塩見三省

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 
塩見三省 おすすめDVD 塩見三省 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
神様のパズル

(購入者の評価)
映画を見たのでそれについて書きます。

まず評価が4☆の訳は、私にとっては原作の方が好きだからです。
原作と比較するとかなり毛色の違う作品になったと思います。(ベースは同じですけど)

映画単体でみればよく出来ていたと思いますが、テーマが難しい(よく宇宙論を一般映画で長々とやったなと感心します)のに加えて監督の色がかなり出ているので好みの分かれる作品だと思います。
購入を悩んでいる人がいるのであれば、一度レンタルででも見てから決めた方が賢明でしょう。

私個人としては原作への思い入れが強いぶん不満は残るものの結構気に入っていて、加速器「無限」のCG映像を見ただけで感動してしまったりしました。(現実的にはありえなさそうな造形ですけど)

テーマは「宇宙創造」と思いきや「自己の存在理由」みたいな感じだったりして、SFでありながら哲学的だと思います。
なので宇宙論に詳しくなくても、見ていると宇宙に興味が湧いてきて難しい事は分らなくても充分考えさせられる楽しい作品です。

一見の価値は間違いなくあると思いますので是非見てみてください。
そして少しでも興味を持たれたら、原作も読んでみてください。


恋愛小説

(購入者の評価)
多分、子供のころの孤独な閉じこもっちゃった主人公の気持ちが私にも少し、どこかわかる気がして、最初から涙が溢れて溢れて止まりませんでした。悲しいとか寂しいとかってより、どうか幸せになってって,あなたは大丈夫なんだよって心から言ってあげたくなる、心の底が動くそんなお話でした。玉木宏ってすごいって思いました。

鬼太郎が見た玉砕~水木しげるの戦争~

(購入者の評価)
 質の高いNHKスペシャルを手軽に観られるのは、とても嬉しい。
 「芸術祭」で賞を取らなければ間違いなくDVD化はなかっただろう。
 もう少し手頃な値段にして、他の作品もどんどんDVD化してもらいたいものだ。

 「戦争を知る」というよりも、生きる、生きたいとはどんな事なのか、それを90分で理解できる。昭和17年と昭和46年の水木しげる氏のドラマが同時進行することで、その効果はいっそう増す。芋やバナナを「心の底から美味い!」と思うことが出来ない現代人……私も含めて考え直さなければいけない課題である。

 特典映像は必見である。
 水木氏のインタビューで、この漫画原作で、読者に訴えたいことを聞かれたときの回答は傑作である。
 その他、メイキングも傑作だ。映画並みの製作である。このドラマをフィルムで撮影できなかったのが惜しまれる。
 香川照之は今人気の俳優だが、役作りの力の入れようが凄い。漫画から飛び出してきたような演技をする。彼のベストワークの一つだと思う。

 注意しておきたいが、このDVDはドキュメンタリーではない。戦記漫画「総員玉砕せよ」を再現VTR、昭和46年の水木氏は、脚本家が創作したフィクションであり、完全な「ドラマ」として考えるのが正しい。
 
 ジャケットに鬼太郎とねずみ小僧が写っているのは流行を狙ってのことだろうが、それだけを期待して購入するのはちょっと……と、鬼太郎マニアには伝えておきたい。



GO

(購入者の評価)
この監督、あまり巧いとは言えないのだが、見る価値のあるものを立て続けに撮っており、近年の日本映画を代表する監督の一人になったと言えるのではないだろうか。この作品は、彼の出世作だけあってなかなか見応えがあり、主演の窪塚洋介のキャラクターとともに記憶に残る作品となった。
テーマとなっている在日朝鮮人差別の問題に関しては、高校時代に韓国人の友人がいたこともあってあまり実感がわかなかったが、青春期のアイデンティティーの問題とシンクロさせることによって普遍性を持つ映画になったと思う。


12人の優しい日本人

(購入者の評価)
この作品が出来た頃は、まだ、裁判員制度なんてまったく考えていなかったのに、制度開始が近づき、非常に身につまされて面白く見ました。
日本人の様々なステレオタイプとも言える12人の男女達。その人となりや価値観が、人をどう裁くか、集団をどう方向付けするかに深く関わるのだな?と感じました。

無罪にすれば、人に罪をかぶせる事が無かった罪悪感から逃れられるが、その罪で傷ついた人を救ったり、同じ犯罪を防止する事にはならない。でも判断する自信が無い。だからその場から逃げたくて、判断を放棄したくてじたばたしたり、色々な意見に流されて何度も変節したり・・。そんな人々のやりとりを、深刻ではなく、淡々とでもなく、日常的でありながら、ちょっと可笑しく仕上げた、まさに、三谷ワールドです。

この、裁判員制度が決定した今、この映画を撮ったら、かなりの賛否両論があがり、簡単に上映できなかったかもな?と思います。

制度が始まっても、一生のうちに裁判員に選ばれる事は無いかもしれませんが、その時の心構えも兼ねて、楽しく観るのに非常にいい映画です。


私立探偵 濱マイク 12 利重剛監督「ビターズエンド」

(購入者の評価)
何度見ても、クライマックスでは、泣いてしまいます。。。

出演者の皆さんの迫真の演技も素晴らしい☆
知らない内にすっかり入り込んでしまっていました!

