スピッツ

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 
スピッツ おすすめDVD スピッツ おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ジャンボリー・デラックス〜LIVE CHRONICLE 1991-2000〜

(購入者の評価)
スピッツファンの皆様曲目を見てください
どうですか?名曲揃いでしょ
これでこの値段はいいんじゃないでしょうか
いままでスピッツをあまり知らなかったという方もこのDVDを見ていただけたら8割方ファンになると思いますがね
つまり本当に名曲大集合みたいな感じなんです


ソラトビデオ・カスタム〜VIDEO CLIP CHRONICLE 1991-2001〜

(購入者の評価)
なんかライブのシングルベストみたいな感じです
それほど買う必要もないと思いますがどうしてもライブの演奏が聞きたい方は買えばいいんじゃないでしょうか
それなら僕はシングルベスト買ってもいいんじゃないかなと思いますがね
しかしやはりスピッツなので悪いわけではないです
でも、少しジャンボリーの方に肩入れしてしまうかな


ソラトビデオ4

(購入者の評価)
最初は気付かなかったのですが、ある時全再生して観ていると、PV以外の映像がありビックリしました!
アレに気付かずにいる人は少なからずいるんじゃないでしょうか?
ぜひ、ALL PLAYで観てみましょう!


放浪隼純情双六 Live 2000-2003

(購入者の評価)
しかし今じゃ中古でも3万とか
買う事はもう無いでしょね…ちくしょう欲しいなぁ


オリンピック 栄光の軌跡

(購入者の評価)
第1回アテネ五輪から2年前のソルトレイク冬季五輪まで日本では
日本人中心に放送されることが多いので、知らなかった偉大な選手や
オリンピックの歴史を知ることができて、内容はすばらしいの
一言なのですが、唯一の不満は、日本人にとっては忘れることの
できない長野冬季五輪が完全にカットされている点です。

あのジャンプ団体の金メダルなんかも入っていると思っていたので、
残念でした。この点が星4つにした理由です。

ソラトビデオ3

(購入者の評価)
スピッツのクリップ集。全9曲。
ファンにはおなじみの宇宙虫が、画面上をくるくる歩き回るのがかわいいです。
@「メモリーズ」からA「放浪カモメ〜」への流れがかっこいい!
ここでスーッとスピッツの世界へ入っていける不思議。
「放浪カモメ〜」はライブ映像になっていますが、疾走感のあるこの曲にライブ映像を使ったのは正解です☆
しかし何よりの見所は「愛のしるし」。
PUFFYに提供して大ヒットした曲のスピッツバージョン。
たぶん、ファンの中でいちばん人気のあるPVはこれだと思います。
だってだってスピッツコスプレ大会!!!
サラリーマン、パイロット、お医者さん、警察官、着ぐるみ、学生服、七人の小人風、タキシード・・・マニアにはたまりません。
ついでに言っちゃえば「ホタル」の泥だらけの顔に作業服もたまりません。
鼻血が出るかもしれないので、ティッシュを準備して観賞してください。


月光の囁き ディレクターズカット版

(購入者の評価)
人を選ぶ作品ではある。
でも私にはドンピシャ。

思春期には誰もが考えているであろう。変態行為。 しだいにエスカレートしていくがそれを女王様のごとき態度で応えるつぐみさん。

これはまさしく恋愛映画だと思う。傑作。


グリード

(購入者の評価)
シュトロハイムと言えばサイレント時代から活躍している人物。
名作「大いなる幻影」や「サンセット大通り」に出演している俳優として有名です。
後半は俳優しかしていないわけで、よほど興味がある人以外は彼が監督をした作品を観ようと思わないのかもしれません。

個人的には、シュトロハイムはサイレント時代屈指の監督だと思っています。
当然だ!と叱られるかもしれませんが、他の大監督の作品群が結構DVD化されているのに、シュトロハイムの監督作品は代表作「愚なる妻」と「グリード」のみしかDVD化されていません。
シュトロハイムの監督作品はどうやら8本ほどあり、ほとんどが日本でも公開されていたようです。
是非どこかでDVD化してもらいたい(紀伊國屋さーん、お願いできませんか?)。

さて、この「グリード」、とんでもない作品です。

だいたい、完成時は9時間あったらしく、映画会社に強制されて100分まで短縮。
オリジナルは当然見ることができません。
事実上、この作品でシュトロハイムは干されたとのこと。
この作品に「狂気の」とか「呪われた」とかいう言葉がつくのはそのせい。

