佐藤重幸

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 
佐藤重幸 おすすめDVD 佐藤重幸 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ザ・クイズショウ DVD-BOX

P&Gパンテーンドラマスペシャル かるた小町

(購入者の評価)
映画「砂時計」に出演の夏帆、ドラマ・映画「赤い糸」に出演が決まった南沢奈央の注目の若手女優が共演したドラマです。とにかく若さ溢れるという感じで、ドラマ自体も登場人物の関係、ストーリー展開などがハッキリしていて分かりやすく、凄く面白かったです。このドラマシリーズの中でも、個人的には一番良い出来だと思いました。オススメです!

MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人 2008年版

(購入者の評価)
初演のDVDを何度も見る度に強く再演を希望していました。
今回の舞台は初演以上の役者さんが揃い、笑いもあり涙もあり最高のお芝居でした。

沢山笑ってでも胸にキュンと切なくもなるお話です。

もうすぐ映画も公開されますがそちらも楽しみです。


あの日、僕らの命はトイレットペーパーよりも軽かった-カウラ捕虜収容所からの大脱走- ノーカット完全版

(購入者の評価)
先日、日本テレビ開局55周年記念で放送されたときには、仕事でTVを見ることができず、DVDの予約を受け付けていることを知って早速購入しました。
私自身このカウラの地で、現在も行われている慰霊祭や桜祭りに携わったこともあり、その時には理解し得なかったカウラの捕虜収容所での出来事をドラマを通じて20年ぶりに目の当たりにしました。

ドラマとしても、大変すばらしいものに仕上がっています。大泉さん、いい味出してますよね...。


MIDSUMMER CAROL ガマ王子VSザリガニ魔人

(購入者の評価)
映画『パコと魔法の絵本』を検索していたら、このDVDが出てきました。面白かったです。映画も観にいこっと。

HONOR~守り続けた痛みと共に

(購入者の評価)
TEAM NACS初見でした。
しかも不覚ながらDVDで。しかししかし、DVDにしてこの感動はすごい!

本当に素晴らしい!!
この一言に尽きます。

5人しかいない彼らが何人にも見えました。例に漏れず大泉洋くらいしか知らない状態で見ましたが、一人何役も演じるというややこしい設定の中でも誰が何を演じてるのか混同することが一切ありませんでした。素晴らしい演技力!しかも5人全員が高いレベルでそれを持っているというのが、すごい。
演劇なんて素人ですけど、彼らがすごいということだけはわかります。

笑わすところは思いっ切り遊び、締めるところはきちんと締める。そして、ちゃんと泣かせてくれる。もう素直に涙です。

5人で太鼓をたたくシーンは、HONORというお芝居の中の登場人物であるということや、彼らが大泉洋、安田顕、戸次重幸、音尾琢真、森崎博之という役者さんであること、そういった全てを超えて、そこにいるただその人、その人間の熱さに感動しました。

ものすごい感動が味わえます。普段舞台を観ない人でも大丈夫です。太鼓判押して問題なし!
DVDでも充分堪能できます。
でも、次こそは生で観たい!!


LOOSER 失い続けてしまうアルバム

(購入者の評価)
一人何役もこなしていて観ていて新鮮で楽しい!なんとなく台詞がキャラメルボックスの[風を継ぐ者]に似ている気がするけど、でも買って良かった。

いぬ会社 24時間は働けません 編

(購入者の評価)
 とってもシュールなんだけど、いぬがしゃべってるくだらなさがクスッと
笑えるのがこの面白さなんだなと思います。一回見てみる価値はあります。

 買うかどうかは映像特典が見たいかどうかだと思います。本編ならレンタルで
みれますので、36分程度の作品に3千円以上出せるかが分かれ目です。


TEAM-NACS COMPOSER ~響き続ける旋律の調べ

(購入者の評価)
COMPOSERはNACSを知って初めて観た、また演劇というものを始めてみた作品です。
すごい演技力!!ってわけでは無いかも知れませんが、
今でもCMなどで劇中の曲が流れるとCOMPOSERを観たくなる余韻が残る芝居だと思います。

演劇ってNACSを知るまでは、敷居が高く一部の人だけがわかるものだと思っていたので、演劇を知るきっかけを与えてくれた大切な作品です。
COMOSER以降過去の作品を何個か見ましたが、内輪ネタ少なめで全国を意識した作品だなと思います。
話もうまくまとまっているので、NACSを知らない人や演劇を始めてみる私のような方でも入り込める作品だと思います。
ただ、私はCOMPOSERよりHONORがお勧めです!


