菅原文太

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 
菅原文太 おすすめDVD 菅原文太 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
千と千尋の神隠し (通常版)

(購入者の評価)
【今作の2つの特徴】
1、『フリードローイングスタイル』

『フリードローイング』という、創作法がある。
特徴は「『帰納法』で創作しない。という事にある。

最初に「こんな作品にしよう」というをイメージを確定させて、その最終点に向けて、「全てが収束していく」創作法が『帰納法』である。

今作はその対極にある「創作法」だ。

作家は「出来上がった作品」を観て、初めて「こんな作品になったんだね」と分かる。

水(作品)を流し続けて、それが排水溝(最終点)に流れ込んでいくのが『帰納法』。(鑑賞後に生理的に爽快感がある反面、ひっかかりがなく「何かが残らない」のが特徴)

水(作品)を流し続けて、それがテーブルの上を広がり続けるのが『フリードローイング』である。(鑑賞後に、論理的に考えてつじつまの合わない箇所が発生しやすく爽快感がない反面、ひっかかりが「残る」のが特徴)

「もののけ姫」にその傾向は若干、散見されるが、それでも「もののけ姫」にはお話の展開法に「起承転結」に近いものがある。
今作は「宮崎駿の創作スタイル」がついに全面解禁されているようだ。
「もののけ姫」という、難物を創り上げ、その反動に近い「開放感」が今作にはある。

今作もまず「イメージボード」から作品を発想。
「面白い絵」を描くことに、まず専念。
明らかに「話の流れ」に比重を置かず、「映像重視」だ。
「映像博覧会」を繰り広げるのに、「ファンタジー」という枠が上手く機能している。

鈴木プロデューサー曰く、「今作の約半分は油屋を見せるシーン」に割かれているのである。
映画が始まって約1時間が舞台設定を見せる「起」のパートなのである。
この時点でいかに「骨法破壊」な作品か分かるというものだ。

今作がいかに宮崎駿にとって「実験的でスリルに満ちた作品か」が分かる。

2、『きっかけ映画』の方向性

今作のラストシーンにその狙いが一番、濃い。
あまりにも「余韻を残すまい」として、スパッと終わる。
古今東西いかなる「エンターテイメント作品」でも若干の「感動させてやろう」とか「泣かせてやろう」という作為がエンディングには垣間見える。
「余韻を創る」のだ。

「そんな居心地のいい作品世界を構築して、トトロみたいに年に何百回と親が子供に観せる現象が起きることは逆に「弊害」であり意味がない」という、宮崎駿の声が聞こえてきそうである。

そうではなく「この作品が子供達にとって現実の生活に「何かを発見する為のきっかけ」になることが好ましい」という主張がみえる。

カメラアングルも実に「客観的」に被写体を捉える。
アップショットよりもロングショットのほうが断然多い。
これも「作品への没入感」を軽減させるのに一役かっている。

この「きっかけ映画」のスタイルは今作以降の「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」にも貫かれているように見える。

そのある種の「カタルシス」や「感動」の「意図的な喪失」がオールドファンには「物足りなさ」に直結しているのだろう。



太陽を盗んだ男

(購入者の評価)
ただ、だらだら長いだけの映画。みんなが有り難がってるアクションも今の時代じゃショボ過ぎる。
要は「反体制」を気取った雰囲気を有り難がって水増ししてるだけじゃん。
こういうのを有り難がってるオッサン共が日本を駄目にしたんだなという感想ですな。
今の時代じゃ流行らないよ。


仁義なき戦い

(購入者の評価)
あまり邦画は観ない方だし、任侠映画ならなおさらだったけれど、観てみて驚いた。とても新鮮で。
深作欣二がどれだけすごい監督だったのかがこれを観ればわかります。残酷なシーンが多く出ますが、それよりもすごいのが脚本。こんな印象に残る脚本は、いまどきなかなかみられない。印象にのこるセリフがいっぱい出てくる。
広島弁だからなおさらグッと心にくる気がする。
出演者の演技も素晴らしく、迫力がある。
「ヤクザ映画」というけれども、誰にでも共感できるところがあるはずです。


仁義なき戦い 広島死闘篇

(購入者の評価)
凄い映画です 広島でこういう事が起こっていたことにまずビックリしましたが
それ以前にこの映画の完成度の高さに驚きました アメリカの代表作が「ゴッドファーザー」
なら日本は間違いなくこれでしょう 菅原文太や千葉真一の演技も最高でした
夜の時の映像も見たことのない映像で大満足の作品でした


