里見浩太朗

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 
里見浩太朗 おすすめDVD 里見浩太朗 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
白虎隊

(購入者の評価)
前後編ともに最初に森繁さんが少年の闘いを謡った後で主題歌「愛しき日々」が流れるのですが、観光名所となっている現代の鶴ヶ城と周辺が映し出されます。短く激しく命の火を燃やして散っていった幕末の人たちの姿が、時代が移って景色がすっかり変わっても、はっきりと浮かび上がります。今の平和に辿り着くまでに日本という国がどれだけの変遷を経てきたか…。そこには涙なくして語れない深い人間のドラマが綿々と続いているのですね。誰もかれもが都会に憧れ、2世、3世と東京に便利さだけで住む人が増えましたが、生まれ育った国を愛することの凛とした美しさ、素晴らしいと思います。新撰組土方役の近藤正臣さんは、二度と現れない適役です。剣道をたしなむ近藤さんらしく、相手との間合いのとり方や、片手で相手の胴を抜く型など、美しいの一言です。この作品に登場する全ての役者さんが、決して代替できるような人がいないほど、キャスティングは歴代最高傑作といえます。このDVDをご覧になられたら、是非会津若松の鶴ヶ城及びその周辺をお訪ねください。現世のつらさも哀しみも深く包み込んでくれるような母なる水湖、猪苗代、理想高く輝く雄大な会津磐梯山。そしてイタリアの人々も深く感動し、その慰霊にモニュメントを贈った少年戦士、白虎隊。資料館では油彩で描かれた彼らの肖像画が並んでいます。澄んだ瞳と血潮鮮やかな幼い頬を見ては、「やりたいこともたくさんあっただろう。この時代に生れ落ちた宿命をどう思ったか」と自問し、涙が流れてとまりませんでした。最近不勉強で怠惰なTBSのテレビ制作スタッフが作った会津鶴ヶ城の落城理由に会津若松の市長が激怒したのは、同感ですよ。お前たちにこの少年たちの、絶望的な将来に命を賭けた勇気と純粋な理想がわかるのか!と思いました。とても素晴らしいDVDです。いつまでも大切にご家族でお楽しみください。

NHK フルスイング DVD-BOX

(購入者の評価)
この作品、放送当時見ていたわけではなく、ひょんなことからビデオで見て病みつきになってしまいました。 実はアメリカで大評判になった某有名TVドラマのシーズン1のDVDを見ていたところ、どうも見続けるのが苦痛になってきて(友達に無理言ってDVDボックスを借りてきた手前、途中でやめるわけにもいかず)思わず気晴らしのつもりで見ただけだったのですがー。 その超有名TVドラマの、映画顔負けのものすごいCG映像を一度も巻戻して見直そうとしなかった私が、この作品の第2話の、竹刀面打ちVS 野球スイング胴打ちを何回見直したことか。 ご覧になった方、この気持分かりますよね? 人の好みは千差万別で、ありとあらゆるタイプのドラマや映画に存在理由があることを私は認めますが、結局私が本当に魅かれるのはこのような物語なんだなあーと、痛感させられました。 人が悩んだり苦しんだりしながらも、生き続けようとするのはつまるところあの場面に描かれていたような、自分と他者が共に生きていることが確かに感じとれる、自分の小さな殻を吹き飛ばしてしまう“生の至福の瞬間”を待ち望んでいるからではないでしょうか?  そういうことを表現できるドラマって、やはりすごいと思います。

高林先生役の高橋克実さんは勿論のこと、里見浩太郎さんや、吹石一恵さんなど、脇役陣も好演。 あの小林克也さんが校長先生の役をやるーなんて考えてもみませんですが、かなりはまっていました。 それから映画監督の塚本晋也さんも、お芝居うまいですね。 まだ見ておられない方、必見ですよ。


田原坂

(購入者の評価)
 全体的には、明治7年の導入部から始まって、幕末から明治10年の西南戦争
へ沿革の見せ方が自然で、退屈することなく、全体的に引き締まった、限られ
た時間内で見事なテレビドラマ仕立てになっていると思います。
 幕末から明治にかけて艱難困苦な時代を抜群のコンビネーションで乗り切っ
た薩摩人「西郷隆盛」(里見浩太朗)、「大久保利通」(近藤正臣)の二人の
竹馬の友が、なにゆえ、明治7年の政変を機会に両者袂を別れなればならなか
ったか。いわゆる「征韓論」に関する騒ぎ、両雄対決に至ったかをよく表現し
ていると思います。
 
