沢村一樹

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
沢村一樹 おすすめDVD 沢村一樹 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
紺野さんと遊ぼう ウフフの巻

紺野さんと遊ぼう ニヤリの巻

サラリーマンNEO Season3 DVD-BOX I

働きマン DVD-BOX

ごくせんスペシャル 「さよなら3年D組…ヤンクミ涙の卒業式」

(購入者の評価)
放送していた頃は欠かさず観ていた大好きなドラマです。
この卒業式スペシャルも含め、思い切って第1シリーズ全部購入して改めて観ましたが
やっぱり最高です!買ってよかったと思いました♪
ヤンクミの演技はもちろん、松本潤さんたち生徒ひとりひとりの演技が素晴らしくて
何度観ても飽きないし、分かってても泣いちゃいます。。。
ただこの卒業式は第1シリーズを全てチェックしてから観ることがおススメです。
最後の感動が全然違うと思うので。
また、今売れっ子俳優さんの松山ケンイチさんも3D生徒役でチラッと出てます。

知ってる方は改めて、まだ観たことない方は是非観てみてください。
きっと大好きなドラマになると思います。


サラリーマンNEO SEASON-2 DVD-BOX II

(購入者の評価)
コントは、ワンパターン化されたシリーズものの面白味がありこういうのは大好きである。NEOもそうだが、最近の新シーズンになってから(シーズン2あたりから)突然と笑えなくなった。洗練されテンポや話題もいいのだが・・ キャラも最高だ。しかし書き手側の感覚に違和感を覚える。「ゆれ・みだれ」にあると言われる若モノ語も多用してよろしいが、変にオッサン世代側から取り入れている作為が表立ち鼻白らむ観あり。個性的な俳優さんの層が厚いのに残念。相変わらず原さんの肢脚・立ち姿はうつくしいがあんなエッチな写真集を出していたとは知らなかった。この違和感に星5つ。セクスィー部長の強烈キャラとコント内容自体の詰まらなさとのギャップに星2つ(各回の豪華な女優さん対決という見方をすればスリリングで面白い)。仲間内でゾロゾロ、有象無象と出てくる最近の宴会用・学芸会用みたいな一発お笑い芸人のネタよりも数段「芸」らしいので星4つ。割り切れないので平均星4つ。

サラリーマンNEO Season-1 DVD-BOX

(購入者の評価)
「これがNHK?」という部分と「やはりNHKのバラエティ」という部分が
両方あります。
シュールでアドリブ全開なところはNHKっぽくないのですが、下ネタがなく、
ガラの悪いところもない(サラリーマン、というテーマのせいもありますが)
上品さはNHKならでは、という気がします。

キャストの中心的存在は、生瀬勝久とマギーだと思いますが、その他のキャスト
もオールマイティで巧い役者が揃っています。
特に、入江雅人と田口浩正の存在がコントを締まったものにしていると思います。
女性陣も思いのほか健闘していて、特に原史奈と奥田恵梨華がこんなにコントに
”なじんでいる”のは意外でした。
中田有紀の「よく見る風景」でのクールビューティぶりは、はまり役!というより
ありません。

コントの中では、「テレビサラリーマン体操」と「柏木健作 挑戦の軌跡」が
バカバカしくて好きです。
特に前者は、昔フジテレビの早朝にやっていた伝説の怪番組「英会話体操」を
思い出しました。シュールな体操ネタ、というところが似ていますね。

キャストのどなたかが、「日本のモンティパイソン」と言われるようになれば、
と公式本で語っていましたが、まさにそういう雰囲気で、何度も見てしまう
飽きのこないコメディだと思います。


サラリーマンNEO SEASON-2 DVD-BOX I

(購入者の評価)
初めて見た時、思わずチャンネルを確認してしまいました。。
ここからNHK好きになった位です★


サラリーマンNEO Season-1 DVD-BOX II

(購入者の評価)
3巻、4巻どちらのアタマも”社内スタントマン”がとっています。
やはり、パンチのきいたオープニングにはスタントマンが欠かせないでしょう。
女優陣の演技力がぴか一ですね。
いずれもキャラが立ってきています。
BOX-1に引き続き、中田有紀さんの演技に注目!
個人的には”世界の社食から”を注目してみています。
社員食堂には経営者のポリシーが顕著に出ているような感じがしています。
シーズン1がこれでおしまいというのはさみしいですが…。
BOXに同封されていたリーフレットには、4月(2007年ですよね?)から新シリーズ放送開始!
とあり、新作の期待も。