仁義なき戦い 完結篇

(購入者の評価)
言わずと知れたシリーズ完結編。僕には若干の違和感が・・・。もちろん、面白いんですよ、すごく。ただ、何と言っていいのか、空気感というか、何と言うか・・、なんか全体的にピリピリしてると言うか、遊びがないと言うか、評論家でもなく、言葉のボキャブラリーも少ない僕にはうまく表現できないんですが、前4作と比べ明らかに違和感がある、と個人的には思うのですが。監督もキャストも(一部変わったが)変わっていない、かわったのは脚本だけなのにこうも違うものかと。
映画は監督もので、次に役者の力だと思っていたが、脚本がいかに大事かを初めて感じた。前4作を担当した笠原氏は「僕としては4作目で完結している」として降板し、全ての資料を次の脚本家に託したという。ファンとしてはどうせ、5作目ができるのは決まってるんだから、最後まで笠原脚本で観たかったなと思うのはわがままなんだろうな・・・


仁義なき戦い 頂上作戦

(購入者の評価)
 仁義なき戦いシリーズの実質的な最終章(笠原和夫の脚本はこの4作目まで)。
 前作「?代理戦争」で敵味方に分かれた広能と武田の争いに焦点を当てているが、前作「?代理戦争」の渡瀬恒彦と同様に本作でも黒沢年男ら下級の組員の心情も描かれており、上層部が杯外交と縄張り争いを激化させていく中で犠牲となっていく若者に対する笠原和夫の目線が素晴らしい。この後の実録路線や「日本の首領」などの大作路線ではこの視点が欠如しており、若者を描いていても類型的な描写に終わっているために、支持層が離れていったのではないかと思う。
 そして、最後の広能と武田の「さらば友よ」並みの秀逸なラストシーンは菅原文太、小林旭の好演もあって日本映画史上に残る名場面となった。


仁義なき戦い 代理戦争

(購入者の評価)
 一作目で既成のやくざ映画の概念を打ち破った脚本:笠原和夫、監督:深作欣二、主演:菅原文太のトリオは、大成功を受けて続編であり、番外編的な「広島死闘篇」を作った後、抗争の主軸を描く本作、続いて事実上の完結篇である「頂上作戦」を撮って彼らの四部作を完成させます。(「完結篇」は脚本が笠原和夫ではない後日談)
 シリーズ中、もっとも派手なドンパチシーンがない作品でありながら、敵味方入り乱れての杯合戦、内部の権力闘争など、面白さで群を抜く集団劇となっている。この集団劇を支えるのは個性的な多くの役者の存在である。小林旭の二枚目ぶり、梅宮辰夫の貫禄(+眉なし)、金子信雄のいい加減さ、加藤武の弱腰、渡瀬恒彦の純粋さ、川谷拓三の寝取られ男ぶり、成田三樹夫のスマートさ、山城新伍のやんちゃ、田中邦衛の小心、室田日出男の日和見、内田朝雄の大親分ときて、丹波哲郎の無言の写真出演まで多士済々。そんな中で、遠藤辰男と山本麟一のコンビが秀逸でした。人間の自己保身や組の利害関係に翻弄され、最後に憤りで渡瀬恒彦の骨を握り締める菅原文太の表情でキッチリ締めてくれます。


映画女優

修羅の群れ

(購入者の評価)
東映の任侠路線をかざった大スターたちが集まった実録大作。高倉健・安藤昇・藤純子以外は全て出演しているといって過言なし。稲川組・稲川総裁の半生を緻密な取材を元に映画化。俊藤プロデューサーは第二段を作る予定でいたが、稲川総裁の許可が下りず実現しなかった。こんな映画はもう製作不可能。
鶴田も若山も山下監督、そして俊藤監督も鬼箱に入られた。


北の国から 92 巣立ち

(購入者の評価)
 裕木奈江が可愛くて観てみたが、とうとう…やっぱり…辛かった・・・
 前作も(このシリーズは全部)そうだったが、どうにも救いようが無い。観てるこっちが悲しくなる。もどかしくなる(画面に割り込んで「何テレッとしてんだ!!」と怒鳴りたくなる)観てると元気がドンドン吸われていく・・・観た後は「ドカーッ…」と疲れる…観るととても疲れる作品だ。もう二度と見ないだろう。


トラック野郎 天下御免

(購入者の評価)
今回は何と桃次郎とジョナサンがマドンナ由美かおるに
同時に恋をしてしまったところから物語ははじまる
もちろんお約束のライバル「愛のコリーダ号」(杉浦直樹)との
デッドヒートも...


