関口知宏

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 
関口知宏 おすすめDVD 関口知宏 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
アフタースクール

(購入者の評価)
何が騙されるんだろう…と思って観てもきっと騙されるハズです! でもこの映画の面白さは騙し無しですよ! ネタばれ厳禁のメイキングも凄く楽しみです!!

ゴッドファーザー コッポラ・リストレーション ブルーレイBOX (Blu-ray Disc)

(購入者の評価)
Version: U.S.A
Subtitles: English / English SDH / French / Portuguese / Spanish
MPEG-4 AVC BD-50 / High Profile 4.1

Title: The Godfather
Running time: 2:57:09
Movie size: 47,98 GB
Disc size: 48,35 GB
Total bit rate: 36.12 Mbps
Average video bit rate: 27.01 Mbps

Dolby TrueHD Audio English 3557 kbps 5.1 / 48kHz / 24-bit / 3557kbps (AC3 Core: 5.1 / 48kHz / 640kbps)
Dolby Digital Audio French 640 kbps 5.1 / 48kHz / 640kbps
Dolby Digital Audio Spanish 640 kbps 5.1 / 48kHz / 640kbps
Dolby Digital Audio English 192 kbps 2.0 / 48kHz / 192kbps
Dolby Digital Audio English 192 kbps 2.0 / 48kHz / 192kbps

Number of chapters: 23

*********************************************************

Title: The Godfather: Part II
Running time: 3:22:06
Movie size: 47,76 GB
Disc size: 47,98 GB
Total bit rate: 31.51 Mbps
Average video bit rate: 22.64 Mbps

Dolby TrueHD Audio English 3592 kbps 5.1 / 48kHz / 24-bit / 3592kbps (AC3 Core: 5.1 / 48kHz / 640kbps)
Dolby Digital Audio French 640 kbps 5.1 / 48kHz / 640kbps
Dolby Digital Audio Spanish 640 kbps 5.1 / 48kHz / 640kbps
Dolby Digital Audio English 192 kbps 2.0 / 48kHz / 192kbps
Dolby Digital Audio English 192 kbps 2.0 / 48kHz / 192kbps

Number of chapters: 30

*********************************************************

Title: The Godfather: Part III
Running time: 2:50:15
Movie size: 47,62 GB
Disc size: 47,82 GB
Total bit rate: 37.30 Mbps
Average video bit rate: 28.93 Mbps

Dolby TrueHD Audio English 3309 kbps 5.1 / 48kHz / 24-bit / 3309kbps (AC3 Core: 5.1 / 48kHz / 640kbps)
Dolby Digital Audio French 640 kbps 5.1 / 48kHz / 640kbps
Dolby Digital Audio Spanish 640 kbps 5.1 / 48kHz / 640kbps
Dolby Digital Audio English 192 kbps 2.0 / 48kHz / 192kbps

Number of chapters: 25


NHK VIDEO月周回衛星「かぐや」が見た月と地球 地球の出そして地球の入 (Blu-ray Disc)

(購入者の評価)
子供の頃夏休み、家族でアポロの月面着陸をみんなで観たことを思い出した。こんなクリアな映像で月面と青く丸い地球を観れるとは・・・。凄い!
欲を言えば、特典映像は、ただただズームインしない撮影素材を観れるようにして欲しかったです。・・・もったいない!


世界ふれあい街歩き BOX 1

(購入者の評価)
数年前に偶然見て以来大好きな番組です。
一度見ると、もっと色んな国が見たくなります。
狭い道をくぐり抜けて行ったり、まさに「街歩き」です。
どの街も素敵ですが、特に中国「鳳凰」の街が印象的でした。
とっても贅沢な番組です。


世界ふれあい街歩き BOX 2

(購入者の評価)
私はお散歩が大好きです。

このDVDは実際に自分がお散歩に行っているような感覚になります。

実際に自分が歩いていたときに気になったことがあっても
このDVDのように、自分で聞くことが出来ない語学力の私には
とても、かゆい所に手が届く!ような感じで
とても、良いんです。

ナレーターの方も、とても豪華な顔ぶれで
お散歩ごとに、ナレーターの方も変わるので
なかなか面白いです。

自分自身で旅行に行ったならば、こんなに、丁寧に街を歩いたりしないので
こんな、旅行もいいなぁと
感じます。

DVDの街に行ったきになりますが、実際に自分でも行って
歩いてみたい気になるDVDです。
また、一度行かれた方も、あぁ。こんなところがあったのかと再発見できますよ!


