笑福亭鶴瓶

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 
笑福亭鶴瓶 おすすめDVD 笑福亭鶴瓶 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
映画 クロサギ 「毎度あり」エディション (オリジナルチョークバック付き)

(購入者の評価)
黒崎がIT社長になって英語を話すところがかっこよく、また見たかったので、購入を決めました。桂木が、シェークスピアのセリフを喋るところは間延びして、いらない、ドラマ最終回のほうが、はらはらドキドキした。御木本を追い詰めていないのは、続きを作るなら、ゼヒ氷柱とキスを。


映画 クロサギ (スタンダード・エディション)

(購入者の評価)
詐欺師が詐欺師を騙すという知的トリックは相変わらず面白かったですが、映画版はTVに比べて主人公の周辺の人間関係や過去のエピソードのフォローなど色々なことを盛り込みすぎて消化不良気味で個々には面白いところはあっても全体としては焦点が絞りきれず、迫力に欠けていると思ったのが正直な感想。詐欺師が詐欺師を騙すという部分にもっと焦点を当てきった方がすっきりとはしました。

映画 クロサギ「毎度あり」エディション

2006年にテレビの連ドラとしてオンエアされ、平均15.7%の高視聴率を記録した人気作品の映画化だ。詐欺にあって一家心中で家族を失った黒崎(山下智久)が、復讐のために詐欺師(シロサギ)を騙すクロサギとなり、次々とシロサギたちを喰い尽くしていくというのがテレビシリーズの内容で、今回もその基本は踏まえた上での作り。ただ今回はなかなか騙されないシロサギの物語となっており、映画らしくスケールも大きい。
加えてその黒崎と対決するシロサギに扮したのが竹中直人。これまでもテレビシリーズでは、シロサギたちのフィクサーであり、黒崎の仇でもありながら黒崎に情報を振る桂木役で山崎努が出ていたし、毎回黒崎が倒すシロサギには大物スターが扮してきた。今回は竹中直人が渋い演技で悪役を演じ、さらにそこに大地真央や笑福亭鶴瓶など個性的な役者たちを取り揃え、ドラマのレギュラーなどを加えることで映画全体を盛り立てていく。 惜しいのは画の構図などがテレビ的な雰囲気になっていること。あえて映画になったからといって雰囲気は変えない作戦だったのだろうが、もっとそこで華々しさを出しても良かったのではないか。堂々とした山下智久の演技は素晴らしかったし、せっかくシェイクスピア劇の『ジュリアス・シーザー』を物語に絡めたりと脚本も凝ったことをしているのだから。(横森文)


きらきらアフロ 2007

(購入者の評価)
前にデビューを書かれた方が心配していましたが、2008年8月6日に大阪、万博公園、東の広場で行われるコンサートのチケットが2枚、しっかりと入っていました、この日に予定のある方は通常版の方が安いならば、そちらを購入なさった方がいいでしょう、ですが、2007年の放送分+の2枚組み、これだけのボリュームで大爆笑できますから、高い買い物ではないと思いますよ、大阪城ホール、コンサートDVDは正直、、、、と思いましたが、こちらの通常シリーズは毎回、はずれなしですから、お勧め度は最高の5をつけさせて頂きましたー、ちなみに私はお仕事でコンサートには行けません、、、残念、皆さんは楽しんで下さいね、私、大阪って生まれて一度も行った事ないなぁ、、、他は結構、行っているんですけどねぇ。

母べえ 通常版

(購入者の評価)
山田洋次の映画は見る前から少し倦厭していたので
本作を見るときも一抹の不安があったのですが、やはりその予感は的中してしまいました。
あまりにも直接的な反戦平和主義の思念を入れ込みすぎていて、展開があざとくなり、日本映画特有の役者の八方美人的な演技も少し過剰でリアリティに欠けると感じました。(釣瓶はうまかったけど)
個人的には、もう少し映画に込める感情を冷ました後で撮って欲しかった。演出も思い入れが強すぎて役者がガチガチに固まっているように感じます。言ってることは真っ当なのだから、ここまで感情を込めなくても、もう少しストイックに醒めた視点で描いた方がうまくいったのではないのでしょうか。
吉永小百合の最後のセリフも、山田洋次の思想が入りすぎた結果、完全に人物が崩壊してしまった印象を感じてしまいました。


タイガー & ドラゴン DVD-BOX

(購入者の評価)
このドラマでは様々な要素が錯綜する。しかし各話のエピソードひとつも削ることなく、最後の大団円に持って行くクドカンの脚本力は尋常でない。長瀬智也のワイルドさと岡田准一の優しさはヤクザ・お笑い・ファッションという一見世間離れした設定にも関わらず非常に等身大で、観ている者のココロにズンズンと響いてきた。また西田敏行も親と師匠の感情の機微を完璧に演じて、凄味さえ感じさせる。伊東美咲も役にマッチしていてよかった。美咲と西田はこの後「椿山課長の7日間」という邦画史に残る傑作で再び組むことになる。塚本高史のチャラチャラさも蒼井優の可憐さも阿部サダヲのノーテンキ振りも最高だった。脇役に至るまでの「意味」がきっちり書き込まれていることが、成功の要因だろう。古典落語というモチーフも最上であった。こんな作品が撮れるTV界もまだまだ捨てたもんじゃないな、と思う。個人的には本作と「セクシーボイス&ロボ」がこの10年で最高のTVドラマである。