トラック野郎 御意見無用

(購入者の評価)
恋あり喧嘩ありカーチェイスあり下ネタあり、あらゆる娯楽が詰まった鈴木則文監督と菅原文太の爆走デコトラ伝説はここから始まった。基本フォーマットが、シリーズ1作目の本作で出来上がっている点には驚嘆する。

ちなみに今回のマドンナは中島ゆたか。日本的娯楽映画の真髄はここにあります。

斬り込み

県警対組織暴力

(購入者の評価)
ヤクザ映画の巨匠深作欣二監督の作品 裏切り、誘惑、チクリ生々しい話ばかりホント面白い
映画です この監督の「資金源強奪」も物凄く面白いけどDVDはおろかビデオも出ていません
これはヤクザ、銀行強盗、刑事がそれぞれ絡んできて 最後三つ巴の戦いとなる傑作娯楽作です
「資金源強奪」でも描かれていることですが 金さえ掛かれば刑事なんて簡単にヤクザと癒着する
この映画は友情の為に癒着する話ですが その面白さ人間の欲を描くのがとても巧い
ラストまで本当に目が離せません こんなん夜に見出したらワクワクしてしまいますね この映画は凄く面白い傑作です


トラック野郎 度胸一番星

(購入者の評価)
アイドル的な可愛らしさ全開で、水着姿もサービスする片平なぎさが素晴らしい。
ストーリー的には、小学生レベルのシモネタが炸裂する猥雑なコメディだが、今日改めて見返すと、長距離運転・過積載・過重労働など、トラック輸送が長年抱えている問題点も押さえた内容になっている。
そういう意味では、「面白うてやがて哀しき」風情すら漂う傑作。
過酷な労働という現実があるからこそ、主人公の無謀な爆走(本当なら確実に免許取消)が、カタルシスにつながるのだ。


妖怪大戦争 DTSスペシャル・エディション (初回限定生産)

(購入者の評価)
 B級映画と言われても仕方ない出来ではあります。
説明が足りなすぎて、初めて見る自分には正直理解しにくい出来でした。

 つっこみをいちいち入れて矛盾を指摘しながら見ていたら映画なんて面白くもなんともありません。
が、ある程度の設定がなければ、視聴者は感情移入がやりにくいしついていけないのも事実だと思います。
今作でいえば、何故主人公はあんなにスネコスリを慕っていたのかとか、加藤という男の詳細とか、
ラストの展開とか、これら足りないものは全部脳内補強というのは少々残酷な気がします。

 妖怪大戦争というタイトルに見合うだけの出来かと言われると「うんそうだよ」とは言いにくいです。
というのも妖怪はたしかにわんさか登場するんですが、
それぞれの妖怪が独自の力を発揮するいわば見せ場が少なすぎるからです
(大戦争だけにぬりかべは鉄壁の防御とか、砂掛けババアは敵の目くらましに一役買ってでるとかね)
ですので『ゲゲゲのきたろう』のような展開を期待してる人にはお勧めできません。
百鬼夜行のような妖怪パレードを期待している人も同様で、ド派手でシュールなシーンでいえば
今敏監督の『パプリカ』やスタジオジブリの『平成狸合戦ぽんぽこ』には遠く及ばないと思います。
また、子供向けだとしても、活躍してるのは主人公ただ一人で、妖怪達がドンパチやり合う爽快感は大きく欠けるので、
見た後素直に「すっげー面白かった」と言わせるには難しいと思います。

 ベタだけど、凄く面白そうなシチュエーションではあるんです(妖怪と人間の捨てたゴミを融合させて怪物を作り出すとか、麒麟送子とか)
もう少し時間を掛けてじっくり製作していたらかなりどきどきワクワクするような物語になっただろうなあと思うだけに残念でした。


