関根勤

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 
関根勤 おすすめDVD 関根勤 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
劇場版 爆走兄弟レッツ&ゴー!! WGP 暴走ミニ四駆大追跡! (完全生産限定版)

(購入者の評価)
この作品は、いわゆる
アミノテツローらしい痛快さと、
はっきり豪が主役なところが好きです。

リオンはあまりそれほど共感できる
主人公ではなかったかなぁ。
ちょっとごちゃごちゃしてて。

それと、ミハエル様があんな不機嫌な顔を
されていたり、あっさり豪らに
負けるのが、アイゼン信者としては不満。


LIVE!清水ミチコのお楽しみ会“リップサービス”

関根勤の妄想力 東へ

(購入者の評価)
?妄想力?
これは頭の回転が早い(キレる)のと同じことだと思います。
例えば、即妄想のクダリで、お題を出された瞬間に、妄想→ストーリー完結まで一挙に浮かび上がるのは…さすがの妄想王っぷり。本当に尊敬します。
その独自の世界観で、1週間のデートプランから顔妄想まで全部面白かったです。

機会があったら是非ご覧ください。幸せな気分になれます。


高田純次 適当伝説~序章・勝手にやっちゃいました~

(購入者の評価)
初めに言っときますが高田さんが好きじゃないと面白いかわからない作品です。旅番組で高田さんが大好きになった私の感想ですがこのDVDでは高田さんの本当の面白さは充分には引き出されてはいません。しかし副音声の関根&高田の映像鑑賞コメントがたまりません。関根さんの発言を聞くことで面白さが数倍もアップしますし新しい楽しみ方もできます。関根さんの『ばかだなー(笑)』のコメントがでるところは特に面白さアップです(笑)関根勤ファンにもオススメのDVDだと思います。


私的にはぜひ第2作も出して欲しいです。もちろん副音声は関根さんで


関根勤の妄想力 西へ

女子アナクッキング 教えて!料理のアナとツボ Vol.2

女子アナクッキング 教えて!料理のアナとツボ Vol.1

5ミニッツ・パフォーマンス 関根勤カマキリ伝説 クドい!

(購入者の評価)
買おうか買うまいかどうしようかなぁと迷ったんですが、買いました。

ホントにクドいです(笑)。(誉め言葉)

裏関根っていうか、悪関根好きにはたまりません。(テレビでの関根さんしか知らない人は引くかも)


にてんのか!~格闘技モノマネ人類最強決定戦~完全盤

アングリー・キッド

(購入者の評価)
英語版を見ました!
何コレ!?
そんな感想がまず漏れてしまうくらい、
面白くて憎たらしい!!!
思わず、下らなくて、クスッと笑ってしまう!!!
最高です。
是非、日本でも話題になってほしい。
グッズとかあったら欲しいな?


カマキリ伝説

(購入者の評価)
私が個人的にオススメするのはこの2つです。
他も全部笑えますがやはり関根好きじゃないとダメでしょう。
「まあ嫌いじゃないけど」そんなんじゃダメです。ついて来れません。

カマキリ伝説カマキリ男。
カックラ金って金曜の夜8時でしたっけ。
8時35分過ぎあたりに緑色の格好した関根さんが出てくるわけですよ。
そうなると当時小学生だったボクは「待ってました!コレを見ないとウイークエンド過ごせない」って・・・・・・ああそのDVDじゃないのか。

2巻出てますんで買えないこと無いんですが僕も【関根次元】について来れるかどうか心配だったんでとりあえず1をと。

気に入ったなら星5つ入れろ?
何言ってんですか異色系芸人第1号に敬意を表して星1つ減らしたんです(5つ☆じゃ関根さんに失礼です)。


くりぃむしちゅーのたりらリラ~ン ベタドラマDVD 恋愛ドラマは散々ハラハラさせておきながら結局ハッピーエンド編

(購入者の評価)
キビシイ意見が多いですが、
私は番組を毎週しっかり見ていたわけではないので楽しめました。
お笑いのDVDとしては異例の、副音声2種のおかげで繰り返し見れました。

