柴田恭兵

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 
柴田恭兵 おすすめDVD 柴田恭兵 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ハゲタカ DVD-BOX

(購入者の評価)
久しぶりに感動しました。回を重ねるごとに引きこまれます。

オトコマエ! DVD-BOX

俺たちは天使だ! VOL.1

(購入者の評価)
なんといっても稀代の2枚目俳優、沖雅也の代表作でしょう。当時観ていた印象を上わまり想像以上のかっこよさです。今、彼ほどの才能とルックスに恵まれた王道の2枚目俳優がいるでしょうか。そのスキャンダラスな人生の幕引きとあいまって忘れられないそして忘れてはいけない1本です。鰺サンドまずそうだったけど。

あぶない刑事 VOL.3

(購入者の評価)
24話「感傷」終盤の、ユージ「どうにかならねぇのかよ!こいつは夢中でダチを助けようとしただけなんだぞ」タカ「無理なんだっ」・・・リョウという青年を、二人ともどうにか助けてやりたくも、犯罪である以上、どうしようもないもどかしさに駆られる二人の表情に感動。笑えるだけじゃない、面白さ、オトナになって観るアブデカは、違った面白さを再発見。あの頃のタカとユージくらいのトシにワタシもなってしまいますが、ああはなれないなぁ。かっこよすぎ。

大追跡 GREAT CHASE DVD-BOX

(購入者の評価)
加山雄三さん史上一番かっこいいドラマじゃないでしょうか?後のあぶない刑事への道筋をつけた作品でしょう。

俺たちは天使だ! VOL.2

(購入者の評価)
今から思うと、豪華なCASTだった。沖正也・渡辺篤・神田正輝・柴田恭平・多岐川由美。とにかく楽しい。SHOGUNの歌う、「男たちのメロディ」という番組のテーマソングは、「運が悪けりゃ死ぬだけさ♪」と歌っていた。高視聴率なので、シーズン2を製作する話があったとう。
主役の沖正也氏の死去により、幻の番組になったが、いい俳優だっただけに惜しまれる。


俺たちは天使だ! VOL.3

俺たちは天使だ! VOL.7

(購入者の評価)
この作品のDVD全部に言えることなんですけど。
本DVDに収録されているエピソードは13、14話で、
予告編の収録のが14、15話というのは、
ちょっと不親切かなと思いました。
あと、14話中に結構長い間、
画面の中央に傷が入りっぱなしなのもちょっと残念。


もっとあぶない刑事 VOL.1

(購入者の評価)
ユージのドラマになってます。いや、柴田恭兵さんが、ユージを、完全にアブデカをモノにした、それでアブデカが完成形となったような気がします。トオルは若くしてウマイし。安心して観ていられる。よくここまで、育てあげてきたもんですね。コンスタントにシリーズが続くと、作品も育っていきますね。「もっと」は、有り難みを感じる作品でした。気のすむまで、楽しみぬきました。

べっぴんの町

(購入者の評価)
この映画はハードボイルドにこだわった主役の柴田恭兵さんはじめ監督、脚本家ほかスタッフの想いが見事に昇華された作品だと思います。ある意味、原作を超えた映画と言えるでしょう。柴田恭兵さんはハードボイルド映画の主役の哀愁を背中で演じられる数少ない俳優の一人だと思います。また、故松田優作さんのハードボイルドの血を受継いでいることがこの作品でもよくわかります。港町、探偵、人探し、煙草、酒、「べっぴん」とハードボイルドの要素が全て詰まっており、何より「タフでなければ生きていけない、優しくなければ生きている資格がない」というハードボイルドの主人公像とその生き様を物語を通じて色濃く描ききったところにこの映画の価値があります。DVD化万歳でした。

