志垣太郎

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
志垣太郎 おすすめDVD 志垣太郎 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
くるみ割り人形

(購入者の評価)
小さな少女をヒロインに、「本当の愛とは何か」を主題とし、
直接的な残酷描写や性描写が一切ないところがいっそ怖ろしい、
到底子供向けとは思えない映画。です。
作品「くるみ割り『人形』」の表現媒体として「ストップモーションアニメ」という
『人形』を用いた手法を選び、作中に『人形劇中の人形』を登場させるというシュールさ、
冒頭に唐突に挿入される「ジャンカリン」なる謎の男の怖いエピソード、
ヒロインに関わる、彼とよく似た(つまり不気味な)幾人ものおじさんたち………

大人になった今でも「ひい?」と悲鳴を上げながら鑑賞してしまいます。
子供心にはジャンカリンのエピソードが怖かった。本当に怖かった。
しかし怖いだけでなく、人形ならではの美しさや楽しさも表現されているところが
ゆたかな映画です。

昔の子供向けアニメーションらしく、唐突にシナリオが転換(展開ではない)したり、
歌が入ったり、今や通じようの無いパロディが入ったり、
生身の人間を用いたバレエシーンが入ったりと、
一見蛇足ともと思われる編集が為されていますが、
広義にはこれら全てが統一感を持って『人形』を強調するような作りになっており、
私は気になりませんでした。

それよりも気になるのは「真実の愛」を知ったその後のこと……
愛しているのは人形か、人形の形代となった人間の男の方なのか……
何度観ても納得がいきません。


ともあれ、夜更かしのお子様には最適です! これを観せた後で
「早く寝ないとジャンカリンが来るぞ!」
と叫べば一も二もなく布団に飛び込みます。
うっかり幼少期にこれを観てしまったせいで、
15年間トラウマを抱えた私が言うんだから確かです(笑)


大空のサムライ デラックス版

(購入者の評価)
<元気コメント>
 生きるために、生き残るために、信念をもって最善をつくそうとする姿勢には、頭が下がります。


地球へ・・・

(購入者の評価)
ストーリーも良くまとまっていたし、キースの、心理描写も、テレビシリーズより、判りやすかったです。
故沖 雅也さんの、声はいいです、しかし、Y丸さんやA吉さんの声が、棒です…残念。


エリア88 燃える蜃気楼

(購入者の評価)
真がザク国王の護衛でパリへ飛び立つ。その後を 仲間達が国境まで見送りに駆け付ける。…死線を共にしてきた男たちがコックピットごしに視線と合図でかわす別れの挨拶。台詞なしでも胸にグッときちゃいますね?。1番好きな場面です。

エリア88 劇場版

(購入者の評価)
内容的には五つ星なのだけれど‥やはり、「裏切りの大空」、「狼たちの条件」と、OVAと同じく独立して販売して欲しかった。残金!

狼の紋章

(購入者の評価)
暴力追放学生集会なるものや、それを潰す側の、ヘルメットにゲバ棒と言う出で立ち(右翼が実際にこんな格好をしたのか疑問)が、公開当時の1973年を偲ばせる。しかし、安っぽい着ぐるみをかぶっただけと言う感じの狼男はいただけない。当時の特撮やメイクの技術はこの程度だったのか、と落胆した次第である。

犬神明役の志垣太郎にはもう少しストイックさが欲しいし、羽黒獰役の松田優作もこの当時はまだ精悍さに欠けている。青鹿晶子役の安芸晶子の顔立ちも原作のイメージにそぐわない感じがするが、彼女の体を張った演技は買いたい。松田優作に柔道の投げ技を何回も決められ、最後の方はずっとトップレス状態である。

リメイクして欲しいと思う作品のひとつ。


ベルサイユのばら 8

(購入者の評価)

声優が、田島令子と志垣太郎というだけで、バラエティーの顔しか知らない世代としては観る価値充分!
主題歌も、よき時代のアニメソング!ってカンジで、頭をグルグル回りますね?。