本編121分+オマケ映像(オフショットとNG集)12分と
これだけでもボリュームたっぷりですが、
くりぃむと眞鍋かをりさん、西尾由佳理アナによる副音声2種も収録。
ベタ子ポストカードも付いて、
コストパフォーマンスの良い商品であることは間違いないです。

チャゲアスや福山雅治さんの曲は使用されていますが
一部オリジナルの楽曲がチープなカラオケに差し替えられています。
確かに残念なことですが、
テレビのお笑い番組のDVD化では珍しいことではありません。

むしろ、
再放送をすることがほとんどないバラエティーの1コーナーを
まとめて見ることの出来る今回の商品化は評価していいのではないでしょうか。


お台場湾岸テレビ

(購入者の評価)
主演の高岡蒼甫さんのお芝居は中々良いですし、
深夜にドラマという実験的要素と低予算、
1話17分という短い放送時間など同情するべき部分はあります。
本人と同じ役名の芸人さんが、ほぼ本人と同じキャラクターで芝居するのも仕方ないでしょう。

しかし、
「小学生向けのような単純なストーリー」とあらかじめ覚悟しておきましょう。
放送を見ていなくて この商品に興味がある人は「必ず」レンタルでチェックしておくべき。

本編に中野美奈子アナ、平井理央アナも確かにゲスト出演しますが
どちらも数10秒程度なので期待しすぎないように。

購入するなら 特典映像が全くないこの通常版ではなく、
特典Discのついた初回限定版なら まだ持っておく価値はあるかも・・・。

なお、
現時点で商品の説明がDisc1枚となっていますが、
実際にはこの通常版は「Disc2枚組 収録時間171分」です。


欽どこ 「クロ子とグレ子のどこまでやるの ?」

(購入者の評価)
A型じじい萩本欽一をリーダーにA型の2人関根、小堺を従えた実際は暗い集団 無理矢理つくりだされた偽物の明るさ ねちねちとしたオーラ すべてがA型ならではの作風です いい年をして 甘えたオカマの様なキャラクターの萩本 それを心から敬愛する関根の姿 そして俺のほうが もっと萩本に好かれたいし 好かれているんだ!という小堺の得意げな表情 なんだよこれは A型集団のチチクリあいじゃねえかよ お互いが遠慮しながらのコント A型特有のわざとらしい明るさ まぁその気を使いながらのコント 突っ込みやボケ これらの作風が売れっ子雛壇芸能人 関根を生み出したといえるが 年下の売れっ子芸人に媚びた笑いを誘う芸風…これは萩本から学んだ芸風であるが A型関根によって磨きがかかったものだろう 誰も結成をしなかった!というより 結成したくもなかったA型集団のチチクリ合う姿……これはもう馬の糞でしかない

欽ちゃんのどこまでやるの! DVDボックス

(購入者の評価)
私はわらべと同世代なので、わらべが見られてすごくよかった。お茶の間コントはほのぼのしてた。ただゲストコーナーの出演者が70年代に活躍した人中心だったので、80年代のアイドルなどの映像も見たかったなぁ?。

でもどのコーナーもそれぞれ懐かしくて最高でした。


悪魔の毒々モンスター 東京へ行く

(購入者の評価)
シリーズ2作目で、メルビンの父親が日本にいたという強引な設定で日本が舞台なのが最大の見所。アメリカパートと日本パートがノリ・画質のテイストが異なっていて別の映画が繋いであるみたいに感じるが、日本パートのハチャメチャさは大爆笑(大失笑か)間違いなしの抱腹絶倒の作品となっている。日本側からの安岡力也らの演技も見所だが、特に東京タワーの前で主人公と遭遇して「キョエエエエエ!」と叫ぶ関根勤のハイテンションぶりには脱帽。チープなスプラッターシーン満載のなか、安岡が刺身のように解体されるシーンのみ妙に生生しく異色の出来。

