椎名桔平

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 
椎名桔平 おすすめDVD 椎名桔平 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ロングバケーション

(購入者の評価)
ロンバケはまだDVDが見れなかった頃に一度だけ全巻VHSをレンタルして夢中で見ていました。どうしてももう一度見たいと思っていた時にこのアマゾンでロンバケのDVDBOXを見た時は迷わず購入しました。評価は間違いなく五つ星!内容はロンバケファンのみなさんが知っている通り!キムタクと山口智子がおりなす最高のラブストーリーです!

魍魎の匣 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
原作が大好き、実写版前作でいろいろがっかりさせられたので今回は「映画は映画」と割り切って見ました。
が、しかし。
関口巽役は永瀬正敏さんがよかったです。ぴったりだと思っていたので。残念です。


夜がまた来る ニューマスター・デラックス版

(購入者の評価)
夏川結衣さんイチオシ。
監督によるとわざと彼女を追い詰めるようにして撮っていったらしいので、どういう気持ちや考えでこの映画の撮影に臨み、演じていったかが知りたかった。
そういう意味では彼女のインタビューがないというのは画竜点睛を欠くというべきか。


魍魎の匣の箱(初回限定生産)

(購入者の評価)
本作品に関しては前作とはガラッっと変わった分、楽しめました(と云うしかないのですが)。
皆さん各々が描いている京極作品像とは全てにおいて違っていると思います。そういう意味でがっかりする面もあるでしょう(当方もしかり)。
大御所が鳴物入りで手がけ、新進気鋭の監督が斬新映像化し、無名逸材が低予算でガンバッて撮り、私達はこれから様々な京極映像を観せられる事でしょう。しかし「それでも京極映画化を観続けていきたい」との想いは皆さん共通かと思います。
京極作品は沢山あります。何より「映画化されなくなる」のが一番ツライです。
そしていつか「横溝金田一と市川崑作品」の様な出会いを期待しながら観続けていこうと思います。
京極さんも「ほおー」、「マジ?」、「それはないだろー」と1作1作を楽しんでる事と思います。


SWEET SEASON(4枚組BOX)

(購入者の評価)
放送当時、毎週欠かさず見てました! でも、周りの友達は誰も見てなかったなぁ。。。 それほどヒットしていた感じもなかったのですが、私は相当はまってました。
そのときはそこまでうれていたわけではなかった松嶋菜々子や矢田亜希子が出ています。そして松嶋菜々子の相手役が椎名桔平と、なかなか豪華なキャストですよね。
ドロドロしがちな不倫モノが多い中、このドラマは椎名桔平が演じた役がすごく素敵な人だったので、そこまでのドロドロではなく逆に切ない恋愛モノになってました。
そしてこのドラマを盛り上げたのは、サザンの主題歌と横浜の街。そして登場人物の心理描写を情景などでうまく表現していたと思います。
もう10年位前のドラマですが、今でも色々なシーンを覚えてます。相当はまってたんだなぁ。


NHK土曜ドラマ トップセールス DVD-BOX

(購入者の評価)
「フルスイング」や「ハゲタカ」といった良質のドラマを
放送してきたNHK土曜ドラマシリーズとしてはいまひとつの出来栄え。

女性営業職が珍しい時代に、自動車販売業界で成功する女性という
コンセプトは実にNHKらしくていいのですが、
ビルドゥングス・ロマンに不可欠な主人公の魅力に欠けています。
(脚本の描く主人公が、です。夏川さんは私の大好きな女優さんです)
彼女がいかに能力を発揮して、成功していったかではなく、
ゲスト出演者との関わりという人間ドラマに摩り替えて
毎回ごまかしているような印象を受けました。
何より残念なのは、取って付けたような時代背景の紹介です。
視聴者は、激動の時代を駆け抜けた一女性の姿を観たいのであって、
昭和史や自動車販売史を勉強したいのではありません。
「この年、……がありました」というふうに「説明する」のではなく、
その時代をどう生きたかを具体的に「描く」のがドラマではないでしょうか?

