杉浦直樹

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 
杉浦直樹 おすすめDVD 杉浦直樹 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
手紙 スタンダード版

(購入者の評価)
真の贖罪とはなんなのか。この映画はそれを突きつける。そしてその解答がこの映画にはある。世間の冷たさ、現実と我々は闘っていかなければならない。しかし、光明もあるのかもしれない。ラストシーンは切なく、小田和正さんの「言葉にできない」が優しく流れる。「あなたに会えて本当によかった」。重い言葉だ。本当に切ない映画だが、真の救いがこの映画にはある。

39-刑法第三十九条-

(購入者の評価)
あまりに「完璧」な日本映画だと思った。重苦しいテーマを邦画特有の重苦しい雰囲気を最大限に利用して撮りきっているし、出てくる役者それぞれが、これまたら与えられた役を完璧に演じきっている。カメラワーク・BGMの挿入等も完璧。ただちょっと退屈。
完璧すぎると可愛げがないな、だとかそのレベルでなく、ひたすら完成された作品だ。
主演二人の演技もすばらしいが脇を固めるベテラン陣の演技がひたすらすばらしい。岸部一徳のねちねちした演技と樹木希林のなんともいえないもごもごした演技がまたすばらしい。というかとにかく安心してみていられるし、ネタというかオチのようなものを中盤でバラしてしまうのだがそれでも最後の最後まで観客に緊張を強いる、それだけの緊張感を持っている、というのが凄い。脚本・原作のレベルでいったら「13階段」と同程度だと思うのだが、映画としてはこちらのほうが数段上。何より本当に、演技が凄い。
誰も彼も演技が上手い邦画なんて見るの初めてかもしれない。

テーマが重くて難しいし、公開当時物議をかもしたらしいので見ていて不快感を覚える人はいるかもしれないがこれは文句なしにレベルの高い作品だと思う。
かといって「面白い!!」と手放しで絶賛できないもまた真実。


あいくるしい DVD-BOX

(購入者の評価)
野島作品には時々心温まる作品があります。
まあ大抵不幸が何かしらあるのも特徴ですが、最後はハッピーエンドです。
特にこの作品をみてびっくりするのは沢尻エリカの存在です。
聾唖の美少女と言う古典的な役ながら、レイプ未遂から始まる展開はちょっとドキッとします。
現在のケバケバな彼女からは信じられないくらいのみずみずしく純粋オーラを感じますので超おすすめです。
彼女の為だけに★5つです。


忠臣蔵1/47 完全版

(購入者の評価)
ほとんどが深津絵里さんと主演級で共演されている方ばかりなんですよね。これ。
フジテレビなりに力を掛けてつくられたと想像されるドラマです。


シナリオ登龍門2002 「沈まない骨」

手紙

(購入者の評価)
WOWOWで録画して見ました。

嫁さんが東野圭吾が好きなんで、自分は本は読んでないものの
見入ってしまいました。

玉鉄と山田孝之が兄弟役やったけど、めちゃ似てた。

それはともかく、『手紙』を書くことによっての自分の気持ち、
相手の気持ちってすごい色んな意味で効果のあるものやなぁって思いました。

ちなみにうちの家族は誕生日に欠かさず誕生日カードを書き合います。

この映画、最後が一番グッときます。兄弟愛、家族愛、大事です。


手紙 プレミアム版

(購入者の評価)
小説を映画化する場合、設定を変えるとほとんど失敗することが多いが、この映画は
主人公の役柄が原作の「音楽」から「お笑い」に変わったところで、逆に成功した。
ラストの漫才シーン、山田孝之・玉山鉄二の演技には本当に胸に詰まるものがある。

この場面、私も大好きな小田和正の「言葉にできない」が流れる。映画を見た時には、
敢えていらないのではと思った。歌詞が強すぎて漫才にかぶると反って邪魔になる。
しかし後から「あなたに会えて本当に良かった。嬉しくて嬉しくて言葉に出来ない」
という歌詞は、兄の気持ちなのだと解った。ここまで計算した脚本なら大したものだ。

沢尻エリカもとてもいい。ただ関西弁が・・(皆が書いているからこれ以上書くまい)
誰も書いてないことをひとつ。
協賛した企業が、場面に登場することは時としてリスクが伴う。本作品はK'sデンキ。
主人公を、兄の理由で左遷したときは、レピュテーションリスクを背負ってしまった。
その後、会長役の杉浦直樹が良かったのでそれを持ち直した。面白い例である。