エリック・ザ・バイキング バルハラへの航海

(購入者の評価)
面白いか問われれば微妙なのですが、なんとなく味があります。モンティパイソンの中でオバさん役が一番上手なテリー・ジョーンズですが、確かオックスフォード大学で歴史学かなんかを専攻した人ですよね。ヨーロッパ古代史や中世史の在野の研究者として本も何冊か出しているはず。普通にインタビューに答える姿はまんまミドルクラスのインテリだし、そういう人が作った映画だと思えばナルホドナルホドとなる趣のあるコメディ映画ではあります。「エッダ」をパロってるらしく、北欧ゲルマン神話の知識のある方にはもっと面白いと思うのですが、私は知らなくてもなんとなく古代神話の奥行きは感じられました。土俗神話の世界と一神教(キリスト教)の対立を巡るコメディとか、いかにもの感じですが、歴史好きのテリー・ジョーンズ監督はネタにせずにおれなかったのだろうなぁ、とか。
しかし私が一番感心したのは、ヴァイキング社会の汚さとか野蛮さの表現が非常にリアルで迫力があるところ。エリック(←ティム・ロビンス、一人でアメリカ英語を喋って浮いている)の「こんな残酷で下卑た世界はイヤだ!」「人間はもっとまともに存在出来ないのか!」という慟哭には誰もが共感出来るはず。人間が獣に近かった時代に優しさとか思いやりといった精神を持ってしまった青年の苦悩というのはなかなかヒューマンで深遠なテーマだと思います。テリー・ジョーンズの狙いも、ストーリー展開や「笑い」そのものよりも、実はそこらへんの古代世界的ディテールにあったのではなかろうか。かなり贔屓目ですが、五つ星を進呈してしまいます。


お父さん

(購入者の評価)
どのジャンルにも入らない奇作ですが、関根勤ファンはもちろんのこと、関根麻里のルーツが気になる人にも。

http://ja.wikipedia.org/wiki/関根麻里#.E5.AE.B6.E5.BA.AD.E5.86.85.E3.81.A7.E3.81.AE.E9.80.B8.E8.A9.B1

http://ja.wikipedia.org/wiki/関根勤#.E4.BA.BA.E7.89.A9


TAMALA ON PARADE (by t.o.L)

(購入者の評価)
TAMALAプロジェクト再始動!ショートストーリー三本立てです。
スタイリッシュでクールな作画と音楽!そうして今回は総天然色です。
ミケランジェロの声優が変更したのとTAMALA2010にあった毒気がかなり抜けているので非常に物足りない出来でした。
映像特典もお洒落ですが短いです。
TAMALA2010は何度観ても飽きないストーリーだったのですが今回の作品は一度観たらもう良いかな…と思わせる出来で残念。値段も内容と釣り合っていないように感じました。
パッケージデザインやピクチャーDVDのデザイン等は非常にお洒落なのでインテリアに良いかもしれません。


関根勤 カマキリ伝説 2

(購入者の評価)
 最近の芸人さんはマニアックな芸風が増えている。
 中川家、次長課長、博多華丸大吉ら・・・
 数え上げたらキリが無いが、その走りともいえる芸人の一人が関根勤だと思う。
 博多華丸の精度の高い児玉清の物まねのヒントになった。
明らかに関根さんが始めた事を更に進めたものだと言える。
 私も友達に「その通?り」とかネタを披露してました。
 まあ芸人さんのようにプロじゃないので一発芸なのですが。
 
 関根さんに話を絞るとこの人の妄想ネタは、
「ばかじゃないの」
と腹を抱えながら見るのが正しい見方だと確信しております。
 カマキリ伝説3の発表はいつになるのやら。
 今度は芸能界入りした娘の麻里ちゃんのツッコミと共に楽しめたらいいなと思ってます。


>> つづきをみる

バカポジティブ (ヴィレッジブックス新書 6)

(購入者の評価)
芸能という能力に於いて、著者を超える芸能人はたくさんいますが、そんな彼が30年以上もこの世界で生き残ってこれた秘訣がここにあったのだ、と本書を読むと感じます。

