佐藤浩市

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 
佐藤浩市 おすすめDVD 佐藤浩市 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ザ・マジックアワー スペシャル・エディション

(購入者の評価)
まず、タイトルの「ザ・マジックアワー」の意味を佐藤浩市が独白し、ちょっとしたサプライズを演出する。ビリーワイルダーの「サンセット大通り」を連想させるオープニング。こう来るだろうなと思った通りにハマル面白さ。期待させます。

前作「THE 有頂天ホテル」は、変に長回しに固執するなど演出や笑いの仕掛けが空回りし、テンポが悪かった。今回も、三谷幸喜流のトタバタですが、それがなんとも面白い。
俳優が、「ホンモノ」のギャングの事務所を撮影の現場だと思い込むなどということは、あり得ないことですが、それをドラマとして納得して見せてしまう力技があります。

そこかしこで、映画への愛情を感じさせるのもいい。俳優から撮影現場のスタッフまでの熱気を実感できる。随所で製作現場の「舞台裏」を見せるかのような演出。うらぶれた映画館で上映される映画やポスターも、中井貴一、天海祐希、山本耕史、鈴木京香、唐沢寿明といった俳優たちを使ってわざわざ作っているのも凄い。

劇中映画として「カサブランカ」をパクッた「暗黒街の用心棒」とか、故市川崑監督の「黒い十人の女」ならぬ「黒い101人の女」では、市川監督本人も登場。深津絵里が三日月に乗って歌うのはウッディ・アレン監督の「ギター弾きの恋」の劇中歌。ラストで小日向文世が「ハリマオ」の格好し、道路が燃え上がるのは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」か。「ゴッド・ファーザー」等、まだまだ、色んな映画のパロディがあるのでそれをチェックするのも楽しい。
そして、エンドロールにいたっては、セットを立てる様子が超早回しで紹介されます。美術スタッフへの全幅の信頼を感じる演出でした。

コメディ映画ですから、根本的には『笑わせてナンボ』です。当たり前と言えば当たり前ですが、ちゃんと笑わせてくれる、ここが肝心。DVDは是非、家族・友だちと一緒に大勢で観て、皆で同時にドッと笑う醍醐味を味わうのがベストかと。


ザ・マジックアワー スタンダード・エディション

(購入者の評価)
まず、タイトルの「ザ・マジックアワー」の意味を佐藤浩市が独白し、ちょっとしたサプライズを演出する。ビリーワイルダーの「サンセット大通り」を連想させるオープニング。こう来るだろうなと思った通りにハマル面白さ。期待させます。

前作「THE 有頂天ホテル」は、変に長回しに固執するなど演出や笑いの仕掛けが空回りし、テンポが悪かった。今回も、三谷幸喜流のトタバタですが、それがなんとも面白い。
俳優が、「ホンモノ」のギャングの事務所を撮影の現場だと思い込むなどということは、あり得ないことですが、それをドラマとして納得して見せてしまう力技があります。

そこかしこで、映画への愛情を感じさせるのもいい。俳優から撮影現場のスタッフまでの熱気を実感できる。随所で製作現場の「舞台裏」を見せるかのような演出。うらぶれた映画館で上映される映画やポスターも、中井貴一、天海祐希、山本耕史、鈴木京香、唐沢寿明といった俳優たちを使ってわざわざ作っているのも凄い。

劇中映画として「カサブランカ」をパクッた「暗黒街の用心棒」とか、故市川崑監督の「黒い十人の女」ならぬ「黒い101人の女」では、市川監督本人も登場。深津絵里が三日月に乗って歌うのはウッディ・アレン監督の「ギター弾きの恋」の劇中歌。ラストで小日向文世が「ハリマオ」の格好し、道路が燃え上がるのは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」か。「ゴッド・ファーザー」等、まだまだ、色んな映画のパロディがあるのでそれをチェックするのも楽しい。
そして、エンドロールにいたっては、セットを立てる様子が超早回しで紹介されます。美術スタッフへの全幅の信頼を感じる演出でした。