謎のホームページ サラリーマンNEO DVD-BOX

(購入者の評価)
サラリーマンNEOは大好きで楽しみにしてました。Season-1と比べると『がんばれ川上くん』が追加されS村I樹さんの「変わり者」キャラが遺憾無く発揮されています。他の俳優さん方もその人が隠し持っているであろうキッチュキャラを生かしたお笑いが展開されています。

救命病棟24時スペシャル2005

(購入者の評価)
第2クール(松雪さん)からファンになった人が多いのではないだろうか?
しかし私は第1クールが断然好きだった。音楽も最高だし、なにより医師になりたいと思ったきっかけの作品だった。

第2クールが決定するまではだいぶ時間があって、ずっと続編を期待していたけれど「ああ、やっぱり出たな。」って思ったのを良く覚えているでも松雪さんだったので少し期待はずれ…。ハイヒールの女医…あのキャスティングはなんだったのだろう。救命病棟24時といえば松嶋さん!ですよ。

版権の関係だかでDVD化していないのがとても残念。再放送の録画ビデオもとうに無くしてしまった。だからスペシャル版を見て我慢。


ニコニコ日記 DVD-BOX

(購入者の評価)
部屋のビデオカセットを整理していたら,昔録画していた「ニコニコ日記」が出てきた。懐かしくなり購入した。このドラマは,当時NHKでリアルタイムで見ていたのだが,珍しく感情移入できたドラマだった。永井杏が激烈に可愛かった。そして演技がうまかった。小学3年?5年までを演じていたが,小5のときはちゃんと少し成長して見えた。一番感動したのは,小鳥遊ケイを演じる木村佳乃が,浩太郎に頼らず一人で仁子を育てようとしていた所。自分が浩太郎と結婚したいのは,決して仁子を育てるためではないということを,身をもって示していた。浩太郎もそのケイの気持ちに気付き,仁子と一緒に暮らす決意をしたのだと思う。4年前に見終わったときは,単に「よかったね」という気持ちだけだったが,改めて見てみると一人ひとりの気持ちがリアルで,奥の深いドラマだなと思った。世の中の人々が,このドラマの登場人物くらい優しい心を持っていたらと,少しひがんでしまう。それくらい,心が温かくなるドラマだった。

めぞん一刻

(購入者の評価)
原作まんまです。
学芸会レベルで。

原作まんまなので、
原作を読んでいたほうが楽しいです。

原作を何度も読んで笑ったあとだと、
80年代の漫画ノリ会話や
胸の前でこぶしを握る「がんばれ」など、
そんな映像を大金かけて作られる現実に
寒気を覚えました。マジで。

伊藤美咲はダイコンのまま
30越える気なのかしら?
たいして可愛くもないんだから、
演技くらいは勉強すればいいのに。


雨と夢のあとに DVD-BOX

(購入者の評価)
原作とは設定が若干異なるものの原作の世界観を損なわない秀作ドラマです。 脚本・演出・キャストなど全ての歯車が上手く回っています。
派手さはないですが、どの世代にもおすすめできる素直に『愛』を感じることの出来る作品です。


続・星の金貨 DVD-BOX

(購入者の評価)
他のレビューアーの皆さんがお書きのように、前作でこの話は完結しています。
前作の視聴率が後半でうなぎ登りに良くなったため、無理やり続編を作りました。
おかげで脚本家も前作と違った方が書かれています。

そのため話の展開は滅茶苦茶です。
前作で視聴者の涙を振り絞ってくれた酒井法子も大沢たかおもただの自己中人間にしか見えず、田中美奈子が再び悪役になってしまうのも「?」です。

その中で一番の儲け役は竹野内豊でしょう。
演技もしっかりしていて、まるで彼のために作られたような作品ですね。

しかし、永井家の人間って最終的に竹野内豊以外は全員死んでしまうんですよね。
やっぱり、丘みつ子が指摘したとおり彩は悪魔だったんじゃないでしょうか?(笑)


