宍戸錠

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 
宍戸錠 おすすめDVD 宍戸錠 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
NHK大河ドラマ 葵 徳川三代 完全版 第弐集

転校生

(購入者の評価)
主人公 一夫 一美 ちょうど同じ中学時代映画館で観ました。 母になり、娘も中学生に
なった今 見せようと思っています。 青春の甘酸っぱい気持ち 二度と戻らない大切な時間相手を思いやる気持ち いろんな事この映画で学び青春を過ごしました。いつか行ってみたい尾の道 娘と映画を見せた後 行きたいと思っています。


花と蛇2 パリ / 静子

(購入者の評価)
賛否両論かもしれませんが、私は杉本彩さんの美しさにぴっくりしました。ストーリー性はあまりない感じがしましたが、エロスを表現するにはとてもかったのでは?と思いました。女性にもぜひぜひ見てほしいです。

カリキュラマシーン ベストセレクション DVD-BOX

(購入者の評価)
昔はわからなかった事でも、成長していくと何と深い番組だったのか、と改めて感心しきりです。
願わくば、お気に入りの部分をチャプターで選択出来るともっと有り難いかな。
例えば「9たす3はいくつ」だとか「0の弔辞」だとか沢山ありますが。
音楽も一緒に歌いたくなる名曲揃いです。
「3はキライだよ」だなんて、大人になってから本当に痛感するばかりですね。


私立探偵 濱マイクシリーズ BOX

(購入者の評価)
こんなにも贅沢なDVD?BOXが他にあるだろうか。シリーズものとは思えないくらいに色彩が違う3作を作り上げたスタッフや俳優の凄味が堪能できる。横浜・伊勢佐木町の一本路地を入ったところにある横浜日劇は、そのままセットかと思うくらいに「昭和」の雰囲気である。この2階に居を構える「濱マイク探偵事務所」を舞台に、第1作目はモノクロ、2,3作目はカラーで撮りあげた横浜の街は、いわゆるいま流行りの「ヨコハマ」ではない。黄金町や都橋商店街、大岡川といったどの観光ガイドにも載っていない、いわば横浜の「影」の部分だ。この探偵事務所を訪問するためには、入場料1000円を払わなければならないという設定も可笑しい。1作目は非常に軽い感じだが、2作目は大岡川の利権を巡るダークな物語(岡田英次が惚れ惚れするくらいカッコいい!)、そして3作目はホラーチックなアクション(おまけに山口智子×夏川結衣だぞ!)と、本当に観るものを驚かせる玉手箱のようなBOXである。濱マイクを演じる永瀬正敏は、これ以降マイクを超える役柄には出会っていない(山田作品に主演する昇華は見事だが)し、南原も磨赤児も本当に渋い。もうこれ以上は言いません。ぜひ観てください!

ケータイ刑事文化祭inゴルゴダの森~銭形海+THE MOVIE 2.1~

(購入者の評価)
3枚組なのでこの値段になっているのでしょうが、2枚目は既発売のTHE MOVIE 2のオーディオコメンタリーが増えたもので、目新しい映像があるわけでもなく、3枚目はTHE MOVIE 2 のHD DVD版という、まったく無意味なディスクが付いていました。DVDを買っているのですから、HD DVDなんて見れもしないものを付けないでもらいたい!
1枚目の本編も内容は幼稚だと思います。子供向けか、出演者が悪ノリして遊んでいるようにしか見えませんでした。
内容に対して明らかに割高です。ケータイ刑事ファンにもオススメできない商品です。残念です。


ネオチンピラ 鉄砲玉ぴゅ~ ボーナスセット

(購入者の評価)
青山知可子嬢の濡れ場を堪能できる作品として考えれば5つ星。
拳銃を撃つと、男性の発射を受け止めるまでアソコの疼きが
おさまらないという不思議な少女を演じています。

DVD化により、レンタル店の擦り切れた古いビデオでは、
判然としなかった部分がくりかえしくっきりと堪能できるように
なったことは嬉しい限り。

現在容易に入手可能な作品としては、露出面において最良の作品
だと思われます。

またボーナスセットにより、露出的には期待できない内容であったものの、
演技系80年代アイドル「佐倉しおり」の動く姿が観られるのは、
当時を知る者にはサプライズな特典かもしれません...

ケーキーズ

汚れし者の伝説

NHK大河ドラマ総集編DVDシリーズ 国盗り物語

(購入者の評価)
 天下という国盗りを目指した、斎藤道三・織田信長・明智光秀の3人の物語がダイジェストかつコンパクト(総集編だけに)に語られますが、前編99分・後編90分とは思えないボリュームです。体感時間はもう少し長く感じます。
 3人の天下という国盗りの夢は、果たされる事なく終りますが、中世から近世への扉を開く重大な役割を果たしたのです。
 それにしても、本当に原版は存在しないのでしょうか?昭和天皇も御覧になっていたのですから、なんとか原版発見→完全版DVD発売の運びとならないでしょうか?