「とりあえずビール」ではなく、「いの一番にビールを下さい」と言えるこころのありようこそが、うれしい結果を呼び込んで来るのだと言う事を学びました。「謙虚に生きなさい」と言う教訓的な目線で語るのではなく、自然に謙虚さを身につけてしまう物事の考え方と言うのは、実は彼のような考え方を身につける事によって自然に、そしてさりげなく出来てしまうのだと言う事が分かります。

読み終わった後に、こころにじんわりと暖かさがしみ通ってくる感覚がうれしいです。


なぜ、仕事ができる人は「効率」を無視するのか?―逆転発想の時間術

(購入者の評価)
本書で提示されている内容は非常にシンプルです。

短期的な視野で部分最適を考えると効率的と思われる「無駄の排除」が、
長期的な視野で全体最適を考える上ではかえって効率を落とすことに
つながりかねない、だから「一見無駄と思われること」にも時間を割く
意味はある、というのが要点です。

様々な例が示されており、理解しやすい内容です。趣旨にも賛同できる
のですが、ページ数をかせぐため(?)に無理に引き伸ばした感が否めず、
その点は多少残念です。(このため、評価をマイナス1しています)

なお、「一見無駄なこと」はモチベーションの維持にも役立つ、という
部分の一例として、「セル生産方式はライン生産方式よりも非常に効率
が良い、それは作業者のモチベーションが高められるからである」と
書かれていますが、これは製品の性格(少品種多量生産か多品種少量
生産か)によって得られる効果が大きく影響されますので、例としては
多少不適切ではないかと思います。(作業者のモチベーションが高め
られるのは本当だとしても、各作業者に求められるスキルも高くなる
ため、人材確保・育成に難があるというリスクもあります。本書の
内容には直接関係しませんが・・・)


バカポジティブ

(購入者の評価)
中途半端な生き方本、自己啓発本、癒し本、励まし本(?)を買うぐらいならこの本だけでいいぐらいです。

関根さんは偉ぶらないし、若手芸人から年配のタレントまでソツなく絡める貴重な人やなぁ、と思ってテレビ見てます。本の内容も自然な口調で、とても読みやすくて分かりやすいです。

これって関根さんにとってマイナスなんちゃうの?ってことまでさらっと書いてるあたり、ほんとカッコつけてないなぁ、という感じです。そこがカッコいいと思うとこなんでしょうね。


関根勤のサブミッション映画館

(購入者の評価)
人の良さ天下一品の芸人、関根が雑誌に連載した記事を中心としたシネマ・エッセイ。テレビでは絶対見せないディープで辛口な関根が書く文章にはギャグもちりばめられ、ぐいぐい引き込まれる。頻繁に使われる脚注も読み物として面白い。ただし、その独りよがりな文体は、拒否反応が出る人もいるかもしれない。「納豆トッピングの辛口カレー」のような本。

「お笑いタレント化」社会 (祥伝社新書110) (祥伝社新書 110)

(購入者の評価)
ブームが過熱するお笑い育成の現場やテレビに必要な笑いのセンスとは何かを書いた。本書を読んで、著者はお笑い養成学校を運営した経験も交え、お笑い育成の様子を描いているが、2年後には志願者の大半が消えてしまう、完全実力主義のお笑い道の厳しさに感嘆した。1年で授業は終わるのだが、そこからプロとして一本立ちしていくまで、吉本興業にはながーいステップがある。学校卒業すぐブレイクしたオリエンタルラジオがいかに劇的な出世だったのか、本書を読むと良く分かる。お笑いは生活の糧とする職業じゃなく生き方。誰でもいつでも入れるしやめても構わないと著者は語る。

反面、お笑い文化論はちょっと違和感があった。40歳代以下でお笑い番組をよく見る人なら、芸人がいかにすごいかわかるだろうと思う。そこも暗に分かっていて、「クダラネー」と笑っているんじゃないだろうか。芸人が「すごい努力してるんです」と言ったって、面白くなければ笑えない。本書は芸人が「シロート」と違っていかに「すごい」かと持ち上げるが、どこかで「クダラネー」「低俗」と思えるから、お笑い芸人って面白いんじゃないかと思うんじゃないか、尊敬される「お笑い芸人」って果たして面白いかと個人的には感じる。


