沢田研二

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 
沢田研二 おすすめDVD 沢田研二 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
快傑ジュリーの冒険

(購入者の評価)
ジュリーってどうしてこんなにカッコイイのでしょう…!
これを買ってからジュリーへの恋患いに陥ってしまいました…
当時、まだ子供だった私には彼は大人過ぎて歌も理解できなかったから…今は彼の歌の中に入り込み恋人になりきってます。
私にこんな夢を見させてくれるのはジュリーだけです。
ちょっと出遅れたけど彼の魅力に浸れて本当に幸せです!


太陽を盗んだ男

(購入者の評価)
ただ、だらだら長いだけの映画。みんなが有り難がってるアクションも今の時代じゃショボ過ぎる。
要は「反体制」を気取った雰囲気を有り難がって水増ししてるだけじゃん。
こういうのを有り難がってるオッサン共が日本を駄目にしたんだなという感想ですな。
今の時代じゃ流行らないよ。


1998 ROCKAN’TOUR Kenji Sawada

魔界転生

(購入者の評価)
妖艶な魅力を持つ佳那晃子演じるガラシャ夫人。彼女の往事のフェロモン分泌量はすごい。あの魅力は、はっきり言ってどのような男も虜になるはず。下手なアダルトよりも興奮すること間違いなし。JJサニー千葉(監督名 和千倉倫道)も柳生十兵衛役がはまり、すでに役者が実物を超えた好例と言えよう。

KENJI SAWADA 祝・2000年正月大運動会

いい風よ吹け

明日は晴れる

悪魔のようなあいつ DVDセット1

(購入者の評価)
思ったよりもセックス&バイオレンスな内容でした。
裸や性暴力が人目を引く扇情的などぎつい味付け程度の扱い。
当時は夜の放送で大人向けといった扱いだったのでしょうか、ぼーりょく・性・ビンタ・お茶(夏だから?)の合間に毎度毎度半裸の沢田研二がちらちらするような(お茶に血と酒も追加しておきます)。
暴力的な物は好みではないのですが、ツルツルお肌につられて続きを見てしまうドラマです。
昔はしょぼいと思ってた町の風景まで作り込んだセット撮影は今では何だか豪華に思われ、第一形態はこうだったのか!という程に美しい篠ヒロコさんは、仕事帰りでも看護婦の格好でナースプレイ。
とにかく皆若く、みずみずしい。
話の筋では三億円の隠し場所だけが疑問の残る所でした。
また、映画やドラマではよくあることですが、十代の普通の娘の描写はぺらくて、一人称は自分の名前呼びであったり、無駄にわがままだったり、いや?んて言ったりします。
ビヨヨヨーンという音と共に苦しむ沢田研二氏は後のナイトヘッドの武田氏の役に通じます。
頭痛の美形萌えというか……しかしやはり彼は歌ってるときの方が魅力的です。
バイク修理業の家族の生活の様子は戦災も遠くはなったものの昭和だなぁという感じで大家族ドラマの雰囲気を残しています。
当時は田舎の雰囲気のある三億円事件の舞台や、今では約四十年前の事件の再現は興味深いものがあります。
今となっては放送自粛語もあり。俳優のくぐもった発声はかなり聞き取りにくい。


爛漫甲申演唱会

1999 正月コンサート

ぼんち

武道館コンサート ジュリーマニア

(購入者の評価)
 ジュリーの25周年記念ライブで、1991年に武道館でおこなわれたライブDVDです。
冒頭は、ジュリーが開演前、1人でメイクをしていく様子を、淡々とカメラが映していきます。1人の男性が、長きにわたって、トップアイドル、そして、トップスターとして、浮き沈みの激しい芸能界を生き抜いてきた、スター、ジュリーへと変貌をとげていきます。

 芸能界で活躍している時からそうでしたが、メイクをして歌っているジュリーには、仕事をしている男のプライドと色気がありました。もう、16年も前のライブ映像になりますが、それは健在です。

