志賀勝

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 おすすめ 38 おすすめ 39 おすすめ 40 
志賀勝 おすすめDVD 志賀勝 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
白竜5

哀愁のヒットマン

暗黒街の帝王~カポネと呼ばれた男~

極道の紋章7

俺達に墓はない

(購入者の評価)
悪党たちを見事に描ききったピカレスクアクションの傑作です。事件復帰後の岩城がいい味を出してます。優作の演技も堂々としていてヘアスタイル、ファッションともにおしゃれではない、男たちが観たい優作がそこにいます。

団鬼六「黒い鬼火」より 貴婦人縛り壷

(購入者の評価)
 ちょっとしたきっかけから『黒薔薇昇天』を見て谷ナオミの魅力に圧倒されました。しかし小沼勝監督作品も団鬼六の原作世界も見ていないからこれから研鑽を積んで行かなくては、と変に生真面目に考えてこの作品を手にしました。まあジャケットの彼女の姿がいかにもだったし色っぽかったですしね。没落士族の箱入り娘をセックス奴隷にして陵辱する成り上がり地主、彼女にそこはかとない思慕を寄せる奉公人、苛め心満載で彼女を責める地主の妹…。かつて子ども心に日本のSM映画ってこんな感じなのかなあと思っていたものがそのままだったので懐かしい感じがしました。同時代、角川映画の金田一耕助もののテイストに近いのでしょうか。失われた陰湿で濃密な旧家の人間関係がそこにあります。
 そもそも縄で縛り上げるという行為は農耕民である日本独特のもので、西欧ならボンデージ=「革」になります。貴婦人を金と性の力で思うままに、というのは階級が明確であったかつての封建日本ならではで、1億総中流化が進んだ60年代以後はノスタルジーの対象です。そしてフリーセックス革命と大手映画会社の斜陽が重ならなければロマンポルノも成立し得なかった訳で、谷ナオミのSM映画は実に稀有な条件でありながら必然的に生まれてきた様です。ノーブルな容姿と今現在でも十分通用するグラマラスでいやらしい体つき。そして自らの内なる情欲に開眼するその抜群の演技力。伝説となったのも当然と言えましょう。団鬼六は女性を被虐的に描いているように見えて、その実彼女たちの秘めた生命の魂を讃えている様です(そして男達のちっぽけさ、哀れさも)。過去の遺物ではありません。新しい価値発見をもって再評価されるべき、日本の裏の精神文化の痕跡です。
〈追伸〉高木均がムーミンパパの声で演じてたら嫌だなあ、とおっかなびっくりで見ていたのですが杞憂でした。歪んだ情欲を持つ因業大家ぶりを発揮してかなりの熱演でしたよ。


白竜 非情のバトルロワイアル

白竜 [赤絨毯の死闘]

(購入者の評価)
マンガ「白竜」実写版の第4弾。前作の「非情のバトルロワイアル」には少しガックリきましたが、それでも見ているうちに慣れてきてこのシリーズはなかなかおもしろい。コメディタッチに演じたりして、ありがちな残虐なシーンは極力排除しているところが良いのかもしれない。志賀勝が国会議員を目指すところは漫画ではあまりおもしろくなかったためできれば入れてほしくなかったが、本作では鮫が組員になるところまで入っていて随分豪華。役者の面々が他のVシネマで演じるときより滑稽に演じているのを見ているだけで愉しめます。

借王-シャッキング- 3

借王-シャッキング- ファイナル

借王-シャッキング- ナニワ相場師伝説

借王-シャッキング- 2

借王-シャッキング- 4

白竜 シノギの報酬

(購入者の評価)
作:天王寺大・画:渡辺みちおの同名原作マンガが大好きで読んでいたので、発売になるまでとても楽しみにしていました。主人公の白竜を俳優の白竜が演じるということで少し違和感があったのが、作品を見てあまりのハマリ役に惹きこまれました。黒須組の組長が志賀勝というのもかなりウケます。原作を読んでいたのでおおまかなストーリーはわかってしまっているので、Vシネマを見るのに不利でしたが良かったです。ただしあまりに短すぎました。最後はえ??これだけ??で終わってしまったのですが。シノギの報酬2と合わせて1枚に入れてほしかった。