前武・関根のおしゃべりに会いたくて―しゃべリスト養成講座

(購入者の評価)
人との会話は、生活するうえでの燃料であり潤滑油です。
また、無味乾燥な社交辞令も少し味付けすればそれだけ気持ちのこもったものになる。それはスポンジケーキに生クリームやチョコレートをデコレーションするようなもの。

「会話」を楽しむことができるようになれば、人生が少しは楽しくなるし、人との衝突も少なくなると思います。

そんなわけで、現代人に是非読んで欲しいのがこの本。
おしゃべりの達人である両氏の対談によって展開されています。
実用的な話術から、会話を楽しくする話の種の作り方まで分かりやすく紹介されています。
これを読めば会話のキャッチボールが上手になること請け合い。

最近の若者にありがちな「相手の気持ちも考えずに言葉のデッドボールを当てる、あるいは当てられる」ことも減るはず。

しかも楽しい二人の楽しい会話をそのまま文章にしたので活字が苦手な人でもすらすら読めること間違いなし。

関根勤のフルコンタクト映画館

(購入者の評価)
これ面白い!すっごい笑っちゃいました!!
本文くだらない事多々書いてあります(笑)そこがまたおもしろいんです!で、本文の下に書いてあるスターの説明など・・。それがまた面白い、おかしい!!思わずふき出しちゃいました!
まさに、関根さんならではの解釈!とにかくおもしろいですよ!


ウラ関根本

(購入者の評価)
どっかのゲームソフトやえの素の名台詞じゃないが、社会的には0点だが個人的には100点と言う、これぞ全く実用にならない書物(苦笑物)関根勤の普段から抑えている・・・のかは判断に苦しむものの、バカでマニアで助平な一面がテレビ東京深夜と言うこれまた困った時間帯を得て噴出した始末に困る一品。

とにかく、此の本でアレな映像について興味を持ち、近所のレンタルビデオ屋の埃を被った奥底に駆け込みなさい。之で今日からキミも関根さん(?)・・・何故星4つなのか?これは真面目な話で、挿入されている画面キャプチャ画像の処理が非常にいい加減な為、いくら本のネタがアレだからとて手抜きじゃないかと思ったからである。無論、これも演出だとしたら何も言い返せないのも関根本の所以である。

関根勤は天才なのだ。

(購入者の評価)
帯がさんまさん、解説がタモリさん、インタビューが欽ちゃんと小堺さんだなんて超豪華。関根さんならではだと思います。お笑い史の隠れた豪傑(みうらじゅんさんも『ボク宝』に指定)の話はやはり面白いです。唯一残念なのは、関根さんの持つ独特のセンス(天才!)についての考察を期待しても、それに関しては余り文章を割かれていない事です(萩本さんの言う「爆発力」というのは、確かにそうだなあと思いました)。関根ファン、お笑いファンにはお勧めです。

関根勤のやるだけマルもうけ!! (Mr.ゴルフBOOKS)

コサキンの一機と勤―青春フォト&ヒストリー

関根勤・ルー大柴 100歳の挑戦

関根勤の平成格闘王列伝

関根勤×江戸木純 シネマ十番勝負

(購入者の評価)
マニアックな視点で、玄人筋から評価が高いタレント・関根勤と、「ムトウ・踊るマハラジャ」など、従来取り上げられることの少なかったジャンルの映画を日本に紹介した江戸木純のお二方による、こだわり映画談義。

格闘技に精通し、千葉真一、チャールズ・ブロンソンらの映画の面白さを伝えた関根ならではの着眼点と、国内外のあらゆるジャンルの映画に精通した江戸木だけに、パラパラと楽しく読める本ではありますが、実のところ奥の深〜い映画論となっています。