シャツの店-全集-

(購入者の評価)
 山田太一脚本、鶴田浩二主演と聞けば、名作「男たちの旅路」の吉岡指令補を連想するが、今回の鶴田浩二は「男たちの旅路」とは大分印象が違う役柄で、初回からクラブで酔っ払って女性の胸を揉むという場面もあります。厳しいストイックな男の役の印象が強い鶴田浩二が頑固親父の弱い面や寂しさを巧く演じていたのが印象的だった。
 平田満が人のいい弟子職人を演じて、本筋とは関係ない細かい部分で鶴田浩二と平田満の会話のやりとりも楽しかった。
 他の山田太一作品と較べると、一般的には知名度の低い作品だが、この作品や「夕暮れて」「タクシー・サンバ」「上野駅周辺」などこの頃の山田太一が書いたNHKのドラマの多くが傑作だった。


チロルの挽歌-全集-

(購入者の評価)
1992年4月に2週に分けて放送されたNHK土曜ドラマの秀作です。時は正にバブルの真っ只中。今までの価値観が否定され、無口で実直という男の美学が評価されなくなった時代に敢えて高倉健にこのような役を演じさせた面白さが光ります。ラストはこんなの有り?と思わせるような山田太一の悪戯ですが、見終わって悪い気がしないドラマです。岡田英次の牧場主と金子信夫(好演!)の商店会会長が重要な役回しですが、後者は元々、北海道函館出身の益田喜頓が熱望していた役だったのに、撮影直前に死去してしまったという裏話にも驚きました。山田太一ドラマの常連、大原麗子が中年女性の魅力を存分に発揮しています。日向敏文の音楽が、北海道の雪のシーンにぴったり!お勧めのドラマです。

図々しい奴

続図々しい奴

あ・うん

チロルの挽歌 後編

チロルの挽歌 前編

青春かけおち篇

あいくるしい 第3巻

忠臣蔵1/47 完全版

(購入者の評価)
よかったなー。という思いが残ってるのに思い出せない。。。

向田邦子×久世光彦スペシャルドラマ傑作選(平成4年~平成8年)BOX

釣りバカ日誌13 ハマちゃん危機一髪!

あいくるしい 第5巻

(購入者の評価)
お母さんのそっくりさんが出てきたシーンで失笑してしまいましたよ。
あれはないでしょう。脚本に問題ありだと思います。後先考えず話を広げすぎるから、収拾がつかなくなってドラマとしてのまとまりがなくなっちゃうんです。

神木くんが可愛いくて頑張っていただけに、脚本家の人にはもうちょっと頑張って欲しかったですね。


>> つづきをみる

父の詫び状 <新装版> (文春文庫)

(購入者の評価)
私は、なよなよとした文体は好きではありません。
その点、向田さんの文章は竹を割ったようなスパッとしたタッチであるところに魅力を感じます。
歯切れの良さからは男っぽさすら感じますが、若かりし日の写真集などを見ますと、とてもおしゃれで、
多忙な中で洋服を手作りされていたようですね。
また、さまざまなエッセイからは、妹さん弟さん思いでご両親のことも大切にされて、大変に温かく
細やかな心の持ち主だったことがわかります。

あの日、突然私たちの世界から消えてしまった向田さん、まだまだ書き続けていただきたかったです。


父の詫び状 (文春文庫 む 1-1)

(購入者の評価)
向田邦子『父の詫び状』文春文庫
ひとつひとつ、じっくりと大切に読ませてもらった。向田さんの文章には、どうしたわけか、ふとこころを許してしまう。こころを許したとこに、父・母、あるいは祖母にたいする一筋縄ではゆかない想いをほろりとこぼすものだから、ぼくも簡単にこころ打たれてしまう。もぬけの殻には、ちょうど良い本でした。もっと向田さんの本を読もう。
向田さんが飛行機事故で亡くなったのは、いまから25年前の、ぼくがこの世に生まれる少し前であるらしい。ぼくはだから、向田さんがテレビ作家だといわれても、あまりピンと来ない。まぁ、そういうものか。昭和のにおい。


ウィークエンド・ナチュラリストたちへ

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4