コメディ映画ですから、根本的には『笑わせてナンボ』です。当たり前と言えば当たり前ですが、ちゃんと笑わせてくれる、ここが肝心。DVDは是非、家族・友だちと一緒に大勢で観て、皆で同時にドッと笑う醍醐味を味わうのがベストかと。


THE MAGIC HOUR

(購入者の評価)
この作品は映画館で観ました。
序盤は比較的おとなしい展開ですが、
佐藤浩市さんが殺し屋としてボスのとこへ乗り込むあたりから、
もう耐えられません! 佐藤浩市さん最高です!
ボス役の西田敏行さんとの掛け合いもたまりませんでした。
映画館で笑いっぱなしだったのは初めてですよ。
ぜひオススメします!


クライマーズ・ハイ

(購入者の評価)
7月に映画版を観てから原作を読み、ネットでの評価でこのドラマのDVDを
購入して鑑賞しました。
以下率直な比較となります。

1.ストーリー TV版が原作に近く丁寧。映画版は複線が中途半端で省略し
         た方が分かり易かった。

2.緊迫度   墜落事故の第一報を流す共同配信の場面や現場雑感のくだり
         は映画版が勝ってます。TV版は良くも悪くもNHKっぽく割と
         淡々としている感がある。

3.キャスト  どちらも甲乙つけ難い。私的にはハイエナのような佐山記者
         を演じた映画版堺雅人の凄みに軍配を上げたいですが。

4.演出    緊迫感では映画版ですが、TV版は構成がしっかりしており
         、流れるような演出です。極力無駄を省いて原作のエッセン
         スを巧みに伝えています。また、登山の場面はかなり本格的
         でTVドラマの域を超えた意気込みを感じます。

以上総合的にはTV版を評価したいと思いますが、本作特有の”緊迫感”をより
感じたければ、映画版は期待を裏切る事はありません。
どちらも2時間半の時間を全く苦痛に感じさせないテンポの良さと迫力があります。




天然コケッコー

(購入者の評価)
都会育ちで、ちょっと冷たくて、気のきいたセリフもない大沢君。
なのに、すごく素敵なんです。

お祭りのとき、そよちゃんが泣いていても騒いだり慰めたり理由を聞いたりしない。
景品のぬいぐるみをそっけなく渡すだけ。でも、そのぬいぐるみに大沢君の想いがちゃんと
詰まってるのが伝わる。

そよちゃんが貧血で倒れても、やっぱり騒がない(笑)でもずっと近くに座ってる。
気にしてないようで気にしてる。それがちゃんと伝わる。
こんなふうに、無口でも誠実な男の子っていいなー。

この映画、中高生の人達に観てもらいたいと思いました。
「美嘉はオレが守る!!」ってみんなの前で大声で叫ぶことが男らしさ、優しさじゃないって
気づいて欲しいです。※恋空の話です。


陽気なギャングが地球を回す プレミアム・エディション

(購入者の評価)
キャスト、衣装共に素晴らしいのですが…
ストーリーが酷すぎます。はっきり言って観る価値はないです。


THE 有頂天ホテル スタンダード・エディション

(購入者の評価)
劇中にも出てきますが かなり「グランド・ホテル」の影響を受けてますね 昔の映画で
グレタ・ガルボなどの当時のスターが勢ぞろいした 映画史上に残る名作なのですが
あれをつくりたかったのでしょうね 僕はあっちの方が正直好きなのですが これはこれで
良いんじゃないでしょうか 笑えるしまぁラストはあまりにもお決まり過ぎたが途中までが
面白いテンポも良いしギャグも面白いし 


SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スペシャル・コレクターズ・エディション

(購入者の評価)

