島田紳助

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 
島田紳助 おすすめDVD 島田紳助 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
紳竜の研究

(購入者の評価)
NSCでの講義が圧巻!紳助さんの成功の秘密が語られる。漫才師になる前から綿密にマーケティングを行い、どういう漫才、どういう漫才師を目指すのか明確に定めてから行動に移している。それを自然に思いつき実践しているというからやはり天才である。
紳助さんの周りにいらっしゃる成功者は皆、口には出さないが同じようなことをやっているということも驚きである。成功には成功の方法がある。偶然ではなかったのだ。
紳助さんが実にわかりやすい言葉で語りかけてくれる。心の人である。すばらしい。
頭で記憶せずに心で記憶せよという言葉もすごい。
このDVDを見るまでは面白い人だというぐらいの印象だったが、それが紳助さんの計画であり、実践の結果であるということで尊敬の念を持つようになった。
どの業界にいる人でもおんなじ方法論で成功できるだろう。
努力とはどうすべきなのか、人を応援するとはどういうことなのか、指導者とはどういう人のことを言うのか、あらゆる側面で勉強になったDVDだった。

そんなことを考えた後に、紳助竜介の漫才を見直すと、まったく違った風に見えるからすごい。
吉本さんこんなすごいDVDを出しはるなんて、御社もすごい!それも2枚組みで!


オレたちひょうきん族 THE DVD (1983-1984)

(購入者の評価)
放送されていたときと同じような構成になっているので
構成云々については別に必要ないと思う。
この番組を知っている人たちにとっては、おもちゃ箱の
ようなもの。
知らない世代にはがらくたと映るかもしれない。
ただ、あの「たけし」が、あの「さんま」が当時は
体当たりで演技してたということ。
今更ながら、改めて脱帽。

そして、芝居している当人同士も笑いをかみ殺して
演技しているというところが面白い。
アドリブも多いし。
今のお笑い系のように、他人にやらせて、それを周りで
見ていて一つの番組にしてしまうものとは明らかに違う。
私にとっては、貴重なおもちゃ箱、出たものはすべて
購入予定です。

オレたちひょうきん族 THE DVD 1985

(購入者の評価)
『ひょうきん族』を見るのは、約19年ぶりでしょうか。番組放送当時、私は幼稚園でした。それでも、毎週土曜日は『ひょうきん族』を見て大笑いしていた記憶があります。でも、思い切って買って良かったです!一緒に見ていた父や母も大笑いしていました。見て損はないですよ!お勧めです!

オレたちひょうきん族 THE DVD 1985~1989 FINAL

(購入者の評価)
この手の番組の宿命というべきか、番組内のオイシイ部分しかDVDで収録できないため、当時の面白さが半減されてしまっているのが残念・・・。

しかし懺悔室だけはいつ見ても面白い。日枝会長が出ていたのは私も驚きでした(笑)


ガキ帝国

オレたちひょうきん族 THE DVD 1983~1984(II)

(購入者の評価)
俺たちひょうきん族は俺の青春そのもの。

じゃりン子チエ 劇場版

(購入者の評価)
大阪人が二人いれば漫才になる、とはよく言ったもので、
キャラクターの大阪弁を聞いているだけで、笑いがこみ上げます。
大阪という独特の文化(文明?)を見事にアニメとして具現化している。
素晴らしいの一言。個人的にはテツ(西川のりお)が最高です。
あんな、おっさん、大阪に本当にいます。(笑)


オレたちひょうきん族 THE DVD (1981-1982)

(購入者の評価)
俺たちひょうきん族は俺の青春そのもの。

死霊の罠

(購入者の評価)
ジャンル映画の天才監督、池田敏春のスプラッターホラーです。ダリオアルジェントのようなスタイリッシュな映像とまるでゴブリンのようなサウンド!無国籍なロケ地、どれを取っても奇跡のような大傑作です。

お笑いネットワーク発 漫才の殿堂

(購入者の評価)
あらためて紳助すごい!しゃべりの王様だ!あのスピードの漫才は誰にもマネできない!買って損はない!
たしかに紳助はおもしろい。だけど俺は紳助を超すゾ!!