 一つだけ難を言わせてもらうと、チャプター分けくらいしておいて欲しいものです。


遥かな時代の階段を ― 私立探偵 濱マイク シリーズ 第二弾

(購入者の評価)
 映画シリーズ浜マイク第2弾。映画の浜マイクを期待してドラマを見たらあまりに違うのでがっかりした記憶がある。そのぐらいこの映画シリーズは良かったのだ。物語そのものは実は主人公が解決していくというよりは巻き込まれていく感じなので、金田一耕介のようなカタルシスではない。簡単に言えば寅さんの世界と活劇映画を混ぜたような娯楽作品に仕上がっている。しかし、一作ごとにきちんとしたテーマがあり、最後にそこはかとなく感動できるのも良い。この頃の永瀬の演技は、自然で私生活のおしゃれな感じも無く良かったんだけどな・・・

肉体の門

(購入者の評価)
やっぱ宍戸錠です。
ここでもかっこいい。
野性味あふれてます。
あんな男に惹かれるんです、男でも。

20代後半の私でも
出演者が誰が誰だか分かりません。
ちょっとずつ勉強。

マヤの田舎娘からの豹変と
町さんの色っぽさ
素敵です。


新ハレンチ学園

電撃!!ストラダ5 DVD-BOX

(購入者の評価)
 国際犯罪シンジケートと闘う、国際警察の特殊チーム「ストラダ5」の活躍。
翌年から始まる東映戦隊ヒーローとは違い、彼らは変身後も顔を晒したままでした。

司令ジュピター役、宍戸錠(5人からチーフと呼ばれる司令塔。アクションも披露。変身せず)
ペガサス役、岡崎徹(後の仮面ライダーアマゾン。イケメンでスーツ姿のアマゾン刑事)
オリオン役、地井武男(後の七曲署刑事。筋骨隆々で一番強そう。髪型も当時の猪木)
ルナ役、小野進也(元・ワイルド7の飛葉。本作ではバイクの他、バギーやジープでも活躍)
アポロ役、剛達人(元・太陽学園の片桐。結局最後まで、片桐にしか見えませんでした)
アンドロメダ役、山科ゆり(当時のロマンポルノのアイドル。本作を見て主演作品買いました)

 特撮シーンは少なく、現在の子供番組では見られない暗殺や拷問シーンもあります。
怪人怪獣は登場せず、奇抜な武器や乗り物なども控えめな、地味なヒーロー作品です。
防弾効果もない強化服とヘルメットだけで敵アジトに乗り込み、群がるヤクザを退治します。
お約束のパターンが毎回あって、正義と悪に少し現実味を持たせた展開は「快傑ズバット」風。
そのぶん大人の鑑賞にも堪え、各話とも手慣れた作りのカーアクションと戦闘シーンが続きます。
個人的には第6話、追い詰められたペガサスとアンドロメダに愛が芽生えるシーンが印象的でした。
でも本作は13回で終わってしまう作品。せっかく5人に感情移入しかけたところで、もうお別れです。
良く出来た作品だけに、最終回を消化不良に感じてしまいました(3巻とも片面一層/24F収録)。


コードネーム348・女刑事サシバ

捨て身のならず者

私立探偵 濱マイク シリーズ 第一弾「我が人生最悪の時」

(購入者の評価)
この映画は全編白黒です。
んーかっこいい!2.3年前ドラマがやってた時に映画版があるというの
のは知ってましたが、これを見てこの作品がドラマになった理由がわかりました。正直ドラマの方は出演者やあのビジュアル感に興味が無い人にとっては
面白くなかったかもしれません。でも、映画版「濱マイク」は面白い!ナンちゃん(南原清隆)もいい味出してますしね☆


探偵事務所23 くたばれ悪党ども

(購入者の評価)
あいからず
お馴染みの俳優さんたちが個性的で
素敵です。

やっぱJoの満面の笑みと
ぶっきらぼうなセリフも素敵です^^

軽い気持ちで娯楽作として見ましょう。


私立探偵 濱マイクシリーズ・完結篇「罠」

我が人生最悪の時 ― 私立探偵 濱マイク シリーズ 第一弾

(購入者の評価)
白黒でのどこかノスタルジックな世界。 
TV版とはまた違ったマイクが見られます。

でもなんで、このDVD、チャプターが切ってないんでしょうか?
それさえなければ五つ星だったんですが・・・

>> つづきをみる

シシド―小説・日活撮影所

(購入者の評価)
この本は小説になりえていない。石原裕次郎や小林旭など、実在の人物のイメージを借用している分、人物造型はおざなりだし、読んでいて、はっと驚くような描写も見られない。しかし、それならこの本は面白くないのかといえば、さにあらず。面白いのである。プロローグこそ美文調でうんざりさせられるが、「第1章 狼煙」からの展開は快調のひとこと。なによりも、本人しか知らない話がこの本には満載だという点が強い。田中絹代が、森繁久彌が、石原裕次郎が、小林旭が、著者の目にはどのように映っていたのか興味は尽きない。そして、これこそがこの本の真骨頂とでもいうべきものだろう。そう、「シシド・グラフィティ」の世界なのである。

くいしん坊宍戸錠男の料理 (マガジンハウスムック 自由時間)

ガンと西部劇 (1961年)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4