志村喬

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 
志村喬 おすすめDVD 志村喬 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
七人の侍(2枚組)<普及版>

(購入者の評価)
今の日本映画事情を考えると、この映画が50年以上前に作られたということに驚く。見所が満載で一度見ただけでは消化しきれない。何度も見たい。個人的には久蔵の言動に理想的な男性像を見る。この作品をカラーで見たい。そういう意味でもこの映画の製作自体が早すぎたのではないだろうか。

七人の侍

(購入者の評価)
映像の素晴らしさもさることながら、三時間半という長さを
全く感じさせないのは、きちんと練られた脚本の構成力に
よるものだろう。冒頭から話運びがスムーズで、登場人物はひとりひとり
深く掘り下げられ、随所でユーモアやペーソスを挟みながら、
一気に決戦まで持っていく。各自の台詞やエピソードに
一切の無駄が無い完璧さ。面白過ぎて何度観ても飽きない。
観てない人は是非観て欲しい!


椿三十郎<普及版>

(購入者の評価)
黒澤監督が娯楽に徹して作った痛快無比なチャンバラ時代劇。96分に凝縮された映画のどのカットからも目が離せない。若侍達を助けることになった三船敏郎演じる椿三十郎の腰の座った殺陣は見事。腕だけでなく頭のきれる、口は悪いが人はいい善を助けるヒーローだが、お城勤めなんぞ面倒くさくてできない一匹狼であり続け、城代家老の奥方から、鞘に入っていない抜き身の刀であり、本当によい刀は鞘に入っているもんですよ、とズバリ評される。桁外れの切れ者だが世をすねた本作のヒーローを演じられるのは油ののりきったこの時期の三船敏郎以外には考えられない。

他の俳優では敵役の室戸半兵衛を演じた若き日の仲代達矢が圧倒的にいい。三十郎と同じ抜き身の刀のような存在。ギラギラした悪の切れ者ぶりがかっこよい。黒澤映画における仲代達矢は、「影武者」や「乱」の大仰な演技よりも、本作や「用心棒」の悪役の方が断然いいと思うのは私だけだろうか。この二人が室内で対峙する場面、夜道を並んで歩く場面、そしてラストの雌雄を決する超リアルで超有名な決闘場面の緊張感は並々ならない。

脚本も息つく暇を与えぬ展開でサスペンスフル。1点指摘したいのは、緊張だけでなく緩和も用意されていること。代表的なのは、城代家老の奥方の、三十郎のペースを狂わすが憎めないのんびりぶり。そして小林桂樹演じる敵方の見張りが若侍に捕まって押入れに閉じ込められた後、いつの間にか若侍側の味方をするようになり、貴重な意見を言う時には押入れから勝手に出て、言い終わると自発的に押入れに引っ込む様子。そして城代家老の馬面。ユーモラスこの上ない。黒澤映画に欠かせない花は本作では当然椿だが、白黒映画での見事な使い方は見てのお楽しみ。迫力、サスペンス、ユーモアが融合した超一級の娯楽作品である本作は貴方の期待を決して裏切らないでしょう。


生きる<普及版>

(購入者の評価)
これと“七人の侍”は言うまでもなく黒澤監督絶頂期の作品なわけですが、とりわけ私は“生きる”が好きです。 この作品にはまさに畏(おそ)るべき人間の真実が描かれていると思うからです。 確か立川誌らくさんがエッセイの中で書かれていたと思うのですが、主人公の渡辺さんは決して子供達のために公園を作ったわけではありません。 彼は死ぬ前に一度でいいから己の生を燃焼させてみたかっただけで、その媒体としては公園だろうがなんだろうがかまわなかったわけです。 結局、本当に“生”を実感したいのなら、人間は自分に正直な生き方をするしかない、というのがこの作品にこめられたメッセージだと思うのですが、このシンプルなメッセージ、捉えようによってはいくらでも歪曲可能なものです。 例えば、とにかくお金を儲けて豪勢なくらしをしたいーと、本気で願っている人も世の中にはたくさんいるでしょう。 また、私の友人(アメリカ人)の知り合いの中には、どうしても人を殺してみたかったからイラク戦争に志願した、というとんでもない人間もいます。 “真実”は道徳と同義語ではないので、使い方によってはこのようにいくらでも下賎なものに成り下がってしまう、と私は思います。