太陽を盗んだ男 ULTIMATE PREMIUM EDITION

(購入者の評価)
渋谷でのリバイバル上映からもう6年程経つのかな?もっとも最初に観たのがTVでですから大したファンじゃあないんですけれども、この映画にある空気感みたいなものは感じられるつもりです。何を言いたいのかというと羨ましいんですね、映像に出てくる70年代。懐古趣味という訳ではないんです。でもあんな風に屋上に上がれるアパートには住みたいなあ。
劇中の「風船ガム」先生みたく原子爆弾作りたいとは思わないし(猫も可哀想で・・・)プロ野球にも興味無いし。世の中に対して石を投げたい訳でもない。ただぼんやりとした不安感とか閉塞感のようなものは同じように感じますけどそれを力で何とかしたいとは思わないし。まあ結局そんなには変わりないですからね、今の時代も。
あ、これじゃレビューにならんなあ。


トラック野郎 爆走一番星

(購入者の評価)
 第二作目だけあって一作目と比べて、ストーリー・内容から細かな部分までかなりスケールアップしています。ということは、もちろんトラック野郎シリーズには欠かせないシモネタも前作と比べて(…というよりはシリーズ作品中、1,2位を争う位)かなりハードになっていますよ!旦那!
 マドンナ(扮:あべ静江)の存在感が薄れる位、ハードなシモネタが前半に集中!…いや、シモネタで笑わせるために前半部分があるといっても過言ではないでしょう。冒頭からナオコ先生(扮:研ナオコ)に「処女じゃありませんね」で始まり、続いてスマタ三四郎こと山城新伍がトラックを運転しながらダッチワイフを抱えて登場。マドンナに気に入られるため文学青年になろうとして太宰文学を買いにきた桃さんに、『女子大生のオナ○ー』なる本を売りつけようとする男(扮:笑福亭鶴光)…などなど見所満載ですが、やはり前半のピークはおそらくこの部分→ラビット関根(現・関根勤)が運転するバキュームカーが大爆発!黄金水が桃さんの頭上に…。前作は家族団欒やカップルでの鑑賞はなんとか可能でしたが、本作はおそらく危険水域…。まさしく、男の世界=トラック野郎。
 と、前半は物凄いですが後半になると、180度うってかわってホロッと泣かせるいい人情話になります。今回はマドンナではなく子供を残して出稼ぎにきた男を乗せて、桃さんが男の帰りを待つ子供のいる長崎まで、桃さんが一番星号で東京―山陽道―長崎―天草を大爆走します!
 泣きあり笑いありの映画とはまさにこの映画のことじゃないでしょうか。桃さん、いつも元気をくれてありがとう!


新 仁義なき戦い

(購入者の評価)
 かつての仁義なき戦いは、昭和38年から始まる広島の第2次抗争事件が中心でした。「新」版は、時代を巻き戻して第1次抗争事件で、歴史的にはこちらが前哨戦です。一部名前は違いますが、キャスティングはほぼ同じ。
 上映された1974年は、僕が高校1年生の頃。当時は任侠ややくざ映画が全盛でした。僕も友人たちとこの種の映画を撮影したことがあります。僕は、この種の映画は余り興味がありませんでしたが、やはり流行の中、目を向けないと友人との話題についていけない感じでした。
 一般的には考えられないことですが、実録もの。一般人を巻き込む契機となった事件だけに、緊迫感のある作品となっています。



トラック野郎 突撃一番星

(購入者の評価)
「文太&キンキン」のゴールデンコンビに、「せんだみつお」が加わったシリーズ第7弾。笑いと涙の珍道中。今回も『喧嘩・人情・女』の3本立てで絶好調の一番星。
それにしても桃さんの厚い人情には、毎回泣かされっぱなしです。
昭和の匂いがぷんぷんする、男のロマンを存分に味わって下さい!


>> つづきをみる

菅原文太―野良犬の怨念 (1974年)

六分の侠気 四分の熱 菅原文太と24人の男たちそして忠治

菅原文太―野良犬の怨念 (シネアルバム (95))

(購入者の評価)
文太兄ィの写真集と呼べる物は現在の所この1冊のみ。'74に初出版され'82に改定版が出されてる。現在は絶版で超入手困難だ。やくざ映画の場面が主だが、やはりそれがカッコよかった時代でもある。東映黄金期の立役者の一人とも言える文太兄ィの最初で最後?の写真集だ。

もっと自由にもっと自在に―菅原文太とサムライたち (学研の家庭教育シリーズ)

女といっしょにモスクワへ行きたい―宇多野病院筋ジストロフィ病棟

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4