サッカー日本代表

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 おすすめ 38 おすすめ 39 おすすめ 40 
サッカー日本代表 おすすめDVD サッカー日本代表 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
六月の勝利の歌を忘れない 日本代表、真実の30日間ドキュメント DVD-BOX

(購入者の評価)
2002年W杯における日本の躍進とその裏側を覗く事の出来る貴重なDVD。
発売当初に購入し、その後、何回見たか分からない程の、良質なドキュメンタリー作品。

その後、日本代表は2006年W杯 独大会で、惨敗を喫する。
2002年当時よりも、世界を肌で感じる経験を得た選手も増え、選手層は確実に厚くなったように思われていた。
しかし惨敗後には、戦犯探しのように「何故?」という疑問が数多く提起された。
監督の采配の問題?
身体的なトレーニングや体調管理の不備?
選手間のコミュニケーションが円滑ではなかった?
苦境に陥った時に、精神的に鼓舞出来るだけのベテランの欠如?

そういったサッカーファンが個々に抱くであろう疑問の解は、間違いなくこのDVDに隠れている。
一つだけではない、様々な解への糸口が、そこここに見え隠れする。

個人的には、やはり中山と秋田の存在感が脳裏から離れない。
2006年W杯当時、いや、今から思い返しても、このような存在感を放つ選手を思い浮かべられない。

実はDVDの締めが、中田(英)と中山の会話だったりする。
その会話こそが、2006年以降の日本代表に欠けてしまっている、本当に大切なものではなかろうか‥‥‥。
そんな事まで考えさせられる、希有なスポーツ・ドキュメンタリー作品だ。


青い影/ア・クエスチョン・オブ・オナー

(購入者の評価)
サッカーファンでこの曲(ア・クエスチョン・オブ・オナー)を知らない人はいないでしょう!
この曲を聴くとなぜか心が高潮してきます。そして、自分もピッチにいるような錯覚を持ってしまいます。
サッカーファンなら、このCDは必須アイテムでしょう!


日本サッカー協会オフィシャルビデオ 日本代表激闘録 アジアカップ 中国 2004 V2

(購入者の評価)
今までの日本代表が経験した事のない完全アウェーの中、優勝。
ドーハ、ジョホールバル、2002W杯に匹敵する凄さ。
絶望、奇跡、そして歓喜の瞬間といった筋書きのないドラマのような手に汗握る展開が繰り広げられている。

実況音声が無いのが残念だが、それでも買う価値はアリ。


U-22 日本代表激闘録 北京オリンピック2008 男子サッカーアジア地区予選

2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 日本代表 激闘の軌跡

(購入者の評価)
何か中身のないレビューばっかりですね。このDVDだけ見て選手を批判してるあまりに馬鹿馬鹿しい。中身のないレビューというよりただの批判ですね。それとも中傷かも。 ただ自分が嫌いな選手だからと言って中傷したり批判したりする人にはサッカーを語って欲しくないですね。

日本代表激闘録 AFCアジアカップ2007 INDONESIA MALAYSIA THAILAND VIETNAM ~オシム・ジャパン進化論~

FIFA 2002 ワールドカップ オフィシャルDVD 日本 VS チュニジア

(購入者の評価)
ベルギー戦同様、実況・解説がダメ。
まあ、正直あの時の朝日もダメだったが、臨場感という点では、朝日のやつをそのまま載せるべきだっただろう。
また、選手や監督のコメントなどが無く、試合に関するチームのメンタリティーなどがイマイチよく掴めない。
試合はノーカットで収録されており、解説・実況の声なしで観る事も出来るが、やはり期待外れな感は否めない。
試合内容は良いのになあ・・・


ワールドカップ2006南米予選 アルゼンチン代表

(購入者の評価)
予選なので淡々としています。勝っても負けても、盛り上がりに欠けます。
また予選は長い期間になりますので、起用される選手の変化や監督交替なども含まれます。

内容はアルゼンチンファンならば必見です。特にクレスポやアイマールはゴールシーンが多いし、本戦に出なかったヴェロンの活躍も目立ちます。
反面、メッシ、テベス、リケルメ、カンビアッソといったメンバーはやや影を潜めています。
特に本戦で活躍したリケルメ中心のチーム。それは、この予選のあとに組織されたようで、このDVDでのアルゼンチンのチームとしての完成度はあまり高くありません。

