです。なるほど。「怪奇十三夜」
と同じく1話ごと完結で全13話構成となっており面白いです。ただ、例
外もあり、有名な怪談「牡丹燈籠」「四谷怪談」が前編と後編の2話構成
で私の知っている怪談話と大幅な違いがありますが、視聴者をもっと楽し
ませる為だと思われます。同じストーリーでやってても新鮮味がありませ
んし、結構面白くアレンジしてあるので古典怪談ホラー好きな方ならおお
いに楽しめること請け合いです。虐げられた者が死して幽霊となり、怨み
の主を苛み破滅させる勧善微悪譚。西洋モンスターとはまた違う怖さがあ
ります。この調子で「怪奇ロマン劇場」「日曜恐怖シリーズ」「日本名作
怪談劇場」など未見のカルトTVホラーを発掘していただきたい。★4個。


白日夢(81年)

NHKアーカイブス ドラマ名作選集 「北の海峡」

(購入者の評価)
「ドラマ名作選集」にふさわしい、見ごたえのある作品だと思います。
TVドラマとしては、初出演作品となる織田裕二は、現在の彼からすると
まだまだ、荒削りな芝居であることは否めませんが、それが、このキャラクターを
よく表現している「結果オーライ」につながっていると思えますし、
山崎努が秀逸で、舞台となっている地域ならでは、「漁業問題」も、
しっかり伝わってくる、しっかりした脚本だと思います。
それだけに、視聴者に媚びていませんから、見る側に、真剣に観ることを
要求される作品でもあると思います。
今でも耳にする「北の海域での拿捕」・・・
こういう作品を通して、世の中で起こっている様々な事象に対して、
『自らの考え』を持つことの大切さを感じずにはいられません。


鬼の棲む館

(購入者の評価)
ポルノと見まがうジャケットになっているが、ヌードを売り物にした作品ではなく、正攻法の文芸映画と言って差し支えないと思う。
凄まじいまでの嫉妬心を抑制した高峰秀子の演技が、実に怖い。
一方、新珠三千代の美しさもまた、たいへんに怖い。
凡百のホラー映画では太刀打ちできない心理的な恐怖。
二人に挟まれた勝新太郎が萎縮して見えるほどの、恐ろしさだ。
エロティックな要素に期待せずに、あくまでも文芸映画としてお奨めしたい。


DVD-BOX 大島渚 1

序の舞

(購入者の評価)
女流日本画家・島村松翠の波乱の半生を描いた本作。まだまだ女性が社会進出していない時代、ただひたすらに好きな絵を描くことに、没頭する松翠。しかし、画家の世界も男性主体の色が濃く、彼女は自分の師匠に男女の関係を迫られる。
妊娠、出産、未婚の母、どん底に落とされながらも再び師匠と関係を結んでしまう松翠。わかっていながら深みにハマっていく彼女、割り切れない心理を繊細かつ、力強く描いている。お子様な僕には到底理解できない女のさが、業を垣間見れた様な気がする。


日本の悪霊

(購入者の評価)
原作とはだいぶ内容が異なりやくざ映画になってしまいました。

オープニングの渋川の町並みに流れる岡林のラブジェネレーションが最高でした。30年前劇場で見たはずなのに覚えていたシーンは岡林がリヤカーを引いてガイコツノ歌を歌うシーンだけ。監督はあえて白黒映画で閉塞された時代感とリアル感をだしている。佐藤慶が二役だったとは・・・ラストで村瀬は死ぬのか? やくざと学生運動がどうリンクするのか?答えは自分の中にある。
高橋和巳ファンは小説とイメージが違うので見ないほううがいい。
岡林信康ファンあるいは70年代の日本に郷愁を抱いている向きにはお薦めのDVDです。

刺青

(購入者の評価)
幽霊も化け物も一切出てきませんが、ホラー映画と言ってもさし支えない作品ではないでしょうか。 谷崎潤一郎原作、新藤兼人脚本、宮川一夫撮影という超一流スタッフに支えられて増村・若尾コンビが放った毒の花?凄惨すぎます。 琵琶をあしらった鏑木創の音楽も、ちょっとこれ以外は考えられないという独特の雰囲気をかもし出しています。

室内のシーンは勿論、野外もわざとせまっくるしいセットを使って撮られたこの作品には全編を通してある種の息苦しさがみなぎっています。 殺人シーンのあのむせ返るような生々しさは全増村作品中最高の濃密さ。 刺青を彫られる前から色っぽさと威勢のいいカワいさを(これぞ元祖エロかわ!?)漂わせている若尾文子ですが、女郎蜘蛛を背中に得てからの妖艶さはちょっとただ事ではありません。 彼女を中心にして男と女が繰り広げる地獄絵図は情念の世界を通り越してもはや恐怖の世界。 とにかくこのすごさはまさに論より証拠、見ていただくしかありません。 恐ろしい映画です。 見てください。


國語元年 DVD-BOX

処刑遊戯

(購入者の評価)
一般的には「野獣死すべし」が最高傑作でしょうが、この超スタイリッシュな完全な映画は、村川+優作の到達点ではないか?必ず作られたであろう予算のかかった遊戯シリーズ4作目が死ぬほど観たい!