たとえ世界が終わっても CYCLE SOUL APARTMENT スペシャル・エディション

(購入者の評価)
 全体を通して、マナミがなぜ死にたいと思っているかはイマイチ分かりませんでした。こういう映画は他にも多くありますが、このような作品は個人的に点数をつけるなら通常低い点数なのですが、本作品はとても良かったと思います。点数をつけるなら75点位です。

 印象に残ったシーンだと、オサダが死んだ後のオサダの部屋を片付けるシーンです。写真を見ているところも印象が強いですが、特に印象に残っているのは大南さんがマナミに言ったセリフです。胸に突き刺さるようなセリフでした。

 迫力のアクションシーンもなく、「世界の中心で愛を叫ぶ」のような純愛作品でもありませんが、とてもいい映画なので是非見て欲しい作品のひとつです。でもハリウッド映画が好きな人にはつまらないかもしれません。そのような人はとりあえずDVDの箱の裏や、その他の情報をよく読んだ上で見ることをお勧めします。


river

(購入者の評価)
TVのミスターや大泉から想像できないほど、予想外なまでのダークな世界はとても満足。オチはプッツンと途切れる日本映画のパターン。きっちり締めて欲しかった。

100%スープカレー

(購入者の評価)
札幌発スープカレーを洋ちゃんが紹介するDVDです♪洋ちゃん&マーちゃん(当時の洋ちゃんのマネージャーさんです)のスープカレーのルーツを探るスリランカの旅では動物嫌いな洋ちゃんが象は大丈夫と言う一面が見れ、洋ちゃん&亜樹ちゃんのスープカレークッキングでは洋ちゃんの素晴らしい包丁さばきと亜樹ちゃんに対する機敏なツッコミ、そしてTEAM NACSの皆さんが洋ちゃんのバースデーをお祝いする場面では彼らの仲の良さが見られて、凄く楽しめました♪ナレーションが琢ちゃん(カレー王)と言うのも非常に魅力です♪そして、私の様なスープカレーを知らない人にはこのDVDを見た後、非常にスープカレーが食べたくなるDVDです♪どんな味なのか?と非常に興味をそそられます。また、DVDには名曲「本日のスープ」のPVが収録されており、洋ちゃんとスタレビの甘い歌声にとても心が温まりました。洋ちゃんファンはもちろん、スープカレーを知らない方にもぜひ観て頂きたいDVDです♪ちなみにこの間地元でスープカレー屋を発見したので近々食べに行こうと思っています♪♪

CUE DREAM JAM-BOREE 2006「再会」

(購入者の評価)
CUEファン歴が浅い私にとってはワクワクするDVDでした。
何故もっと早くこのDVDを買わなかったのか、と後悔したくらい。
オープニングで全員が並んだ場面。鳥肌ものです♪
格好良く唄いあげて惚れ惚れさせられるのに、MCになった途端に爆笑の渦。
このギャップが最高です★

「山田家の人々」の続編。
ドラバラを観ていないのに内容がわかるのかと心配していましたが
ダイジェストVTRが流れるので全く問題ナシでした。

収録されている回は千秋楽の日みたいですね。
メンバーの疲れ(特に大泉さん)が随所に見られますが、
それがまた臨場感を醸し出していますよ。

今年も夏に CUE DREAM JAM-BOREEの開催が決定しています。
私のように今回から参加予定の方には良い予習DVDになると思いますよ。
CUEファン、NACSファンには絶対オススメです!


GHOOOOOST!!