解説では相手選手の名前を細かく呼んでくれるので、よく知らない南米の選手でもわかりやすく見ることができます。


1436 ジーコ監督と日本代表 そして2006FIFAワールドカップドイツの真実

(購入者の評価)
「自由」そして「王道」でサッカー大国をめざし、アジアを勝ち抜きアウェイの地で果敢に闘った大会だったが、決勝トーナメントへ行けず惨敗といわれる結果だった。
しかし、結果こそ残念だったが、ジーコジャパンの4年で蒔かれた種はいずれ花を咲かせ実を結び、日本サッカーにとって、価値のある事だった振り返るときが来ると信じたい。

ブラジルと日本の間は飛行機で30時間、15年でジーコが往復した回数は、50回を越えているとのこと。

本大会で勝てなかった責任を全部背負わされ、敗因まで監督の能力や采配だったと、無駄な4年間だったなどと、サッカー後進国の大衆には言われたが、彼がサッカー史に残る名選手であり、サッカー不毛の地にプロサッカーの花を咲かせた事実は間違いなく、初年度でトルコリーグ制したように、今後も偉大な軌跡を残していくだろう。
日本で働いてくれた事が自慢できる日も遠くないだろう。

神様、15年間ありがとう。


2002FIFAワールドカップTMオフィシャルDVD 日本代表全軌跡

(購入者の評価)
6年前が懐かしい。戸田、市川ら懐かしいメンバーや、鈴木の爪先シュート、稲本劇場など名シーンが甦る。トルコ戦の敗退とジョン・カビラの解説は残念。

日本代表激闘録 ワールドカップフランス大会アジア地区最終予選 1997 9/7~11/16

(購入者の評価)
当時はあまりサッカーを見ていなかった時期なので、これを買いました。あの当時の状況が察せられる映像だったのが、良かったです。一つ言えば、もう少し試合の映像を増やし、試合の流れが少しでもつかめるものだったら良かったです。

2002FIFAワールドカップTMオフィシャルDVD 日本代表全軌跡

(購入者の評価)
6年前が懐かしい。戸田、市川ら懐かしいメンバーや、鈴木の爪先シュート、稲本劇場など名シーンが甦る。トルコ戦の敗退とジョン・カビラの解説は残念。

VOICES~2006FIFAワールドカップ・ドイツ大会 公式アルバム

(購入者の評価)
 どういうコンセプトで選曲したのかよく判りませんが、メジャーな曲が多く、スローなのやら、あっかるいのやら、いろいろヴァラエティーに富んでいて飽きることがありません。
 ワールドカップに興味がなくとも、充分オムニバスCDとして楽しむことが出来ます。
 私はドライブ中にかけているのですが、バラードあり、アップテンポありで快調に運転できます。
 唯一、問題なのはすっごい大音響でかけたくなっちゃうところかな。
 「他の車に絶対聞こえてる。。。」と思うとすこし気恥ずかしいです。


日本代表フランスワールドカップ予選 全51ゴール&ファインプレイ

1992 アジア・カップ広島大会-日本代表アジア初制覇の軌跡

(購入者の評価)
僕はこの大会あたりからサッカーを見始めました。あたりまえですが選手は懐かしい面々ばかりです。今ではほとんどの選手が引退しています。現役時代のプレーを観たことない人も楽しめる作品ではないだろうか。

伝説の戦士〜日本代表スーパープレー大全〜PART3 豪快フォワード

日本代表激闘録 2000年アジア杯

(購入者の評価)
ここ3〜4年前からサッカーを見始めた一人として、2000年のアジアカップは記事などでしか見たことがなく、購入しました。
トルシエ率いる日本代表は、確実にアジアNo.1の実力を発揮し、若手と経験豊富な選手が融合したすばらしいチームでした。
特に、名波の全盛期はこの頃だと聞いていたので、そのプレーに圧巻されました。
あと若き日の俊輔、稲本、高原もすばらしい活躍をしています。