謎のホームページ サラリーマンNEO 2004 赤盤

(購入者の評価)
すでにレギュラー番組になって3年目にはいっていますが、そのパイロット作品集。はっきりいって、コントの質は低いです。この後の青盤になると段違いにおもしろくなります。メンバーもずいぶん違います。とくに女性陣。まぁ、ファンならもっていてもよいかもしれません。

ハンドク!!!(1)

(購入者の評価)
最初の方は、医療関係ものと言うこともあり入りづらいかもしれませんが、後半にもなれば思わず『バカ一ー』と叫びたくなるほどのめり込めます。堤さんの作品らしく後味の悪さを残しつつ出演者一人一人のキャラが濃く何回でもあの世界観を味わいたいと感じさせるのは、さすがです。個人的には、IWGP+はぐれ刑事純情派みたいな感じで、お気に入りです。

ハンドク!!!(4)

???医者としては半人前なれど、気合と情熱だけでは誰にも負けない元ヤンキーの研修医が、強い信念を持って医者としてあるべき道を歩んでいく姿を描いたハイパーな医療ドラマ。元は池袋のギャングながら、国家試験に見事合格。ついに研修医としてのスタートをきった狭間一番(長瀬智也)だったが、あろうことか初日から遅刻してしまい、早々にトラブルメーカの烙印を押されてしまう。勤務先のSMHの院長・新堂一子(沢村一樹)は、神の手を持つ男と呼ばれる心臓外科のエキスパートだが、病院の経営理念ばかりが先に立つ一子の反モラル的なやり方に一番は大いに不信感を抱く。
?『池袋ウエストゲートパーク』の主人公が、そのまま医者になったような印象のドラマ。小ネタとダジャレと楽屋落ち的なネタの連打にらしさはあるも、大石静脚本、堤幸彦演出の化学反応を期待した分には肩透かしを食わされたような印象だ。半人前ドクター(略してハンドク)としての痛切がイマイチ伝わってこないもどかしさはあるが、それを乗り越えた演出の勢いで見せきってしまう場面にはさすがとも思わせる。あとは、この世界観の好き嫌いにかかわってくるだろう。(麻生結一)


ハンドク!!!(2)

(購入者の評価)
このDVDに入っている第4話は、「嵐」の二宮和也が準主人公な感じで好演♪
「殺人犯の息子」として苦労してきた彼が、過去世話になった保護司(初恋の人)の為に悪戦苦闘する。
元ヤンを演じるニノの迫力ある真剣な表情も、長瀬君とのコミカルで可愛い、楽しげシーンも見所♪
みみみ、みゆきちゃ〜ん!を珍しく怒鳴るシーンにもびっくりしました。
未公開シーンに収録されている「たこ焼きシーン」の、笑いを堪えている長瀬君も見所ですね☆


ハンドク!!!(5)

???医者としては半人前なれど、気合と情熱だけでは誰にも負けない元ヤンキーの研修医が、強い信念を持って医者としてあるべき道を歩んでいく姿を描いたハイパーな医療ドラマ。元は池袋のギャングながら、国家試験に見事合格。ついに研修医としてのスタートをきった狭間一番(長瀬智也)だったが、あろうことか初日から遅刻してしまい、早々にトラブルメーカの烙印を押されてしまう。勤務先のSMHの院長・新堂一子(沢村一樹)は、神の手を持つ男と呼ばれる心臓外科のエキスパートだが、病院の経営理念ばかりが先に立つ一子の反モラル的なやり方に一番は大いに不信感を抱く。
?『池袋ウエストゲートパーク』の主人公が、そのまま医者になったような印象のドラマ。小ネタとダジャレと楽屋落ち的なネタの連打にらしさはあるも、大石静脚本、堤幸彦演出の化学反応を期待した分には肩透かしを食わされたような印象だ。半人前ドクター(略してハンドク)としての痛切がイマイチ伝わってこないもどかしさはあるが、それを乗り越えた演出の勢いで見せきってしまう場面にはさすがとも思わせる。あとは、この世界観の好き嫌いにかかわってくるだろう。(麻生結一)


>> つづきをみる

日経 WOMAN (ウーマン) 2008年 10月号 [雑誌]

日経 Health premie (ヘルス プルミエ) 2008年 08月号 [雑誌]

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4