少年隊

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 おすすめ 38 おすすめ 39 おすすめ 40 
少年隊 おすすめDVD 少年隊 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
演技者。 1stシリーズ Vol.1 (通常版)

(購入者の評価)
深夜枠での放映だったため、放映を見れていない方も多いのではないでしょうか。
収録されている作品数はもちろん、演出・脚本も様々で、買って損なしです。
各作品に出演しているジャニーズ事務所のタレントさんも素敵ですよ♪
舞台寄りの演出技法が取り入れられているので
ストーリーだけではなく、演出や構成もチェックしてみると面白いと思います。


少年隊 PLAYZONE2005 ~20th Anniversary~ Twenty Years ・・・そしてまだ見ぬ未来へ (通常版)

(購入者の評価)
舞台は観に行けなかったので、発売日が待ち遠しいかったので、届いたばかりのDVDを早速観ました。予想以上に面白かったです。20周年と800回記念と言う2重の喜びを共に味わえました。少年隊の懐かしいナンバーありと盛りだくさん。後輩のMAとABCがいい味を出していて、笑わせていただきました。

少年隊 SHONENTAI PLAYZONE2006 Change

(購入者の評価)
今までの「プレゾン」といえば、ニッキのおふざけとヒガシのソロダンス、かっちゃんのドジぶり&最後のジャニーズ・メドレー歌謡ショーみたいな構成が基本でした。

でも、今回からは、ニッキのおふざけも無く、ヒガシのソロダンスも目立たない。
かっちゃんは、まあ相変わらずな感じですが・・・

3人のアカペラなんかなかなかいいです。

きちんと芝居になっていた気がします。夢と友情というテーマは変わらないとして、
ちゃんとストーリーをおって、芝居になっていた点とメドレー歌謡ショーが無い点を評価したいです。

ちょっととっかかりがわかりにくい感がありますが、長谷川純くんが頑張っています。
佐藤アツヒロくんもぐっと抑えた感じが良かったです。
赤坂晃くんもちょっと狂気を帯びてくると良い感じでした。

毎年、オリジナルの舞台(何年かは、自虐ネタ的ストーリーもあったが)は、大変なことだと思う。 なあなあな舞台になってしまうことも多かったが、MAも卒業のようで、
新しいメンバーが登用され、彼らの緊張感がとてもよかった。


演技者。 1stシリーズ Vol.1 (初回限定版)

(購入者の評価)
嵐ファンなので「青木さん家の奥さん」目当てに買いました。
これは、大野君、櫻井君、相葉君のファンなら買うべきです。
全編ほぼアドリブという高度な芝居に挑戦してます。
特に大野君はタイトル↑のように評される程、素晴らしいボケ振りです。
嵐ファンでない人も、舞台が好きなら買って損はないでしょう。
限定版の特典映像も、彼らが如何に苦労してアドリブに挑戦して行ったかが分かる良い映像です。買うならぜひ、限定版を!

「GYPSY」にも相葉君が出ていますが、こちらは端役なのであまり期待しない方が良いです。
こちらは少年隊のファンの方に。
あと、MAなども出ています。


スーパーチャンプルナイト!完全版

(購入者の評価)
ダンスは最高!!
個人的に三浦大知くんの流れるようなダンスにうっとり…☆
ですが、テレビとは楽曲が変わってなんか拍子抜けしました。
迫力に欠けるというか…。
ハッキリ言うとテレビのほうが良かったかと思います。
けれどダンスは必見ですょ!!


PLAYZONE2001“新世紀”EMOTION

(購入者の評価)
15周年を迎えたプレゾンの作品です。
話題となったトリプルキャスト(TOKIO松岡、V6井ノ原、嵐 大野)の
KARE役の内、松岡さんのKAREの舞台を収録したものです。

ショータイムは今までのプレゾンで使用された楽曲で構成され
15年の重みを感じます。特に植草さんのSUPER STARで魅せてくれる
タップダンスは必見です。

PLAYZONE2003 Vacation

(購入者の評価)
プレゾン、最初から毎年、見てきました。
正直、ここ数年は、作りすぎというか、内容も難しく
つまらないものが多いのではと、感じられていました。
しかし、今年の作品は、素晴らしいです。
3人三様、わかりやすい舞台興成と、
我が?「錦織一清氏」のVacation3は、内容もステキでした。
ミュージカル・アカデミーの4人の続けざまの出演も

すごいと思いました。ぜひ、ご覧下さい。

PLAYZONE2002 愛史

(購入者の評価)
無理に作りすぎていて、初期の頃の楽しさとか、無い気がします。
もっと気楽に、ステージをやる側も見る側も楽しんでみたいです。
ずっと見ているけど、この作品は、好きになれないのはなんででしょう。