途中監督が替わり、画もストーリーも変わりますが、
個人的には華やかでアニメちっくな前半が観ていて楽しかった。
後半のアンドレには、志垣氏の優しげな声が合わなくなってしまいました;
オスカルも、原作の神々しい気高さが薄れ、全体に儚げなカンジ。

後半の展開的には深刻な部分を、原作では衛兵隊をコメディちっくに描くことで読みやすくしていたと思うのですが、
アニメはオスカルがどうしようもなく可憐に見えるほど男臭い大男揃いで、笑いがない分、リアルで救いがなく、ひたすら哀しい。
クライマックスの大事なあの場面!、大事なあの台詞!も変えられたりしていて、
原作至上主義者としては「世間的にはこっちが有名になってやしないか?!」との懸念も少々。

特にアンドレの死に方、オスカルが民衆側に寝返る過程は変えてはいけなかったのでは?

しかし、オリジナルにした部分で泣けるエピソードも沢山あります!
アンドレが見えない目でオスカルの肖像画の感想を述べるシーン、
オスカルがアンドレの目の調子を試すシーン・・・。

やはり、原作ファンとしても無視できないことに変わりはないアニメです。



江戸川乱歩「魔術師」より 浴室の美女

ベルサイユのばら 4

(購入者の評価)
ロザリーが原作の健気に耐える丸い性格タイプから、より強く、突っ張っているキャラに変わっています。その為、”逆にそんなに無理するなよぉ”と、痛々しく思えて涙。
実は妹であったシャルロットとの関係も、原作にあったロザリーが彼女を思いやる場もなく、シャルロットの最期の姿がより痛ましい…。アニメのほうが悲劇度が高く、涙なくしては見られませんでした。
それでも上を目指すポリニャック婦人。彼女もまた階級制度の生んだ不幸な女性なんでしょう。

そんなロザリーを静かに支えるオスカルと傍のアンドレ。彼らだってまだまだ若いのに…、とまたまた切なくなってしまいました。


スパイスガールズ

DOLLS

女子校生解剖学(2)

TMS DVD COLLECTION ベルサイユのばら 3

(購入者の評価)
久しぶりにアニメ版を見ましたが・・・・良い出来です。
ド・ゲメネ公との決闘シーンや、アラスで子供を助ける所など、
アニメのオリジナルシーンが随所に見られますが、
どれも原作の雰囲気を壊さず自然で、
原作の大ファンも新たに楽しめるところが、高ポイントです。
ポリニャック伯夫人に至っては、さらに黒さを増しています。

近衛連隊長に昇進して、深紅の制服に身を包んだオスカルは
あくまで凛々しく、情熱的。
やっぱりオスカルってば、カッコイイ?!!


ベルサイユのばら 5

(購入者の評価)
21話から、出崎色が全面に来て、作画のタッチも明日のジョー(笑)になります。最初から見ているとちょっとびっくりしてしまいますが、美麗なカット(特に目)も満載です。
この巻を引っ張るジャンヌは、原作よりも人間としての苦悩や弱い部分を匂わせる描かれ方で、魅力倍増、よりドラマチックです。(ベタといえばベタですけど)
(ロザリーは 逆に突っ張って突っ張って、その頑張り様が原作より強すぎて、もっとやわらかいロザリーをと思いました)

歴史をベースにしているだけでなく、心の動きや人間関係…。年を食ってからのほうが、ベルばらは面白いですね。


ベルサイユのばら 7

(購入者の評価)
気に入っているシーンは、アランの家に行ったとき、同じアパートに住
んでいるおばさんにイヤミを言われ、アンドレと顔を見合わす際のオス
カルの表情。

