白鳥哲

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 
白鳥哲 おすすめDVD 白鳥哲 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
スクライド 5.1ch DVD-BOX (期間限定生産)

(購入者の評価)
あえて2。
この作品は自分の見てきた数多あるアニメの中で堂々断トツの頂点なのだが。
このボックスを作ったやつはアホかと。
ただ仕事で作業的にやったんじゃなかろうかと。
全然テレビ版、普通のDVD版のほうが買うのであればマシ。
この作品は台詞のかっこよさ、声が作品の大半の良さをつくってるのに
声を聞こえる程度に合わせると音がうるさい!
なにをしてるんだと・・・。なぜ、2CHもつけないのか・・・
挙句の果てには曲の入る部分、挿入歌も変えよった。
ボックスでこの値段は良かったが、正直むかついた。作品を汚した。
こんなことをしたやつらは馬に蹴られてしんじまえ!
たいしてDVD版と変わらんし、そっち買ったほうが良かったですよ、マジで!
そしてこの時期に出すならまとめてブルーレイにして出せよとっ


コードギアス 反逆のルルーシュ SPECIAL EDITION BLACK REBELLION

(購入者の評価)
総集編は今までガンダムやエヴァなどを視てきてつまらんかったのでギアスもかなって感じだったが

まぁいいじゃない。

戦闘のハショリ加減が不満な人がいるようだけどハッキリ言うとロボアニメ中心に視てきた自分にとってナイトメア戦は他に見劣りしてしまうわけでしてギアスのセールスポイントではないと思う。

けど確かにせめて2回に分けるべきだな


コードギアス 反逆のルルーシュ DVDマガジン II<最終巻>

(購入者の評価)
私が思ってたいたよりは楽しめました。
とくに予告のところは。いや次回作の
予告ではなくてTV版の予告にコ-ドギアスの
キャラ予告いれるとこですが・・
でも買わなくてもコ-ドギアスの世界は
大丈夫ですけどね。むしろファンの人は
新作のDVDまでにお金ためといたほうがいいのでは
まあこういうDVDはレンタルでませんですし
それならもう少しやすくてもよかったかなと思います。


コードギアス 反逆のルルーシュ DVDマガジン I

(購入者の評価)
このDVDには、いろいろなコンテンツが収録されていますが、正直収録順につまらなくなるような感じです。
ですが、最初に収録されている「キャラクター名セリフ集」は、伝説のフレッツ番組「ガンダムSEED120%」を彷彿とさせる内容で大いに笑わせてもらいました。
これは面白い。2巻も買おう。


ブレンパワード リマスターBOX

(購入者の評価)
富野作品の中でも‘難解な’台詞まわしが多いこの作品。
恐らく、1回観ただけでは理解することが難しい。

さらに「なんとなく観る」というスタンスの人には、この作品の良さを理解されにくいと思う。


愛の形は、よくあるマンガのように綺麗な形ばかりではない。

この作品で描かれるのは、様々なモノに対する憎しみすら伴う愛の形。
そして、それに対成す純愛。


セリフの一つ一つに耳を傾けて、考えながら観てほしい作品。


ファンディスク 無限のリヴァイアス ライト(3)

(購入者の評価)
毎度のコトながらボリュームがスゴイです。
新作アニメーションはもちろん、リヴァイアスのドキドキ感を上手く表現したビデオ開発時プロモーション映像まで収録されています。
他にも、キャラクターデザインの平井久司氏が電撃大王に連載していたイラスト・コラムがおまけドラマと共に収録されており、リヴァイアスを違った方向から見ることもできます。

イリュージョンも大暴走で大爆笑させてくれました。
お買い得だと思いますね。

無限のリヴァイアス Vol.6

(購入者の評価)
今までの武力支配による秩序が崩れ、変わろうとするリヴァイアス。
これから後半戦ってカンジですね〜。
先が気になってしょうがないです。
あぁ、エアーズ・ブルー・・・。


最終兵器彼女 スペシャルヴァリューBOX

(購入者の評価)
疑問だらけの設定でも許せてしまうのは一生懸命に恋をする二人が素敵すぎるからでしょう
まだ恋愛がなんたるかも知らないような年齢の主人公逹が一生懸命に恋をして相手を想う様は純粋そのものです。自分も恋愛って何だろうなんて考えたりもしました
「わけがわからん」の一言で終わってしまう作品かもしれませんが
私は最終兵器彼女が大好きです