人間の臓腑をえぐるようなテーマ性と描写。
最後の砂漠でのシーンは、人間の荒涼とした欲望を、ドライにかつリアルに、そしてシビアに表現しているように思います。
これほど救いのない映画、凄まじいまでのリアリズムに貫かれたサイレント映画は、他に知りません。
一番好きなサイレントは?と聞かれたら迷いますが、一番凄まじい映画は?と聞かれたら、間違いなくコレを挙げます。

さて、これほどの映画なのですが、やってくれています、IVC。
酷すぎるプリント。
まさに救いがない。
本当は、サイレントのファン以外にも見てもらいたいと推薦したいところなのですが、何しろストレスが大きすぎます。
作品自体は最高ですから、観るときには状態を覚悟して観てください。
見る価値はあると思います。


ソラトビデオ3

(購入者の評価)
PVって・・・その曲の世界をうまく伝えた映像ってこと?
だとしたらこれはどうなんだろう?まるで曲とは無関係だったりしている。
(実はポイントは抑えているんですが、そう見える)
が?、しかし?!賛否両論あれど、私はそこがお気に入りです!!
曲と映像と別々に楽しめるなんで美味しいっ
映像に引き込まれて唄が意思の外に飛んでいる自分に気付きました。

そして曲間に登場する宇宙虫が可愛くて、可愛くて♪
このPV最大の癒し系です。




TONS OF SPITS〜PLATINUM TONGUE JAPAN TOUR 2001

(購入者の評価)
やっぱりBIG-ZはサイドMCだな。って思ったよ。彼はソロでやるほどではないと思うよ。ま、ボディーガードみたいにしか見えないけどね。
内容はかっこいいよ。DABOのライブスキルの高さが伺えます。


TONS OF SPITS~PLATINUM TONGUE JAPAN TOUR 2001

(購入者の評価)
内容はLIVE映像が中心です。とにかくPVに出てくるDABOのカッコ悪るさにがっくし。リズム感が悪いように見えました。

>> つづきをみる

ROCK IN JAPAN FESTIVAL (ロック・イン・ジャパン・フェス) 2008年 09月号 [雑誌]

ROCKIN'ON JAPAN (ロッキング・オン・ジャパン) 2008年 09月号 [雑誌]

旅の途中

(購入者の評価)
バンド結成のいきさつなどは、記念本らしく楽しく読めますが
サウンド作りについて、
アメリカのスタジオに行ってどーしたこーした・・・
などは、ベースをかき鳴らした程度のわたしにはさっぱりでした。

それでも、最後の1ページと、そこに通ずるスピッツメンバーたちのスピッツに対する
一貫した態度に泣きました。

自らの現在を思い思いに表現する人、そしてそれを続ける人が
ROCK!なんだとしたら、スピッツはROCK!である、と
深くうなずいてしまった。


ROCKIN'ON JAPAN (ロッキング・オン・ジャパン) 2007年 10月号 [雑誌]

音楽誌が書かないJポップ批評 (46) (別冊宝島 (1382))

(購入者の評価)
日本のポップス界におけるスピッツの位置や楽曲の世界観についての様々な意見は興味深く読めました。
欲を言えばもっと音楽そのものに関する分析、批評があれば良かったです。
たとえばメロディ、コード進行、編曲、演奏テクニックなどについて他の人と比較したり彼ら自身の変遷を述べたりして欲しかったです。


バンドスコア スピッツ ハヤブサ (バンド・スコア)

Go ! Go ! GUITAR (ギター) 2008年 05月号 [雑誌]

スピッツ

(購入者の評価)
もうこれはスピッツブリーダー必須の「資料」です。
このボリューム(約450ページ)でこの価格は妥当だし、言ってしまえば安いぐらいです。
ジャパンはスピッツのデビュー当時からスピッツをしっかりと評価してくれた雑誌です。
そのため、インタビューもぬかりありません。
インタビューすべき時期に聞くべきことをしっかり聞いておいてくれた。

そのぬかりない仕事があったからこそ、今になって私たちが重宝できるわけです。
事実、私は「スパイダー」からのファンなので、それ以前のインタビューをまとめて読めて感動しました。
もう何度も読みすぎてぼろぼろで汚くなってしまったけど、この汚れも染みも、私がブリーダーであることの証だと思いつつずっと大切にしていきます。