ここらへんの時期に関しては、もちっといろいろエピソードをいれて話
を膨らませて欲しかった。


TMS DVD COLLECTION ベルサイユのばら 2

(購入者の評価)
ジャケット表紙はジャンヌとロザリー姉妹を中心に
描かれてますが、この巻に収録されている話で1番
強烈だったのは、デュバリー夫人です。
ルイ15世の愛人として、アントワネットと火花を散らす
宮廷の戦いをするのですが、15世が崩御した途端、
ベルサイユ宮廷の全ての貴族が、ルイ16世とアントワネットに
肩入れし、彼女ボロ雑巾のように捨てる非情さ。

悪女の1人として登場するデュバリー夫人ですが
そのあまりにも残酷な末路には、哀しさが伝わります。

ベルサイユのばら 6

(購入者の評価)
出崎氏が演出を担当するようになったのはこの巻よりも前だが、アニメ版の評価を二分させてしまった路線
変更はこの巻からが顕著。止め画や透過光の多用以外にも、少女マンガ的な要素を排し、劇画的な
要素、リアリティをもたせようという出崎氏の意図のもと、手始めというか、まずはアンドレのキャラ設定がか
なり変わってしまった。原作においてはアンドレのキャラが深く掘り下げられたのは後半になってからなので、
該当する時期の原作との相違はかなり違う。
アニメ版のほうは、貴族に飼われた平民であるという自分の立場を強く意識し(この点は実写の映画版も
同じ)、それにオスカルへの想いとが絡み合い、自分の気持ちを誰にも言えないジレンマを抱え、そのため、
より寡黙で自分の意思を抑えた存在になっている。
キャラが変わったので、当然のことながら彼とオスカルの関係も(原作ほどの一体感が失せ)違っている。端
的なのは、オスカルがアンドレを黒い騎士だと疑ってしまう点。原作ではちょっとありえない設定。また、ベル
ナールを助けようと言い出すのもアンドレからだし。

ともあれ、この巻で気に入っているシーン。
・29話で、投げつけられたナイフをつかみ、衛兵隊の兵士のベルトのバックルにナイフを突き刺すときのオスカル
の表情はとてもカッコイイ。
・(これは有名なシーン)30話で、襲撃されたジャルジェ将軍が無事と聞いて、安心して泣いて座りこんでしま
うオスカルと、彼女にハンカチを差し出すアンドレ。そして彼にありがとうというオスカル。


TMS DVD COLLECTION ベルサイユのばら 1

(購入者の評価)
アントワネット生誕250周年で再販された原作を、初めてじっくり読むことで、ベルばらの面白さに気づいた遅すぎるファンです。
アニメは放映当時、ロココのドレスに濃い目(に当時は見えた)のキャラ、そして出崎演出(線による影に止め絵)が好きでなく、敬遠していたのですが、こちらも原作とはまた違った面白さが満載でした。
お話はその他の方のレビューにお任せ(ファン歴浅いですし)して、私はセルアニメ時代の演出、色彩の面白さも存分に味わっていただけることを強く押したいです。アニメ製作がCGになってしまってもう長いですが、セル独特の手触りに、工夫を重ねた見せ方のテクニック、演出、BGMの用い方、懐かしさも加わってハマります。荒木&姫野作画も美麗です。

他にも特筆すべきは、OPとED。昔は気づかなかったのですが、OPのオスカルの気高さ、EDのアンドレの強い思い(フェルゼンやアントワネット様も)、そして背景にある切なさが伝わってきて感動です。

大人になってから見たほうがより面白いアニメ、貴重ですね。


江戸川乱歩「魔術師」より 浴室の美女

(購入者の評価)
"水戸黄門さま西村晃主軸。役が手品師。。"今ではありえない70's後半的ドラマ作りに敬意。復讐に燃えた手品師犯罪。わけわからんが兎に角も美女シリーズ恒例あほらしながらも大真面目にサスペンス&ミステリー。その他志垣太郎をはじめ一流俳優人がB級風な演出にきちんと対応している点も最高に素晴らしい。

淫行電車「インデン」熟女、OL編

>> つづきをみる

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4