とても、ゆったりした気分になれるので、
家事が終わり、誰も居ないときや、夜中に、大好きな紅茶を淹れて
ゆっくり、静かにのんびりと楽しんでいます。

忙しい方にはお勧めのDVDだと思います。



関口知宏が行くヨーロッパ鉄道の旅 イギリス 自然と優しさに迎えられて

(購入者の評価)
鉄道発祥の地、イギリス、イングランド、そして、かつての独立国ウェールズへの旅、巨石群遺跡ことストーンヘンジのあるのはソールズベリ駅より車で15分、とても不思議な風景でした、ウェールズの首都へ、首都といっても広大で緑がとても多く、洒落た可愛い建物が一杯でこんな所に住んでみたい、クルーズという伝統的な楽器は初期のバイオリンといった感じ、ハープもウェールズが発祥の楽器だそうです、素晴らしい音色ですね、体が大きい人が多いからか、どの鉄道も席がとても広くて羨ましいと感じました、日本は何でもコンパクトすぎますよね、今回の絵日記はどれもとても幻想的、広大な緑豊かな大国の旅は見ていてとても癒されました、お勧めですよ。

関口知宏が行くヨーロッパ鉄道の旅 ギリシャ・トルコ 陽気な人々と神秘の大自然に抱かれて

列島縦断 鉄道乗りつくしの旅 JR20,000km 全線走破 秋編

関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版 4枚組BOX

(購入者の評価)
仕事と旅行で何度となく行っている中国。
私も初中国の時は、反日は?どういう国なんだろう?と楽しみより心配の方が
大きかったことを思い出す。
しかし行ってみると、そこには近代国家として、あるいは近代国家を目指している姿の他、
みんな一生懸命生活していて、暖かく、好奇心旺盛な人々ばかりだった。
しばらくは仕事で渡航するのみだったが、ついには未知の都市へ一人旅を楽しむほど
この国を知ってみたくなった。

この放送は年末の特番で初めて見たが、私が感じていた中国の魅力が満ちあふれている。
中国旅行好きな人にはもちろん、中国に興味はあるけど旅行には抵抗があるという人、
あるいは中国ってどんな国?怖い国?得体の知れない国?と感じている人にも
是非見てもらいたい。

もうすぐ発売される秋の旅も楽しみ。


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX

(購入者の評価)
「出会いの洪水がはじまった」関口知宏さんのこの言葉からはじまる中国鉄道大紀行、後半です。
万里の長城や世界遺産・内モンゴルを経て最終目的地のカシュガルへと向かう秋の旅。
中国語を話せるようになり積極的にコミュニケーションがとれるようになったことや
中国の季節の移り変わりを楽しめるのは前回の春の旅とは違う魅力があります。
修学旅行できていた韓国の学生や孔子の子孫・鉄道乗務員・日本語を勉強する学生等さまざまな出会いもあります。
各ディスクに特典映像もあり、大山百合香さんのテーマ曲も旅をよりいっそう盛り上げてくれました。
個人的には、「来年の北京オリンピックにまた来て下さい。日中友好。それが私たちの願いです。」と
笑顔で関口さんと握手をするおじいさんをこのDVDが発売された時期にみると感慨深いものがありました。
最近の人たちは良くも悪くもメディアリテラシーに振り回されすぎているように思います。
僕は光あるものの方をみていきたい!
だからこそ、このDVDを自信を持ってすすめます。