極北に駆ける (文春文庫 う 1-2)

(購入者の評価)
 1974年の単行本の文庫化。
 犬ぞりで南極大陸を横断するためには、まず犬ぞりを操る技術を身につける必要がある。そのため植村はグリーンランドのエスキモーの村に住み込むことにした。その記録が本書。
 とんでもないことを考える人だと思う。普通の人なら、せいぜい、冬場の北海道に行って鍛えるくらいだろう。ところが、植村は知人もいないエスキモーの集落をいきなり訪れて、一年間も厄介になってしまうのである。また、すんなり受け入れられてしまうところもすごい。植村の人間性だろう。
 本書の読みどころはエスキモーの生活。まったくの異文化なのだ。食べものも服も酒も性も。ヨーロッパ、アジア、アフリカのどことも隔絶した文化を持っている。植村はよくこんなものに適応できたなと思う。


極北―フラム号北極漂流記 (中公文庫―BIBLIO)

(購入者の評価)
19世紀の冒険家(のちに政治家として難民救済に尽力)である、ノルウェー出身の
ナンセンが北極点到達を目指した旅の記録です。
翻訳が古く、文体が古色蒼然としているのは仕方のないところ。しかし、
ナンセンの準備は周到、装備や手法は何重にも安全性が考えられ、しかし
咄嗟の危機に際しては極寒の北極海に飛び込むほどの勇気を示して困難を
克服していきます。13人の隊員を率いて3年に及ぶ探検を成功させ、一人の犠牲者も
出さなかったこの探検隊を、30代なかばで率いた手腕に敬服します。
この偉大な記録、長く読み継がれてほしいと願うばかりです。
あとがきは、現代日本で北極点到達に成功した一人、和泉雅子さんがお書きに
なっています。


バンドスコア スピッツ/ベストコレクション (BAND SCORE)

(購入者の評価)
3000円でこれだけ曲が入ってればかなりお得です。
スピッツの曲は再現しやすい曲が多いので、持ち曲を増やすのにはかなりいいです。
といってももちろん難しい曲もあるし、初心者が簡単にコピーできる、というわけではないです。ある程度のレベルに達してなければ、できるのは「空も飛べるはず」、「チェリー」、「愛のしるし」ぐらいです。

スピッツをやるにあたって、最もきついのが「ボーカル」だと思います。
とにかくきっついです。男性には結構きびしいです。「放浪カモメ」、「猫になりたい」などの高いキーの連続はまさに地獄です。

やっぱりなにより大事なのは、あのスピッツ独特の世界観にどこまで近づけるか、だと思います。


GiGS (ギグス) 2008年 05月号 [雑誌]

papyrus (パピルス) 2007年 12月号 [雑誌]

広島音楽本3

bridge (ブリッジ) 2007年 12月号 [雑誌]

(購入者の評価)
対談では二人の対照的な性格が出てました。
けど、ロックミュージシャンという点において、同じ動物系名前(元イエローモンキーとスピッツ)ということ、今でも4畳半くらいのとこに住みたいっ!とか、女好き?なとことか共通点が出てきて、相性のよさがうかがえました。
スピッツの今年の20周年祭りに吉井さんが出て、「ロビンソン」を歌ったりと、なかなか仲良しの感じでした。
お互い40歳代、長く続いてるロックミュージシャンとして、同士に近いものを感じてるんでしょうね?。
買って損はないです。
時々、フフッと笑いながら読めます。


やさしく弾ける スピッツピアノコレクション シングル「群青」までのベスト曲を収録!! (やさしく弾ける)

やさしく弾ける!! アコギで歌おう スピッツ/ベスト曲集 [色付きコード譜] シングル「群青」までのベスト曲を収録!! (やさしく弾ける)

(購入者の評価)
すごく簡潔にわかりやすく書かれてると思います。

初心者の方の最初の一冊って感じですかね?
ただコードストロークが1パターンに指定されていて8ビートから16ビートに変わるときの
ストロークの分け方など細かい部分がないのでわかりにくい部分もあるかも、、

後イントロと間奏部分のコード進行がないのも不満です。。



音楽と人 2007年 11月号 [雑誌]

北極圏のサイエンス

問題解決と意思決定―「ケプナー・トリゴーの思考技術」

(購入者の評価)
原書を読んでいないのでわからないが日本語になってない部分が多く、何を言っているのかさっぱりわからない。

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4