世良公則

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 
世良公則 おすすめDVD 世良公則 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
カンゾー先生

(購入者の評価)
以前みた映画だった。
ハリウッド映画と違う日本の映画。
性におおらかで、人生を謳歌し、
そして時代の逆境にしぶとく生きる。
そんな日本人を見せてくれた。
医療に携わる人に見てもらいたい。


Wの悲劇

(購入者の評価)
脚本が素晴らしいです!
夏樹静子原作のミステリーを劇中劇にしてしまったこと。
そして劇中でも現実でも他人の身代わりになると言う二重構造。
まさしくアイデア賞物の脚本です。

しかしそれ以上に素晴らしいのが三田佳子です。
もう立っているだけで大女優です。
目立ちたがりでエキセントリックで自己中で。
薬師丸ひろ子を説得している時も、弁護している時もいつの間にか女優モードに入ってしまうのが笑えます。

そして数々の名台詞。
「ダメなのよあたし。だってスタアなんだもん!」
「あたしたちお客様に道徳を教える為に芝居しているの?」
「女優、女優!勝つか負けるかよ!」
「カーテンコールも芝居のうちよ!」

こう書き出してみても見事に女優していますね。
下手な女優が言ったら、観客はどっちらけになってしまいます。
こんなベタなセリフを堂にいった態度で言える三田佳子はつくづく大女優だなと思います。

薬師丸ひろ子は大健闘。
「顔はぶたないで!あたし女優なんだから!」
も名台詞です。
そしてこの時三田佳子の芝居を見たことが後々の彼女の成長に役立ったんじゃないでしょうか?



斬り込み

極道の妻たち

(購入者の評価)
岩下志麻がすばらしい。極道役の男共を凌駕する迫力、貫禄。
思わず唸ってしまうような名演である。
その岩下志麻の妹役をやっているかたせ梨乃もいい。
すでに極道の女として確固たる地位を築いた岩下志麻と、恋に狂って普通の女から極道の女へと変わっていくかたせ梨乃との戦いが、この映画のメインストーリーである。
極道という不毛で不幸な世界の戦いに、勝利というものが本当にあるのか?
そんなことを考えさせられるラストが圧巻である。


バージンロード(4)

直伝 ギター魂 SERAならこうヤルッ!

(購入者の評価)
世良公則のすばらしいアコースティックギターのテクニックを自身の曲のフレーズをつかいながら解析していく、世良さん初のギター教則DVDです。
解析しているのは「そっとキスを」「君になれたら」「風の気持ち」「Against the Wind」「Born to be Rockin'」「燃えろいい女」以上6曲。どれも前奏またはサビのワンフレーズのみです。詳しく細かく解説してくれるのは、多くのギター教則本などを手がける宮脇敏郎さんです。世良さん自身は難しいコードのことは全く考えず、作曲の時に頭の中に聞こえる音を再現してできた指使いで演奏しているそうで、改めてその斬新な音の組み合わせに感動しますが解説はできないとのこと。でもフレーズやギターへの愛情のこもった話は世良さんの人柄が感じられ、楽しいDVDとなっています。TAB譜はこの6曲のワンフレーズと「あんたのバラード」が1曲分ついているのみです。できれば6曲とも全部TEB譜があったらうれしかったです。
アコギ初心者には非常に難しいですが、わかりやすい解説を聞いていると、弾きたくなって指がうずうずしてきます。中級以上の方ならこの解説で世良さんの哀愁ある音が出せるのではないでしょうか?サブタイトルに?SERAならこうヤルッ!?とあるのですが、どちらかというと?SERAはこうヤッテル!?という感じのDVDです。世良さんのアコギのテクニックに魅了されている方、ちょっと上級なアコギテクを身に付けたい方必見です。


LIBRARY 3000 Acoustic Works

Wの悲劇 廉価(期間限定)

(購入者の評価)
 女優の座をめぐる熾烈な舞台。そのドラマは、現実と部隊が重なって妙味を与えてくれます。今見ると薬師丸ひろ子も若いですが、映像の中での現実の芸能レポーターも若々しい。
 舞台のラストシーンは、一場面だけでも胸にこみあげて来るものがありますね。これも、薬師丸ひろ子の演技からくるものでしょうか。笑って別れる薬師丸のセリフに、拍手を贈る世良。プロに徹する女優の厳しい姿を感じて、涙が溢れてしまいました。
 今や大女優となった薬師丸ひろ子の初期作品で、彼女のために作られた映画ですが、今でも見応えがあります。