ブレンパワード Vol.1

(購入者の評価)
謎のプレートから出てくるは生きた巨体(ブレン)。ロボットではなく人の言葉を理解し心を持つ不思議な巨体。

この作品は戦争をテーマにしたわけではなく、その巨体の力にただ人々は翻弄され、間違った世界を造り上げようとする。それに違和感を抱き始めた主人公・伊佐未勇は単独で軍から逃げ出し、宇都宮比瑪と運命の再会を果たし新しい仲間と出会い共に正しい力の使い方を求め昔の仲間たちを相手に戦いを繰り広げていく…。

最初はこの作品に出てくるキャラクターの言動や表現の仕方に少し戸惑い等ありますが、2・3話目と見ていけば自然とガンダムの世界観とは又違う富野監督ワールドに慣れて行きます。

またこの『ブレンパワード』の中盤あたりの話もいいものでオリジナルな感じの味が出てます。恐らくこの作品のメインストーリーと言っても過言ではありません。僕はそう思います。10年近くたった今でもあのあたりの話は鮮明に覚えています。

正直、個人的にガンダムよりも変にギクシャクしていない人間関係や無駄のないきちんとした所々の設定とか、こちらの作品の方が好きです。
あと、子供向けに作られていないOP&EDも割りと凝ってて気に入ってます。何よりどちらも歌がいいです。
1話目のエンディング曲に入るところも不思議と尾をひきます。

是非おすすめ致します。


無限のリヴァイアス Vol.4

(購入者の評価)
大きな力を得た先に、生まれるものは何なのか。
希望、不安、陰謀、裏切り・・・。
閉鎖された空間の中でそれぞれの思いが交錯する・・・。

やっぱりこの作品は人間の物語ですね。
すごいリアルです。
キャラクター一人一人が生きてます。

無限のリヴァイアス Vol.9

(購入者の評価)
この作品は某ロボットアニメとよく比較されるが、こちらの方が観念的でなく
きちんと物語のなかでキャラクターの成長を描くことに成功している

独りよがりの問答ではなく、人間関係のなかでたくましくなっていく主人公の姿がまぶしい。
特に25話での彼の決断は何度見ても泣きそうになってしまう。
いつの時代も奇麗事を貫き通すには覚悟が必要なのだ。

学生だった当時、リアルタイムで見ていたが
今見返しても、新しい発見がある。
あぁ、あのキャラクターのセリフは、あんなことを象徴していたんだ、と。
細かい点にまで作り手の意図や愛情が感じられる

面白いアニメは数あれど、生き方にまで影響を受けたアニメは
これが多分最初で最後。

少年の成長、というテーマに興味がないなら、ただの地味なSFになりかねないが
そうでない普通の人なら、必見!

これは是非若いうちに見ておいてください!!


無限のリヴァイアス Vol.8

(購入者の評価)
この巻のみどころは、明日に絶望し涙する猿。とあおい、太陽系に危機迫る未来、希望のためとしてリヴァイアスの少年達を見捨てる大人達、自らの過去から逃避しないことを誓った猿。、等でしょうか。
いよいよ物語も佳境です。眼が離せません。
猿。があおいを好きなのも合点がいくのですが、フられたファイナが少し可哀想なのかな?


無限のリヴァイアス Vol.4

(購入者の評価)
大きな力を得た先に、生まれるものは何なのか。
希望、不安、陰謀、裏切り・・・。
閉鎖された空間の中でそれぞれの思いが交錯する・・・。

やっぱりこの作品は人間の物語ですね。
すごいリアルです。
キャラクター一人一人が生きてます。

無限のリヴァイアス Vol.5

(購入者の評価)
ドキドキしましたね。
絶望の中、「死にたくない」「誰か助けて」という叫びがとても印象的でした。
絶望、恐怖、悲嘆、陰謀・・・。
様々な思惑が複雑に絡み合ってとても面白くなっています。
多くのキャラクターがそれぞれの考えを持って行動しているところがスゴいと思いました。


無限のリヴァイアス Vol.2

(購入者の評価)
追い詰められた少年少女達が描く物語です。
Vol.2ではついにリヴァイアスが登場します!!
コレ、かなり面白いと思います。


ファンディスク 無限のリヴァイアス ライト(3)