■個人的にコレクターズエディションを買いなポイント

 ・全編絵コンテ本
 ・プロによる各キャラクター所有ガン解説
 ・オープンセット解説
 ・箱カッコイイ
 ・DVDケースカッコイイ

 なにより絵コンテが最高!
 メイキングは、役者ファンより現場好きな人のほうが楽しめるかも。山口祥行さんのアツいナレーションがまた暑苦しくてたまらない!北村道子さんによる衣装解説が無かったのが寂しいけど、そのへんは書籍を見ればいいので・・・と思えどやっぱり残念。個人的な残念だけど。何より絵コンテが最高なので、作品が好きな人はあと数千円出してこっちを買って損は無し。得もしないかもしれないけど。でも、個人的な印象だと、メイキングもコメンタリも何となく薄味。それは多分、濃い味を期待しすぎてたから(笑)
 本編はもちろん面白い。本人による日本語吹き替えは、あれこの人いつもこんな芝居だったっけ?とニヤニヤします。
 個人的にはビル横山さんの銃解説が胸を熱くしました。マニアならば是非。


海猫

(購入者の評価)
紹介文で過激な濡れ場とか言ってますが、乳首も尻も出ません。中途半端な露出度です。
別に女優の裸目当てに映画を見てるわけではないけど、ストーリーやテーマからしてヌードが必要な場面で脱がないというのはどういうことか。
別にこの手の映画で脱いでも女優としてのキャリアに傷がつくとは思えないのですが、事務所やスポンサーの関係なのか、本人のプロ意識の問題なのか。
どっちにしろ裏の事情を想像して切なくなりました。
映像はよく出来てます。風景も綺麗だし演出も脚本ももいいので見やすいです。でも映画にはなってない。プロモーションビデオ止まりの作品です。


亡国のイージス プレミアム・エディション

(購入者の評価)
映画本編は、原作のテーマ部分を思い切って大胆に端折って、
『ザ・ロック』に『ダイ・ハード』をまぶして舞台を日本に移したような作りになっています。
アクション・戦闘シーンは相当に見ごたえあり。
ただ、少々大胆すぎて説明不足になっている部分も幾つかあります。
原作を読んでないと全部理解するのはちょっと難しいかも。
上映時間がもう一時間長ければ傑作になりえたでしょうね。
原作を読んでからイメージを補完するために見るのが一番良いですね。

特典ディスクに収録されているメイキングは凄いです。
とりわけ本物の護衛艦での撮影や、
実物大の巨大な護衛艦セットでの撮影は圧巻。
邦画にもこれだけのパワーがあるのだということを実感できるメイキング。
必見です。
ただ、キャストとスタッフのインタビューはちょっと…
質問の内容が映画のパンフレットを中心に映画公開前後にさまざまな媒体に掲載された数多くのインタビューとまったく同じ凡庸なものばかり。
質問が同じなら回答も当然同じ。
そのため、それらのインタビューに一度でも目を通したことがある人にとっては「そんなの前に聞いたよ」という感じでちょっと興ざめ。
その点を考えるともう少し安くても良いような気がしますが、
それにしてもこれだけ充実したメイキングさえあれば、この映画本編が好きになれた人にとっては悪い買い物ではないでしょう。


SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スタンダード・エディション

(購入者の評価)
少しふざけすぎちゃったと思う。
デスペラードぐらいの感じだったら、最後にカタルシスを感じたと思う。
木村佳乃が大嫌いなので、その分星1つ減らしました。


忠臣蔵1/47 完全版

(購入者の評価)
ほとんどが深津絵里さんと主演級で共演されている方ばかりなんですよね。これ。
フジテレビなりに力を掛けてつくられたと想像されるドラマです。


スターフィッシュホテル

南極物語

(購入者の評価)
<元気コメント>
 人間の夢、好奇心を叶えてくれる極限の大自然に、直接触れてその謎をつかもうとする意欲、努力、気力に脱帽。


THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション

(購入者の評価)
 
「ザ・マジックショー」 で三谷氏がコメントでよく引き合いにされた為、
再び注目されていますね。 本作はマジックに至る新境地だと思います。


いくつもの小さな物語がまるでミルフィーユのように重なる 「パノラマストーリー」

それが後半になるにつれ、少しずつ1つに集約されていきます。
どの役者を軸にして観ても主演にみえてしまう不思議。

豪華な役者陣、しかし配役にムダナシ。
家族で見れるドタバタコメディ。

現在の三谷幸喜のエスプリが詰まった逸品。

     どうぞ召し上がれ♪

 