 わたしは、残念ながら世代的に、タイガースの頃のジュリーは知りません。わたしがジュリーを知ったのは、「危険なふたり」からのヒットで、そこから段々、ファンになっていきました。そして、ファンになった事によって、当時、タイガースのベスト盤を買って、タイガースの歌を知ったのです。25周年記念ライブなので、ヒット曲のほとんどを聴くことができます。

  オープニングは、ジュリーが70年代のライブでよく歌っていたという「I Believe In Music」で始まります。早川タケジのデザインの衣装で、ビシッと、黒のタキシードできめたジュリーはカッコイイです♪タイガース時代の曲「シー・サイド・バウンド」や「シー・シー・シー」なども聴けます。何しろ、長きにわたるキャリアで、ヒット曲が膨大にある人なので、観ているだけで楽しいです☆惜しむらくは、動きにシャープさがかけるようなシーンもありますが、それは贅沢と言ったものでしょう(^^ゞ

 不思議な事に、メイクをして登場して歌っているうちに、汗でメイクが取れていきノーメイクのジュリーになっていくのですが、メイクをしている時より、綺麗なんです。これには、ビックリしました。また、人は歳をとっても目だけは変わらないといいますが、瞳が綺麗です。本当に、芸能界の荒波をのりこえて、長いこと第一線にいた人だけが持っている、気品と輝きがあります☆「KI・MA・GU・RE」は、作詞・作曲の1人に忌野清志郎が名前を連ねていて、個人的にも懐かしかったです。

 70年代には、フランスでヒット曲をだすことにも成功したジュリー。その曲は聴けませんが、その時のレコーディングの苦労話は、自叙伝「我が名はジュリー」で読む事ができます。


REALLY LOVE YA!!

(購入者の評価)
え?当時45歳?!こんなにかっちょいい45歳を私は知らないわ。
少しふっくらした?そんなのいいじゃないの。
ビロードに珠を転がした様なあのゾクゾクする声は艶も色も一層増し、あなたの脳天を直撃すること請け合いです。
大ヒット曲連発のアンコールは、キタキタ?、期待を裏切らない皆様ご存知のジュリーが。
憎みきれないろくでなし♪で一緒に指ぐるぐる攻撃しましょう。ダーリング♪ではお約束の指なめよ。
してまた、高野寛作の幻の恋は必見。ジュリーの表現力には圧倒されます、映画を1本見たかの様です。
あーやっぱりジュリーはいつまでもジュリー、45歳にしてこの素敵さです。


幸福のスイッチ

(購入者の評価)
これが、この作品を見終わって最初に感じた感想です。
この父親の浮気エピソードは作品中のひとつのヤマだと思うのですが、最初からあまり気にしていなかった姉(本上まなみ)はともかく、あとの二人(上野、中村)の心境の変化を追うことが出来ませんでした。そのためになんとなくまとまりのない作品に感じられました。
このあたりが丁寧に描けているともっと良かったと思います。


あんじょうやりや

(購入者の評価)
劇場の幻覚中の業績。1人による Federico Fellini 映画。

SABU~さぶ~

(購入者の評価)
三池崇史監督作品は結構見ているほうなのですが、あの強烈な趣味は、熱狂的三池ファンにはたまらないカタルシスでも、一般人にはなんともアクが強すぎて、“オーディション”以外の作品にはなかなかついて行けないと言うのが本音です。 その三池監督が山本周五郎原作の“さぶ”をやる、と聞いたときは、正直びっくりしたものでした。

見てみるとなかなかの秀作ですね。名古屋テレビ開局40周年を記念して作られたそうですが、テレビ的なセカセカした演出でなく、ゆったりした堂々の映画的演出には風格があると思いました。 英次が人間的に成長していく部分が少し描写が荒くて、どういう風に彼が立ち直ったのか内面の動きがはっきり見えなかったり、石川島の役人たちがなぜ英次に魅かれて行ったのかも描写が足りないと思いますが、ラストのさぶと英次の抱擁、おのぶのナレーション、さぶとおのぶが橋の上ですれ違う絶妙のショットなど、人生の喜び、悲哀を見事に凝縮した場面になっていると思います。 音楽もグッド。 藤岡竜也をはじめとする若手演技陣も、変にカッコつけないで熱演しているところがいいし、ベテラン演技陣も脇をガッチリ固めている、という印象が強く、これは見ごたえのある作品でした。