少年隊 PLAYZONE2005 ~20th Anniversary~ Twenty Years ・・・そしてまだ見ぬ未来へ (初回限定版)

(購入者の評価)
昨年から実際に観劇に行かせて頂いているのですが、今年は特に良く、私の大好きなABCの皆様も沢山の出演シーンがあり、大変楽しく拝見させていただきました。
もちろんABCの皆様だけでなく、MA・下嶋くんの出演も多く、普段はバックで踊るJr達のファンの皆様も楽しめる舞台なのではなかったかと思います。
もちろん少年隊の皆様も舞台の端から端へと歌い、踊り、演技にととても、かっこいい舞台でした。
DVDが出るとのことで、即、購入を決めたくらいです!!

最後に・・・
少年隊の皆様、20周年おめでとう御座います!
これからもご活躍うを期待しています!
これから、「PLAY ZONE」を続けてください☆
毎年観劇に行かせていただきます♪

>> つづきをみる

Best Stage (ベストステージ) 2008年 10月号 [雑誌]

LOOK at STAR ! (ルック アット スター) 2008年 08月号 [雑誌]

特務機甲隊クチクラ 1 (1) (BLADE COMICS) (BLADE COMICS)

あゝ飛燕戦闘隊―少年飛行兵ニューギニア空戦記 (光人社NF文庫)

(購入者の評価)
戦争、特にその航空戦の一断面を切り取ってコラージュしたような戦記であり、空中戦等々、真に迫って読み応え十分である。特に敵戦闘機や爆撃機の撃墜場面には、実体験ならではの迫力がある。三式戦飛燕を駆って、死の跋扈するニューギニアの大空で戦い抜いた青春に、端的に頭の下がる思いがするのは、そこに人間としての勇気と誠実さが如実に表されているからである。

東山紀之

(購入者の評価)
美しい彼がわかる貴重な一冊。

花右京メイド隊 14 (14) (少年チャンピオン・コミックス)

(購入者の評価)
アニメ化が始まったときには、主人公以外のキャラがみんなメイドという、
なんてミーハーな内容なんだ(笑)と思ったりもしたけど
遂に今巻が完結編。
謎解きは前巻でほとんど終わっていたので今巻は収束編のはずですが
一巻費やした割にはドラマが薄い印象を受けました、
最後まで同人臭さが抜けず
同人作品によくある、深層心理を表現しようとし損なって、
「多くを語らず」が「言葉足らず」になっていて、読む側に十分伝わってきません。
読んだ後「え?これで終わったの??」といった印象、
このあっけなさ加減が作者の持ち味だ、と言われたらそれまでですけど。

連載開始の頃はメイドブームの波に乗って注目されましたが、
今やメイドキャラもそう注目されなくなり、あまりウリにはならない、
作者にとってはこれからがプロの漫画家としての正念場でしょう、
次の作品はよほど気合いを入れないと、
過去の功績だけでは読者はついてきませんから。

原作が完結したということで
いよいよアニメも第3シーズンの企画が立ち上がるかも知れませんが
第2シーズンで描かれたマリエルの過去と大きくズレが生じているので
そのあたりを巧くこなす必要が出てくると思います。


会津士魂〈9〉二本松少年隊 (集英社文庫)

(購入者の評価)
早乙女貢氏が本書【老剣客斬死】の章で描写した森要蔵とその次子虎尾の死と司馬遼太郎氏が『竜馬がゆく』【安政諸流試合】の章で描いた森要蔵親子の死とは、微妙に異なっている。司馬氏は会津若松城攻めの白河口攻防で、土佐の板垣退助が率いる官軍が会津軍の籠もる雷神山を攻めた際、最後を覚悟した森要蔵親子が雷神山から白刃を振りかざし突撃してきて、土佐軍と白兵戦になった時、森要蔵親子の余りにも見事な戦い振りに「しばらく射撃をやめさせたぐらいだったといわれている」としているが、早乙女氏は白河口でなく白河城の攻防としているし、森要蔵親子の奮戦振りは司馬氏と同じだが、「我が八番隊に狙撃せられて地に倒る老人も亦一壮士と共に勇戦して斃る」と、土佐軍監察に言わせている。司馬氏は「しばらく射撃をやめさせて」として、白兵戦で討ち取ったかどうかについては含みをもたせているが、早乙女氏は明確に「狙撃」という語を使っている。つまり「狙撃」が今日的意味の銃による攻撃であるならば、早乙女氏によれば森親子の最後は銃殺、司馬氏は最後をぼかしている。ちなみに森要蔵は元々会津藩生まれであったが、この白河の攻防の時は支藩の上総飯野藩の剣術指南役で飯野藩が太政官政府に恭順したために脱藩して会津戦争に参加している。また森要蔵は、竜馬が免許皆伝大目録をもらった北辰一刀流(竜馬は桶町道場、森要蔵はお玉が池道場)の先輩にあたる人である。