関口知宏が行くヨーロッパ鉄道の旅 スイス アルプス輝く緑と湖の国

(購入者の評価)
関口知宏さんの8度目の旅先は多民族が共住する中立国スイス、大きさは日本の九州とほぼ同じ、もっと大きい国だと思っていました、ドイツ語、フランス語、イタリア語は話せても英語は駄目というひとが多く、流石の関口さんもタジタジです、青々とした空、とても空気がクリーンそう、森を抜け、山を登り、大湖を巡る9日間の旅で関口さんが出会った人々は一見、シャイだけれども実はとても気さくで純粋な人ばかり、大自然に感謝、そして圧倒されている関口さんが面白い、それだけ、スイスの自然が素晴らしいという事ですね、一度は旅してみたい、そんな気持ちにさせてくれるお勧めのDVDでしたー。

関口知宏が行くヨーロッパ鉄道の旅 イギリス 自然と優しさに迎えられて

関口知宏が行く ドイツ鉄道の旅

決定版 列島縦断 鉄道12,000km 最長片道切符の旅

(購入者の評価)
画質は素晴らしいです!

そして内容も素晴らしいです。

ひろ?い湿原に輝く夕日、美しい!

そんな鳥肌モノの景色がたくさん出てきます。

時折入る音楽も温かみのある素敵な音楽で心を癒してくれます。

また、テーマ曲のカズン「風の街」もこの番組にあった素敵な曲です。

ゆったりとゆったりと時が流れていきます。

旅が無性にしたくなりました。

7時間以上もの映像ですが、自信を持ってお勧めできる商品です。


関口知宏が行くヨーロッパ鉄道の旅 スペイン 太陽と音楽の国

(購入者の評価)
2005年よりスタートをした海外鉄道の旅、ドイツ、イギリスの次はスペインです、地中海に面した街、バルセロナよりスペイン北部への旅、太陽の国といわれるだけあって緑よりも砂地が目立つ印象、スペイン人といえば、遊び好きで情熱的な印象ですが、意外と職人気質な方が多い様ですね、ケラボーサはチョコレートで有名な街、ボリュームが違います、伝統的な楽器や笛をご紹介、音はどれもかなり大きく、クラクションに近いもの、遊び心からうまれたものなど実に様々ですが、全体的に大雑把な印象ですねー、太陽の街、スペインの旅は実に魅力的です、ぜひ、ご覧下さいませ。

関口知宏が行く ドイツ鉄道の旅

(購入者の評価)
2006年、日本から舞台はドイツへ、20日間をかけてのドイツ鉄道での旅の始まりです、広大な自然溢れる大国だけあって、一日、35万人が利用するというフランクフルト駅のスケールの大きさに圧巻、フレーメンの音楽隊に船を難破させるという魔女ローレライなど、伝承も実に個性的な国です、ドイツの伝統的な楽器を弾きたいと関口さんは楽器公房を訪れますが、リュートという楽器は新品で70万円、中古品でも30万円もします、ですが、高いだけあって音色はギターよりもとても柔らかく優雅な音色、迷ったあげくに遂に購入、現地の人々と実に自然に性格な英語で会話をする関口さんが素敵でした、羨ましいですねー、観ていて実に楽しく、自分までも旅をしている気分を満喫出来ました。

決定版 列島縦断 鉄道12,000km 最長片道切符の旅 Vol.2 関東・中部・関西編

(購入者の評価)
速水もこみちと加勢大周をたして2で割った感じの関口さん。
5月6日の北海道からの旅から、だいぶん「本音」も飛び出したり、コナレテ来た感じ。笑

この旅は自然の景色が無いと成り立たない企画なんだろうと思うけれど、
今回は都会のまち中を走ります。
車窓からの景色というより、
前回同様、途中下車してからの季節感、空気の良さ、それらを彼とともに感じ取れるか?の記録です。

C62機関車が気に入った様子。笑
これは銀河鉄道999です。
彼のことは良く知らないが、彼は作曲家なの?笑

旅は「若いうち」に…と本当に思う。
「あの山の向こうには何があるの?」と思えるうちに経験するのが吉だと。笑

この片道切符のシリーズは、景色を堪能する…というのもあるかも知れない…でも、旅の経験のある人からみれば、彼の気持ちと一体になって、時間の流れも感じながら観る…というのも楽しいのかも…。
今回で北海道を出てから一カ月が経つ。
なんだか、それも良いねー。笑