色々な点で不満の残る、残念な出来栄えでした。


アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜 DVD-BOX

(購入者の評価)
本放送を見逃した割に、その後クリスマスシーズンに合わせて再放送されるのを毎年見ていました。原作ものの強みで、本編では細部まで行き渡った作りとなっており、画面で見せる力のある作品だと思います。売れっ子俳優陣を配したには止まらないキャスティングの妙で、椎名桔平さんは2枚目半のオーナー役が嵌り役。
再放送を毎回録画するのも大変なのでついに購入に至りました。最近は”アンティーク”の気になる間取りや小物類をチェックするために何度も一時停止をしていますが、DVDならではの美しい静止画像で、確認作業も楽楽です。
音楽がMr.Childrenだけなのは、曲とシーンの意味合いをくみ取れるてファンにとっては堪らない仕掛けではないでしょうか。


嗤う伊右衛門

(購入者の評価)
四谷怪談を詳しく知らず、京極夏彦の本も数冊読んだだけで原作を読んだ事もなく、監督が蜷川さんだと言う予備知識もなく観た感想としては「ん?どうした?」と場面が替わる毎に思い、色々考えて観ないといけない映画だと思いました。映像は繊細さと妖艶さを現したんでしょうね。感が鈍いのか意味が解らなかった所もあり、言葉も小説で読むのは大丈夫なのですが、不慣れな言葉を早口で言われると…聞くのが難しかったです。他の方も書かれてて安心したのですが、所々胸を出す事がそんなに重要だったんですか?安い映画みたいで嫌です。原作を読みたいと思います。

不夜城

(購入者の評価)
新宿歌舞伎町。

海外マフィアが牛耳るこの街は、
日本であって日本でない場所。

劉健一はその中でも、特殊な存在。
日本人と中国人のハーフ。

日本人からも中国人からも拒絶され、
どの組織にも属さず、自分の勘だけを頼りに
綱渡りのように日々を生き抜いていた。

過去の事件が発端となり、
劉健一は歌舞伎町のマフィアグループ間の抗争に巻き込まれる。

その状況はあまりにも絶望的だ。

しかし、危機に直面するほど
圧倒的に輝く劉健一の魅力。

ただ生きるためだけに、もがき続ける劉健一の姿は
哀れだが、タフで、したたかで
最高にCOOLだ。

キーとなる一人の女、夏美。
行動を共にするうちに、明らかになっていく夏美の驚愕の過去。

劉健一は、彼女に自分の影をみる。

同じ傷をもった二人は、
極限状態の中、互いを激しく求めていく。


やがて、劉健一は
生き延びるために、究極の選択を迫られる。

そして、生き延びるために
劉健一が代償として捨てたものは
あまりにも大きい。


人生は取捨選択の連続だ。
程度の差こそあれ、
基本的に何かを犠牲にしなければ、
何かを得ることはできない。

皮肉なことに
やさしさや愛といった人間が人間であるための
最も大事な物を捨て去ることで
劉健一は生き残り、
歌舞伎町の中国マフィアのボスに君臨しつつあるところで
映画は終わる。

我々も、劉健一と同じように
(消去法さえ通用しない状態であっても)何かを選択し、
そして、掛け替えのない別の何かを
犠牲にしながら、生きている。


映画のエンディングで
劉健一が呟いた最後の一言が印象的だ。


「ところで、夏美って誰だ…」


我々も劉健一と同じように、
その犠牲に気付かないで
― あるいはその犠牲に気付かないふりをしながら ―
生きているのだ。


熱烈的中華飯店 DVD-BOX

(購入者の評価)
 『王様のレストラン』の影響を受けた、中華レストランの「再建もの」変形群像ドラマ。ただの中華レストランではなく、豪華客船の中にある一流中華レストランが舞台となり、香港〜横浜間の航海中に、下積みや見習いコック、ずぶの素人など「一流」とはほど遠いメンバーたちが、毎回悪戦苦闘して、何とか「一流」の名に恥じない料理を作りあげていく。主演は『王様』の三条政子こと鈴木京香で、思わぬボケぶりを発揮していて楽しい。
 第一回に登場する「黄金炒飯」は、料理好きなら誰でも挑戦したくなるのではないだろうか?また『王様』と同様、このドラマも音楽が秀逸で、グルメ番組で中華料理を取り上げる際には時々『熱烈』のテーマ曲が流れている。肩の力を抜いて見られるエンターテイメント。
 