白昼の通り魔

(購入者の評価)
自由とは何か?男尊女卑、性の解放、犯罪、女性の生き方、都会と地方などありとあらゆる問題を、前半はエネルギッシュなカット割りで、後半は観念的に、社会に鋭くメスを入れた傑作。大島渚の最高傑作だろう。

鬼婆

(購入者の評価)
鎌倉幕府で武士が台頭して貴族社会から武家社会へと時代が変革していくその過渡期
きっと日本中のいたるところでこのような修羅場が繰り広げられていたんだろう

乙羽信子と吉村実子が 己が生きるために落武者を次々と殺し身包みを剥ぐ姑と嫁を演じる
その迫真の演技に背筋が寒くなる 鬼気迫るとはこのことだ

昨今のかっこいい役しかやらない役者には出来ないよね こんな究極の汚れ役


ザ・商社-全集-

(購入者の評価)
ドラマのラストで社主の江坂さんが涙ぐんでいるシーンがあるけどその気持ち痛いほどわかります。レコードコレクターである私も同じような経験をしているからだ。ふがいない自分に涙がでるのだ

帰って来たヨッパライ

蘇える金狼

悦楽

墨東綺譚

(購入者の評価)
<元気コメント>
永井荷風という作家の自由な生き方に共感してついついこの映画を見てしまいます。


中央流砂

(購入者の評価)
川の流れの真ん中あたりを流されていく砂。周囲は皆流れに乗って海へ出て行くのに、自分だけが川の中洲になって取り残されてしまった…。
タイトルには、そんな主人公の孤独感が暗示されています。
テンポの早い推理劇ではありません。
最近のテレビドラマに比べれば、わかりにくく歯がゆいかもしれません。
しかし、これは組織の不条理を描いた、地味ながら緊張感のあるドラマです。
組織の中の一個人に過ぎない者には、陰謀の全体像が明確にならず、告発など及びも付きません。取り残され、まさに砂を噛むような思いを抱くのみです。
「プラハ国際テレビ祭金賞」も、社会主義体制の不条理を良く知る人々の共感を得たからに他なりません。
・・・1976年時点の中村玉緒の見事な演技にも、あらためて着目してください。


処刑遊戯

(購入者の評価)
遊戯シリーズ第3弾。前2作に比べ全編を通して幻想的ハードボイルドな仕上りになっている。
テレビドラマ「探偵物語」と並行して撮影された為、本編はその区別の意味でもおちゃらけ路線を廃し撤頭徹尾シリアスハード路線を貫いている。前2作的なコミカルハードアクションが好きなファンには少し消化不良かも知れないがこの全編を通して流れる幻想的な雰囲気とシリアスストーリーが相まって小憎らしい程の第一級ハードボイルドに仕上がっているのだ。この作品の優作は異様なまでの渇いた表情を漂わせもの悲しげで切ない。これまでの遊戯シリーズでは味わえないコクと切れのある映画だ。一服の清涼剤は時計屋のシーン。ラスト森下愛子との会話を軽いジョークで締めくくった鳴海は木暮の歩道に消える。一代の名ヒットマン鳴海昌平の遊戯は幻想と哀愁を残してここに完結する。


>> つづきをみる

ニューメリカルレシピ・イン・シー 日本語版―C言語による数値計算のレシピ

(購入者の評価)
言うまでもなく、この本はCによる数値計算の基礎事項を
プログラムの実例によって広範囲にわたって説明したものである。

この本の使い方には注意が必要である。もしもロバストあるいは
高速な数値計算プログラムを実装することを目指すのであれば、
この本のプログラムをそのまま使うのはお勧めできない。何故なら、
そうした技術というのは日進月歩だし、最近では数値計算
プログラムを並列化することがごく普通に行われているので
この本に載っているプログラムを修正なしに使うことにあまり
意味がないからである。そうした目的を持つ人は、この本の
プログラムを使うよりも、WEB上でフリーでモダンなソルバーを
検索した方がよいだろう。

私自身は、この本をプログラミング言語としてのCと個々の
数値計算アルゴリズムに関する基礎を学ぶために使った。やること
は単純で、テキストを読み、プログラムをひたすらタイプして、
それを簡単な例題でテストするというものだ。個人的には、
プログラムを書くという作業は、数式をいじるよりも問題を
より深く理解できるように感じているので、この本は非常に
役に立った。全部のプログラムをタイプしたわけではないが、
特殊関数、固有値問題、フーリエ変換、常微分方程式、偏微分方程式の
章は勉強になった。また、そうしているうちに自然とCにもなじむ
ことができた。「教育的価値>実用的価値」というのは、こういった
ことを表している。


臨書を楽しむ〈5〉王羲之 集字聖教序

(購入者の評価)
まずは拡大された拓本と概説。次に倣書できるよう字型別にポイントをわかりやすく解説してありました。書道をたしなむ私にはもちろん、古典に興味のある方にも十分楽しめる内容になっており良かったと思いました。

音韻のはなし―中国音韻学の基本知識 (基本中国語学双書)

白樺分校日記―大自然に育まれた心優しき生徒たち

ロシア狩猟文化誌

遠慶宿縁―佐藤哲英先生追憶集 (1985年)

新版・現代憲法入門講義

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4