佐藤允

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 
佐藤允 おすすめDVD 佐藤允 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
100発100中/100発100中 黄金の眼(ツインパック)

(購入者の評価)
 キザで陽気ながらも、銃の腕はスゴ腕な狙撃者・アンドリュー星野{以下・アンディ}。これは、武器密輸組織のボスの探索と世界に1枚しかない金貨の争奪戦に仲間達と共に果敢に挑んだ孤高の冒険譚である。

 都筑道夫氏と岡本喜八監督が脚本を手がけ福田 純監督が撮りあげた『100発100中』は、1994年に「東宝ゴクラク座」の一環としてLD化。その企画の卓越さに、センセーションを巻き起こした。しかし続編の『 黄金の眼』は、なぜかLD化を逃してしまった・・・。

 2部作でアンディを演じた宝田 明氏は、『ゴジラ』シリーズでも見せたバタ臭くキザな魅力をフルに発揮。2部作の間に福田監督&宝田氏のコンビで作られた『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』の吉村は、正にコソ泥版のアンディだった。

 またそれ以外にも『007は二度死ぬ』の浜 美枝氏{これを観れば全て納得}や、『若大将』シリーズの有島一郎氏や『独立愚連隊』・『国際秘密警察 火薬の樽』の佐藤 允氏も粋な魅力を持っていた。

 今回の特筆点は、「DVDツインパック」だろう。かつて『 黄金の眼』のソフト化を逃した過去もあるが、話が独立しているとはいえ一気に楽しめることは大きい美点だろう。値は張るが、十分に元が取れる。

 『野獣都市』等の傑作アクション映画を多数手がけながらも、やや過小評価されてきた福田監督の再評価の突破口になった伝説の2部作。

 布施 明氏の主題歌を口ずさみながら、「明るく楽しく」鑑賞してほしい。


哀憑歌 GUN-KYU

少林寺拳法

(購入者の評価)
現在、拳士である私にとってはいささか驚きの作品でした。
ある程度は脚色しているでしょうが昔はこんなにもアツイ武道だったんですね。
先ごろ、古参の拳士の方が今の少林寺拳法はぬるくなったなぁと嘆いていました。今は力愛不二と言っている割に愛ばっかりが強調されているとおっしゃっていました。いざというときに護身が出来るよう修行をせねばと思っている次第です。
と、作品の感想とはずれたことを書きましたが、内容は差別発言、暴力など今では到底放映できないようなものですが、非常に面白く開祖存命時の少林寺拳法のアツさが伝わってきます。
千葉真一の技もうまかった。拳士の方は必見です。


直撃地獄拳 大逆転

(購入者の評価)
 石井輝男監督作品の神話性と、あまりのシュールなギャグのため、カルト映画好きのための名作のような評価も聞かれるが、これは娯楽作品として普通に面白い。いや面白すぎるというべきか。
 宝石奪還作戦会議のミニチュアのビルが細部まで異様に凝っていたり、接着剤を使ってビルの壁を横移動して窓ガラスを割って鍵を開ける手口をリアルに描いていたり、はたまた「ミッション・インポッシブル」顔負けの飛行機のトンネル内飛行も見せてくれる。中島ゆたかの持っているイラスト付きの異常にわかりやすいスケジュール表もグッド。
 火を小便で消すお下品さ、お尻丸出しでのトンチキの姿、爆笑の高級料理店のテーブルマナーなどなど笑いどころも満載。もちろん千葉ちゃんの空手アクションに、チャイナ服で登場の志穂美悦子!そして最後は「網走番外地」で閉めてくれる。
 アドバルーンにぶら下がって流されている場面でクレーンの影が映っていたり、飛行機の突風に舞い上がるスカートの中が意味もなくノーパンだったり、なぜか鎧兜で話を聞いている千葉チャンに特攻服の佐藤充などはこの際、大目にみよう。
 プログラム・ピクチャーとはこの映画のことをいう。