 鹿児島に旅行してみました。今でも鹿児島は西郷さん一色。人気があるのは
いつも西郷さん。地元では親しみを込めて「せごどん」と呼ぶらしいです。
市の中心街・私学校跡地近くに立てられた、軍服を着た立派な銅像は、夜でも
ハッキリ見えるようにライト付きですし、城山の洞窟跡もキチンと保存されて
おりました。東京・上野公園の銅像と顔も姿も違っておりまして、興味深いで
す。城山に抜ける鉄道のトンネルの上には、西郷さんの人生訓「敬天愛人」の
標語が書いてあるのには驚きました。西郷さんの誕生地の隣には近代設備の整
った素晴らしい「歴史資料館」もありました。そしてJR鹿児島駅から少し離
れた所にある巨大で立派な西郷さんの墓。西南戦争中、転戦先でバラバラに死
んでいった幹部連中の骨を各地から一同に集め、陸軍大将・西郷隆盛を取り囲
むように整然と幹部連中の墓も並んでいました。今でも地元の英雄扱いです。
 一方、大久保さんは今でも地元鹿児島には人気ないですね。政府側の人間と
して地元鹿児島を攻撃した張本人と思われているようで、人気がなく、没後
100年ぐらいして、近隣の県に促されてシブシブ大久保さんの銅像を建てたと
いう話を聞いたことがあります。甲突川の橋をわたった目立たぬところに銅像
がありました。西郷さんとは、扱い方が違います。

 熊本県植木町の「田原坂」の現地も行ってみました。最も激戦地だった、官
軍も薩摩軍も多くの死者が出た「田原坂」は、現在、綺麗に整備された公園と
なっておりました。官軍側・薩摩軍ともに公平に御霊を祭られております。田
原坂公園の中には資料館があり、ドラマの中で紹介された「空中かち合い弾」
がありました。また、公園内には、ナレーションで語られた「雨は降る降る、
人馬は濡れる。越すに越されぬ田原坂。右手(めて)に血刀(ちがたな)、左
手(ゆんで)にたずな、馬上豊かな美少年」と紹介された「美少年の像」があ
りました。
 火の国・熊本は非常に暑くて疲れましたが(観光地というのに、貸し自転車
屋もない。十月の中旬というのに公園内では子供が半袖姿で遊ぶ。)、高瀬、
玉名、木葉、植木とコースを歩いたこともあります。ドラマの中で紹介された
ように、西南戦争渦中に生まれた一輪の恋・宮崎八郎とおなみとの一途な恋。
宮崎八郎の立てた植木学校跡もありました。ドラマを見られたら、ぜひ田原坂
公園にも足を運んで、現地の息吹を感じられるとよいと思います。虫除けスプ
レーは必携です。
また、この当たりは霊感スポットになりますので、現地に行かれるのなら、水
晶、ヘマタイトなどの邪気よけのパワーストーン、お守りをお持ちであれば、
携帯されるのがよいと思われます。 



忠臣蔵

(購入者の評価)
最後の吉良様の出てくるシーンは史実ファンとしては作りすぎの感がありますが、他の所ではかなり上位の作品です。
作りすぎる脚色も少なく、フィクションだか感動ところではずせない所は入っています。

出演者も今では考えられないほどの豪華さで、これほど役を整えたものは今からの時代ではなかなか出来ないでしょう。

昔にもまだ良いものがたくさんありますが昔過ぎて役者さんがわからない、殺陣のシーンが違和感がある場合、現代にみやすいのはこちらだと思います。



五稜郭

(購入者の評価)
 よくある歴史ドラマ同様、
史実を基にしたフィクションとして見る事が前提。
他の方も述べているが、実際には30才前後が殆どだった
はずなのにこの配役はいかがなものか。特に土方。こんな
脂ぎった汚い土方は見たくない。おまけに中年女優との
からみまであり不潔さ100倍。
 その他はまあまあ見れると思う。


かげろう忍法帖 DVD-BOX

(購入者の評価)
ようやくのDVD化嬉しいです!
昔見ていた時の入浴シーンやお色気シーンなどが多かった番組、という印象が強かったのですが、最近CSでの再放送を見て内容の面白さ(やっぱり水戸黄門らしく勧善懲悪の良さ)に気付き、当時視聴率が高かった事にも納得しました。
でも今だと地上波での再放送は望みづらいと思うので、DVD化は嬉しくもあり、助かりました。(他の告知で見ましたが湯けむりチャプターには心惹かれました(笑))