俺たちは天使だ! VOL.5

あぶない刑事 リターンズ

(購入者の評価)
また帰ってきてくれたな、と、当時は思ったものです。そして、近藤課長のいないことの寂しさ・・・定年退職されたという設定に救われましたね。やはり、相変わらずのタカとユージ。ただ、初めて観る人にわかりやすくするあまり、知ってる人にとっては余計なセリフも・・・タカが難事件に燃えるのはわかってます(#+_+)やはりいいなぁ、面白いなぁ。あっ、一つだけ望みがあります。タカさん、もう一度S&W.586マグナムを?(*^o^*)

俺たちは天使だ! VOL.4

またまたあぶない刑事

(購入者の評価)
真夏のアブデカ。なぜか、爽やかな印象。アクション、ギャグ、セリフ、一番面白い映画だったなぁー。セクシー大下、ダンディ鷹山の歴史の始まりでもありました。面白い。

あぶない刑事

(購入者の評価)
手錠でつながれた二人が踊りながら署に戻るシーン、あるいは、タカ「一人で行け」ユージ「ああ、俺のやり方でいく」というセリフで二人が互いに譲らず、決別するシーン、そのあとタカはユージをほっとくわけもなく、応援に向かい、深手を負ってしまう。様々な二人、アブデカの要素をこれでもかっ(-`Д'-)と見せつける作品だと思います。

俺たちは天使だ! VOL.9

あぶない刑事 VOL.2

(購入者の評価)
20年たった今、演技やセリフの古くささ、走る車の懐かしさ、当時とは違う思いで観ましたが、それにしても・・・おもしれえんですょ、文字どおり歴史に名を残すドラマだし、こんなおもしれえもんを一年間も毎週観られたなんて、幸せだったんだなぁ。(人'∀`)愛媛県人の私には「激突」が嬉しい。こうしてDVDで観ても、おもしれえ。(*^o^*)


俺たちは天使だ! VOL.6

あぶない刑事 VOL.4

(購入者の評価)
 やっぱ、鷹山・大下は最高です!放送当時、「あんな中年になりたい!」と憧れてた僕も、もう当時の彼らと同年齢になってしまった!? 彼らをみならい、もっと独身生活を謳歌しようと思います。BOXを買い損ねていたので、遅ればせながらこれから全巻揃えます! 

福沢諭吉

>> つづきをみる

あぶない刑事20年SCRAPBOOK

(購入者の評価)
確かに20年分の集大成で内容的にも満足。21世紀になってからあぶない刑事ファンになった人はコレで予習してDVD見ましょう。しかし欲を言えば、ユージのイメージからレパード(タカとユージ専用覆面パト)は切っても切れないのでゴールドレパードの写真をもっと掲載してほしかったな。ちなみにアイテム紹介でタカのバイクを「スズキのバイク」と称しているがカワサキGPZ900R(?)の写真も入ってる。

Girlie volume7―news and culture magazine (7) (アスペクトムック)

(購入者の評価)
今号は「TVの常識を覆す お茶の間テレビ」特集号で、1985-2005のテレビドラマ、ニュース、バラエティーについての記事が掲載されています。特筆すべきは、「舘ひろし、柴田恭兵のロングインタビュー」。内容はもちろん「あぶ刑事について」、タカ、ユージFanなら絶対「買い」のインタビュー記事だと私は思います。何故ならば、面白いし、二人の作品に対する思いが、読んでいて嬉しいから。関連記事の「ポイント再検証」、「プロファイリング」「各話解説リスト」もなかなかです。「タカとユージそのままな2人の美しい関係性」と「キャラクターに対する熱い想い」にシビレてください。

熱風―生きてくれ俺と燃えながら (1980年)

龍神町龍神一三番地

(購入者の評価)
何気に読んだ本の一つですが、はまってしまう事間違いなしだと思います。
長崎弁がすんなり入ってくるところは、やはり話がしっかり出来ているからなのでしょう。人間のもつ醜さや、それに絡む土地と人間と歴史とが予想のつかない展開で、テンポよく進みます。TV(サスペンスドラマ?)化されているのはやはり、面白いからなんです。読んで損はないと思います。


>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4