鈴木瑞穂

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 
鈴木瑞穂 おすすめDVD 鈴木瑞穂 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
あそこの席

(購入者の評価)
これは原作を結構忠実に再現してるからおもしろかった!ただ最後だけちょっと終わり方が違った…そ・れ・が!よかった!何?何?って感じですよ!何回もみちゃいました!迷うなら買うべしですね!買って損なしの作品です!

日本列島

(購入者の評価)
シリアスなストーリーもさることながら 芦川いづみさんの演技が素晴らしいです。芦川いづみさんの演技の巾は広いですが、トラブルに巻き込まれた影のある女性を演じたら、芦川さんの右に出る女優さんはいないと思います。

ダロス

(購入者の評価)
当時、リアルタイムで観た一人です。世界初のOVAである事の価値は確かに有りますが、致命的なのはこの作品がやはり未完成という点でしょう。押井監督は当時、「OVAに将来性は無い」と断言していましたが、それは、当時、オリジナル・ビデオ・アニメーションという新しいコンテンツにもかかわらず、それに挑戦し、予算を出す先駆的企業がなさ過ぎる点を、将来的には、いずれ量は増えても質が衰退してゆくのでは?、という冷めた主体に実は監督自身が含まれる事実への、ある意味絶望感として受け取れ、昨今の状況を見る時、それは恐るべき先見性というほかありません。押井監督には、怨念のこもった作品が多数ありますが、その怨念の原典が正にこの『ダロス』だといえるでしょう。     ひぇ〜...う、迂闊でした...。レビューアーの都々目さとしさん、って、やはり、あのサイトの...。66点。Weak

帝銀事件 死刑囚

(購入者の評価)
 この映画の見所は、冤罪云々よりも記者達の動きだと思います。最初はスクープ狙いだったのが、やがて真実を追い求めて動き始めます。
 記者達が取材を進めていく中で、占領軍の命令により取材を断念させられてますが、その時に『我々は占領されているとはいえ、そのような命令はデモクラシーの精神に反します。』とやり返したり、投石される平沢家で記者が群集に対して『平沢には裁判がある。まだ犯人と決まったわけじゃない!』と一喝するシーンは、現代マスコミが失ったジャーナリズムとは何か?を感じさせます。
 出演陣は、記者に鈴木瑞穂・内藤武敏・井上昭文・藤岡重慶・庄司永健、刑事に高品格、元軍人に佐野浅夫、平沢貞通に信欽三と渋め揃いですが、最近の媚びた映画やドラマと違って、重厚な映画となっています。特に、B・Tと只野仁が出演していた松本某原作のスペシャルドラマはこの映画と比べたら唾を吐きたくなります。


SUPERナース大図鑑4時間DX

34丁目の奇跡

(購入者の評価)
感謝祭の日、ニューヨークの街は老舗デパート、"コールズ"主催のパレードで賑わっていた。ところがメインのサンタクロース役が泥酔してしまい、困り果てたイベント責任者のドリーは偶然現れたサンタにそっくりな老人、クリス・クリングルをサンタクロース役に抜擢する。デパートでのコーナーも任されたクリスはたちまち子供達の人気者となり、親身になってプレゼントの相談に乗って大人達からの信頼も得た。そんなある日、ドリーの娘、スーザンがクリスに会いに"コールズ"を訪れる。スーザンは母親に似て「サンタは存在しない」と言いきるこまっしゃくれた女の子。だがクリスの心優しい態度とサンタそっくりの外見に、スーザンはクリスは本物のサンタではないかと思い始める。一方、クリスの評判から集まった"コールズ"の人気を妬んだライバル会社は、クリスの評判を落とそうと策略を練っていた。・・・
1947年のリメイク版ですが、デパート業界のサービス精神や、ドリーとそのボーイフレンドで弁護士のブライアンのロマンスなど、様々なエピソードが上手く絡んでいて、観ていて本当に面白かったです。個人的には、この1994年版の方が面白いと思いました。

この映画の最大の見所は、何といってもクリスを演じたリチャード・アッテンボローです!人々への優しく穏やかな接し方、プレゼントのことを何もかも知っていたり、子供達の夢を守ろうとする態度など、「本当のサンタクロースかも・・・」と思ってしまうほどの名演技です。耳が聞こえない女の子に、クリスが手話で『ジングルベル』を一緒に歌う場面があるのですが、その時の女の子とその母親の感謝に満ちあふれた顔、それに応えてにっこり微笑むクリスの場面で、わけもなく胸がつまりました。

姿が見えなくても、みんなの心の中にきっといるサンタクロース。子供達だけでなく、忙しい毎日の中で童心を忘れかけていた大人達にも、夢見る素晴らしさを教えてくれたクリスは、観客の私達にも最高のプレゼントを与えてくれました。

熊井啓 日活DVD-BOX

猥褻モデル ヌルヌル5

遙かなる山の呼び声

(購入者の評価)
25年ぐらい前の中学生の頃にこの映画の封切りを見に行って、以来高倉健さんのファンになりました。美しい北海道の風景、それに映える健さんのダイナミック、かつ情感のこもった演技、そして皆さんご指摘のハナ肇さんのあのラストシーン…何回観てもお約束のように繰り返し涙が出てきます。しかし自分の息子が当時の吉岡秀隆さんとおなじような年代になった昨今は、健さんが武志(吉岡)と別れるシーンでの武志の気持ちと息子のことを重ねるようになり、泣けるシーンが増えてしまいました。家族と一緒に観るとみっともないので、夜中に一人でこっそり観てボロボロ泣いています(笑)。傑作です。

ドラフト

ドラフト

ダロス

角筈(つのはず)にて

(購入者の評価)
小さい頃、父親が蒸発。息子が大きくなってから父親と再会するお話です。
悲しくて切なくて、でも前向きになれる作品。
出演者の方々の演技も秀逸ではないかと。特に西田さん!!
小学生の時にテレビで観ましたが、10年近く経った今でも強く印象が残っている名作です。
今度久々にまた観てみたいのでビデオ購入するつもりです。
それ位の価値はあるかと。


忍びの者/伊賀屋敷

(購入者の評価)
霧隠才蔵の息子、二代目・霧隠才蔵を主人公にしたシリーズ第6作。徳川幕府転覆を企てる由井正雪、丸橋忠弥らの計画阻止のため、松平伊豆守は甲賀忍者たちを放つ。だが彼らの前に、島原の乱で父を殺され徳川に復讐の念を抱く二代目・才蔵が立ちふさがる。

素浪人罷り通る 3

素浪人罷り通る 1

素浪人罷り通る 4

新吾十番勝負 2

夫の目の前で犯されて- BEST 4 アタッカーズ

素浪人罷り通る 2

>> つづきをみる

SUPERナース大図鑑4時間DX

セクシュアル・ハラスメント (有斐閣選書 (156))

プルースト全集〈別巻〉プルースト研究・年譜

セクシュアル・ハラスメント―「性」はどう裁かれているか (有斐閣選書)

ピカソの手―美術教育論集

空から来たひと―吉田瑞穂少年詩集 (1983年)

耳から学ぶフランス語 (1974年)

子ども美術館 17 (17)

海べの少年期―吉田瑞穂少年詩集 (昭和42年) (現代少年詩プレゼント)

海べの少年期―吉田瑞穂少年詩集 (詩の散歩道)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4