今のジーコジャパンより強いような気が・・・
去年のアジアカップも盛り上がりましたが、このDVDもなかなかよいですよ。
(もう少し選手のインタビューがあればなお良し!といった感じです)

FIFA 2002 ワールドカップ オフィシャルDVD 日本 VS ベルギー

(購入者の評価)
試合は完全ノーカットで収録されており、ハイライトも収録。
実況:八塚浩、解説:早野宏と、かなり良い人選となっているが、
「過去の試合」という前提で話は進んでおり、
「あの時は○○でしたね〜」という発言もよく見受けられ、臨場感が無い。
出来れば、リアルタイムで中継したNHK(実況:栗田、解説:岡田)にして欲しかった。
まあ、解説・実況の声なしで観る事も可能なので、マシである。

試合展開としては、日韓W杯の日本戦では、私の最も好きな試合である。
中田・小野以外は初めてW杯出場という状態で、どれだけ日本が戦えるか?
そんな不安と希望が入り混じる中、緊張して観戦した試合。
先制された時は、「やはり日本はW杯に縁が無いのか・・・」等と思っていたが、その後の日本は立派だった。
とにかく、買って損は無い物です。

A Whiter Shade of Pale/A Question of Honour

(購入者の評価)
アンドリュー・ロイド・ウェーバーの元夫人で
「キャッツ」や「オペラ座の怪人」等の舞台に立ち、その時の経験からか
歌唱にも舞台やオペラの影響を多大に受けているサラ・ブライトマンの歌声は
何度聞いても本当に心に染みる。
それに加え、彼女の他のアルバムや曲もプロデュースする
フランク・ピーターソン、彼の手腕が群を抜いて素晴らしいの一言。

世界的ユニット「エニグマ」の一員としての登場、その後グレゴリアンを主催し、エニグマ当時から親しいサラのプロデュース。
彼の作り出す「音」と歌うサラの「声」はこのシングルに限らず、至極。
「A QUESTION OF HONOUR」等を聞いていると改めてサラと彼の非凡さに圧倒されます。

日本代表 イラク戦17秒の伝説

(購入者の評価)
「ドーハの悲劇」を忘れられない人には絶対お勧めです!このDVDで久々に「あのロスタイムのゴール」を見ましたが、鳥肌が立ちました。ただ、個人的には当時生放送したテレビ東京の実況音声を使って欲しかったです。その点で星1個減点しました。

>> つづきをみる

大和魂のモダンサッカー―クラマーとともに戦った日本代表の物語 (サッカー批評叢書)

TRANCE HEAVEN meets 超ワールドサッカー SOCCER TRANCE

(購入者の評価)
こういうもののオムニバスってトランスが多いですよね。
トランスだと実際スタジアムで聞くものと似てる気もしないですが、
やっぱりミーハー的なウケがいいからなのでしょう。
自分の場合は特にサッカーが好きなわけではないんですが
好きな曲がひとつ入っていたので
そのトランスミックスを聞いてみたくて買いました。
そんな僕でも知ってる曲が何曲かありますので
サッカーファンの人はもっと楽しめるでしょう。
肝心の音はというと、ちょっとチープですね。
ただトランス化しだけって感じです。
悪くはありませんがいいところは
知ってる曲がちがったバージョンで
聴けてめずらしいというところだけで
何度か聴いたらすぐ飽きてくるんじゃないでしょうか。

解説も見てみましょう。
ていうかコレ解説じゃなくて感想ですね。書いた人の。
テキトーだしどーでもいいし寒いし
でしゃばって顔写真まで載せんなバーカ


サッカー批評 issue38―季刊 (38) (双葉社スーパームック)