(購入者の評価)
舞台演劇のDVD化・・・
けど・・・
あんまり響くものは・・
ごめん
なかっ・・た


Little DJ 小さな恋の物語

(購入者の評価)
本当は映画館に観に行きたかったのですが、近所では上演しておらず、息子の部活・塾とのスケジュール調整もうまくいかず・・・結局家でDVD鑑賞となりました。

原作の小説、マンガ、そしてDVDも購入・・・。特に思春期のお子様をお持ちのご家庭では、買って損の無い一枚と思い、オススメさせていただきます。

内容につきましては、”不治の病の王道ストーリー(?)”で、あらかじめみなさまが予測できる展開で進んでいきます。ですので、シナリオの意外な展開、どんでん返し、サプライズでの涙・・・みたいなモノは期待されないほうがよろしいかと存じます。

では何がオススメポイントなの?・・・という点ですが、あくまでも私の場合ですが・・・、一番目は息子との会話の接点を作ってくれた・・・という点です(笑)個人的な話で恐縮ですが、中二になって部活、空手、英語、塾、アウトドアスクール・・・私よりもよっぽど多忙な日々を送る(:;)息子と、久しぶりに一緒に映画を見ました(自宅ですが)。

お気に入りのポップコーンも無く、最初は”べっつに?、そんな映画興味ないし?”と文句タラタラでしたが・・・ストーリーが進むにつれて画面に見入っておりました。自分と等身大の登場人物たちに共感できる部分もあったのかもしれません。

見終わって、私は予想通り号泣(ここも”予測した範囲内”ですが・・・)、息子はやや赤い目、決してわたしと目を合わさないように(笑)というかんじでした。

男同士なので、こういう場合は”どうだった?”なんて野暮なコトは聞けません。意外にお互い照れる部分もあるので、涙が引くまで(?)ソファーでしばらくボケーとしてから、”ちょっとバーミャンに飯でも食いにいかない?”と誘って、いろいろ学校の普段の出来事とか、私の会社の話とか、久しぶりに会話を楽しむことが出来ました。(成人してたら”飲みに行かない?”となるんでしょうが・・・笑)

付き合い始めた彼女のコトとかも聞くことができて、多少映画の中と重なるような部分(病気だというワケではないですが・・・)も息子なりにあった様子です。・・・というワケで商品内容にほとんど触れてない気もしますが(><)・・・こんな見方もありますよというかんじで、多少なりともご参考になれば幸いです。失礼しました。



CUE DREAM JAMBOREE 2004

(購入者の評価)
最近オフィスキューの大ファンになり購入致しました。2004年のCUE DREAM JAMBOREEは『歌謡祭』となっております。歌はドラバラの曲を中心にTEAM☆NACSやオクラホマの歌はもちろん、今や入手困難なFAN TANの「起きないあいつ」や洋ちゃんの大ヒット曲「本日のスープ」、そして樋口了一さんの「1/6の夢旅人2002」まで聴けて、しかも曲と曲の間のトークや寸劇も非常に面白くて、ドラバラなど歌を全く知らない方にも非常に楽しめるライブだと思います♪♪また、歌唱力ですが洋ちゃんと重ちゃんと琢ちゃんと亜樹ちゃんが凄くうまくて、特に洋ちゃんの歌唱力と歌声には惚れぼれしちゃいます(*^ ^*)あと、私的には顕ちゃんの「やっちゃうよ」もたまりません!!また、副音声ではナント出演者全員が揃い、凄く楽しい会話を繰り広げてくれます!!何度もリピートして聴いて観れるライブなので少しでも興味のある方はぜひ購入をお勧めします♪♪また、私の様に最近ファンになった方には『CUE DREAM JAMBOREE 2004』をご覧になってから『CUE DREAM JAMBOREE 2006?再会?』をご覧になるのをお勧めします♪♪