源氏物語

(購入者の評価)
【日本一のスケコマシにして、日本一のマザコン男の光源氏。「あさきゆめみし」を読んでいた頃、こんな男を嫌味なく演じる俳優はいるんだろうか?って思ってたけど…すっかり、忘れてたよ!そうよそうよ。昔、正月特番で放送してたわよ!!ただし、当時はまだお子ちゃまの私には、あまりの色っぽいシーンの多さに直視できなかったような…。とてもじゃないけど親とは一緒には見れないわな。何か、コソコソ見たような記憶が…。何年か後に、少年隊のヒガシが演じた「源氏物語」が放送されたけど、ここまで色っぽいシーンはなかったよなぁ。ヒガシの方が平安顔だし、ショウユ顔が持て囃されてた時代背景的には、イメージ通りだったんだろうけどね。なんていうかなぁ…ヒガシは凛とした美しさはあるんだけど、艶っぽさが足りないような…。
まぁ、名立たる女優を差し置いてのジュリーの麗しさといったら…。一体、何なんだ!!この人は…。よくぞ、この映像を残しといてくれたよね。
見るときは一人で見た方がいいかも。夫婦とはいえ、旦那と一緒に見てると、こっぱずかしくなるかもよ。】

このDVDを見た後に、これから見ようであろう友人に送ったメールです。
私の中では「あさきゆめみし」の光源氏のイメージはジュリーが演じた光源氏です。(東山さんファンの方、ごめんなさい。)
源氏を取り巻く女人達は、年齢が高過ぎないか?とも思いましたが、内容が内容なだけに仕方がないのかもしれませんね。
「あさきゆめみし」に登場する女人の中では、末摘花が好きでした。見た目が他の女人達には劣ってしまう役を誰が演じるのだろうと思っていたのですが、ここでは風吹ジュンさんが可愛く演じていて(外観的には可愛すぎる?)、更に末摘花が好きになりました。

台詞も現代語訳で、とても解りやすくなってます。ただし…やっぱり、こっぱずかいかな…


コンサートツアー1996~1997 愛まで待てない

(購入者の評価)
売れていようが売れていまいがテレビに出ていようが出ていまいが、毎年欠かさず新しいアルバムを出して、そのアルバムをひっさげて全国ツアーをする、というスタンスをもう40年近く続けているスター・沢田研二。

このアルバムが出たのは沢田研二デビュー30周年を記念する1996年である。30周年だからといって別に特別なことはしなかった。しかし、デビュー当時の思い出や、それに纏わる懐かしい洋楽が聴けたり、楽しい内容になっている。

ジュリーのコンサートに行ったファンがよく漏らすのが「知らない曲ばっかり。もっと昔のヒット曲を聴きたかった。」という言葉である。ちゃんとアルバムのタイトルである「愛まで待てない」ツアーと銘打ってあるのにもかかわらず、である。これは、アルバムの曲が中心になるのは当たり前ではないか。

「昔の曲をあんまりやらない」というのは沢田氏がファンを大切にしていないと言うより、ファンが新しいアルバムを買って前もって自習していかなかったという怠慢なのではないか、と思う。昔の曲をもっと聴きたければ正月コンサートのDVDをお勧めする。が、「今の自分の曲」をガンガンやる沢田氏の姿勢に拍手を送りたい。

このコンサートで聴ける往年のヒットは「ストリッパー」、「お前にチェックイン」、「TOKIO」、「ヤマトよりを愛を込めて」である。でもこのアルバルからの曲たちも中々負けてない、と思う。