GONIN コンプリートボックス

(購入者の評価)
 この「GONIN」と「GONIN2」の2本で石井隆監督作品としては集大成という気がする。邦画のほとんどが、不自然に画面が明るすぎたり、逆に陰影を無理につけようとして暗くて人物がわかりにくくなってしまうようなことが多いが、石井隆監督は陰影の深い独特の映像美でありながら独りよがりな演出に陥ることなく、映像作家として優れた才能を感じさせる。もちろんバイオレンスやエロチックな描写も魅力的で、石井隆はこの作品で頂点に達した感がある。
 さらに2本とも出演者が豪華で、「GONIN」では当時、もっとも魅力的な男性キャストたちが見事なアンサンブルをかもし出しており、特に本木雅弘と根津甚八が最高の存在感を魅せている。「GONIN2」も豪華な女優陣だが、余貴美子、夏川結衣の存在感に比べ、大竹しのぶと喜多嶋舞の熱演が少し違和感があったのと、西山由美の存在感が希薄だったように主役5人の描き方にややムラがあったのが残念。そんな中で2本とも脇役ながら個性的な演技で強烈な印象を残した鶴見唇吾が異才を放っていた。


ホワイトアウト<初回限定2枚組>

(購入者の評価)
真保裕一のベストセラー小説が映画化
映画化不可能と言われたこのホワイトアウト
内容はダムに立てこもったテロリストを倒すとゆうもの
個人的にはダイハードに似てるなと思いました
だけど評価が高いのは日本でこれを作ったとゆうこと
さらに結構楽しめる
一度観てください。


道頓堀川

(購入者の評価)
元々、山崎努と佐藤浩市の親子の葛藤、それに係る主人公真田広之を描く男のドラマですが、深作監督は大胆にもラストまで変えてしまい、原作者、宮本輝はかなり不満だったようです。撮影初日、松坂慶子がスランプに陥ってしまい、撮影中止になった話など、特典映像に含まれている対談がとても面白かったです。

NHK大河ドラマ 翔ぶが如く 完全版【第壱集】

(購入者の評価)
幕末から維新の歴史を知りたいという一般の人にとっては、本やドキュメンタリーを含めて、今手に入るもっとも最適なテキストではないかと思う。これが総集編になると、薩摩藩士たちの様々な苦悩や情熱が伝わってこないので、やはりこの全巻セットを鑑賞することをお勧めする。

後世の人には推し量りがたい西郷隆盛の人徳と魅力はもちろん、その弱き部分も正直に描かれている。また、過小評価されてしまう事の多い、大久保利通の魅力と特質も十分に描写されている。大久保利通の光と影を知りたければ、本DVDがもっともふさわしい。

第一巻は、西郷吉之助の島流しにおける愛加那とのメロドラマ的描写と、イギリス艦隊へのスイカ売りの場面を除けば、冗長な部分がほとんどない、硬派なドラマとなっている。これが第二巻になると、維新の志士たちの家庭描写にも重きを置いた構成になっていく。

幕府を倒し、新生日本を創りあげるための、薩摩藩士の凄まじい情熱が、演じる俳優達に見事に乗り移っている。現代の日本の状況を鑑みるに、かっては異国と対等に渡り合える、「智仁勇」に優れたサムライが存在したのだと、思うたびに涙を禁じえない。

12回目での「日本を立て直すためには、まず既存の権力にとりいるしかない」と、刀を畳に突き立てて決意する壮絶な大久保の描写がいい。17回目では寺田屋での同士討ちにおける、大山綱良の返り血を浴び刀を捨てた上での決死の説得が印象に残る。18回目では、したたかな公家を取り込む大久保の策士ぶりと忍耐力が印象的。26回目では倒幕に至るまでの大久保、岩倉の様々な策謀、陰謀が興味深い。27回目でようやく王政復古の大号令が発せられ名目上、徳川幕府が御役御免となる。