奈緒子

(購入者の評価)
過去の因縁や、仲間からの嫉妬や友情、
恩師へ想いなど・・・複雑な思いの中で成長していく
主人公を春馬くんが見事に演じていて感動しました。
そして演技派の樹里さんが重い役を…。
子供から大人まで見ることのできる内容濃い
体育会系青春映画だと思います。


タイガー&ドラゴン「三枚起請の回」

(購入者の評価)
最初に2時間のパイロット版があって、そのまま本編にながれ込むパターンはアメリカのTVシリーズの踏襲だろう。宮藤官九郎の脚本はいつもながらの上手さであり、これを古典落語に絡ませるとは!本当にびっくりである。リメイクしようにもハリウッドじゃできないネタだしね。勢いという点では右に出る作品はないが、時代性に捉われない作り方も大きなポイントだと思う。また主演の二人がカッコ良すぎである。カッコいいのにヌケているのはクドカン流だが、いつもにも増してテンションとセリフの落差が大きく、笑わせてくれる。蒼井優はほとんど出番らしい出番がないが、この後のシリーズのための顔見せなのだろう。インタビューで「ドラマは好きでなかったが、本作に出て映画本編と同等のパワーを感じてびっくりした」という意味のことを言っていた。TVドラマは当たり外れが大きいが、本作は傑作の1本といえよう。

小米朝10番勝負

母べえ 豪華版 〔3枚組 初回限定生産〕

(購入者の評価)
治安維持法って、ほんとにこんなだったのかなぁ?いま、先進国でスパイ防止法のないのは日本だけだもんね。この手の映画の功績もあるかもしれない。家族の仲のよさも、ちょっと、こそばゆいというか、不自然というか、いくらか嘘っぽいというか‥ごめんなさい。あんまり、おもしろくありませんでした。

 通常版のほうのレビューで、けっこうおなじような意見の方がいたのでほっとしました。こういう作品っていいって言うしかないみたいな空気が怖いです。それが戦争の一因でもあると思っているので‥


アベレイジ

ココニイルコト

(購入者の評価)
堺雅人さんのファンなら、また彼の癒し系の優しい声と微笑みに癒されるでしょう!正直、真中瞳さんは、淡々と喋りすぎかなと思いましたが、堺雅人さん扮する前野くんの優しい人間味ある言葉に自然と励まされます。宮崎県出身の彼が、大阪弁で演技しているのも、面白いし、苦手といわれる野球でも、バッティングセンターで、打つ姿を披露してくれています。髪型とかは、今と全然違うけど、あの優しい雰囲気は、そのままで、本当に堺雅人さんは、生と死の間で、命のきらめきを表現するのが上手だなぁと思いました。あんな同僚がいたら良いのになーと思う作品でした。

きらきらアフロ 2006

(購入者の評価)
数多くの女性タレント&芸人の中でなほみ(尚美)ちゃんほど可愛い人はいない!!!
なほみちゃんのミニスカート姿も可愛いし、トークの天然さも可愛い!!!

胸の駄乳さも誇りにしている。
特に下ネタを話させたら右に出るものはいない!!!が、それが自然に聞こえるのが不思議?
たまにチラッと胸の谷間を見せてくれることがあり、とても珍重している!!!
Aカップの女の子が胸をチラッと見せてくれるのが貴重に思う!!!

夏場は薄着で露出も多く、年も感じさせない!!!
なほみちゃんが迫ってきたら絶対拒否はしない!

トークも可愛さも超一級品である!!!
なほみちゃんが全国区にでるのが勿体無く思う!きらきらで光っていて欲しい!
東大阪の星&大阪樟蔭の恥?でも抱きたいです!!!


アイコ十六歳

(購入者の評価)
『アイコ十六歳』は1983年公開映画。富田靖子をはじめ「マツシタユキ」にとってもデビュー作となります。ちなみに「ミヤザキマスミ」も弓道部員の役で登場。16歳の高校生の気持ちを若い監督が生き生きと描写しています。

きらきらアフロ 2005

(購入者の評価)
例によってなほみちゃんとその友達・鶴瓶師匠とのタメ口フリートーク!
観客の女性達もなほみちゃんには敬語だが、師匠にはタメ口という関西ならではの番組。
師匠もキレる事数え切れず!
なほみちゃんの無知ぶりに呆れ返る!
特になほみちゃんの身内話(ゆかりちゃん、松嶋のオカン、ヤンキーの妹、生意気な姪っ子)など、ローカルあるいはなほみちゃん近辺しか分からないトーク満載!