熱烈的中華飯店 DVD-BOX

(購入者の評価)
 『王様のレストラン』の影響を受けた、中華レストランの「再建もの」変形群像ドラマ。ただの中華レストランではなく、豪華客船の中にある一流中華レストランが舞台となり、香港〜横浜間の航海中に、下積みや見習いコック、ずぶの素人など「一流」とはほど遠いメンバーたちが、毎回悪戦苦闘して、何とか「一流」の名に恥じない料理を作りあげていく。主演は『王様』の三条政子こと鈴木京香で、思わぬボケぶりを発揮していて楽しい。
 第一回に登場する「黄金炒飯」は、料理好きなら誰でも挑戦したくなるのではないだろうか?また『王様』と同様、このドラマも音楽が秀逸で、グルメ番組で中華料理を取り上げる際には時々『熱烈』のテーマ曲が流れている。肩の力を抜いて見られるエンターテイメント。
 


整形美人。DVD-BOX

(購入者の評価)
ブスが何を言っても、負け犬の遠吠えぐらいにしか思ってくれない。そこで主人公は前向きに美容整形で人生をリセットすることを決心する。脚本の吉田が久本雅美をイメージして書いたという、米倉にブスな言動をさせるシーンは結構笑える。が美人にブスの心情を訴えさせる部分にこのドラマの本質がある。

ブスである自分にくじけることなく、常に自分と向き合って生きてきた主人公の心情に切なくなる。彼女の叫びはつらい思いを抱えながら前向きに20数年生きてきた者の叫びである。

誰でも人生というドラマの主役。主役が輝くがどうかは美人がブスかという外見で決まるのではなく、いかに自分という主役を演じきるかということ。

自分の気持ちを本気で伝える米倉に椎名の気持ちも傾いていく。小西の妹キャラも萌える(?)。加藤も結構男前の役かな。平均視聴率が約11%で失敗作なのかもしれないが、このドラマの米倉は女性らしさもわりと表現されており好きだ。だだ11話を引っ張るには少々きついものがあったのも確かで、整形で好きな人を騙すことに悩むくだりなど、中だるみな印象もある。

DVDの構成はかなり貧粗。1巻から3巻まで3話づつ入っているだけ、各話ごとのチャプターもないのでネクストボタンを押すと次話の頭に移動する。4巻は2話収録であまったスペースに米倉のファッションチェックと題して北陽の二人の喋りと「はねる」のドラマ初出演の感想?と予告編。というわけでドラマ自体は星3つだが、ひとつ評価を落とした。

冷静と情熱のあいだ(通常版)

(購入者の評価)
■結論:『これはすっごくイイ!!』
映画に関する賛否両論はあるかもしれませんが、少なくとも映画で流れていた音楽はすばらしい!
アイルランド出身の歌姫『エンヤ』の挿入曲も素晴らしいですが、何といっても映画のタイトルでもある”冷静と情熱のあいだ”(そうです!あのチェロ青年が弾いていたなんとも心に残る素晴らしい曲です!)という曲は音量をMAXにして聞いています!

まだ映画を見ていない人はまずはこのDVDを見てそこに流れている音楽と映画の雰囲気に浸った方がよいでしょう。
海外に留学経験のある方はその時の雰囲気を思い出しながらこの音楽を楽しめばそれぞれの思い出の場面に最適なバックグラウンドとして思い出が鮮明にフラッシュバックすることでしょう。
学生時代の青く苦酸っぱいシーンも微笑ましいです。

お酒を飲みながら「素晴らしかった異国の人々とのふれあい、出会った人たち、みんなの顔を浮べながらこの曲を聞いて、自分を取り戻す」そんな時間にぴったりです。

『好きな人をずっと思い続ける』これほど素晴らしいことはないでしょうね?
映画を見た後にゆっくりと自分の中で”冷静”と”情熱”の『あいだ(間)』というものについて考えてみてください。
そこにはきっと今の自分がいるはずです・・・

追伸:あの「ハンニバル」でさえ撮りきれなかったフィレンツェの全容がこの映画には含まれているらしいです。


天切り松 闇がたり

(購入者の評価)
3年位前に原作を読んでから、浅田次郎さんの作品に夢中に。
プリズンホテルも好きだが、DVDが出ている事を知らず、今回は
天切松を購入し、つい先程見ました。
結構好きなキャラである、おこん姐さんと常兄ぃの話が無くて
あれれ?という感じだった事と
主役でしょ?の、目細の安親分の話もなくって少々がっかり。
なので星4つ。
でも全体的にはとても良かった。
特に、本作品を読んで感動した人ならば解るであろう、
松と姉のシーンは、かなり泣けました。