(購入者の評価)
Jリーグ以前はあたかも語るべき歴史が存在しなかったのように語られることの多い日本のサッカー界ですが、今回はJリーグ以前のこれまでは語られることのなかったいくつものエピソードが満載です。まず最初はキリンと日本サッカー協会の不思議な因縁が当事者の証言によって語られます。一橋大学サッカー部閥をとしての奇妙な因縁とキリンカップに結実するその後の幸運な関係は偶然の重要さと当事者のぶれることのない哲学の重要性を物語ります。第二は本田というサッカー界ではそれなりの存在を持っていたチームのJリーグへの不参加をめぐる背後の事情が解明されます。真実は完全に明らかにされることはありませんが、本田という会社の地域貢献についてのユニークな考え方がここでは示唆されます。3番目は、ビタヤ・ラオハックルというタイの選手の日本との不思議な関わりが当人の回想によって語られます。彼のヤンマーでのプレーを最初に見たときの驚きは今でも忘れませんが、ビタヤ選手がどういう経緯でヤンマーというチームに加入したのかは私にとってはずっと謎でした。その後のドイツへの移籍への経緯をも含めて、今回の特集でわかりました。「東京ヴェルディに未来はあるか」は、ある程度想像された内容でしたが、サッカーに関わる人々の利権をめぐるさまざまな思惑を示唆する内容ですが、哲学と愛情が欠落し利権のみが前面に出てきた場合には、チームなるものがいかに脆く崩壊してしまうのかのケーススタディになっています。

「日本」を超える日本サッカーへ (COSMO BOOKS) (COSMO BOOKS)

(購入者の評価)
これまで禅問答のような監督語録だけが一人歩きして、地味キャラの多い代表チームの戦い方に対しては正面切った批評を下してこなかった。
本書は、そんな代表チームについての「正面切った」批評である。
そして、代表チームが出した「結果」はご存知の通り、アジア4位、であり、それに対する評価はかなり二分化したといってよい。
「これではダメだ」派と、「これが第一歩だ。このままで良い」派。
本書の立場は前者に属する。
ただし、前者の多くがまず「批判ありき」から出発した非論理的、もしくは近視眼的な根拠の脆弱なものであるのに対し、本書のスタンスはオシムの打ち出している「日本サッカーの日本化」のコンセプトを肯定し、その進展を認めたうえで、たどり着いた現代表の姿に幻滅し、絶望しているところが、特異である。
「日本人らしいサッカー」。古いサッカーファンなら誰もが一度は口にしたことのあるこのフレーズが、今、現実もののとなりつつある。そして現実の「日本人らしいサッカー」は、こじんまりしているばかりで魅力的とは言いがたいものだった。
オシムが提唱し、推し進めてきたサッカーは、オシムがイメージしている「日本化されたサッカー」は、本当にコレだったのか?
僕も、TVを見ながらそんな苛立ちを強く感じたし、同様の思いを持った方も少なくないだろう。
著者も、その視点から本書を書いているといって良い。
その苛立ちを切り払おうと、著者は試合を分析し、論理を組み立てようと苦闘するが、快刀乱麻とはいっていない。
論理を組み立てるためのマテリアルは座りが悪く、苛立ちは残される。
その意味では爽快な読後感といったものは残らない。
が、この時期にこうした批評が出されたことは評価されるべきであるし、キチンと目を通しておかねばならぬクオリティを持った一冊であることは間違いなかろう。


Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2008年 7/3号 [雑誌]

イビチャ・オシムの真実

(購入者の評価)
この書はオシムの幼年期から現在にいたるまで、加筆されたものもふくめ、バイオグラフィーになっている。特に、旧ユーゴ代表に関するエピソードが豊富でサッカーファンには興味深い。(ボバンが何故、ワールドカップイタリア大会に出られなかった等)

だが、私が個人的に気になるのは巻末の<訳者あとがき>だ。

2006年、ドイツ大会において日本は醜態を晒した。
ジーコが言うには負けてもヘラヘラしていたらしい。(事実ならば国民として非常に恥ずかしい)
目撃者が多数いるので事実だろう。

でも、醜態を晒したのは日本だけではない!アメリカ代表もそうである!
結局はJリーグもMLSも同じようなもの、ということなのだろうか?
そう、それはトルシエが指摘していたようにリアリズムが足りない、ということである。

そしてそれは訳者により、現代日本の精神的未熟さということに話がつながる。
そう、その通り、今の日本の若者はハングリー精神が足りない。
だが、それは社会的な物事にまで繋がりはしないだろう。(むしろ教育では?)
改善して欲しいものである。

私が、引っかかったのはその訳者の言及している内容である。
何故、自分をあげつらってまで、現代日本の若者を批判しているのだろうか?
善良なナショナリズムは彼女にはないのだろうか?(戦後ドイツの移民社会まで持ち出して)
何故外国暮らし経験者はこうも高飛車になるのだろう?
意見の投げっぱなしというものは非常に危険性を孕む。