なほみちゃんは読書が大好き!感動したエピソードを話そうとしても忘れてしまうと言う事多々多し。人脈は凄いが、世間に疎いのがなほみちゃん。
ただ下ネタの時のなほみちゃんが一番輝いている!
そこが関西と関東のノリの違いかな?
関東ではカットされそうな話でも、大阪ではげらげら笑いながら話しているなほみちゃんが良い。
そんななほみちゃんはだんだん綺麗になって来ている!
夏場は主にミニスカで膝上辺りのスカートを履いてくることが多い!
何といっても肌の白さ!だんだんきらきらの目的がなほみちゃん見たさに購入することが多くなっている!?

なほみちゃんはAカップから最近Bカップに成長したらしい!
メイクさんが胸の開いた服を薦めても着ない理由は前かがみになった時、胸が無いので谷間所か、乳首まで見えてしまうということらしい。(後のきらきらでの本人談)


必殺スペシャル 上巻

(購入者の評価)
他の方も言われておられますが、出来れば放送順でのセットが望ましかった。でも、幻の作品が手に入るならば仕事人ファンなら買うでしょう。「現代版」の村上秀夫の変なんモノマネに注目(笑)。

寝ずの番 特別番

(購入者の評価)
10年後に見ても全く古さがない映画でしょう。また、きっと観る年齢で面白さが違うでしょ
う。そういう意味でも大人の映画といえます。商品としてDVDで保有するのに向いていると思い
ます。津川雅彦の初監督作品ですが、さすが超ベテラン俳優、余裕の演出だと思います。もう
少しスピーディーでも良かったのではないかと思わないでもないですが、そこは大きな傷には
なっていません。劇場でもし観ていたら、泣いたのではないかと思ってしまいました。そうい
う良い空気感が出ていると思います。
私は、このDVDを観て自分の死について実に色々考えました。こんな寝ずの番をしてくれる人
がいてくれる幸福な人たちにあやかりたくなりますね。


きらきらアフロ 2004

(購入者の評価)
今までのDVDもすべて買いました。今回も予約してまでも買ってしまいましたが、買って損はないと思いました。笑えてストレス解消に最高のDVDになることは間違いなし!!
コレコレ、ナンデヤネン・・ ヾ('ω`) 鶴瓶 と松嶋のボケとつっこみが何ともいえません。


きらきらアフロ 2001

(購入者の評価)
なほみちゃ??ん!!
下品な話しすぎ??!!
でもおもろ????い!!!

私置き去り????!!!
師匠軽く扱いすぎ???!!!
いい加減にし??????!!!
私の事言いすぎ?????!!!

私も出たい????!!!
(中島風表現?)


きらきらアフロ 2003

(購入者の評価)
深夜にやってるTV放送のダイジェスト

ただただ
ツルベとオセロの白がフリートークしてるだけなのに毎週爆笑

2008年現在で発売されている
「キラキラあふろDVD」で最も長編も
内容は濃いい(笑)
中でも今巻では

オセロの白

個性派女優
むろいしげる
の「る」が思い出せない

赤ちゃんは肛門から出てくる

踏み切りで
シッカリした風貌の老紳士と
ボケーと二人で心中?
エピソード

が爆笑必死(笑)

そこで待つか?
何故二人で?
その紳士をシッカリしていると評しなぜそうなる?(笑)

その件で警察と歩く姿を大物俳優に見られてた編も収録

新幹線の893
近所の知り合い893
も面白w

毎日の白のバカエピソード
それをまた見られてた情報を持ってるツルベ
お前らがつるんでるのは運命で奇跡
それで笑える私は幸せ(笑)


>> つづきをみる

Coyote (コヨーテ)No.25 特集:モン・ブランへ。[Chamonix & Mont Blanc at Your Feet Vol.1]

(購入者の評価)
モン・ブランの特集。
記事というよりは、写真を堪能しました。
息をのむほど美しい。
ただ、どこまで行っても青と白の写真が続くので目の色調補正がおかしくなったかと思ってしまいました。もうちょっと写真に変化があってもいいかな。でも、この単調さが登山というものなのかも・・・。
シャモニーの街については、いずれvol.2の特集がもたれるんだそうな。

記事では、むしろ、鶴瓶と井上陽水の対談が秀逸。


おもろうて、やがて哀しきポペコかな―鶴瓶・新野の「ぬかるみの世界」 (ベストセラーシリーズ・ワニの本)

(購入者の評価)
昭和53年4月9日から始まった大阪朝日放送のラジオ番組の本。
日曜深夜という放送にもかかわらず、全国的に
(放送は大阪のみ。リスナーは微調整しながら聞いた。)
ファンを増やし、このような本まで出ることになった。
ほとんど、男のおばん二人のおしゃべりだけの番組。
故にこの本もおしゃべりの再録が多く、当時の様子がよく感じられる。


つるべ・新野のぬかるみの世界〈part 2〉 (1982年)

つるべ・新野のぬかるみの世界 (1981年)

哀しき紙芝居

哀しき紙芝居

女と男 聞けば聞くほど…

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4