世良公則アコースティック・ワークス

(購入者の評価)
一度だけ世良さんのアコースティックライブにいったことがありますので、その感動をもう一度味わいたくて購入しました。
部屋の電気を消して観ていると、世良さんの世界に引き込まれ・・ライブのときと同様の感動を味わうことができ酔いしれました。
個人的にこういったアコースティックの音が好きというのもありますが、とにかく最高です。


クライムハンター コンプリートDVD【初回生産限定】

(購入者の評価)
最高ですクライムハンター当時の血潮みなぎってきます。当時レンタルで借りてダビングして3作品ともおりにふれみていました。今でもビデオテープあります。今回のDVD販売ほんとにありがとうございます。歴史を変えたガンアクション時を忘れ鑑賞しました。是非、ベイシティ刑事のDVD発売、期待しています。

LIBRARY 3000 JUST PLAY ROCK

ありふれた愛に関する調査

(購入者の評価)
今観ると中途半端に古い感じがして入り込めず。
主人公が惚れる女もそんなに魅力的に見えない。
奥田英二のうらぶれた雰囲気だけは二重丸。
奥田は「もっとしなやかにもっとしたたかに」でも冒頭でオナニ?していた。


HIP HIP HURRAH!

リーサル・ウェポン2 炎の約束

(購入者の評価)
シリーズ2作目の本作では、リッグス刑事(メル・ギブソンさん)とマータフ刑事(ダニー・グローバーさん)の2人が、駐米南アフリカ大使館と手を組んだ麻薬組織の捜査に挑みます。派手なカーチェイス、レオ・ゲッツ(ジョー・ペシーさん)のマシンガントーク、「便器爆弾」など見所は沢山ありますが、個人的にはリッグスとリカ(パッツィ・ケンジットさん)との恋が印象に残りました。リッグスは奥さんを事故で失った過去を引きずっているだけに、本作でついにリッグスも過去と決別して再出発できそうだと期待して観ていたのですが…。

リッグスは、前作よりもさらにマータフ家との付き合いが深くなっているようです。マータフ家のキッチンで自分の食事を調理している姿は何とも微笑ましい。アクションを土台にしたストーリーですが、その中にリッグスの過去やマータフ家の家族模様をうまく織り込んでいる点がこの作品の魅力だと思います。


JUST PLAY ROCK

(購入者の評価)
ひきがねをアコギで弾く所はいいけどツイストファンに進めたいです
しかし世良公則のソロで作られたうたを知らない方には進められません


迷走地図

>> つづきをみる

Wの悲劇

(購入者の評価)
脚本が素晴らしいです!
夏樹静子原作のミステリーを劇中劇にしてしまったこと。
そして劇中でも現実でも他人の身代わりになると言う二重構造。
まさしくアイデア賞物の脚本です。

しかしそれ以上に素晴らしいのが三田佳子です。
もう立っているだけで大女優です。
目立ちたがりでエキセントリックで自己中で。
薬師丸ひろ子を説得している時も、弁護している時もいつの間にか女優モードに入ってしまうのが笑えます。

そして数々の名台詞。
「ダメなのよあたし。だってスタアなんだもん!」
「あたしたちお客様に道徳を教える為に芝居しているの?」
「女優、女優!勝つか負けるかよ!」
「カーテンコールも芝居のうちよ!」

こう書き出してみても見事に女優していますね。
下手な女優が言ったら、観客はどっちらけになってしまいます。
こんなベタなセリフを堂にいった態度で言える三田佳子はつくづく大女優だなと思います。

薬師丸ひろ子は大健闘。
「顔はぶたないで!あたし女優なんだから!」
も名台詞です。
そしてこの時三田佳子の芝居を見たことが後々の彼女の成長に役立ったんじゃないでしょうか?



Wの悲劇 廉価(期間限定)

(購入者の評価)
 女優の座をめぐる熾烈な舞台。そのドラマは、現実と部隊が重なって妙味を与えてくれます。今見ると薬師丸ひろ子も若いですが、映像の中での現実の芸能レポーターも若々しい。
 舞台のラストシーンは、一場面だけでも胸にこみあげて来るものがありますね。これも、薬師丸ひろ子の演技からくるものでしょうか。笑って別れる薬師丸のセリフに、拍手を贈る世良。プロに徹する女優の厳しい姿を感じて、涙が溢れてしまいました。
 今や大女優となった薬師丸ひろ子の初期作品で、彼女のために作られた映画ですが、今でも見応えがあります。


元気

世良公則&ツイスト―ファースト・アルバム+銃爪 (1978年)

世良公則&ツイストファースト・アルバム全曲集 (1978年)

俺たちのバラード (1980年)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4