アルプス

(購入者の評価)
とっても個性豊かな登山者たちが(夏なのに)雪山で遭難し、山小屋で出会うお話なのですが、コレ楽しいですねぇ。出演者の一人であるTEAM NACSの佐藤重幸さんが演出・脚本を手掛けていますが、全編に渡り気楽に笑って観る事が出来ました。役者の一人がアドリブ炸裂でも、みんなの息がピッタリ合っているのでしょう、うまく繋げられていて不自然さも感じません。それに、下ネタがないのがいいなぁ。舞台で下ネタがあるのはあまり好きではないので。正直、NACSの芝居よりもこちらの方が好みです。またこのメンバーでの舞台が観たいですね。

雅楽戦隊ホワイトストーンズ

(購入者の評価)
私自身「水曜どうでしょう」で洋ちゃんにハマり、洋ちゃんの事がもっと知りたくなり、洋ちゃんの物を買いあさってたどり着いたのがこの『ドラバラ鈴井の巣』です。初めにCD『ドラバラコンプリートアルバム』を購入して、あまりの歌の面白さ&想像以上の名曲達に作品が無性に観たくなり購入致しました。その『ドラバラ』の第1弾が『雅楽戦隊ホワイトストーンズ』です。私は他の作品も全て拝見しましたが、このドラマはドラバラの原点であり、内容は初めは正直ヒーローモノなのであまり期待はしていなかったのですが、ドラマを作るにあたりB級テイストを大切にしながらきちんとしたものを作るという姿勢が十分に伝わり、話もお笑いと真面目さをバランス良く組み合わさっていてとても楽しめました♪バラエティの方もメイキングを中心に非常に濃い内容となっております。、特にとても真面目に取り組んでいる殺陣と雅楽器の練習風景と歌の制作で混乱する洋ちゃんは見物です!!(←最終的に洋ちゃんは名曲を制作致します♪)そして、ホワイトストーンズさん達の話し方にも要注目です♪オフィスCUEファンの方にはぜひ観て頂きたい作品です♪♪

ありがとうFAN TAN さよならFAN TAN

(購入者の評価)
道外在住なので、『おにぎり』は見たことがありませんでした。
が、子猫のワタクシ、どうしてもコレクションに加えたく、内容も全く分からず買い
ました。(限定って知りませんでしたが…買っておいて良かった(^^;)

それが大当たり!!!!!

私は女子アナさんとのやり取りもとても面白く見ていました。
ユニット名を決めるところのやり取りに、一人で見ていたにも関わらず、大笑いしてし
まいました。あんなに笑ったのは久しぶりってくらいに…。

洋ちゃんとシゲさんの仲の良さ、愛情あるやり取りに長年育んだ深い友情を感じます。

そしてモノ作りには真摯に取り組むお2人の姿。
曲を作るという、現場の空気。
レコーディングやPV撮り。
そういった色々なものを見ることが出来、お得な一枚でした。

歌ももちろん素敵。
歌とそぐわない、洋ちゃんのいでたちも素敵。
とても歌唱力のあるお2人の、プロ顔負けの歌声にもご注目。

お安く入手できるチャンスがあったら、是非お薦めの一枚。
再販しないんですかねぇ?


エンマ

(購入者の評価)
前半の謎ばかりの展開と後半の解読、そしてラストシーンがわかりやすくて面白かったです。しかし1人のテロリストに対してあんな大袈裟な設備(脳内意識移植)を整えるのは大変そうだ。
「エンマ」→終わりのない閻魔地獄をさまよい続けるのか?罪をつぐなえる時はくるのか?他人に手をさしのべる事が出来てもまだ許されないのか?
それとも・・・全ては「脳内意識移植」の実験なのか? (最後に白衣を着た5人の写真があるし)でも最後に「enma執行中」って出るし・・・。いろんな可能性や見方が出来て面白かったです。
あと「野上遥冬」→遥かな冬つまり春が来ない。→ずっと目が覚めない、って意味かと深読みまでしてしまいました。


>> つづきをみる

実務判例 逐条国家賠償法

行政法と租税法の課題と展望―新井隆一先生古稀記念

商品力時代のニュー・マスマーケティング

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4