しかしこの作品において、創り手たちは、決してこの“真実”を茶化したり、下世話なものにしたりはしませんでした。 大抵の人間は自分に正直になろうとしても、家族や世間やその他もろもろのしがらみにがんじがらめにされていて、本当に納得のいく人生を生きている人というのは少数派でしょう。 そこに真実と現実の絶望的な隔たりがあります。 作り手たちはそういった大部分の普通人の視点を忘れることなく、この真実が最高に輝いて見えるような物語と映像を創ってくれたーそこに私は感嘆してしまいます。 真実を知っていることが偉いのではない、それをいかに使うかが大事―この作品の存在自体がそのことを体現してしまっています。 この作品を見るまで、私は映画というものがこんなことまでをも表現可能なメディアだとは夢にも思ってみませんでした。 日本人が人類に贈った宝物の一つだと思います。


蜘蛛巣城<普及版>

(購入者の評価)
原作は、ご存じシェークスピアの「マクベス」。
シェークスピアの「マクベス」や「乱」のもとになった「リア王」は日本人からみると情が感じられない。
でも、その分、人間の持つ本質を鋭く突いています。
この作品のテーマは、人間の業(ごう)。
ヨーロッパでは、人間はどうしようもない存在、と考えてるんでしょう。
だから、あの「羅生門」もヨーロッパで評価が高いのでしょうね。

勧進帳をもとにした「虎の尾を踏む男達」と観比べると面白いと思います。


羅生門

(購入者の評価)
“羅生門”は今では日本文化・芸術を代表する作品の一つになってしまった、と言っても過言ではないと思います。 外国人のほうが日本人より鑑賞眼があるーなどど言う気は毛頭ありませんが、こと“羅生門”に関して言えば、“よく分からない映画”という評論が支配的だったという国内の状況より、国際映画祭の批評家たちの方が慧眼だったーと言えるのではないでしょうか。 世界人類が共通に抱えている問題を画期的な映像表現で描き出し、その世界的価値に日本人自身が気が付かなかったわけですから。

同じ事象でも、見る人によって感じ方、捉え方がまったく違うーという、言ってみれば20世紀後半のポストモダニズムを先取りしているわけですが、そんな小難しいことを言わずとも、人間の本質に切り込む先鋭的な内容をめくるめくような映像美でとらえたエンターテイメントとして現在でも通用すると思います。 実は私、アメリカの大学で“映画史”の授業を二度取った事があるのですが、いずれの場合も“羅生門”が上映された時の、学生たちの画面に食い入るような反応が忘れられません。 “国民の創生”とか、“戦艦ポチョムキン”や“市民ケーン”といった欧米の歴史的名作が上映された時とは、ディスカッションの場においてもみんなの熱の入りようがまるで違っていました。 それらの作品が映画史においては、技術的・理論的な革新をもたらしたのに過ぎないのに対して、“羅生門”のもつ、人間の心の闇に肉薄する答えのない問いかけーという内容は時代が変わっても古びることがないのだと思います。 基本的に、古いものーそれも昔の外国映画などにまったく興味の無いアメリカの一般の若者たちに引き起こしたあの反応は、この作品の持つ底知れぬ力を純粋に証明するに足るものではないでしょうか?


第1作 男はつらいよ HDリマスター版

隠し砦の三悪人

(購入者の評価)
ユング心理学で分析すると真壁六朗太が父性原型、雪姫が母性原型、二人の農民がトリックスターで真壁六朗太の旧敵が老賢者になります。
自己実現を目指す主人公が黒澤明監督です。


椿三十郎

(購入者の評価)
用心棒と甲乙つけ難いです。用心棒の続編といわれてますが、正確には同じキャラクターをつかった別物です(時代も用心棒は幕末、椿三十郎は江戸中期あたりとだいぶ開きがある)。三船は基本的に大根役者ですが、あの存在感やオーラを超える役者は数えるほどしかいないでしょう。絶っっっ対に買って損はしません!