今回の旅は晴れの日ばかり。
自分のまちが映像で流れるのも良いです。
このシリーズはもしかしたら全巻4つ揃えてこそかも…です。笑

PS
この中で一瞬、電車の中で地べた座りをしている男女高校生が映ります。
「流行」では片づけられない、
実にひとりよがりな「みっともなさ」を感じました。
他は綺麗なのに、そこだけが画像が汚く見えます。せっかく「綺麗なもの」を観たくて買ったのに…残念だ。
気分台無し!(怒!)


列島縦断 鉄道乗りつくしの旅JR20000km全線走破・春編 3東海・北陸・関東・東北編

(購入者の評価)
2004年にスタートをした「最長片道切符の旅」に続き、乗りつくしの旅に出た関口知宏さん、関東の都会の電車の多さに大苦戦、これからどこへ行くと思います、又、戻るんですよ、もう行ったわよ、とおねえ言葉になる程の大変さが笑えました、かと思うと、今日は朝から豪華な弁当を食べて優雅だわ?、と嬉しい時にもおねえ言葉ですかー、きっと、本人は無意識に言っているのでしょうねぇ?、感動したりうんざりするとそうした言葉が出る知宏さんが笑えましたねー、かと思うと、一見、古く見える川越のお菓子横丁に感動、こんな所に住んでみたいとおっしゃっておられましたが、昔はそんな横丁、川越にはなかったのよ?、とにかく関口さんの旅はまだまだ、続きます、ボーと癒され、笑えます、お勧めですよー。

列島縦断 鉄道乗りつくしの旅 JR20000km全線走破 春編

(購入者の評価)
関口さんの鉄道の旅シリーズは、DVDでほぼ揃えていましたが、NHKハイビジョン放送に比べ画室が良くないのが残念でした。この前の「最長片道切符」もブルーレイを購入しましたが、素晴らしく美しい画質でした。近作もさっそく買いたいと思います。関口さんと共に、鉄道でいく日本発見の旅!じっくり楽しみたいですね!

蒼天の夢~松陰と晋作・新世紀への挑戦

(購入者の評価)
野村萬斉演じる生意気そうな高杉晋作、中村橋之助演じる純粋で素朴な人柄の吉田松陰をはじめ、
阿部寛の桂小五郎、高嶋政伸の伊藤俊輔など、かなり実物のイメージに近い人物像を追求している
作品です。配役と俳優さんの演技がとても良いです。
今までの古い長州関係の時代劇とはすごく雰囲気が違います。
かなり前からビデオ化はされていましたが高額な事とDVDで購入をしたかった事で、ずっとDVD化を
待っていました。
さっそく購入したDVDを観ましたがやはり良いですね。買って損なしです。
歴史に詳しくない人でも、丁寧に松陰の人物像を追っていく内容なので楽しめると思います。


>> つづきをみる

関口知宏の音楽でめぐる鉄道の旅―CD BOOK

(購入者の評価)
この本は俳優でもあり旅人でもある

関口知宏さんが2004年から
スタートさせた鉄道の旅を
自ら作った歌とともに振り返る
総集編的な本です。

関口知宏さんは、間違いなく
これからの日本を背負って立つ
大人物になるのでは?
そんな予感を抱かされる様な
感動的なセリフや彼が悩み学んだことが
旅の隙間ににじみ出ています。

関口さん自身 4年前まで
様々な悩みを持たれていて
ふと導かれた大室山で
それが一気にビジョンとなって
目の前に現れたようです。

その神秘的な体験から彼は毎年
7月の26日に近い日曜日に
旅の小休止として大室山に戻り
ファンの皆さんとその原点に立ち返って
非常に意味深いイベントをされています。
そのことも本には記載されています。
(大室山の写真など..)