私にとって、忘れられない作品の一つになりました。
是非、沢山の方に見て頂きたいと思います。

樹の海 スペシャル・エディション

(購入者の評価)
 富士の樹海での自死を巡り、自死志望者、殺されかけた男性、自死した者の生前を調べる探偵らを描いた4篇からなる作品。

 4篇は物語上、独立しているが接点が全くないわけではない。自死しそうな顧客を助けに樹海にやってきた闇金融業者が自社のビラを落とす(第1篇)。このビラがあったことで、暴力団に殺されかけた男性が生きて帰る(第4篇)。

 各篇とも上記のような些細な偶然と思い出によって(それはまさに樹海の木々をつなぐ細いテープのようだが)、誰かを助けようとしたり(第1編)、他者の死を忘れないと心入れ替えたり(第2篇)、救われたり(第3編)、死のうとしている人を見捨てたことで生きて帰ろうと決意したりする(第4篇)。人間万事塞翁が馬というか何というか。

 人は社会生活はおろか樹海の中ですら、些細な思い出のもと人間社会の偶発性(偶然)に影響されている。人間は結局、社会の中でしか生きられないと痛感した。人は生きる以上、社会を出られないということは、どんなに絶望しても帰る場所がまだあるという点で希望だが、同時に社会の外「ここではないどこか」を生きられない点で「絶望」でもあろう(第1篇の金融業者のセリフにも注目)。

 映像は淡々とした地味目な映画なので「樹海」という単語で強烈な「非日常」の映像を望んで観ると期待はずれに終わるかもしれない。


天空に夢輝き ~手恷。虫の夏休み~

三年身籠る

(購入者の評価)
オセロとしての中島知子は結構好きだけど、この映画での役は合わなかったですね。シラーっとした感じがちょっとイラっとしてしまいました。もしも監督自身が演じていたら合ってたんだろうなと思いますが、監督がよく演じる周りを意に介さない低体温なキャラが自分には合わないので映画を見てしまったこと自体ミステイクでした。

シーズンオフ デラックス版

(購入者の評価)
見所は・・・「そめやゆきこ」のヌードだけ。残念!

水の女

(購入者の評価)
UAのキャラクターが生かせている映画だとおもいます。関西の銭湯が舞台なのが関西人?のUAにとってすごくはまっていました。
自然をテーマにしさらにそこに神秘な日本特有のテーマを融合させた映画って印象を受けました。
こうゆうのって今いるチャライ女優じゃできないきがします。
浅野さんもやっぱりよかった。


水の女

幸福の鐘 デラックス版

(購入者の評価)
まず、SABU監督が明らかにモチーフにしていると思われるのが、芥川龍之介の「トロッコ」。
読んだことのある方ならばお分かりのように、基本的な構造は大体同じ。個々のエピソードや人物などは完全オリジナルだが、主人公が何となく遠くまで出かけていき、最後はホームシックになって走って家に帰ってくるところなど、そっくりでしょう。とても有名な小説だから、監督はオマージュを捧げているのだと思う。
その試みが成功しているかどうかはともかく、少なくとも見ていてつまらなくはないし、コメディ寄りの作品で評価されてきた監督が全く違った境地に挑んだことは評価されていい。


おぎゃぁ。

OPEN HOUSE

(購入者の評価)
近年の行定作品は好きなのですが
この頃の作品は映像美優先なのが気になります。
たしかに美しいなと思いましたが
この作品にはそんなものが必要でしょうか。
椎名英姫さんのヌードには何の意味があるんでしょうか。
僕にはそれらが邪魔臭くて
逆に映画に入っていけませんでした。


恋愛小説

(購入者の評価)
あらすじを読んで昔の耽美な少女マンガのようだと思いました。
あまり期待もせず観始めたのですが、都電の中で聡史が宏行にかける「久しぶり」の一言で一気に映画の中に引き込まれました。明るく親しみがこめられた「久しぶり」ではあったけれどどこか空虚で未来への希望が少しも感じられないものだったから。
そこからは玉木宏の死神らしい(もちろん端正で陰影の濃い顔立ちなのですが)ビジュアルも手伝って無駄のないセリフ、美しい映像全てに必然性が感じられました。
エンディングは聡史が生きつづけたのか死を選んだのか判断を見る側に委ねる形にして終わります。瑞樹との恋の思い出がたった一つの救いですが、それを失ってしまった聡史を思うと両親を失った時以上の苦しみを味わってしまったのでは?と私もまた胸が締め付けられるようでした。玉木宏さんのブレイクで埋もれていた佳作に日が当たるのは嬉しい限りです。また、細部まで作りこまれたこの映画がwowwowのドラマだったことも大きな驚きです。何度も観たくなるそんな作品です。


17才 旅立ちのふたり

(購入者の評価)
ストーリー的には昭和テイストで、家族愛をテーマとした文学作品とでも言いましょうか。
ちょっぴり切なくて、それでいて心温まる内容です。
脇を固める俳優陣の演技には注目ですが、主役の2人の演技も嫌いじゃないです。
梨華ちゃんの演技に慣れてしまった自分もいるのですが、あのキンキン声が梨華ちゃんそのものなのだから仕方ない。
彼女の台詞が見終わった後にも心に残っているのは、キンキン声のお陰なんですから。


幸福の鐘 デラックス版

>> つづきをみる

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4