悪い奴ほどよく眠る<普及版>

(購入者の評価)
黒澤明監督は昭和三十年代、これと、“生き物の記録”“天国と地獄”という現代劇を作っています。 二十年代の現代劇は八本なのでかなり数が減っています。しかしながら、この三本には二十年代の作品を束にしてもかなわないような濃厚な内容があります。 娯楽性、映画的完成度という点では“天国と地獄”がなんといっても一番でしょうが、実は残りの二本のほうが興味深い作品であると私は思います。

この二本の作品の中で、主人公は自分よりも圧倒的に強大な力を持った相手に徒手空拳で立ち向かい、破滅します。 一般的な批評では、あのように無謀な戦いを挑む人間などはもともといないのだから、そのようなキャラクターを作ること自体がすでにストーリーを破綻させている、という主張が多いようで、それはそれで分かります。 しかしながら、そもそも人があの様な無謀な戦いを挑まないのは、挑まないことが正当なことなのだからではなく、保身?つまり、生き延びることが目的だからにすぎません。 黒澤作品の凄みというのは、主人公の行動を通して、ルサンチマンを抱えながらもとにかく生き延びることが何より大事?というのは本当なのだろうか、それよりももっと大事な“大儀”なるものがあるのではないか、というところまで我々に想起させてしまう(主人公たちは大儀という言葉は使いませんが、その原理に従って行動しています)ところにあると思います。 理想主義者が時折見せる狂気、そしてその圧倒的な力強さは確かに私たちを奮い立たせる?それが黒澤失敗作を見る醍醐味だろうと私は思っています。 そういう意味で、この作品は必見です。


黒澤明 : 大映BOX

(購入者の評価)
羅生門。ああこれほど美しい映画があろうか。これは白黒映画ならではの美しさでは無いだろうか。三船敏郎の躍動感。語り尽くされてはいるが、森の中でのライティングの素晴らしさ。ラストの衝撃。アメリカでは先日ハイクオリティーで有名なクライテリオンから発売されたが、手軽に(と言っても値段は高いが、、、)リージョンを気にせず、見れるのは有り難い。

鴛鴦歌合戦

(購入者の評価)
1939(昭和14)年作品、もちろん白黒映画、題名は「おしどりうたがっせん」と読む、永らくまたされたDVDが遂に発売、祝うべし、

これを傑作とよんでいいかどうかは人それぞれ、しかし、見るものすべてが腰が抜けるほどの驚愕を覚えることも間違いなし、人によっては怒り出す可能性もある、製作側はあくまでも本気で真剣に作っているのだが、出来あがったものはどこまでが本気でどこからが冗談なのかと思うような、いわゆるとんでもない映画です(つまり見る人を選ぶ映画です)、

アマゾンのレビューにあるとおり、劇冒頭で準主役のディック・ミネが日本橋を渡りながら「ボクはワカーイ殿様ぁ?」とのんきに登場した瞬間にキューブリック「2001年」のクライマックス並のトリップ体験が可能です、驚くべし、

片岡千恵蔵は病後第1作ということで主演といってもいがいに地味、その分を脇を固めた志村ほかの芸達者が大活躍、

製作された昭和14年といえば日独伊防共協定の2年後であり、前年には国家総動員法施行、5月にはノモンハン事件が起きた「準」戦時です、そんな非常時であることなどまったく感じさせない本作のような純粋な娯楽映画が作られていたことに昭和10年代前半の好景気(戦争はまだまだ職業軍人がおこなうものでありまだ総力戦になっていない)を感じます、

戦後にひとつの流行となる「狸もの」のファンには必見です、本作が1980年代に「再発見」された経緯など興味のあるファンは調べると楽しいでしょう、それにしても本作のフィルムが無くならなくてほんとに良かった、


男たちの旅路 第3部-全集-

(購入者の評価)
 この作品は最高ですネ。
 簡単にいうと「シリアスにも面白く、コミカルにも面白い」からです。本当に優れたものはコミカルにもシリアスにも長けた才能があるもの。これもその一つ。笑えるし、考えさせられるし、ジーン・・・と来るし。話の底流がシッカリしてます。シッカリした脚本、シッカリした演技者達、それらを固める大勢のスタッフの方々。最近こういうの、無いですよね。ブッチャケ・・・どうして最近の(特に90年代に入ってから・・・)テレビドラマはこうもつまらないんでしょう。底が浅いんですよね。見ても「五分・・・」いや、10秒と持ちません。この第三部の中の「墓場の島」は良いですよ。面白い。


