照英

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
照英 おすすめDVD 照英 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
新選組!! 土方歳三最期の一日

(購入者の評価)
新選組!この自己中の大河ドラマは、いったい何なんだろう?比較的若い女性に好感度の高い、香取慎吾、山本耕史、藤原竜也、山口智さんなどが出演しているが、香取慎吾だけは頂けない。そして三谷幸喜さんの総合演出は、今までの新選組の暗い雰囲気を払拭する為、青年の明るい青春群像を描きたいということで終始、緊迫感、緊張感もなく物語が進む。大事な脇を固める玄人の役者さんの存在も薄い。魂が揺さ振られないドラマである。それにひきかえ司馬遼太郎先生が絶賛した、新撰組血風録は、演出、殺陣、土方役の栗塚旭さんなどの適材適所の配役、幕末から五稜郭までの戦いの描写、本当の新撰組の姿である最後の武士道を持つ武装集団を描き、鉄の隊規の為粛清された隊士達の悲哀、時代の波が己に不利でも士道を貫いた土方歳三らの姿など新撰組は、血と剣と死と悲哀と士道に生き抜いた集団である。故に皆その生き方に感動する。三谷版は新撰組の物語ではない。

里見八犬伝 DVD-BOX

(購入者の評価)
放送時は内容をあまり知らなかったので面白いと感じたのですが、
もっと八犬伝について知ろうと文庫本やらマンガやら見てみたらビックリ。

内容違くね?(゚∀゚) と。

八房がいないとこの話は成り立たないのではないかと。
玉梓の呪いで伏姫が子を孕んだのはわかるのですが、
なんで犬なのか?ってことになっちゃうんじゃないでしょうか?
化け猫をCGでするぐらいなんだから八房は出すべきだったと思う。
その他にも親兵衛やら浜路やらいろいろと設定が違う人々がちらほら。
詰め込みすぎて少々無理があったのでは・・・。

あと、ワイヤーアクションのところで
いかにもワイヤーを使ってる感じが見え見えだったのが残念でした。

でも、キャストの豪華さで見る人なら十分なほど豪華なドラマなんじゃないでしょうか。


魁!!男塾 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
主人公は桃だが、本当の主役とは秀麻呂のことだった!
脇役でしかなかった秀麻呂を敢えてクローズアップさせることによって、彼の成長を見守れると言う作品になっているのだった。
富樫の失恋もなんだかいい話だなと思えた。


魁!!男塾 プレミアム・エディション(2枚組)

(購入者の評価)
画面から滲み出る予算足りてません臭と、無茶してます感溢れるスタントシーンといいB級臭さが最高であった。


金無いなら知恵を絞るといった工夫が凝らされた演出もあり飽きなかった。


特筆すべきは麿赤兒!平八塾長を見事に演じきっておられた。彼に怒鳴られたら身動きとれなくなるだろうな?と感じさせただけでも良し!体は小さいけど立派に塾長に見えました(笑

富樫の初恋シーンなど最初は「いるかこのシーン?」と思ったが最後はそのシーンがなぜか心に残るシーンになったのはなぜ?と思う不思議な映画でした。





船を降りたら彼女の島

(購入者の評価)
瀬戸内海出身者として見ると
・ありふれた景色だが、とても美しい(再発見)
・俳優さんがなんとか愛媛弁を話しているが、ちょっと不自然で無理してるかなあ
・舞台になった学校の民宿は、本当に民宿になっているので、一度泊まってみたくなる
・鶴姫伝説・・・恥ずかしながら知りませんでした