クイズ!紳助くん ~なにわ突撃隊 傑作選~

(購入者の評価)
見ていて癒されました。
そしてまた明日からがんばろうと思わせてくれます。
おもしろいです。ぜひたくさんの人に見てもらいたいです。


ATG映画傑作選 Vol.2

(購入者の評価)
監督陣は今ではビッグネームだが、当時まだ新人だった大森一樹、井筒和幸らの描く青春像に加え、ベテランの市川崑が加わり70年代の若者の青春像を描いた作品群。特に市川の『股旅』は時代劇だが、確実に当時の若者像を意図して撮られている。キャストもショーケン、小倉一郎、尾藤イサオなどどちらかというと爽やかな面々だが、特に小倉の演技が注目に値する。
『ヒポクラテスたち』で大森は自ずからの経験を元に若き医学生たちの大人になりきれない内面的な心情が描かれ、それを通して医の倫理、人間の美徳を、今は亡き古尾谷雅人を初めとする、フレッシュなキャストがナイーブに演じている。ほどよい軽さ、チクリとくる重さが良い。

『ガキ帝国』で井筒は島田紳助を代表とする地元関西の当時の不良グループのみならず、在日韓国人の立場など社会問題にも言及し、カウンターカルチャーの関西版といっていい描き方をしている。

ガキ帝国

(購入者の評価)
朝鮮人も日本人も関係なく、当時の大阪の不良文化を徹底したリアリズムで切り取った掛け値なしの傑作。
こんな作品を撮ることのできた人物の、近年の政治的におもねた作品や発言を聞くと、映画監督として生きていくことの難しさと悲哀を感じてしまう。


ガキ帝国【ワイド】

>> つづきをみる

島田紳助のすべらない沖縄旅行ガイドブック

(購入者の評価)
毎度テレビなどで沖縄を熱く語っている島田紳助が書いたということで期待したが、イマイチに感じる。
彼女とリゾートを楽しみたい人にはまぁまぁ参考になるだろうが、沖縄の良さはそれだけではない。
沖縄にだってうまいものはたくさんある。どこの県にもお店の当たり外れはある。これで先入観をもたれるのは沖縄人として好ましくない。
まぁガイド本というよりは島田紳助の沖縄感を語った本と思えばいいだろう。


ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学 (幻冬舎新書 し 4-1)

(購入者の評価)
いつか読もうと思っていた本書。
意外なほどおもしろかった。
2時間程度でさぁーと読める。
特に心に残ったのは2つある。
1つは、顧客満足を高めるために、従業員満足を上げるという考え方だ。
確かに思い当たるために自分が上に立つ立場になったら絶対に心に刻んでおく。
2つめは、子どもに対して「俺はお前達を愛している。愛しているから期待はしない。自分の思った通り好きにやったらいい。」という言葉だ。
親が子供に期待するをするというのは、子供に親のために頑張れというのと同じだとも言っている。

紳助はただのおもしろいヤツではなかった。
紳助関係の他の本も読んでみたいと思わせてくれる一冊だった。


哲学 (幻冬舎文庫)

(購入者の評価)
テレビでは絶対見せない真の部分が垣間見られる。
今からすれば想像すらしがたい不遇の時代を送るダウンタウン
「客がくすりとも笑わない。その悪夢が初舞台で現実になった。僕らの場合その状態が何年も続いた」そしてそれと同時に「山を一歩一歩のぼっていっていつか頂上に立ったる、みたいには思わなかった。いや、俺はもう上におるで、と。あとはみんなにそれを知らせなくてはいけない、そう思っていた。そこの感覚が他の人とは違ったかもしれない」確かに並の神経ではない。
そして紳助の鋭敏で繊細なレーダーのような時代を読む目。
「誰かにちょっと負けてるなぁてときはもうすでにかなり負けている」という紳助がダウンタウンを見たときの衝撃。「満足して辞めるなんて事はない、自分の成績に満足出来ないからやめるんだ」こういう思いを嫌というほどして一線の人間というのは感じて次の道を探す。
色々感動的な場面もあるのだが、私の涙腺に一番訴えかけてきたのは「友達とお金について」
昔気質の生き様を読むだけでもこの本を買う価値はあります。


裏松本紳助

(購入者の評価)
番組が好きだったので、
期待して読んだんですが…。

テレビで観た方がやっぱりおもしろかったです。

前半から中盤にかけては、
「うーん…星3つくらいの評価かな…」
という感じだったんですが、
後半の『6時間目・道徳の時間』がとても良かったので、
自分の中での評価は星4つに上がりました。

『道徳の時間』がなければそのまま星3つをつけていたでしょうね。



島田紳助はなぜ好きな事をして数十億円も稼ぐのか―蓄財術は島田紳助に学べ!

