宍戸開

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 
宍戸開 おすすめDVD 宍戸開 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
上杉鷹山 ~二百年前の行政改革~

(購入者の評価)
あのアメリカ大統領 ケネディが尊敬していた上杉鷹山!
代表的日本人でその5人の中の一人 上杉鷹山!

童門先生の講演を聞き、本を読み次にDVDを買った。
損はしないしよく描かれていると思います。
江戸時代の名藩主が成し遂げた大改革。

学問の為の学問でなく! 実際の生活に行動に照らした学問。
人を導くには、その人が本当に尊敬されなくてはならない。
今までのぬるま湯体質を変えるには、領民の意識改革が基本とならなくてはならない。
その意識の火種を一人でも多く育てていく。
基本は、藩の教育が大事で武士も領民もだれもが塾に入れるシステム。
現在でも 哲学、理念は 会社経営でもそのまま使える話です。

筒井道隆も良かったが宍戸開も非常に良かった。そして、黒木瞳は、いつみてもワクワクさせる。



クライマックス・ストーリーズ ウルトラマンマックス

(購入者の評価)
 ネクサスの不振を受け、急遽、企画・製作されたウルトラマンマックス。「最強・最速」をキャッチコピーに原点回帰を目指し、怪獣が初めて現れた世界が舞台、完全1話完結、タイプチェンジをしない、人気怪獣の復活等、3クールで終了させるにはあまりに惜しい作品でした。

 このシリーズは作品の総集編的な内容ですが、マックスはガイアやネクサス等のように大筋のストーリーがなく、1話完結の作品なので、どのように編集されるんだろう?と疑問でした。なので、導入は少々以外で最終話のエンディングから始まります。そう、このDVDの語りべはカイトではなく、カイトとミズキの孫です。「これは僕のお爺ちゃんとお婆ちゃんから聞いた話だ…」と話が始まってゆく演出は見事です。

 そういうこともあって、編集内容もカイトとミズキの少しずつ変化してゆく恋路を追ってゆくような編集になっています。出会いのシーンやカイトを戒めるミズキ(DASHで仲違いがあったのはこのシーンのみ。歴代防衛チームで最もチームワークが良かったのでは?)、何度も危機をマックスに助けられたミズキもいつの間にか、マックスの中にカイトを見ていた様子も描かれています。

 主にピックアップされたエピソードは、第1話、ゼットン星人前後編、イフ、フライグラー、メトロン星人、ピット星人、ラゴラスエヴォ、ケプルス、そして最終話の前後編の回。やはり、イフの回のミズキとアッコちゃんの描写は歴史に残る名作です。ミズキが自分の銃とアッコちゃんを見比べるシーンは、力の行使だけが平和への道ではないと教えてくれます。

 個人的にかなり好きなウルトラマンなので、銀幕デビューできていないのが残念です。


ウルトラマンマックス 5

(購入者の評価)
NHKのBS熱中夜話でウルトラシリーズを中学の授業に教材としてとりあげている先生が紹介されていました。「故郷は地球」ではジャミラの捕らえ方を「作者は何をねらおうとしていたか?」という設問で感想文を生徒に書かせていました。面白そうですねぇ、そんなレポートなら100枚かけますよね。
 その先生が取り上げる教材としてのウルトラマンは何も昭和だけでなく平成のメビウスなども取り上げているそうですが、おそらくその教材に取り上げられる可能性を多聞にひめたのが「第3惑星の奇跡」でしょう。

「作者は何をねらおうとしていたか?」夏休みにぜひご覧ください。

昭和平成を通じても、とても優れた作品です。こんな寓話があるからウルトラはたまらない。そうおもいません?



ウルトラマンマックス 3

(購入者の評価)
マックスの特徴はかつての人気怪獣の再登場が話題でもある。そして、第9話「龍の恋人」のようにウルトラセブン人気エピソードである「ノンマルトの使者」のリメイク的作品も。ミズノエノリュウは造形的にもなかなか。マックスとの格闘では操演が大変そうな長い首がくねくねとよく動く。
マックスでは第一次ウルトラの怪獣、宇宙人たちが大暴れする。黒部さんや桜井さんのように御大たちもレギュラーとして登場して楽しませてくれるが、けして「それだけ」の番組ではない。私にとっては好きか嫌いかであえてくくるなら「かなり好き」なシリーズだ。

第10話「少年DASH」に登場する怪獣メタシサスは、空間を自由に移動するというSF的設定の濃い怪獣。そこにいると思ったらすでに実体ではなく影。苦戦するDASH。だけどコバ隊員と少年の触れ合いこそがお話を盛り上げる。次回のゼットン篇もイベント篇として楽しみである。