おこん姐さんを篠原涼子さんが演じると勘違いしていたので
ちょっとびっくりしたキャスティングであったけれども
とても満足しています。
今度は常兄ぃとおこん姐さん、安親分のシーンも盛り込んで
是非とも続編を出して欲しいです。


ヌードの夜 ニューマスター・デラックス版

(購入者の評価)
余貴美子さん演じる名美は根津甚八さん演じる男の横暴に愛想が尽き果て、もういい、もう別
れてしまおうと決心して無謀な完全犯罪を企てます。そこに巻き込まれた代行屋の竹中直人
さんがいつしかこの名美に強く惹かれてしまい、どうにかして彼女を救えないかと悪戦奮闘
するお話です。幾つかの“人が人を愛する想い”が並行して絡み合いながら物語を綾織るので
すが、結局のところこの映画も他の石井作品と同じように “記憶の鎖”にがんじがらめになっ
て幕を降ろすことになります。

現代を生きる女性にとって男なんて幼稚でメンドクサイ存在は、実際のところは居ても居なく
ても平気なのかもしれません。失恋や離婚、伴侶との死別を経た後、決して過去を振り向かず
に歩いていけるエネルギッシュな存在ですよね、女性って。抑圧されてきた本来の自分らしい
自分を取り戻し、はつらつとして人生を謳歌する、真っ向から日常をとらえて闘ってもいく。
そんな“生きる力”を面前とすると素直に敬服してしまいます。素敵だなと思います。しっか
りと歩道を踏み締めて歩いていく細くしっとりした背中と髪に目を細め、声援を送りたくなる
ことがしばしばあります。これに対して石井監督の映画に描かれる“名美”というおんなはど
ちらかと言えば古風で、気持ちを整理するのが滅茶苦茶に下手です。その点を突いて男性の
勝手な理想像を追い求め過ぎている、見ていてイライラすると打ち明ける方もいます。

しかし、わたしみたいな優柔不断で不器用な者には己のこころを映す鏡のように感じられて、
その試行錯誤を繰り返していく“揺れる思い”にかえって落ち着くんですね。私生活でもそう
いった人の方が性別を越えて交感を覚えます。石井監督もそうなんでしょう。常に主人公は
内省的で、誰もが、悪党ですらも思慮深く真面目です。“女々しい”という言葉は今では誤解
を招きかねない表現ですが、そうなんですね、石井隆の男もおんなも本当にどうしようもなく
“女々しい”し、どこまでも生真面目に性愛を捉えて悩みます。

遠くに別れて行ってしまったはずの“あいつ”が、どこまでも名美につきまとって離れない。
それをブラックな笑いをともなう“現象”として映画は描くのですが、当然ながら彼女
“名美”の深層心理を石井監督はうまく顕現しているのですね。“忘れられない、別れられな
い”という思いを抱き、“あいつへの憧れ”を最後にそっと囁いて、名美は海へと向かって
走ります。なんて不器用で情けないおんなかと思います。裏表を作れない素直すぎる人間の
哀れが滲みます。

打算的な恋愛しか出来ないくせに本当はピュアな人、胸の奥に繊細なこころの洞窟を持ってい
る人ほど、この雨降る埠頭のシーンに気持ちを鷲掴みにされると思いますし、全篇に渡る光と
影の奥深さに胸打たれるでしょう。最近の裸体乱舞の石井作品だけを観て、それを鵜呑みにし
てしまうと勿体ないです。『ヌードの夜』に在る魂の軌跡こそが石井隆の根幹だと感じます。
未見の方は絶対に観たほうがいいに決まっている、そんな傑作だと信じています。


金融腐蝕列島 呪縛

(購入者の評価)
ゴージャスな銀行にビックリ!
あんな素敵な職場だなんて凄いなぁ!

熱演してる人が多く飽きさせない。
特に情熱的な役所広司さんが魅力的!