黒澤明 : THE MASTERWORKS 1 DVD BOXSET

(購入者の評価)
〜デジタルリマスターだと言っているが、力を入れてデジタル修復したのは『七人の侍』など数本で、あとの作品は、殆ど手を加えていないのではないか。特に『蜘蛛巣城』は傷が目立ち、京都で観たプリントの方が遙かにきれいだった。『七人の侍』では、確かに音声の復元修復がうまくいっている。劇場やビデオでは聞取れなかった台詞がきちんと聞えているし、当時〜〜としては先進的だった効果音も、効果音としての役割をデジタル化によってやっと果すことが出来たようだ。個人的には、各作品の付録映像も楽しむことが出来た。当時のスタッフの話はみな重みがあって面白い。構成は黒澤明を持上げ過ぎだが、脚本家・橋本忍や撮影の中井、美術の村木など、今日に於いて、黒澤組の侍たちの証言は映像として新鮮である。しかし、〜〜本人たちは新鮮とはほど遠いカラカラのお爺さんになってしまったけれど。〜

生きる

(購入者の評価)
この映画を観てとても複雑な心持ちになりました。

主人公の部下である市役所の人々は、主人公の仕事にかけた意気込みに感動しながら、結局その後何一つ変わっていない。これは自分のことだと思いました。本を読んだり人の生き様を観て「私もこういう生き方をしよう」と思いながら、真剣になりきれていない。どこか現状に甘んじている。結局まだ私は「生きて」いないんだ、そう思わされました。

でも、暗い気持ちにはなりません。音楽、映像、出演者の演技に温かみがあるからでしょうか。

観ていて悲しいけれども嬉しく、しんどいけれども楽しく、辛いけれども希望がある、矛盾しているのですがそれらが全て絶妙のバランスで表現されている映画だと思います。


続 姿三四郎

(購入者の評価)

第一作で人間的な成長を徐々に遂げた柔道家の姿三四郎を描く続編である。

更なる人間的な成長が見られるかと思ったが、内容はどちらかと言うと、ボクシングや因縁の檜垣兄弟の空手との異種格闘技戦が中心に描かれており、それはそれで面白かったが、やや物足りなさが残った。

また、最後のシーンは、あの姿三四郎の笑顔は何を表していたのだろうと疑問に感じるやや中途半端な終わり方であった。


三大怪獣 地球最大の決戦

(購入者の評価)
やはり幻魔大戦の元ネタとして有名なストーリーが秀逸でしょう。僕個人としては怪獣版ローマの休日と思ってました。夏木氏とエキゾチックな若林映子さんが最高!

酔いどれ天使<普及版>

(購入者の評価)
この作品は松永を演じる「三船敏郎」に尽きる、と言っても過言ではない。それほど彼の存在感は凄い。いや凄いを超越している。なにが凄いか。三船の目である。あの目の力はスクリーンを通じてこちらにイヤというほど届いてくる。そして観客の心を揺さぶるのである。それにしても本作は三船初主演映画である。初主演でここまで凄いものを見せ付けるとは只者ではありません。
本作は三船演じる松永が結核にかかり、また兄貴分が出所して、自分の立場が無くなっていく頃から、我々の心も松永にシンクロしていく。負け行くものへの応援である。この年になると実社会ではたくさん経験している。でも僕たちは松永を応援してしまう。それは男に生まれてきたからには仕方の無いことだ。
映像にしても、超シュールな夢の映像があって、ビックリしてしまう。何はともあれ必見の映画です。


蜘蛛巣城

(購入者の評価)
『吾の中に 巣食うもののけ 謀かりごと 武勲目出たき 身は安からず』

七人の侍

(購入者の評価)
素晴らしいです 3時間30分とかなり長めの映画なので2つに分けて見ようと
思いましたが話が面白すぎて一気に見てしまいました 面白すぎですこれ
いまの若い人はこういう古い映画見ないんでしょうけど最後まで見れば絶対に面白くないとは
言わないはずです
いままで見た侍映画より郡を抜いての圧倒的面白さ 間違いなく侍映画の最高傑作


>> つづきをみる

男ありて―志村喬の世界

(購入者の評価)
「不器用」な役者かもしれない、志村喬。
決して自分から「自分」を語ることのなかった役者「志村喬」。
役柄とオーバーラップするその人となりを澤地久枝が綴る。
題名は野球を題材にした映画「男ありて」からとった。

稲尾和久投手の「神様、仏様、稲尾様」ともオーバーラップするその役者人生を余すところなく描いた「男ありて」。永遠の名作です。

魅力ある地理教育―ユニークな授業とその教育理論

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4