付随されている彼の音楽CDも
世界のそれぞれの場所の
雰囲気、出会った人々や音楽を
そのまま受け入れ
どの曲も素晴らしく神秘的です。
特に2曲目の関口さんが歌う“旅のうた”
10曲目のニ胡の音色が琴線に触れる“零?リン”
は是非 聴いて欲しい美しい歌です。

いやはやもう彼の存在自体が
美しく神秘的なんですけどね。



関口知宏の中国鉄道大紀行 4―最長片道ルート36、000kmをゆく (4)

(購入者の評価)
関口さんの旅を見続けていた自分も、なんだか長いような短いような、
寂しい気持ちで終わりを見守りました。
今回で、本の方も中国編ラスト。

関口さんの、字の上手さ・絵の素晴らしさ(上手いだけではなくて、
個性が素晴らしい)などなど、彼の魅力がたっぷり。
彼は、中国の人たちの事を、素朴で純朴だとよく言っていますが、
読者の1人として思うのは、関口さん自身が、やはり素朴で純朴なんだと思う。
だからこそ、中国という国・人たちの素晴らしさを実感出来るのだと思う。

この本を読んで、自分も、観光ではなく、人との繋がりを感じれる旅がしたいと
強く思った。
本当に、いろいろな面で勉強になるし、為になる作品です♪


JR20000km 全線走破 全記録パーフェクトBOOK (別冊宝島)

(購入者の評価)
鉄道ファンなら絶対に読むべきです。
関口知宏さんが個人で旅した記録が日記風に克明に描かれています。
テレビ版では、毎回の放送を楽しみにしていたくらい大好きなプログラムでしたが・・・
書籍版は、それ以上に楽しめるし詳しい駅やお店の情報が載っていて楽しいです。
私もこんな旅が出来たらいいなぁと思わず思ってしまいます。
旅っていいもんだなぁと思わせる珠玉の1冊になること間違いないだろう。
紙面を通じてですが、旅の醍醐味を味わうことが出来る良書です。
いつか自分も・・・とお考えの方は下見感覚で利用されてもよろしいのではないでしょうか。
きっとワクワクした希望に胸を躍らせることでしょう。


関口知宏の中国鉄道大紀行 3―最長片道ルート36、000kmをゆく (3)

(購入者の評価)
海安県というところで関口さんが出会う女の子がすごく印象に残っています。日本に連れて行ってと言っていた女の子です。関口さんも書いていますが、ほんとに日本に連れてきたらどうなるのか、おそらく彼女の純粋さは失われてしまうでしょう。
日中戦争のことにも触れていますが、日本人のほうが意識しすぎじゃないのかと関口さん同様思いました。
日本のわらべうた「うさぎ」を中国語訳しても日本と同じメロディで歌えるというのは驚きましたね。


列島縦断鉄道12000kmの旅 絵日記でめぐる43日間

(購入者の評価)
NHK番組で紹介された(最長片道切符の旅)第1弾の記念すべき俳優 関口知宏さんの絵日記がこちらです、番組で観ていても思ったのですが、一見、自由に描いている様で遠近法など基礎がしっかりとしている絵柄に感心をしてしまいました、関口さんは絵もしくは漫画をどこかでみっちりと勉強していた時期があったのではないでしょうか?芸術ごとが大好きな関口さんですから、その可能性は大ですね、登場人物も皆、実に生き生きと魅力的の描かれています、完成度がかなり高い絵柄でその時その時の関口さんの感想も実に面白い、買って読んで実に癒され、感性を刺激されました、これはお勧めです。

関口知宏が行くドイツ鉄道の旅

(購入者の評価)
2006年、舞台は日本からドイツへ、20日間をかけてのドイツ鉄道の旅の絵日記がこちらです、歴史と伝統のある大国ドイツの旅という事もあり、絵日記の絵も実に魅力的、他のシリーズ本に比べると多少、ページ数は少ない印象ですが、それでも購入をする価値は十分にあると思います、番組を観ていて感心をした事なのですが、関口さんの話す英語は実に自然でとても正確、だからでしょうね、異国の人々との交流が絵日記でも実に楽しく、描かれています、絵日記のみではなく、ぜひ、DVDとセットで購入をして頂きたいですね。