花右京メイド隊 13 (13) (少年チャンピオン・コミックス)

(購入者の評価)
起承転結の’転’の巻と言っていいと思います。
シリアスな部分を強調するために、回想シーンは、コマ割りの外は黒塗りだし
その他でも、三頭身デフォルメキャラたちが、通常の大きさに書かれています。
この巻を読んだら、最終回にどうなるのか、なんとなく予想できるのでないでしょうか。
今まで、マリエルの肖像画の意味など描かれずに、うやむやに最終回と予想していただけに
いい意味で裏切られた、そんな一巻です。


時代小説名作集 (少年小説大系)

横浜ばっくれ隊 7 (7)

LOOK at STAR ! (ルック アット スター) 2007年 08月号 [雑誌]

二本松少年隊―物語と史蹟をたずねて (成美文庫)

(購入者の評価)
これほどまでに史実に基づき正確に少年隊を語った本はない、観光案内を含め初めての人にも読みやすく受け入れやすい一冊です。戊辰戦争の側面を見る。

日本にも戦争があった―七三一部隊元少年隊員の告白

青空少女隊外伝 清水としみつ短編集

陸上防衛隊まおちゃん 1 (1) (少年マガジンコミックス)

(購入者の評価)
赤松健氏が作品に関わっているという事で購入しましたが、微妙でした。
全体的な絵や、各々のキャラクターがとても可愛くてほのぼのした感じでしたが、世界観と言いますか、色々な設定があまり好きになれませんでした。
どこかからやってくるヤツらを退治しようと言う話なんでしょうが、敵さんがやたら可愛くて、緊迫感が無かったです。
本屋さんでちょっと立ち読みしてから購入される事をオススメします。
私はブック●フで購入しました・・・。全4巻です。


陸上防衛隊まおちゃん 4 (4) (少年マガジンコミックス)

(購入者の評価)
ラブひな、魔法先生ネギま!などでお馴染み赤松健先生原案、陸上防衛隊まおちゃんの最終巻です。
色々なかわいいエイリアンが登場してきましたが、最終話にはまおちゃんが昔飼っていたエイリアン猫が登場。最終話だけに感動的であります。

そして、まおちゃん特別編と特別読みきり「ほたる」も同時収録!
「ほたる」も感動的なお話となっております。

一見の価値ありです。

陸上防衛隊まおちゃん 3 (3) (少年マガジンコミックス)

陸上防衛隊まおちゃん 2 (2) (少年マガジンコミックス)

(購入者の評価)
「ラブひな」などで有名な「赤松健」氏の原案(まんがは「RAN」氏)コミック第2巻。
DVD版ではないお話が多く収録されています。
と言うかよく見たら・・・全話そうでした・・・(汗)
でも、何気にほろりと来る場面も多く良い出来です♪

今回のオマケは「かわいいエイリアン大図解」です。

今まで登場した可愛いエイリアンの、微妙なコメント付きの図解(笑)

陸軍少年飛行兵

青空少女隊ReBirth 2 (2) (ヤングキングコミックスデラックス)

(購入者の評価)
「珍妙な飛行機コメディ漫画」という印象が強く、結構好きなシリーズだった。タイトルに懐かしさを感じて、1、2巻ともに購入した。
新しいシリーズが始まっていたのかと思っていたが、10数年前の作品の再録で、出版社の変更、表紙のリニューアル、そして書き下ろしが数ページ追加されているのみ。

本編は全く変わっていないので、旧版を持っている読者に、積極的に勧める要素は殆ど無い。

少し強引で生ぬるい設定と、コミカルな味付けのドタバタしたストーリー展開で、ハードでシリアスな部分は殆ど無い。厳しい訓練に耐え、常に成長を目指す日々が描かれているような印象は薄い。防衛の最前線、仮想敵国、領空侵犯等といった、きな臭い雰囲気とは無縁。

「飛行機漫画、かくあるべし」という信念を持つ読者は、違和感を感じる事があるかもしれないが、航空機の描き込みは結構しっかりしているし、マニア心をくすぐる部分は多いので、航空機の登場する作品が好きであれば、それほど悪い印象は受けないと思う。

作者がひたすら飛行機を描きたくて作ってしまった、という印象があるこの作品、「T-4」を主として描いたものとしては、今のところ唯一ではないだろうか。ある意味貴重かもしれない。


>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4