ウルトラマンマックス 7

(購入者の評価)
このDVDにはウルトラマンマックスの
第23話「甦れ青春」   第24話「狙われない街」
第25話「遥かなる友人」 第26話「クリスマスのエリー」 が収録されています。
23話ではサブタイトルのとおり、トミオカ長官(黒部進)とヨシナガ教授(桜井浩子)がダテ博士(二瓶正也)に再会するという、
40年前の「ウルトラマン」を思わせる内容となっていたり、24話ではサブタイトルからピンとこられた方もおられるのではないでしょうか、
そう、この話は「ウルトラセブン」の「狙われた街」の続編になっていたりと、昔のウルトラシリーズを思い出させる内容になっています。
25話は簡単に言うと信じることの大切さを描いた作品、26話は本放送された日が12月24日ということで上のサブタイトルになっていて、
心の温まる作品になっています。それぞれがすごく奥の深い作品だと思います。


ウルトラマンマックス 10

???本シリーズの最後を締めくくる、第38話「地上崩壊の序曲」と39話「つかみとれ!未来」は、プロデューサーである八木毅監督が自らメガホンをとった前後編。最後の敵は宇宙人でも怪獣でもなく、同じ地球に住む地底人類デロス。彼らが地上人類の環境破壊によって滅亡しかかっているという設定は、本来マックスの使命が「滅び行く文明に対して再生のチャンスを与えること」であることを考えると、地球文明の意趣返しとなっており、その着想に驚かされる。
???さてドラマの出来は言うと、演じる長谷部瞳が自ら希望したミズキの死も、カイトの手であっけなく蘇生してしまう。またギガ・バーサークに敗れたマックスを救出するオペレーション・マックスにせよ、ビジュアルとしての迫力は申し分ないが、ドラマとしてのカタルシスや充実感が感じられないのは、シナリオに込められた膨大な情報量を“画”にする、表面的な処理だけに終始しているように見えるからだ。さながら「仏像作って魂入れず」とでも言うか、その根底に込められたテーマや思想を、もっと物語に活かすことができれば、シリーズを締めくくるにふさわしい最終回となったのではないだろうか? 最終的な着地点をスタート当初から「子どもたちに明るい未来を見せる」ことに定め、2076年にカイトとミズキの孫が宇宙に旅立つ光景を実際に描いたことで、シリーズとしての達成感は感じられる。だからこそ余計に、慌ただしく終結する、この最終回が物足りなく感じてしまうのだ。(斉藤守彦)


アイ・ラヴ・ユー

(購入者の評価)
いろいろな公共団体から推薦をもらえそうなポリティカル・コレクトな内容ではあるが、この映画の中にはかつての名作に対するほほえましいオマージュがたくさん含まれている。『タイタニック』や『風と共にさりぬ』、『街の灯』、『美女と野獣』などはそれと意識しなくともベタに登場してくるからすぐわかる。ろう劇団員集めに苦労するくだりは『七人の侍』。ペンギンとブタナリの愛のメールのやりとりは『ユー・ガッタ・メール』。公演における欠員代替劇は『恋におちたシェクスピア』。元の作品との距離感がなんとも心地よく、とぼけたユーモアに自然と笑みが浮かんでくる作品だ。

そんな笑いの要素だけではなく、この作品はろう者と聴者の間に横たわるシリアスな溝にも言及しているまじめな映画でもあるのだ。家庭の主婦とろう劇団のヒロインを兼務する水越朝子役を実際のろう者である忍足亜希子が熱演している。朝子が劇団の練習中、娘の愛ちゃん(この子の演技がまたウマイ)が母の代わりに食事を作っている最中に指を怪我してしまう。この事件がきっかけで夫隆一(田中実)と朝子が大喧嘩するのだが、「聴者のあなたにろう者の私の気持ちなんてわからない」と声にならないウメキ声をあげる忍足の迫真の演技には、その重たさに思わずドキッとさせられた。

また、娘の愛ちゃんが得意の手話を駆使してろう者と聴者の通訳として大活躍しているシークエンスも見逃せない。母に聞かれてはマズイところは肉声のみで話し、劇団員の内輪もめも意訳(違訳?)で見事に解決。せりふを覚えていない役者には手話によるカンペでSOS。知っている人にか通じないというまるで外国語のような手話の特性を生かしたうまい演出が光っていた。