大奥浮世風呂

???遊び人の“かぶき者”全次郎(志賀勝)を見限り、大奥へ入ったおこよ(松田瑛子)。全次郎も将軍ゆかりの寺の僧侶に化けて、大奥へ潜入してする。大奥内での醜い権力抗争の中、悪行の限りを尽くす全次郎。やがておこよは将軍の子を身ごもるが、難産の末死去。実はその子、全次郎の子供であり…。
???1970年代東映ピンキー時代劇路線の1本だが、『スクール・ウォーズ』などで知られる関本郁夫監督初期の傑作として、伝説的に伝えられる作品である。大奥とかぶき者という両極端な設定の中、猥雑ながらも反権力志向を貫いた姿勢が実に潔く、とことんかぶきまくる主人公のバイタリティにも説得力がある。クライマックスからラストにかけてのとてつもない展開は、ぜひご自分の目で確かめていただきたい。これぞアナーキーの極みであり、快哉を叫びたくなること間違いなしである。(増當竜也)


首領の女3

借王-シャッキング- 狙われた学園

ファンキー・モンキー・ティーチャー4 高校教師

筋モンリーグ 野球篇

借王-シャッキング-

>> つづきをみる

人は月に生かされている (中公文庫)

月的生活―天の鏡「月と季節の暦」の時空

(購入者の評価)
なんで仙台七夕祭りが8月なんだ?とか、何で寒いのに立春?ずれてるじゃん!って常々疑問に思ってて、でもいまさら聞けないしって思っていたことが、この本を読み、すっきりしました。文学少女なんで、和歌や文学作品の引用も素敵だと思いました。来年の月のカレンダー、ほしいなあ。

月の誘惑―私たちはそれと気づかず心も体も月に操られている

アムール 中ソ国境を駆ける―満州・シベリア鉄道紀行 (研文選書 (28))

魔女の素顔―人はなぜ空を飛べるのか

謝雪紅・野の花は枯れず―ある台湾人女性革命家の生涯

(購入者の評価)
謝雪紅のようなマイナーな革命家を紹介しているのは評価出来る。しかし、彼女は貧しい家の出身なのに、2・28事件の時に国府軍に略奪されているのに弟が台湾球界の大物になれるほどの財産を、どうやって蓄えたのか、書いていない。引用されている中共の批判文書からして転向してから日本軍相手に商売をして儲けたの?それと蔡孝乾は国民党に捕まった時に転向して部下を売って白色テロに荷担したから(わざわざ国府軍の少将の軍装姿の蔡の写真を載せて)、台独派の著者にはお気に召さないのは分かるが、謝雪紅も2・28事件の時に本省人をアジるだけアジっておきながら、いざ国府軍の増援部隊が台湾に上陸するや同志を見捨てて自分だけ香港に逃げ出したのだから、二人とも興味はそそられるが、指導者として失格だ。
ただ蔡孝乾と李登輝前総統及び台盟との関係は分かるだけ、類書がないから参考にはなる。蔡孝乾が李登輝の中共からの脱党を認めている、というから、李登輝が国民党に入党する時は、まだ蔡は生きているから、彼が事情を全て蒋経国に話したのだろう。


ヘミングウェイ研究 (1965年)

アメリカ文学の成長

アメリカ文学の形成 (1948年)

アメリカ・リアリズム文学 (1971年)

志賀勝先生追悼論文集 (1956年)

文学論 (1948年)

アメリカ七詩人集 (研究社小英文叢書 (73))

愛の詩集 (1955年)

アメリカ現代作家 (1958年)

アメリカ文学序説 (1948年)

アメリカ文学序説 (1956年)

アメリカ文学手帖 (1948年)

ロレンス (1950年)

病気は怖くない―病こそ、健康へのチャンス!

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4