清水章吾

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 
清水章吾 おすすめDVD 清水章吾 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
監査法人 DVD-BOX

(購入者の評価)
一話終わるごとに、「じゃあ、どうすればよかったのか?」という問いが頭をもたげた。監査法人は番人であるべきだと思ったし、『我々は救済に来たのではありません。審査しに来たのです。』というセリフも正しいと思った。しかし、ひとつの企業の倒産がもたらす混乱と負の連鎖、これも解る…。企業の癒着と談合と罠…。真っすぐな性格の主役(塚本さん)の好演、仲間からボロクソに言われながらやがて…の勝村さんの熱演、橋爪さんや竜さんなど『権力の顔』を演じるに相応しい俳優さんも見所のひとつ。
「ハゲタカ」の成功を受けて「もっと専門的に踏み込んだドラマも受け入れられる」という制作サイドの自信と意気込みを感じたドラマだった。


to Heart ~恋して死にたい~ DVD-BOX

(購入者の評価)
待望のDVD化と言うことで即購入しました。とにかく剛君も深キョンも若い!特に剛君は少年って感じで可愛かった。でも本当にあれだけ一途に人を好きになれたら幸せだろうなって素直に思えました。「愛はパワーだよ」って透子の言葉が聞いて思わず微笑んでしまいます。エンディングのプールに飛び込む深キョンのフォームがとっても本格的で美しいのもビックリ。若い2人のラブシーンも何だかぎこちなくてとっても初々しいです。とにかく恋っていいな?って素直に思える作品です。

女帝

江戸川乱歩「黒蜥蜴」より 悪魔のような美女

(購入者の評価)
このシリーズ..70年代後半のミステリサスペンスファンにとても贅沢な時代。テレ朝通常時間帯の放映。なんと猟奇!なんと残酷(スプラッタでなく)!なんと耽美!そして荒井注、天知茂、他のとってもよいマンネリ系のユーモアシーンが織り交ぜてあって、それも楽しみ、ストーリー展開も楽しみ、初期・中期はほぼ退屈するなどの二文字はないほどに最高の作品。ああもっとみたかった!!"

警視庁鑑識班2004 DVD-BOX

噂の刑事 トミーとマツ トミーBOX

(購入者の評価)
愛の静けさでのパート2方が、2,3倍面白くて、作品センスがいいと思うのは。結構いるような。

噂の刑事 トミーとマツ マツBOX

(購入者の評価)
エンディング画像は最後まで一緒だったトミマツ。後期の愛の静けさでの曲と画のフィット感は、逆にビックリする。オープニング曲のバージョン変化、トミ子の連呼変身パターンの確立、ドタバタ三人組の誕生(マツとトミーの関係も変化)、片桐の名脇役化等、林隆三、志穂美悦子部分のストーリー上の変化だけでなく、進化してどんどん面白くなっいいつたトミマツの姿が、本質的にある。DVDシリーズとして続かなかった理由がそこにも有るかも。良識有るファンは、石井めぐみとのトミマツを待ってるのでは。また売れるかも?

火曜サスペンス劇場 警視庁鑑識班ベストセレクションVol.1「微物採取」

(購入者の評価)
火曜サスペンス劇場の数ある作品群の中でも異色のドラマ。
ドキュメンタリータッチ、サイエンスドラマでもあり、刑事ドラマでもあり、それでいてアツい、大人のための人情ドラマでもある。
その名のとおり鑑識という縁の下の力持ちの人物たちにスポットを当てたその作品作りは、鑑識の仕事のように綿密な調査に基づき丁寧に描かれている。

主人公・中山淳彦が鑑識としてはじめて挑んだ事件を描くのがこのvol.1。10年続くこのシリーズのストイックなつくりはこの第一回からまったく変らない。シリーズを追うごとに成長してゆく中山の新人時代をあらためてみると、初々しくて驚くかもしれないが、彼の事件に対するひたむきな姿勢はかわらない。
10年、これからも続いていくであろうこの鑑識シリーズ。2004年の連続ドラマでハマったひとも、初期の頃から観ていたひとも、ぜひこの機会に観なおしてみては。きっとこのアツい鑑識ワールドに益々ハマってしまうだろう。

(・・・三本だけだなんて勿体無い。BOXで出して頂ければなおよし!NG集など含めていつかBOXで出して頂きたいものです。)

火曜サスペンス劇場 警視庁鑑識班ベストセレクションVOL.2「時効を待つ女」

(購入者の評価)
これは坂本順治の「顔」と同一元ネタ(そういえば岸辺一徳が両方でてるぞ)
こっちの魅力は追われる人間と追う刑事の話しになっているところだ。
鑑識らしい地道なドラマ展開がいいですね。
「人は変わるのか」です。

しかし、おまけなさ過ぎ。予告、コメンタリー、メイキング見たいぞ。

火曜サスペンス劇場 警視庁鑑識班ベストセレクションVol.3「遺留指紋」

(購入者の評価)
シリーズでも結構掟破りな展開のこれがDVD化されるとは。
指紋捜査の大変さが分かります。

それにしてもおまけつけて。予告、コメンタリー、メイキング

やさぐれ刑事

???西野警部補(原田芳雄)は自分の上司を殺した暴力団幹部・杉谷(高橋悦史)を執拗に追いかけていた。やがて、杉谷と一緒に西野の妻・真穂(大谷直子)が杉谷と一緒に逃亡していることが判明する。怒りに震える西野は警察を辞職し、杉谷と真穂を捜し求めていくが……。藤本義一の小説を原作に、妻を犯罪者に寝取られた上にコールガールにさせられてしまった元刑事が復讐の鬼と化していく姿描いたハードボイルド・アクション映画の異色作。いささかリアリティに乏しい感もなきにしもあらずだが、警察機構からもはみだしていく男のすさまじさを原田芳雄が見事に体現しているので、そのダーティきわまる姿を拝めるだけでもプログラム・ピクチュアとして存分に機能し得た作品になっている。明らかに従来の刑事ものとは異なるテイストにも、大いに興味をそそらせるものがあった。監督はコメディとアクションに定評のある職人・渡辺祐介。(増當竜也)

恋愛詐欺師(2)

恋愛詐欺師(4)

江戸川乱歩「黒蜥蜴」より 悪魔のような美女

(購入者の評価)
シリーズ中でも屈指の出来栄えです。敵役黒蜥蜴こと小川真由美の演技力が
光ります。作品の最初から犯人がわかるストーリーで、明智対黒蜥蜴の知恵比べで物語は展開します。双方、異性を敵にまわしての知能戦は最後は明智に軍配が上がりますが、明智に恋する小川黒蜥蜴が最後に掴んだ女性としての人生の休息とやすらぎ、勝った明智の胸に迫る無力感とはかなさを、エンディングの沈み行く夕日とあいまって、テーマ曲とともに見事に描いています。いつもの変装暴露シーンも本作はなかなか見ごたえありますよ。


噂の刑事 トミーとマツ Vol.2

恋愛詐欺師(3)

悪魔が来たりて笛を吹く 名探偵・金田一耕助

噂の刑事 トミーとマツ Vol.1

警視庁鑑識班2004 Vol.2

警視庁鑑識班2004 Vol.3

>> つづきをみる

臨床細菌学アトラス (1983年)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4