ウルトラマンマックス 4

(購入者の評価)
前編ゼットンで後編キングジョー!ライトセイバーやニンジャもあり!
そしてなんてったって、強敵ゼットン戦を助太刀するもう一人のウルトラマンが赤い玉で登場だよ!
うちの子はもうめまいクラクラ状態で喜んでみてました。父ちゃんもいろいろと昔話で自慢げに説明できたので、めちゃめちゃうれしかったです。


ウルトラマンマックス 9

???ウルトラマン・シリーズの人気キャラであるバルタン星人だが、本来は大きな悲劇を背負った宇宙人であることをご存じだろうか。狂った科学者の手で母星を失い、流浪の民となった22億人のバルタン星人は、第2の故郷として地球に目をつける。オリジナルたる「ウルトラマン」のエピソード2作(「侵略者を撃て」「科特隊宇宙へ」)以降に登場したバルタン星人を、生みの親である飯島敏宏監督(脚本家・千束北男)が「認めていない」と公言しているのは、その悲劇性が忘れ去られ、悪辣な強敵としか捉えていない、一方的な解釈と描写に対してであろう。飯島監督のそうした“異議申し立て”は、2001年に公開された「ウルトラマンコスモス THE FIRSTCONTACT」のバルタン星人にも反映されたが、「ウルトラマンマックス」第33、34話「ようこそ!地球へ」前後編もまた、バルタン星の悲劇を背景とした物語なのである。
???飯島監督の語り口は、いわばジュブナイル・タッチ。高い位置から下に向かって理想論を説くのではなく、子どもたちの目線の高さにまで腰をかがめて、彼らの分かる言葉で話しかける。その飯島監督の姿勢が今日の特撮ヒーローものと比較して、いささか幼稚な印象を与えるのは否めない。だからと言って、劇中何度か繰り返される「行きすぎた経済活動と絶え間なく繰り返される戦争が、地球環境を破壊する」との台詞に込められたメッセージを軽視することは出来ないのではないだろうか。実相寺監督のメトロン星人は40年近い潜伏の末、精神退化著しい地球人に愛想を尽かして母星へ帰ったが、飯島バルタンは愚直なまでに警告を発し続けるのである。
???ビジュアル面では、空を覆い尽くしたバルタン星人たちと分身したマックスの戦いが圧倒的なインパクトを与える。菊地雄一特技監督自身も「画が出来上がった時は興奮した」と語るほどのド迫力!!(斉藤守彦)


ウルトラマンマックス 6

???本作品が、他のウルトラマン・シリーズと異なる点は、明るさ、楽しさを前面に出した構成にある。登場するキャラクターも楽観的でのんびりした人物が多いことから、コメディ・タッチのエピソードに傑作が多いのは、必然といえよう。
???村石宏實監督の第20話「怪獣漂流」では、その「笑えるウルトラマン」ぶりがピークに達した感さえある。風に流されて漂流する怪獣クラウドスの睡眠中の反応や、住民の対応に一喜一憂するDASH隊員たちの描写が大いに笑わせ、自ら命名した怪獣の名前をエリーから「ヘン」と言われてめげるトミオカ長官、DASHの作戦行動を学生の応援団が劇中のBGMを演奏するなど、ツボをついた笑いのオンパレード。村石監督と脚本の太田愛は、「ウルトラマンダイナ」のコメディ編「遙かなるバオーン」で組んでいるが、ギャグの破壊力や切れ味は、間違いなく当時より数段パワーアップしている。
???第22話「胡蝶の夢」は実相寺昭雄監督による不条理劇だが、ゲストの石橋蓮司が「ウルトラマンマックス」の脚本家という設定で、夢の中でカイトと彼の役割が入れ替わってしまい、DASHの制服に身を包んだ石橋がマックスへと変身するあたりが見もの。実相寺作品は、映像美とディテイル、カッティング、 音楽と俳優たちの怪演を楽しむのが本筋。本作での白眉は真田薫扮する女(という役名)の存在。口の端をつり上げて笑うその様は、夢に出てきそうな不気味さだ。(斉藤守彦)