関口知宏の中国鉄道大紀行 1―最長片道ルート36、000kmをゆく (1)

(購入者の評価)
関口さんは寝癖で寝ぼけ眼のまま、旅を続けていました。これをつたえねはと言う感じもなく肩に変な力が入っていない感じがしました。
気ままな感じのぶらり旅が中国の、おおらかでのんびりしたところと うまくマッチしていろと思いました。
関口さんだからこのいい感じがでていたのだと思います。
世界遺産に自然にとけ込んで生活している人々の暮らしはとても良かったと思いました。


関口知宏の中国鉄道大紀行 2―最長片道ルート36、000kmをゆく (2)

(購入者の評価)
関口知宏の中国鉄道大紀行 春の旅の第2弾。

本の2巻がDVDの第3回と第4回。
桂林から西安まで。

ここで印象に残っているのは貴州省の凱里。
田んぼの水を見に、川を渡るおじいさんとの交流。
これって、結構みんな印象的に思っているみたいです。
上海周辺が軽く流されているのがちょっと残念。
江蘇省なんて、完全スルーだし。でも、秋の旅で
戻ってくるのかな。

そして、ゴールはかつて長安と呼ばれた西安。
遣隋使や遣唐使が目指した古都。
駅の前に広がる城壁が印象的です。

さすがに全く同じ旅は出来ないけど、同じところに
行きたくなってしまうのが、俺なんだよね。
でも、それをヨメに言ったら、似たようなところ
1箇所でいいよね。全部行かなくてもだって。
まあ、そうだけど。

中国にいる間に、できるだけ回ってみたいと思います。
最悪、一人ででも。


関口知宏が行くスイス鉄道の旅

(購入者の評価)
残念ながら番組は見逃したが、それまでに見たドイツ鉄道やイギリス鉄道等の旅も番組・書籍共面白かったので、本書も購入。
スイスといえば、アルプスの美しい風景や、永世中立国であるということ、国際機関が多く集まっていること、等
いろいろとイメージは湧くものの、その理由などについて詳しくわかっているわけではない。そう考えた関口さんは、
勉強をテーマに据えて9日間の旅を始めた。そこでは、実際に、皆がイメージする山や湖の荘厳な大自然や、
さまざまな言語(公用語は4つ)にも出くわす。しかしそのなかで、根本的にはスイスの大自然と水とが、
あらゆる事柄に影響していたという思索に至る。そして、関口さんは、自分も自然に生かされている存在なのだと実感する。
なぜ、永世中立国なのだろう、なぜ4つもの言語圏があるのか、等の疑問を胸に旅をしていくなかで生まれた
哲学的な思索を綴った丁寧な文字と、やさしいタッチのイラストは読み応えがある。
観光案内の部分もあり、ガイドブック的にも楽しめる一冊。今回もまた曲づくりをされていて、教会で生まれた一節から
発展して作り上げられたそう。この曲を聴いたスイス人のホルンを吹くおじさんが、凄いリアクションをされたとのこと、是非聴いてみたい。


関口知宏の地球サポーター―ラオス・モンゴル・トルコ-絵日記の旅

(購入者の評価)
これまでの8日間を要した旅絵日記の倍近いページ数に大満足、ラオス、モンゴル、トルコを旅した際の思い出の絵日記となっております、灼熱の大地の旅に関口さんも悪戦苦闘、でも、だからこそ、絵日記も最高に面白い、お勧めですよ、ところでこちらは、DVD化されているものなのでしょうか?、探したのですが、それらしいDVDが見当たりません、でも、写真と絵日記のみという事はないので、既に販売されているはずなのですが、ご存知の方は情報をよろしくお願いします。

関口知宏が行くギリシャ・トルコ鉄道の旅

(購入者の評価)
関口さんのギリシャ・トルコ鉄道の旅、実はこちらのDVDだけ、購入出来ていません、ギリシャ神話で有名、実に様々な魅力的な遺跡のある国だけに芸術家肌の関口さんの絵日記は実に楽しそう、、、絵日記ではそんな魅力溢れるギリシャの遺跡に触れ、感性が全開となっている様子が面白おかしく描かれています、現地のおじさんにキスをされるというハプニングもあった様で、あのキスには、どんな意味があったんだろう、、、と複雑な心境、大爆笑でした、早く、DVDが観てみたいー、絵日記は大満足でしたー。