(購入者の評価)
毎度のコトながらボリュームがスゴイです。
新作アニメーションはもちろん、リヴァイアスのドキドキ感を上手く表現したビデオ開発時プロモーション映像まで収録されています。
他にも、キャラクターデザインの平井久司氏が電撃大王に連載していたイラスト・コラムがおまけドラマと共に収録されており、リヴァイアスを違った方向から見ることもできます。

イリュージョンも大暴走で大爆笑させてくれました。
お買い得だと思いますね。

無限のリヴァイアス Vol.1

(購入者の評価)
私は今までにリヴァイアス以上だと感じた作品を見たことがありません。
近年の作品の中、リヴァイアスは私のNo.1のアニメ作品です。

よく最弱主人公と比喩される昴治ですが、確かに身体知能ともに平凡な主人公です。
従来のロボットアニメと違い、ヴァイタル・ガーダー(ロボット)のパイロットにもなりません。
ですが、リヴァイアスはロボットでの戦闘に重点を置いてるのではなく、各キャラクターの心理に重点を置いています。
リヴァイアスという閉鎖された空間の少年少女たちだけの一種の社会の中で、各キャラが葛藤をする様が鮮明に描かれています。
その中で、どのキャラクターよりも1話から最終話にかけて一番成長したキャラクターが主人公の昴治だったと思います。

放映されていた当初私は12歳でしたが、12歳という歳では理解するには難しい作品でした。
しかし、数年経って改めてみると、この作品の重みを深く感じることができました。
年代によって見え方が違った来る作品だと思うので、何度も繰り返し見てほしい作品です。


ファンディスク 無限のリヴァイアス ライト(2)

(購入者の評価)
新作アニメーションからCM集まで、無限のリヴァイアスのすべてが分かっちゃうんじゃないかってなぐらいにすごいボリュームです。
新作アニメーションは短いですが幼い頃の相葉兄弟を見て涙が出てきました。

公式ホームページで公開された無限のリヴァイアス イリュージョンも収録されてますので、大爆笑できる方もいらっしゃると思います。自分はしました。

ファンディスクでコレだけの内容ってのはかなりお得な気がします。

ファンディスク 無限のリヴァイアス ライト(1)

(購入者の評価)
無限のリヴァイアスがとっても好きで、このDVDも買いました
最初に見た英語バージョンのオープニングも結構よかっし、
いろんなのが入ってましたが、私の印象に残ってるのは声優の座談会と、Smile againっていう曲です
この曲は聴いたことはなかったのですが、とってもいい感じで聴いてて感動して泣けました

座談会は、ネーヤ役のレイさんの発言に爆笑しつつ、とっても楽しい感じでした
座談会のことはほとんど気にもしてなかったのに、こんなにいいものとは…
見た後、ライト2と3も買うこと決めました
一番期待してた新作アニメーションはちょっと・・・って感じだったけど、他がとってもよかったので5つ星です

リヴァイアスは好きなのにまだこれを見たことない人
見ないと損ですよ(笑)

ブレンパワード Vol.6

(購入者の評価)
家族という既に修復不可能なほど壊れてしまった物を必死に集めようとした姉・イイコ。封鎖された世界からヒロインの一人であり、後に想いを通じ合う少女ヒメに出会った弟・ユウ。
ユウは一人オルファンから飛び出し、外の世界に飛び出し、様々な出会いをし、成長していきます。その一方で弟をもはや弟ではないと口では言いながら体が震える姉・イイコ。名前を替え、高飛車な態度を取りながらも、母よりも女として生きるミドリを母と見れず、父は父でもはや数値でしか見てくれない父。
それなのに、イイコは必死に守ろうとします、家族を。ユウも家族を思う気持ちは同じ。この巻には姉弟の思いの違い、息子であるジョナサンに本当の母の愛を見せつけようとするアノーア。
監督の代表作『ガンダム』に比べ、ブレンパワードという作品は知名度が低いですが、見る価値は十分あります。それぞれが想い人がいる。それぞれの願いがある。

クライマックスの巻へ向けて、家族とは、子へ何を託すべきなのか等…何かを問いかける素晴らしい巻です、是非一度ご覧になられる事をお勧めいたします。

※但し、ガンダムのような派手な戦闘シーンなどを求められて視聴されると面白いとは思われないかもしれません。



>> つづきをみる

ストーンエイジ

歯周疾患 (最新歯科衛生士教本)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4