はつ恋

(購入者の評価)
田中麗奈扮する聡夏が体験する人間の出会いと別れを描いた秀作である。聡夏があの手紙を発見しなかったら、母と藤木が再開することもなく、また聡夏自身の成長もなかった。言ってみれば、娘の暴走行為に周りが振り回される映画である。しかしそれが全く嫌味にならないのは、ひとえに田中麗奈のキャラクターだろう。元気娘のイメージが浸透しているので「しょうがねえなあ、こいつ」という優しい視点で観客も話に入っていける。これを宮崎あおいが演じたら、母の死を直感して涙ながらに藤木のもとを訪ねるような違うストーリーになっていたと思う。加えて共演が真田広之、平田満、原田美枝子ら名優揃いで、物語に真実味を与えている。真田はアクションだけでなく、こういう役柄もこなせるのが強い。ハリウッドももう少し真田広之の本当の凄味を勉強したほうがよい。ラストシーンの桜は見事だった。聡夏は役柄上、やはり夏生まれの「なっちゃん」なのだろう。夏女がしとやかに春の桜を迎えられる成長の過程も観ていて感動的だった。皆さんも書かれているが、やはり春に観たい一本である。

太平洋奇跡の作戦 キスカ

(購入者の評価)
三船敏郎や藤田進、土屋嘉男、志村喬など黒澤映画を飾った名優陣の演技と円谷英二の特撮が冴え渡る佳作。(特に、後者について、阿武隈と国後の衝突シーンや艦隊が浅瀬を回避してキスカ島に乗り込む操舵のシーンは見物。)戦争を美化することは勿論できないが、数多ある戦争映画の中でも日本映画史に残る名編であると思う。

太平洋の翼

(購入者の評価)
 当時7歳だったが父に連れられて観に行ったような記憶があります。三船や加山関連の映画を極めたいので今回改めて購入して観ました。今この時代だから言えるのでしょうけれど大まかなストーリーは反戦の思想があって判るのですが、作りはあくまでも娯楽という感じ。敵に撃たれて死んでいく戦友や部下の直後に無駄死にのようなセリフや多少の犠牲は当然だのようなせリフを言っている場面もあったりで、当時(昭和30年代)の時代性を感じた。未だ禁止用語や差別語のような規制も無かった時代ではあったでしょうが、もう少し真摯に戦争を受け止めてもらいたかった。少し違和感を感じてしまいました。
 特撮場面は一生懸命に作っているという印象があって、CGが一切無い時代の特撮こそ「作る」ことの大切さを実感できる貴重な画像だと思いました。


任侠興亡史 組長と代貸

喜劇 誘惑旅行

士魂魔道 大龍巻

(購入者の評価)
星由里子、久我美子、久我美子の3人が抜群。
それぞれが、自由奔放、美貌、魅力、タップリ。

ストーリー展開も、ダイナミック。
敗戦から、立ち上がる野生の強さに溢れ、頼もしい。
三船敏郎、市川染五郎[6代目]、見所タップリ。

稲垣、三船、コンビ。
無法松の一生と比較するのも、一興。


ゼロ・ファイター大空戦

(購入者の評価)
当時、『若大将』加山雄三といえば、誰もが憧れた・・・そして彼が出ている作品、誰もが劇場で見たものです。CDもVTRも無かった時代です。
 この作品も、当時映画館の大画面で観た記憶があり、最後の無音墜落シーン、加賀屋の絶叫で終わる『完』の文字と共に色々シーンを想いだします。
 そしてなによりも、全編に流れるメインテーマ曲・・・追い詰められてゆく飛行隊、一人またひとり大空に散ってゆく搭乗員、これから先に待っている日本軍の落日へ、男性コーラスによる大(?)編成アレンジに「悲壮感」を感じたのも確かです。
時代が流れても、このテーマ・ミュジックだけは記憶から離れませんでした。そして数年後
あるレコード(未、CDは出ていなかった)ショップで聞き覚えのある音楽が流れ、耳をかたむけていました。それがフォークバンド「ブラザース・フォー」の『遥かなるアラモ』という曲であるのに愕然としました。なにから、なにまでメロディそのままです。
いまさらこの作品にケチを付けるつもりはありません。しかし私の遠い貴重な想い出に、傷を
つけたのも確かです・・・