小堺一機 関根勤の社会学―ベターチョイス・ライフのすすめ

金冠 (1959年)

オレのこだわりヒーロー列伝―新世紀ヒーロー降臨

(購入者の評価)
e-¢a?1a??a?Ra?a?'a??a?-a??a?a?≪a ̄?a??a??c?±a??a?a??a?'c¶'a?£a??a?¨a??a?≫a??a?¬a?a??a??a??a??a??a?3a??a?"a?\a??a?'e??a??a?,a??a?-a??a??a?Ra?§a??a??a??a?

a??e'?c??a,a?a?,a?£a??a?¢a?3a??e|¬a?'a?e?・a¶?e??e??a?a¬§c±3a?Ra??c"≫c"・a?aa?a??a??a?≪a? ̄a°'a£Rao?a??a?a??a?|a? ̄a??a??a?±a??a?2a??a??a??a?≪a?¬a??ao-a??a?§a?≪a?a??a?Ra??a??a?a?"a??a??a??a?a??e?°a?1a??a??a?|a??a??a?e-¢a?1a?≪a?¨a?£a?|a?a?'a??a?-a??a?a?¨a??c?Ra?\a?'a??a??a??a??a?Ra?≪a ̄?a??a??a?¬a??a??a?"a?・a?"a?・a?¨a??a??a?£a?|a??a??a?a??a?-a?|a-?c≪?a?Ra??a?"a??a?-a?"a??a??a?e?,aooa?≫e-¢a?1a??a?a?Ra??c?1a?'a??a??a??a?"a?¨a??a?§a??a??a?

a?...aR1a? ̄a??a??a?91a1'a??c??a?e??a?3a??a??a?μa??a??a?¬a??a?¢a?|a??a?≪a??a??a≫£a?'a??a??a??a?
a?-a??a?-a?"a??a?Re-¢a?1a?≪a? ̄a?e??a??a?£a??a?¨a??a?≪a?Ra??a??a??a??a?a?§c?ce?,aooa?¨a?aa?£a?|a?-a??a?£a??a≫?a?¨a? ̄a??a??a??a?≪e??a??a?¨a??a?≪a?Ra??a??a?a??a??a?-a?a??a?Ra??a? ̄a??a?≪a? ̄a≫?a?§a??a??a??a?£a?|a??a?aa??a?

e-¢a?1a??a?'a?≪a?a-?c≪?a? ̄a? ̄a?a?ca?aa??a?a!?ca??a?§a??a??a??a?"a??a??a??a?Ra?-a??a?a?¬a...¨a?"a??c?¬a??a??a??a??a?¨a?-a?1aoe??a?§a?cμ?c≪?a?≪e?3a?£a?|a? ̄a"?e?a??aR¶a??a??a??a??a??a??a?¬a?3a??e?"i??a?ca?,a?aa?a?3a?μa?-a?3a?a?Ra?aa?1a??a??a?aa??a??a??a??aooa?3a?¨i??a?¨a?Rao§e≪?a??a?¨a??a??a?¢a??a?'a?-a?£a?|a??a??i??a??a?-a??a?-a??a??a...¨e?¨a??a??aR¶a?≪a??a??a?μa??a??a??i??a?a?e-¢a?1a??a??a?!a?3a?a?§a?aa??a?¨ea-a?a?Ra? ̄a??a??a??a??a??c?\a??a?aa??a?

a?-a??a?-a?i??a?≪a?¬a??a??a??a??a?±a??a?2a??a??a? ̄a?¨a??a??a??i??a?60i??70a1'a≫£a?≪a? ̄a?"a?"a?ac?±a??a?'a??a?-a??e?"a??a??a??a?"a??a?a?¨a??a??a?"a?¨a?'c??a≫£a?≪a??a??a?|a??a??a??a?a??a??a?°c??a≫£a?Ra・≫c?ca?¨a?-a?|ea-a??a?°e?¢c??a??a?¬a?§a??a??a?

コサキン小堺一機、関根勤のら゛

新編市外電話伝送 (1968年)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4