NHK大河ドラマ 炎立つ 完全版 第壱集

(購入者の評価)
圧倒的に戦国時代が多い大河ドラマの中で、珍しくも平安時代の東北を舞台にした「前九年の役・後三年の役」を題材に、奥州藤原氏の興亡を描く異色の歴史ドラマ、そして伝説の源氏八幡太郎義家が全編を通して重要な役柄で登場するのも異色である。当初は日和見な派遣役人であった藤原経清が、源氏の横暴に反発して決起し、俘囚安部氏に身を投じて源氏に対抗し、武士として壮絶な最後(鋸引きの刑)を遂げるまでを描いたのが第一部。演ずる渡辺謙の豪快な演技が素晴らしく、見栄えの割には面白い見せ場の少なかった伊達政宗役よりも、ベストアクトであると思う。安部貞任を演じる村田雄浩も、後年の「大きくてお人よしのお兄さん」とは正反対の豪胆な武将役がよく、この二人の愛憎渦巻くぶつかり合いが大きな見せ場だ。対する源氏側も、老獪で悪辣な佐藤慶の頼義と、若く純粋な佐藤浩市の義家の対比が面白い。第二部は、経清の子・清衡が清原家の抗争に乗じて勝ち残り、藤原姓を復興して平泉を開くまでが描かれるが、村上弘明の清衡よりも、大人に成長した佐藤浩市の源義家が、貫禄を身に付けて、陸奥の覇権を狙う老獪な武将になっていくのが見ものだ。全編を通して登場する経清の妻結有役の古手川祐子はいただけないが、なにげに最後まで生き残り、どんな悪女ともなぜか仲良く過ごしている妹役の鈴木京香が得な役で面白い。第三部は高橋克彦の原作が追いつかなくなったことの混乱やら、野村宏伸のおちゃらけた義経の登場などで興ざめ。ラストで瀕死の泰衡が経清の御霊となって安部の家族達に迎えられていくシーン以外は感動の要素なし。こちらは総集編があれば充分だ。

水戸黄門名作選 その1

(購入者の評価)
 やはり二代目まででしょう、観る事の出来た黄門様は。
 西村さんまではフツーに観る事が出来ましたが、それ以後は観るに耐えません。脚本から何からダメですよ。これは出演者云々ではなく、何かが違う。根本的に違う。一番最近の里見さんですら、幾ら彼が優れた俳優さんでも、それでも補え切れない何かがある。やはり認められる黄門様は二代目の西村さんまでですよ。昔の水戸黄門は全く教養番組みたいな、子供の情操教育にも使える作品でしたよ。それが今ではどうですか?どうにも何かが抜けている。


NHK大河ドラマ 炎立つ 完全版 第弐集

(購入者の評価)
メインヒロイン伊達政宗は桜田淳子、炎立つは古手川祐子と・・・当時の大河の配役はミスキャストだと思う・・・内容は第一・二部とも私個人は面白いのに、女性陣がそれを台無しにしている・・・第三部は、時代背景は、良いのにそこでもまた配役のミスキャストで、もう駄目駄目です・・・放送当時も第三部だけはまともに見た記憶が無い。

水戸黄門名作選 其の弐

(購入者の評価)
 二代目黄門様までですよ、観る事の出来る水戸黄門は。最近のものはアノ里見さんですら、彼一人の演技力では如何ともし難い何か抜けているものが有る。何か空虚。昔の作品は教養高かったし、子供の情操教育にも使えるほどだったのに…近年の水戸黄門にはそれが無い。何か説得力が無いんだな。若手の演技もダメだし…格さん助さんも頼りないし…

江戸の鷹 御用部屋犯科帖 DVD-BOX(2)

江戸の鷹 御用部屋犯科帖 DVD-BOX(1)

花笠道中

水戸黄門 第三部 シリーズBOX

(購入者の評価)
わが敬愛する成田三樹夫が黄門の命を狙う柘植九郎太を演じレギュラー出演したシリーズ第三弾。とりあえず僕が言いたいのは、三樹夫氏がメチャメチャカッコイイということ。最終回なんてもう、サイコーかっこいい。助・格もバッタバタ人斬りまくるし(後期のシリーズはみね打ちであんまり人を斬らなかったと思う)、ストーリーも骨太でハード。僕のようなリアルタイムには産まれていない人も十分楽しめると思う。