日本は最近、非常に外国の方から評判が良い。あのギタリストの方からは特に。
すべての国において良い部分もあれば悪い部分もある。

オシムの周りの方達にも言いたいのであるが、発言ないしは言及するのであるならば、もうちょっと自分の言葉に責任を持って欲しい。
オシムもそう言っている。


6月の軌跡―’98フランスW杯日本代表39人全証言 (文春文庫)

(購入者の評価)
 仏W杯に出場した日本代表の選手、監督、コーチ、トレーナー、シェフなど関係者39人の証言をいわゆる「聞き書き」したドキュメンタリー。ただし、カズの証言はとれていない。
 単行本としては1998年末頃に出版され、著者は本書によってミズノ・スポーツライター賞を受賞しているが、当時何故か僕はこの本を手に取らなかった。
 やや後悔。もっと早く読んどきゃよかった。

   39人の証言は様々な色あいをみせる。そのひとつひとつを読んでいくうちに、モザイク画のピースを埋めていくように、日本にとって(代表にとって、社会にとって)のW杯が浮かびあがってくる。

 日本の中盤は、世界に通じたのか?
 3バックへの変更とはどんな狙いとリスクをもっていたのか?
 アルゼンチン戦、クロアチア戦の失点とはどのように評価されるべきなのか?
 ジャマイカ戦の敗戦とモチベーション低下の関わりは?
 バックアップスタッフの投げかけた「至れり尽せり」への疑問 等々

 これらの中には、あなたが持っている「仏W杯と日本」についての認識を、もしかしたら改めるものがあるかもしれない。
 ただ、ギモン氷解、目からウロコ!とは決してならない。あくまでモザイク画。ピース(証言)ひとつひとつを追うことで、全体像が見えてくる。
 そういう作業自体が、あなた自身でW杯を「考える」ことになる。自分のアタマでW杯を考える、解釈する。それが大切なんだと思う。
 まだ読んでないヒトは一読の価値あります。


青の群像―サッカー日本代表クロニクル1992~2007

中田英寿日本代表全試合―1991-2006

(購入者の評価)
若かりし頃からの中田英寿の写真が載っている。
何気なく、ページを捲っているだけで、胸に迫るものがある。
変な話、中田英寿が嫌いな人でも、楽しめると思う。
その引き締まった顔は、純粋に美しく、ストイックだ。
装丁も素晴らしく、永久に保存したい。
一時代を築いた中田に、敬意を抱いているものであれば、
必ずしも購入したい写真集だ。


サッカー日本代表 2009年カレンダー

アジア最終予選―サッカー日本代表2006ワールドカップへの戦い (サッカー批評叢書)

(購入者の評価)
 構成は大きく4つに分かれている。
 1.ドイツW杯アジア予選を戦うジーコジャパン ?一次予選終了まで?
 2.米国W杯アジア最終予選 ?いわゆるドーハの悲劇の顛末?
 3.仏W杯アジア最終予選 ?「ジョホールバルの歓喜」に至るプロセス?
 4.加茂周元日本代表監督インタビュー
 
特に4.は、本書に単なる総括/復習本にとどまらせない付加価値を与えている。
 文中でも加茂氏自らが言っているように、仏W杯最終予選の対韓国戦について加茂氏自身がメディアに対して話したのは本書が初めてであり、物議を醸した秋田交代の舞台裏についての言及も、本書において初めてなされたことになるのだ。他にも自ら采配した各試合についての評価やゾーンプレスへの思い、前園→中田へと移り変わった「指令塔」について、情報収集とその運用など、興味深いやり取りが続く。
 とはいうものの、加茂氏と著者との問答は必ずしもかみ合っておらず、核心の部分になかなかたどり着かないもどかしさが残るのもまた事実。
 だが、著者渾身の切り込みを時としてはぐらかし、時として鼻白みながら「真実の片鱗」を垣間見させる加茂氏の応答は、インタビューというものが、それ単独で成立することの難しさを認識させるとともに、日常我々が目にする同種の企画がどれほど馴れ合いや「構成」と呼ばれる虚飾(と敢えて書く)に満ちているかということについて、思いを巡らせるきっかけを与えてくれる。
 4.だけでも一読の価値ありである


Love Japan?