ニッポンを繁盛させる方法 (角川oneテーマ21 A 74)

(購入者の評価)
島田紳助と話題の知事、東国原の対談集と
言うことで買ってみました。

学者の本と違い、具体的な市民の視点で現在の日本の問題点
が語られているので非常に親近感を感じます。

道路問題では批判を浴びているようですが、今後の活躍に期待したいです。


松本人志 愛 (朝日文庫)

(購入者の評価)
毒舌で上から目線な口調なので読む人を選びそうですが書いてることにはほぼ共感できます。真剣なニュースをレポートしている後ろでカメラにピースサインをしてふざけているやつを批判してるけどあれは誰が見ても不愉快だと思います。ああいうのに対してクレームをつけてくる人はいないのにバラエティでコントをやるとクレームが多くなるというような記述がありますが大いに共感できました。たしかにそう考えてみると世の中おかしなことって多いなと思わせられる1冊かもしれません。少々古い本ですが是非読んでみてください。

松紳

(購入者の評価)
 僕は、テレビでこの番組をあまり見ていなかったので、おもいっきり
笑えて楽しめました。二人の筋の通った生き様、エンターテイメントといっても大袈裟ではないサービス精神、そして類まれなお笑いセンス... 麻薬や燃える・燃えないゴミの分別やセックスの話題まで幅広くカバーしていて、今生きている私たち一般人も考えさせられる問題を楽しく取り上げてくれます。古本でもいいので、テレビのゴールデン番組でしか二人を見ていないひとにとって、良い息抜きになること間違いなしです。お勧めです!


いつも風を感じて

(購入者の評価)
旧お笑い御三家のタモリ・タケシ・サンマが、第一線から退きつつある今、爆笑問題がトップだと思います。
その後をロンドンブーツやナイナイやクリームシチュー、その他大勢のお笑いグループが続いています。
この旧新二つの世代の間に島田紳助とダウンタウンが位置すると思っています。
本書は、テレビでの攻撃的な大声は少しもありません。
静かで不安で弱々しい面を見せています。
テレビの紳助ファンの方は、ギャップの大きさを覚悟して本書を読まれるべきでしょう。
そのために第3章「去りゆく友、ここにいる友」から読まれることをお奨めします。
泣けます。
改行が多いのはワープロで書かれているからでしょう。
つまり、口述筆記でもゴーストライターによる代筆でもないということです。
まじめに本人が書いていると思われます。
奥付によると、初版は2004年11月9日となっています。
この日以降新しい本は出版されていません。
事情は推察できますが、心配でもあり、残念でもあります。


株・不動産 知識ゼロからの金儲け―国家破産時代の暮らしの経済学

(購入者の評価)
著者が島田伸介だという理由で手に取った。

読者の視点から書かれた内容は非常にわかり易く、参考になる。例えば、ビッグバンを島田は「国は借金でどうにもならないから、もうあんたたちのことは面倒みられないよ」と翻訳する。で、介護保険制度が「金がないのにいつまで生きとんねん」。グローバル化は、「これからは世界中を相手に戦ってもらうので、勉強して自衛策を自分で考えなさい」という感じ。ところどころに専門家と思われる人が正確な知識を紹介しているのがいい。とてもバランスが取れています。

古い本だけれど、入門書としてはいい本だと思います。


えせ田舎暮らし

(購入者の評価)
私は普段テレビをあまり見ませんので、著者のテレビでの
ご活躍はよく知りません。
討論番組の司会をしてた人かしら?という程度の認識でした。

この本を読んだきっかけは、以前、ある週刊誌で、
島田紳助さんの記事を拝見して
「率直でユニークな意見をもっている人だなあ」と興味を持ち
タイトルの「エセ」というのに面白さを感じたからです。

自分の気持ち(田舎暮らしをしたい!)を大切にして
時間をかけて夢をかなえた道のりが丁寧に書かれています。
親しみがわく自然な心の内が素敵だと思いました。
金銭面も含めて、壮大な計画だったと思いますが、嫌味がないのは
著者のお人柄ですね。世間の意見はどうであろうとも、自分の
ライフスタイル−−草取りをしたり、鶏を飼ったりという暮らし−−
をさりげない言い回しで綴っていて好感がもてました。

私は、なかなか自分の夢をかなえられないでいます。
著者の夢に比べたら、その千分の1くらいの費用で
労力も100分の1くらいで可能な夢なのに。。。
なぜ、いつまでもできないのか、この本を読んで
答えがでたような気がします。自信や一歩を踏み出す勇気が必要なのですね。