太平洋の嵐

戦国野郎

(購入者の評価)
全編を通してテンポがよく、登場人物たちも魅力的
あまり知られていないのが残念ですが、紛れも無い岡本喜八監督の傑作です
男勝りな星由里子も、お茶目な水野久美も可愛い。
加山雄三の自然な演技も見もの。
佐藤勝お得意のロック調の音楽も傑作
難しいことは考えないで岡本喜八の時代劇アクションが存分に楽しめる一品です。


暗黒街の弾痕

あヽ陸軍 隼戦闘隊

岡本喜八監督作品DVD-BOX ~SOLDIERS~

(購入者の評価)
この時代の映画をリアルタイムで知らない僕等の世代には、このようなBOXは大歓迎です。
購入してから毎日1本ずつ見ました。
なんと言う贅沢。
是非、黒沢明作品のように岡本喜八作品を全部いくつかのBOXとして発売して欲しいですね。
ただ、今回の特典ディスクは、僕個人としては再現フィルム形式じゃなくて普通のインタビュー集の方がよかった。
再現フィルムに切り替わると何だか冷めちゃうんですよね。
それだけが残念でした。
作品的には5つ星です。


みな殺しの霊歌

独立愚連隊

(購入者の評価)
荒木と名乗る従軍記者が、陸軍内部で起きたある心中事件を探る為、最前線「独立愚連隊」に潜入し、真相に迫ってゆく様をサスペンス・タッチ描いた作品。

戦争映画ですが、ユーモアに富んだ内容で、軍の内部体制をチクリ、チクリとやっています。戦争批判に加え、軍の内部体制と当時の官僚体制の腐敗ぶりをダブらせているかのようです。ラストの戦闘シーンは、かなり迫力があり見応えがあります。役者では、物語冒頭、三船敏郎が観客へのサービスと言わんばかりにユーモア溢れる芝居をみせてくれています。また中谷一郎が、腹に一物を持つ、なかなか食えない男を好演しています。


遊撃戦 第1巻

(購入者の評価)
岡本喜八監督が監修したテレビシリーズです。映画の「独立愚連隊」シリーズのテイストを、
そのままテレビに持ってきた感じです。佐藤允ほかのレギュラー陣のリズムの良さ、伊藤雄之
介や沢村いき雄、西村晃、藤原鎌足、中丸忠雄などのゲストの熱演も光ります。岡本監督は、
第1回の脚本の執筆と全回分のストーリー構成、各脚本の修正をされています。また、各回の
監督は、長年岡本組で助監督をされた竹林進監督(8回分)と山本迪夫監督(5回分)です。
そのためか、大変に見応えのある作品に仕上がっていると思います。


独立愚連隊西へ

(購入者の評価)
戦争が痛快なはずはない。まして現代で面白可笑しい戦争映画を製作したら不謹慎の極みと避難されるだろう。しかし、戦後から15年した経ていない1960年作の本作では戦争は可笑しくも痛快なのである。少なくとも最近の映画のような悲惨さはない。悲惨な戦争を体験した人が多くいる時代、そのまま悲惨な戦争映画を作ったのでは洒落にならかったのだろう。戦争から立ち直ろうとする時代の息吹を感じる。岡本監督の作品はオペラ劇に似ていると思う。オペラは喜劇か悲劇かのどちらかに別れるが、岡本氏の作品にはその二つの要素が巧みに織り交ぜてあり、歌がある。日本兵はこんなに楽しく歌を歌ったのか?と錯覚するほど歌の場面が物語に溶け込んでいる。人間らしい素直な下品さと品の良さの混在も面白い。本作が悲劇か喜劇かは鑑賞後のお楽しみである。最後がどちらへ転ぶかが岡本監督作品の醍醐味だろう。

>> つづきをみる

ホンダCBストーリー 1968~1998―進化する4気筒の血統。 (MOTOR SPORTS BOOKS)

動物の彫刻技法―塑像から十二支木彫へ

生物学の発展と微生物 (1961年)

概要基礎化学

「ルートセールス営業マン」実践テキスト

一般化学―現代の物質学

「海戦要務令」活用による営業管理者実践テキスト

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4