で、このコンサートは表題作のアルバムより俄然いい。音だけではなくビジュアルが伴うのはやはり大きい。40代も後半に差し掛かった沢田氏の華麗なるあでやかさ。スター性が光り輝くカリスマ。とにかくかっこいいロックなエンターテイメント・ジュリー満載である。

ジュリーのコンサートではもう使用されなくなったキーボード。ここではたっぷり堪能できる。やはりいい。
目も耳も楽しいDVD。お勧め。

ROYAL STRAIGHT FLUSH

(購入者の評価)
ライブビデオの楽しみは、なんといってもMC。音楽ファンとしては、ずれているかもしれませんが。
相変わらず間の取り方が上手で、テレビでコントをやっていた若い頃をを思い出します。コメディアンではないので仕方がないのですが、最近テレビで見られないのがとても残念。5分ちょっとのMCは主に年間スケジュールについてですが、十分楽しませてもらいました(レビュータイトルの意味は、見た人だけが分かるということで)。

かなり肉づきのよいジュリーですが、胴が太くなったせいで手足がちょっと短く見えるのは愛嬌。あごのラインをもう少しシャープにして欲しいという願いを込めて星は4つです。


太陽を盗んだ男 ULTIMATE PREMIUM EDITION

(購入者の評価)
渋谷でのリバイバル上映からもう6年程経つのかな?もっとも最初に観たのがTVでですから大したファンじゃあないんですけれども、この映画にある空気感みたいなものは感じられるつもりです。何を言いたいのかというと羨ましいんですね、映像に出てくる70年代。懐古趣味という訳ではないんです。でもあんな風に屋上に上がれるアパートには住みたいなあ。
劇中の「風船ガム」先生みたく原子爆弾作りたいとは思わないし(猫も可哀想で・・・)プロ野球にも興味無いし。世の中に対して石を投げたい訳でもない。ただぼんやりとした不安感とか閉塞感のようなものは同じように感じますけどそれを力で何とかしたいとは思わないし。まあ結局そんなには変わりないですからね、今の時代も。
あ、これじゃレビューにならんなあ。


>> つづきをみる

沢田研二という生き方

(購入者の評価)
ジュリーこと沢田研二は、ほぼ私の親と同年代であり、また、当時幼稚園に通っていた私にはテレビでの彼の華麗な姿は、強烈なインパクトがあった。現在、Youtubeなどで彼の全盛期の映像を堪能できるようになったが、今の芸能界で彼と匹敵する程の色気と、それを裏付けする確かな歌唱力と表現力を合わせ持ったスターはいるのだろうか、と思ってしまった。
本書には、近年の、いたってマイペースで活動するジュリーの事も書かれており、長年芸能界という世界で踏んばってきた彼の努力や苦悩、選んだ道について、引きこまれるように読んだ。私は今、彼の全盛期の頃とだいたい同年代になって、彼の仕事の大変さをほんのすこしだけ理解できるような気がした。彼は今年還暦、同年代の方は定年を迎える方も多いはず。今はまるで自分の親父のように、『これからも、がんばってね、おとうさん』と言いたくなってしまった。そんな思いを持った本だった。


我が名は、ジュリー (中公文庫)

(購入者の評価)
ジュリーは今でも輝き続けているスターだ。
最近はメディアの露出が少ないが、その輝きは舞台で堪能できるはずだ。
そんなジュリーが、36歳のときにインタビューで語った自身のこと。
ゴシップネタではなく、自ら語られる真実は何よりも重要だ。
自伝を読んでしまって、スターの過去を見てしまうとがっかりしてしまうことも
あるが、ジュリーに限ってはそんなことはない。
ますます魅力が増すばかりの永遠のスターである。


我が名は、ジュリー

炎の肖像 沢田研二

沢田研二・イン・コンサート―レコード・コピー・ギター弾き語り (1978年)

ザ・スター沢田研二 (1977年)

沢田研二アルバム―レコード・コピー・ギター弾き語り (1978年)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4