お金持ちの世界とは無縁の私なので、
上流って感じの舞台が新鮮でした。

好きなのは、予行練習、強制捜査。
株主総会の場面は物足りないものが・・。

緊張感ある熱い物語に引き込まれた。
こんな邦画を、もっと観たいな!


雪に願うこと プレミアム・エディション

(購入者の評価)


第18回東京国際映画祭で、史上初の四冠を獲得した『雪に願うこと』は、
『遠雷』でデビューした「根岸吉太郎」監督の作品。     
ほほーっ、四冠ですか、どれどれ・・・と、観始めた映画ですが、色恋沙汰もドンパチも、
エッチも殺人もございません。

しかし、競馬場の輓馬(ばんば)を見た瞬間、何て素敵な馬達なんだと画面に見入ってしまった。
強靭な四肢、雄々しいタテガミ。波打つ筋肉を馬体に漲らせ、全身から湯気のオーラを
放ちつつ数百キロもある橇(そり)を引いて走る。いや、走ると言うより歩むに近い。
観客達は罵声と声援を送りつつ、馬達と共に併走する。輓馬は障害の前で立ち止まり、
呼吸を整えながら、渾身の力を込めて一気に障害を駆け上がる。時には立ち止まり、
時には走り、しかし確実にゴールに向かって進んでいく姿は、まるで人の人生そのものだ。

この『雪に願うこと』は、鳴海章の小説「輓馬」が原作。人生に疲れた男と女が北海道を
旅する『風花』と同様に、社会のレースから脱落した人達の魂の再生を描いている。

キャストは、東京ですべてを無くした矢崎学を伊勢谷祐介、その兄で厩舎を営む矢崎威夫を
佐藤浩市が演じている。
また、小泉今日子を賄いのお母さんにした上で、津川雅彦、草笛光子、 そして圧巻の山崎努が
ズシンと映画を引き締める。   

物語は、人生に傷ついた男が、勝ちに見放された輓馬「ウンリュウ」に自分を重ね、
同じ様に心に傷を負う旗手の牧恵(吹石一恵)や賄いの晴子(小泉今日子)との交流を通じて、
北の大地で魂を再生させるドラマである。

この映画の完成度が高いのは、役者達の味わい深い演技に加え、全編北海道ロケの
カメラワークの美しさと丁寧な作り込みにあるのは言うまでもない。
そして、エンディングの潔さにこそあると感じる。

新しい一歩を踏み出す決意をした学は、ウンリュウと牧恵の勝利を見届けずに 競馬場を後にする。
その後の東京での生活も、帯広に残る人達の幸せの予感も漂わせずに、エンドロールは始まる。

しかし学のこの小さな勇気こそが、すぐそこまで来ている雪解けと
春の訪れを感じさせるのだから・・・。


世にも奇妙な物語 2007春の特別編

(購入者の評価)
永作博美の演技の絶妙さは、本当に驚きだ。視線と表情の機微で、みごとに訴えている。その妙味を存分に味わえる。バーチャル・メモリーは、なかなかの怖さだ。才能玉は、楽しく見れる。バランスよく、よくこれらの作品を組み合わせた構成がまことによい。

夜がまた来る デラックス版

(購入者の評価)
『殺されて 生まれ変わって また死んで 思い出連れて 夜がまた来る』

世にも奇妙な物語 DVDの特別編1

>> つづきをみる

男優倶楽部 (Vol.15(2004Spring)) (キネ旬ムック)

椎名桔平―新世紀のスピリチュアル・アクターズシリーズ (キネ旬ムック―アクターズ・ファイル)

(購入者の評価)
椎名桔平はまさに化粧師(けわいし)の顔をしていた。
映画の中で、彼は女性に化粧を施しながら、画面全体にも化粧を施していた。
懐かしく、悲しく、たくましいドラマをまとめている男。
今もっとも輝いている一人でしょう。


米倉涼子&椎名桔平in整形美人。

(購入者の評価)
花屋&保奈美の素敵な恋が忘れられず、この本を買ってしまいました。保奈美の華麗なるファッションがたくさん載っているし、花屋のカッコイイ写真&インタビューもあります☆整形についても詳しく出ていて、興味のある方はすごく参考になると思います。しかし私は興味ないので、その分もっと花屋を載せてほしかったです。

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4