水戸黄門 第二部 シリーズBOX

(購入者の評価)
当初シリーズ化の予定がなかった『水戸黄門』が、第2部以降も制作されたのは、よく練られた構成とストーリーの面白さ、出演陣の魅力が高レベルで組み合わされたゆえであることが、このDVDを観るとよく分かります。本当に奇跡的です。
出演者では、この第2部を最後に降板する杉良太郎氏演じる佐々木助三郎が一際光っています。純朴で人情厚く、おっちょこちょいの側面をこれほどまで押し出した助さんは、本当に魅力的。第2部になって、杉氏の役作りもつぼにはまった感があります。八兵衛とのコンビはぴったりです。
作品として、『密命おびて』の回が、初期の『水戸黄門』の魅力をストレートに伝えてくれます。
マンネリを武器とする番組作りに走る前の、手に汗握る『水戸黄門』をこのDVDで堪能できます。

ただし、このDVDに収録されているのは、再放送用に編集された放映時間短縮版。オープニングの主題歌をカットし、10秒ほどの短いBGMオープニングに作り変え、ドラマ中も若干のカットがあります。第25話のみ、再放送では欠番にされていたので、これだけは主題歌付きオープニングがありドラマ中のカットもありません。これが星一つ減点の理由です。
C・A・Lに保管されている初放映時のオリジナルからの復刻を強く望みたいものです。


水戸黄門 第一部 シリーズ BOX

(購入者の評価)
黄門様を狙う、悪役の露口茂、次の成田三樹夫もいいですな、はっはっはっ!

半七捕物帳 1

長七郎江戸日記 DVD-BOX (7枚組)

(購入者の評価)
里見さんは勿論ですが、が脇役の下川辰平、火野正平たちがいい味を出しています。勧善懲悪ではありますが、ただそれだけにとどまらない、なかなか、味がある作品です。

江戸の鷹 御用部屋犯科帖 11~12

江戸の鷹 御用部屋犯科帖 7~8

>> つづきをみる

時代劇マガジン Vol.17 (タツミムック)

(購入者の評価)
 現在公開中の映画『椿三十郎』(監督・森田芳光、主演・織田裕二)の特集が組まれていたことで創刊から5年目にして今回初めて読破した次第である。以前から気になる特集記事に関してはよく目を通しており、今号で『椿三十郎』による製作総指揮・角川春樹氏、監督・森田芳光氏、主演・織田裕二氏のインタビューで角川氏のリメイク権取得に至った事や森田氏を監督に決定した経緯、森田氏と殺陣師の対談で黒澤明監督の『椿三十郎』に対抗し、殺陣の間合いや呼吸、音へのこだわりへの挿話、織田氏の“椿三十郎”というキャラクターへの思いや意気込みが熱く感じられました。

 また2008年秋公開予定の『次郎長三国志』で叔父・マキノ雅弘監督の往年の作品のリメイクに挑む監督・マキノ雅彦(津川雅彦)氏や主演・清水の次郎長役の中井貴一氏のインタビューや撮影現場リポート、共演者も鈴木京香、岸部一徳、笹野高史、北村一輝、温水洋一、大友康平、高岡早紀、木村佳乃、前田亜季、長門裕之、荻野目慶子、竹内力、佐藤浩市(以上敬称略)といった錚々たるオールキャストの大型時代劇で必見であろう。

 他にも豊臣秀吉の正室であり、戦国の乱世を生き抜く女・淀君(茶々)の波乱に満ちた半生を描いた現在公開中の映画『茶々-天涯の貴妃(おんな)』(監督・橋本一、主演・和央ようか)や今まで幾度となく映画化されてきた人気のダークヒーロー“座頭市”が女性となって蘇える『ICHI』(監督・曽利文彦、主演・綾瀬はるか、2008年公開予定)も楽しみである。

 最後に『必殺仕事人』で錺(かざり)職人の秀役で人気を博した三田村邦彦氏のインタビューで本当は人殺しの役が嫌で撮影期間中、夢にうなされたり、身体に発疹が出るなど当時の苦労話を語られていました。それでもプロデューサーの一言が三田村氏の気持ちを変え、『必殺』が長寿の人気シリーズとして支えられたことがよくわかりました。



里見浩太朗 夢の軌跡

華と夢―里見浩太朗写真集

(購入者の評価)
「八百八町夢日記」の夢さんや「源義経」の弁慶のオリジナルショットを中心に舞台の稽古風景やテレビの貴重な写真が満載です。
表紙もめちゃめちゃかっこいいです。


ゆっくりと一歩―駆けずの浩太朗半生の記

里見浩太朗50周年記念写真集

男の華―里見浩太朗フォト&エッセイ (1982年)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4