ストーリーは微妙です。純朴な子供の頃を振り返るというのがテーマなんでしょうか。押尾コータローの演奏はまずまずかなあ。


スクール・ウォーズ HERO

(購入者の評価)
 青春スポーツものの典型といってもよい作品なのですが、それが実話をベースにしていると知ったときに受けた感動を僕は忘れることができません。この作品の美しさは、その物語を伝えようとする人たちの熱い思いに由来するのでしょう。
 人は誰でも自分自身に納得したいし、誰かに認められたり、大切にされたいものです。そして、そのための努力をきちんと積み重ねることができれば、やがてその人もまた誰かを大切にできるようになります。
 この作品に登場する学生たちは、正面から自分に向き合おうとする一人の教師との出会いによって、こうした努力の尊さ、そして真っ直ぐに生き抜くことの素晴らしさを知ります。だから、僕はこれはとても普遍性のある物語のように思うのです。
 「One for all, All for one」はラグビーだけのことではなく、僕たちの人生の様々な局面、そして社会の全ての場面において大切なことだと思うのですが、この作品を観ながら僕は改めてそのことを胸に刻み直しました。


星獣戦隊ギンガマン VOL.5

(購入者の評価)
41章でゼイハブに刺されたレッドの転生が解けるシーン、青い海と空をバックにしたとても美しいシーンです。多田智満子の「EPITAPH」と言う詩を思い出しました。不謹慎ですが。主演の前原さん、引退しちゃいましたが、この作品を残してくれただけで十分と言いたい位、かっこいい夢のようなヒーローでした。

星獣戦隊ギンガマン VOL.1

(購入者の評価)
1998年から1999年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第22作目「星獣戦隊ギンガマン」のDVD第1巻が登場です!!この巻には第一章「伝説の刃」?第十章「風の笛」までの10話が収録されています。炎の戦士ギンガレッド/リョウマ(演:前原一輝さん)風の戦士ギンガグリーン/ハヤテ(演:末吉宏司さん)水の戦士ギンガブルー/ゴウキ(演:照英さん)雷の戦士ギンガイエロー/ヒカル(演:高橋伸顕さん)花の戦士ギンガピンク/サヤ(演:宮澤寿梨さん)の5人のギンガマンが復活した宇宙海賊バルバンと戦います!ここで注目したいのはバルバンのメンバーです。ゼイハブ船長(声:柴田秀勝さん)操舵士シェリンダ(演:水谷ケイさん)銃頭サンバッシュ(声:檜山修之さん)剣将ブドー(声:林一夫さん)妖帝イリエス(声:高島雅羅さん)覇王バットバス(声:渡部猛さん)樽学者ブクラテス(声:茶風林さん)の初期メンバーには歴代戦隊シリーズで声優活動をした方が多く参加してます。また、ギンガマンの協力者の知恵の樹モーク(声:納谷六朗さん)妖精ボック(声:深雪さなえさん)にも注目です!!

星獣戦隊ギンガマン VOL.4

(購入者の評価)
「星獣戦隊ギンガマン」のDVD第4巻が登場です!!この巻には第三十一章「呪いの石」?第四十章「哀しみの魔人」までの10話が収録されています。この巻では妖帝イリエスが敗れ覇王バットバスが行動を開始します。魔獣ダイタニクスの復活…はドキドキです!!また、第三十五章「ゴウキの選択」でのゴウキと水澤鈴子先生(演:吉田真希子さん)の恋の行方は…?岸本俊介先生の役を岸祐二さんが演じているのにも注目です!!

連続テレビ小説 まんてん 総集編 上巻

(購入者の評価)
自然豊かな屋久島。
父親失踪のまんてん。恋人を故郷に残し
大阪へ。理科系大学受験を目指す。
藤井隆がいい役どころです。


連続テレビ小説 まんてん 総集編 下巻

(購入者の評価)
科学大好きの父親譲りのまんてん。
気象予報士と宇宙飛行士という
科学のダブルキャリア。
毛利飛行士もさりげなく出演。


連続テレビ小説 まんてん 総集編 DVD-BOX

(購入者の評価)
やっぱり総集編。
総集編だけを見た人は「?」なところが沢山あるのではないでしょうか。
是非「ひまわり」の様に完全版を発売して欲しいものです。
ヒロインの満天を見たい人には良いかもしれませんが、
朝ドラは毎回、色々な人物の良いところが出たり、あったかくなれるエピソードが詰まっているので、