放送時の第一部の最後が、この第一巻に収められていないのを不思議に思うかもしれないが、王政復古以降は、大久保による新国家建設の過程に入るので、実はちょうど良い区分となっている。


風の果て

(購入者の評価)
待っていたDVD化ですが、全8話、364 分をDVD2枚組みで出すとは…。

同じNHKでも、シルクロードは445 分で5枚組み、
プラネットアースは、236 分で4枚組みなのに!
せめて3枚組みで作ってほしかったなぁ?。

正直、どんな画質になるのか不安で買うのを躊躇している状態です。


>> つづきをみる

クライマーズ・ハイ (文春文庫)

(購入者の評価)
日航機墜落事故を実際に記者時代に経験した著者だからこそのリアリティが溢れている。
そこには文章を書くことに慣れた作家ならではの、余計なもののそぎ落とされた
内容にふさわしい作品に仕上がっている。
また、単なる事故を取り巻く記者たちの描写だけでなく、
当たり前にある彼らのいくつもの日常を織り交ぜて
「クライマーズ・ハイ」という壮大なドラマにも仕上がっている。

組織に抗いながら飲み込まれてゆく悲哀と受け入れる強さ、
永遠に切り離せない生い立ち、取り返しのつかない過去、
フィクションとノンフィクションがあいまった力強さを感じさせる作品。

ドラマと映画が観たくなりました。


クライマーズ・ハイ

(購入者の評価)
スクープを打つ度胸が土壇場でしぼみ、
見送った後に他社に抜かれて味わう
内臓を握られるような焦燥感とか、販売や広告
との諍いなど、記者であれば誰しも経験のある
事象のリアリティはさすが。なんですが、素人が書いた
投書の掲載で自分のキャリアをドブに捨て、それを
ヨシとする結末はやっぱりいただけません。
記者であるか人間であるか、を厳しく問われる場面
はもっと他にあります。もっと上に登りたいと願うものの、最近どうも
仕事に身が入らない現役記者の自分の良い反面教師
になりました。


「ザ・マジックアワー」 オフィシャルブック (ぴあMOOK)

(購入者の評価)
三谷氏の監修があったと思うが、氏のインタビューから裏話まで本作の魅力を凝縮した本。
映画のパンフレット以上に読み応えはある。
しかし、映画観賞後の感想としては「残念ながらつまらなかった」の一言に尽きる。

コメディにしてもアクションにしても、リアリティが欠如していると面白さは激減する。
あり得なさすぎるアクションやコメディは興ざめするといったところだろうか?

ザ・マジックアワーにはそんな「あり得なさ」の連発だ。
一例をあげれば道を挟んだ至近距離からライフルで狙撃してサクマのドロップ缶の1層だけしか打ち抜けない銃などない。簡単に貫通する。
会計係の病室の不自然さ、フィリピンマフィアの奇行、ボスの事務所の向かいのビルで行われる不倫、誰にも顔を知られない伝説の殺し屋が中華を食べていることなど不自然さを上げたら数十はあるだろう。
たとえ「あり得ない設定」でも、ありそうに見せるのが脚本や演出の力だと思う。
例えばターミネーターはあり得ない話だが、あってもおかしくない…そんな設定に観客は魅了されるのだと思う。
三谷作品には毎回期待しているが、今回はとても残念な結果だった。
次回作に期待しています!!!


キネマ旬報 2008年 6/15号 [雑誌]

天国への階段〈上〉 (幻冬舎文庫)

(購入者の評価)
読みはじめたら、もっと読みたくなってしまう作品です。
最後の母から娘への手紙の表現が素晴らしく、泣きながら読みました。
今でも 読み返しています。
複雑な人間関係が、ますます 読欲をすすめられて 寝不足になる本です。
読み終わった方ならわかりますよ!


男優倶楽部 (Vol.17(2004autumn)) (キネ旬ムック)

日本映画navi 2008冬―TVnaviプラス (2008) (扶桑社ムック)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4