別冊宝島「列島縦断 鉄道12000km 最長片道切符の旅」 (別冊宝島 (1083))

(購入者の評価)
BS15周年記念で放送され、好評を博した「最長片道切符の旅」を出版したものです。本の体裁としては、43日間の旅行について、1日ごとに見開き2ページの中に「行程」に加え、「駅弁、駅、風景、人々」等、出会ったものの中で印象深いものが紹介されています。BSでは、短時間であったため、通り過ぎてしまった場面も、じっくり見ることが出来、「ああ、この駅弁食べてみたいなあ」「この駅を訪ねてみたいなあ」等々、旅心をくすぐるものになっています。また、43日の旅行のエピソードの紹介以外にも、変った「駅弁」「駅」等を紹介したコラムのページが載っているのも嬉しい所です。
スピード最優先の世の中、じっくり、どこででも、「最長片道切符の旅」を再現できる楽しい本です。


関口知宏「列島縦断」シリーズ 絵日記3巻セット

関口知宏が行くスペイン鉄道の旅

(購入者の評価)
2005年よりスタートをした海外鉄道の旅、ドイツ、イギリスの次は太陽の国、スペインです、地中海に面した街、バルセロナよりスペイン北部への旅、スペイン人といえば、情熱的で遊び好きな印象ですが、実は職人気質な方が多い様です、ですが、伝統的な楽器は遊び心が一杯で大音量で大雑把なものが多いですねー、職人気質ながら、大雑把という面白いスペインの人々との交流は関口さんを実に色々に刺激をした様で、絵日記も実に面白いです、木になった実を食べてひどい目にあったり、そんな様子も描かれていて、観ていてとても面白かったです、ぜひ、DVDとセットでどうぞ。

関口知宏が行くイギリス鉄道の旅

(購入者の評価)
鉄道発祥の地、イギリス、イングランド、そしてかつての独立国、ウェールズへの旅の絵日記がこちらです、歴史がとても古く、遺跡も多い、巨石群のストーンヘンジはそんな幻想的な遺跡のひとつ、そんな広大で緑豊かな大国での絵日記はこれまで以上に幻想的な絵がとても多いのが特徴ですねー、絵がどんどんどんどん上達していっている関口さん、DVDとセットで購入をして頂きたいですね、お勧めですよ。

列島縦断 鉄道乗りつくしの旅 JR20000km全線走破 春編 別冊宝島

(購入者の評価)
ようやく出てくれました。前回「最長片道切符の旅」の未走破区間を行く旅のはじまりです。残りは約8000kmで、今回の春編は、九州枕崎、日本の最南端駅を出発し、福井の九頭竜湖までです。例の関口くんの日記形式で毎日列車の旅が続いています。最後の残りは秋編ということで、早くも待ち切れない気分です。

列島縦断鉄道乗りつくしの旅 JR20000km全線走破 秋編 絵日記でめぐる34日間

(購入者の評価)
NHK番組で放送をされた(最長片道切符の旅)では回りきれなかった駅を回る旅、春編では鹿児島から福島県まで、そして今回の秋編では北海道を目指します、絵の基礎が実にしっかりとしていて、登場人物達が実に生き生きと魅力的に描かれているのには感心してしまいました、素晴らしい自然、そしてそこに生きる人間、動物たちとの触れ合い、関口ワールド全開な絵日記でその素朴さに本当に癒されました、3冊セットでお勧めをしたい作品ですね。

列島縦断JR20000kmの旅 鉄道乗りつくしの旅 絵日記(春編)

(購入者の評価)
前回の「最長片道切符」で乗り切れなかった残り線区を乗って、JR全線完乗を目指した紀行。これは、その前半部分の春編。枕崎から福井・九頭竜湖を目指す。3部作やはり通して読むべきでしょう。

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4