著者が、思い切って田舎を選択したことに、
さわやかな気持ちになれました。
正直な読みやすい文章を寄せているお嬢さんの文章に
家族仲の良い様子がほほえましいです。

田舎暮らしや別荘に時々憧れるけれど、その現実
(バスの本数が少ない等)を知り有益でもありました。

松本紳助

(購入者の評価)
松本人志と島田紳助の深夜トーク番組の書籍化。

字が細かすぎないし、つかみどころは太字で書いてあって読みやすい。

二人の話し方をそのまま書いてあるので、実際にしゃべってる様子を想像し易いし、テンポも良い。

笑えるネタ、考えさせられるネタ満載です。

「40歳は折り返し地点だ」とか高所恐怖症の紳助さんが飛行機宙返りされた話とか。


二人が好きな方、お笑いが好きな方、軽いトーク本を読みたい方にオススメです。


沖縄ダークサイド (宝島社文庫)

(購入者の評価)
学生の頃から沖縄が好きになり、何度も渡沖?しています。
沖縄に詳しくなったつもりでいても、ダークサイドについては
実はほとんど知らないままであったと、この本を読んで痛感。

もちろん、本書に書かれていることは複数のライターの視点から
書かれているので、100%真実かはわかりませんが、火のない
ところに煙は立たないのであって、限りなくリアルなルポとして
読み進めました。

内地の若い世代にとっては、沖縄は観光地であったり移住候補地
だったり、いわゆる表面をみて判断することが多いと思いますが、
どんなことにもオモテとウラがあるので、本書で沖縄のウラ側も
是非垣間見る価値があると思います。


沖縄・離島情報 平成20年春号 (2008)

(購入者の評価)
沖縄の離島情報に力を入れた最新のガイドブック。本島の情報は全体の1/4(約50ページ)であとの170ページは離島情報。カラーページは50ページ程度に抑えられてある。個々の観光スポットや料理店などの紹介はやや少なめにし、ホテルやダイブショップなどを後半のページに一覧表として掲載。離島へのアクセスとして詳細な時刻表を収載している。

沖縄のガイドブックは大判の冊子が多いが、本書はA5版でかつ薄く、非常に持ち運びに便利だ。それでいながら情報量は十分で、完成度は高いと思う。各スポットの紹介文は短めで写真も小さめだが、むしろ過剰な宣伝になっていないため、行ってがっかりすることも少なそう。もともと、沖縄の料理は美味いとは思えないので、この程度に抑えている方が正直だと思う。各離島のカラー写真は非常にきれいだ。広告ページが少なめであることも好感。

現時点での難点は、いくつかのショップのウェブサイトを確認したところ、既に閉鎖されているサイトがあった点と、本書に掲載されているデザインの商品がすでに売られていない店があった点。これらについては前もって必ず確認した上で行くべし。

大きさ、厚さは持ち運びに最適で、情報量は非常に多いと思う。一覧表になっている時刻表や店舗に蛍光ペンで印を付け活用すると非常に便利なツールとなるため、沖縄ガイドブックの中では比較的完成度の高い一冊と思う。価格も安く星4つの価値は十分で、あとは実際に使ってみて星5つに昇格する可能性あり。


ぼくの生きかた

(購入者の評価)
 この本は、「島田 紳助」の人生についての価値観が主な内容となっています。
 共感できないところも少々ありましたが、芸人として(この本が出版された時点で)26年生きてきた人間の書いた本として中身のある物だと思いました。
 多分、2時間もあれば読めると思うので興味のある方は読んでみてはいかがでしょうか。

 
 

天下の廻りモノオカネの正体 (幻冬舎文庫)

(購入者の評価)
 島田紳助のエッセイは以前から読んでいて、その読みやすさと、単なるお笑いタレントとしてだけではない才能を感じていましたが、本書を読んで、更に経済についても真剣に勉強している姿勢がハッキリと分かりました。本書にも書かれていたことですが、経済や株についての本は数多く世の中に出ているものの、自らの身銭を切っての成功例と失敗例を正直に書いているものは少ない中、本書は島田紳助の実践した中で体験した経済エッセイで、その分真実味が増しており、紳助流の経済哲学がギッシリと書かれています。失敗から経験して学ぶことは多いですが、お金に関してもその価値観や運用方法など、誰もが参考になり、考えさせられる内容ながら、実にわかりやすく紹介されていることは評価できる一冊です。

なぜトイレの蓋をするだけで9割の人はお金持になれるのか

ビートたけしは「財テク」の天才だった!

メッセージ

(購入者の評価)
って感じですね。

あの事件後、なんか不自然に感じてしまう。

紳助ファンの方は楽しめるかもしれませんが・・

くさいんですよね、なんか。。

おとなの沖縄―朝から夜まで美ら島を遊ぶ (1週間MOOK)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4