総集編だとヒロイン以外の人物描写が薄いのが本当に悲しい…。
最初の方を見ていなかった私は、生瀬勝久さん演じる花山圭助さんが何故借金を抱えることになったのか、
いまいち分からなかったのですが…。(後で教えて貰いましたが)
氷川きよしさん演じる満天のお兄さんの行動も間のエピソードがない為、突飛に思えてしまいました。

藤井隆さんが弟を演じた花山兄弟と母親の絆や、
圭助さんと満天の上司の恋のエピソードがとってつけたようになっていたのも痛かった…
好きなところだっただけに悲しいです、ドラマは大好きですが。

星獣戦隊ギンガマン VOL.3

(購入者の評価)
「星獣戦隊ギンガマン」のDVD第3巻が登場です!!この巻には第二十一章「トマトの試練」?第三十章「鋼の星獣」までの10話が収録されています。この巻での見所は第二十九章「闇の商人」から登場する闇商人ビズネラ(声:塩沢兼人さん)とビズネラがバルバンに売った星獣ギガライノス・ギガフェニックス・ギガバイタスです!!ビズネラに改造されていたのがギンガマンの達の説得で正義の鋼星獣に変身します。また、この巻でも豪華な声優さんがゲスト出演します。第二十四章「ブドーの執念」での鬼丸(声:緒方文興さん)第二十五章「黒騎士の決意」でのワンガワンガ(声:辻村真人さん)第二十七章「ミイラの誘惑」でのモルグモルグ(声:飯塚昭三さん)第二十八章「パパの約束」でのヒエラヒエラ(声:篠原恵美さん)などです。黒騎士/ヒュウガ(演:小川輝晃さん)の活躍もお見逃しなく!!

星獣戦隊ギンガマン VOL.2

(購入者の評価)
「星獣戦隊ギンガマン」のDVD第2巻が登場です!!この巻には第十一章「戦士の純情」?第二十章「ひとりの戦い」までの10話が収録されています。ギンガマンのOP・EDを歌っている希砂未竜さんとは子門真人さんの別名です。星獣のギンガレオン・ギンガルコン・ギンガリラ・ギンガベリック・ギンガットがそれぞれの特徴を表しているのも魅力的!!この巻に収録されている第十九章「復讐の騎士」で登場する砂爆盗の声を担当しているのは、ダイレンジャーでザイドス少佐を演じた田村円さんです。黒騎士登場も見逃せません!!

連続テレビ小説 まんてん 総集編 上巻

島人の旅 1 八重山列島・石垣島、小浜島、黒島

連続テレビ小説 まんてん 総集編 下巻

ワン!ダフル イヌとわたしのリラックスヨーガ

島人の旅 2 八重山列島・竹富島、西表島、鳩間島、新城島

スクール・ウォーズ HERO

(購入者の評価)
 山下真司熱演でラグビーブームを起こした「スクールウォーズ」の劇場版。主演・共演ともに、TVドラマとは異なるがストーリー展開はほぼ一緒です。ファン必見です。
 また、付属しているメイキングオブスクールウォーズも楽しい。


>> つづきをみる

タルコット・パーソンズとアメリカ社会学

スクール・ウォーズ HERO

(購入者の評価)
 青春スポーツものの典型といってもよい作品なのですが、それが実話をベースにしていると知ったときに受けた感動を僕は忘れることができません。この作品の美しさは、その物語を伝えようとする人たちの熱い思いに由来するのでしょう。
 人は誰でも自分自身に納得したいし、誰かに認められたり、大切にされたいものです。そして、そのための努力をきちんと積み重ねることができれば、やがてその人もまた誰かを大切にできるようになります。
 この作品に登場する学生たちは、正面から自分に向き合おうとする一人の教師との出会いによって、こうした努力の尊さ、そして真っ直ぐに生き抜くことの素晴らしさを知ります。だから、僕はこれはとても普遍性のある物語のように思うのです。
 「One for all, All for one」はラグビーだけのことではなく、僕たちの人生の様々な局面、そして社会の全ての場面において大切なことだと思うのですが、この作品を観ながら僕は改めてそのことを胸に刻み直しました。


社会とは何か―社会研究序説 (1977年)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4