(購入者の評価)
あの日、日本中を沸かせた、フィールドの青き戦士たちの全記録。日本代表全試合のフルショットはもちろん、スコア表や選手たちの試合後のコメントも掲載。余計なものは一切排除し、2002ワールドカップにおける日本代表のベストショットのみを集めました。真っ赤な日の丸が印刷されたビニール袋に、白い表紙の写真集を入れた、コレクター魂をくすぐる、まさに永久保存の一冊。

日本サッカー史―日本代表の90年 1917-2006 (サッカー批評叢書)

(購入者の評価)
日本代表の90年間に渡る歴史をわずか400ページで網羅する事が可能だとは思わないが、この本を作るのにどれだけの時間と努力、多くの人の強力が必要だったか考えると頭が下がる。
60年代まではまるで歴史の教科書を読んでいるような感覚を覚えたが、1960年代をすぎやっと現存する人々の名前が出始め80年代後半を過ぎると少しづつリアルな映像として記憶に甦ってくる。
歴史や政治、アジア、世界のサッカーへと幅広い情報に触れているところも非常に読みがいがある。
たまに??と思うような描写や、94年前後からは詰め込み過ぎ感を感じる等まだまだ荒削り感もみられたが、これだけのクオリティーで日本サッカーを綴っている本は唯一ではないだろうか。


JAPAN SOCCER (COSMIC MOOK)

サッカー日本代表が世界を制する日―ワールドクラスへのフィジカル4条件

(購入者の評価)
実際にサッカーをする人間に向けて書かれた本です。
「世界のトップ選手は普通の人と体の使い方が違う」
そんな画期的な考えを提唱しています。

「例えば電車に乗ったときに・・・」
「・・・してから歩いてみよう」など
自分で体を動かしながらその理論の正しさを実感できるので
とても分かりやすかったです。

でも具体的なトレーニングについては詳しく書かれていません。
あなたが選手であり、自分のサッカーがうまくなりたいと願うのであればこの本の続編である
「ワールドクラスになるためのサッカートレーニング」だけを読めば十分です。

日本サッカーの現状。
世界のトップ選手たちのすごさ。
江戸時代の日本に秘められた、大きな可能性。

こうすれば日本サッカーは、世界に追いつけるな。
そう感じられた一冊でした。



サポタン―サッカー日本代表サポーター’S英単語集

(購入者の評価)
面白い!例文が面白く、サッカー日本代表とJリーグが好きな人なら楽しみながら読めること間違い
なしです。
例えば、「reveal:あらわにする(形容詞)」の例文(の日本語訳)は「中村はおでこが露出しないよう
前髪に最新の注意を払っている」だったり、additionalの例文は「ジーコは『レイクエンジェル』のボス
を兼務していた」だったりします。
TOEIC600点レベルの本なので、続編としてもっと難しいレベルの本を早く出して欲しい!


サッカー日本代表選手の黄金伝説―今だからわかる!代表選手たちの知られざる活躍 (別冊宝島 (1295))

(購入者の評価)
久しぶりにここ数年稀にみる良い雑誌が店頭に並んでいた。
もちろん即買い。サッカーバブルの昨今でも
こういったコアファン向けの雑誌はほとんどないから
とっても嬉しく思う。


サッカー日本代表 ドイツをつかんだ男たち (仮) (宝島MOOK)

中学サッカー小僧 (2005~2006冬版) (白夜ムック (216))

(購入者の評価)
 小学校高学年から中学生、是非、読んでみて下さい。部活かクラブか・・進路情報や、クラブが求める選手、中学3年間で伸びる選手の条件、スカウトマンが何を見て素質を見抜くのか、全中優勝校ののチーム作り、、サッカーがうまくなる食事・・・etc知らなかったこと、知りたくても誰も教えてくれなかったことがこの本に書いてあります。ジュニア、ジュニアユース年代のお子さんを持つ保護者の方々にも、お勧めです。

Road to FRANCE―ワールドカップ1988 日本代表激闘の記録

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4