剣客商売スペシャル 決闘・高田の馬場

ウルトラマンマックス 8

???第3クールに入った「ウルトラマンマックス」は、「ウルトラマンティガ」「ウルトラマンガイア」で優れた手腕を見せた脚本家・小中千昭を投入。さらなるエンタテインメント性の強化を打ち出した。その小中のシナリオを八木毅監督が映像化した第27話「奪われたマックススパーク」では、変身アイテムが敵に奪われるという、ヒーローものではお馴染みのパターンをベースにしているものの、スピード感溢れる演出と目を見張るビジュアルで、完成度の高いエピソードとなった。エレキングの幼体が人間の脳波を吸収するというアイディアをコアに、変身できないカイトとエレキング幼体に取り込まれんとするミズキ、そしてエレキングに苦戦するDASHメンバーたち、それぞれの戦いを克明に描写し、マックスの分身マクシウムソードで決着をつけるまでを息をもつかせぬテンションで描ききった最高傑作。
???第29話「怪獣は何故現れるのか」では、小中千昭の趣味性が前面に出たエピソード。1964年に制作されたTVシリーズ「アンバランス」の撮影時に出現した怪獣ゲロンガが今日の東京に復活するという内容は、明らかに「ウルトラQ」をイメージ・ベースにしたメタ・フィクション。オリジナルの「ウルトラQ」主演トリオがラストで顔を合わせるくだりは、無論ファン感涙。「ヨシナガ教授と西郷(西條康彦)は接点がないはず」などと指摘するのは、この快作オマージュ編に対して無粋というもの。(斉藤守彦)


ウルトラマンマックス 2

(購入者の評価)
本編はテレビで見ていたのでそちらは関連サイトさんに譲るとして巻末のメイキング映像が楽しかったです。
番組同様に和気藹々としたキャストやスタッフが見ていて和みます。
特撮撮影組の緊迫した感じも伝わってきて子供と共に見ながら「大変だなぁ」などと思ってしまいました(笑)


天守物語

ウルトラマンマックス 1

(購入者の評価)
ウルトラマンマックスはウルトラマンを忘れかけている人こそ見るべきウルトラマンです。
むかしの怪獣がやたらと出てくるのはネタ切れじゃないか?などと言わずに
初めてウルトラマンを見た時のように素直に見てください。
決してネタ切れではないと思ってみる事が出来るはずです。
子供たちが見て素直にカッコ良いと思えて、大人になった自分が見てもカッコ良いと思える
そんなウルトラマンがマックスなのです。
いったい誰をターゲットにして作っているのか分かりにくい複雑なストーリーの
最近のヒーローものではなく作り手が純粋に「子供たちに夢を」と思って
楽しみながら作っている事が想像出来るはずですよ。
マックスは間違いなく正統派のヒーローで、正統派のウルトラマンです。


ウルトラマンマックス 怪獣大図鑑!

(購入者の評価)
オープニングとエンディングテーマ以外は、とにかく怪獣、怪獣、怪獣のオンパレード。怪獣の紹介が中心のコーナーや、マックスとの戦闘シーンを集めたコーナーなどで編成されています。通常の放送で人物中心のストーリー部分にはあまり関心のない息子は、好きな怪獣シーンの連続で大喜び。静止画ではありますが【怪獣ひみつファイル】もついています。

ウルトラマンマックス 怪獣大図鑑2!

(購入者の評価)
怪獣大図鑑の第2弾。15話のイフから30話のラゴラスエヴォまでの怪獣すべてと、33話のダークバルタンが収録されています。第1弾に比べると解説ナレーションが過剰な印象も受けましたが、続々と登場する怪獣に、第1弾同様息子は大興奮でした。静止画の「ひみつファイル」で、それぞれの怪獣のプロフィールが見られます。

探偵事務所5” Another Story File 3

探偵事務所5” Another Story 2nd SEASON File 7

旅の途中で -FARDA(ファルダ)-

(購入者の評価)
静謐な映画です。

赤茶けた荒野を行くトラック、流れるドタールとオスマンの歌声。
敬愛する人を失い、エリートの座を、恋人を失いつつある主人公の焦燥と痛みがフィルムに見事に写し取られています。ですが、それはまたあたたかな人間性を秘めた救いでもある… その救いはこの社会にもかつて確かに存在したものだったのです。主人公が再生できたのかそれとも懊悩を深めることになったのか、判断は視聴者に任されていますが、映画はその最後の最後に、予定調和的エンディングを叩き潰すような深く鋭い一撃を加えてきます。

気がつけば、なるほどイラン人の監修も日本人の監督も大変な大物、出演者も名人。
忍足さんはこれが念願の初脇役。ベテラン勢に混じって堂々の演技ですね。ディスコミュニケーションと真っ向から戦ってきた彼女の真価が発揮された一本でもあります。


>> つづきをみる

マフィーシ・ムシュケラ―エジプト写真集

FARDA あした―映画「旅の途中で」より

もっと高く、もっと遠くへ―宍戸開の世界 Nepal 1997

宍戸開 本当のセーター

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4