勝野洋

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
勝野洋 おすすめDVD 勝野洋 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
蝉しぐれ

(購入者の評価)
ちょうど3年ほど前の年末に放映された連夜の再放送で見てはまり、これ以降藤沢さんの小説をむさぼるように読みました。
これは凄いドラマです。

ストーリーは下級武士の文四郎と隣の少女ふくとの淡い恋を軸にしながら、藩政の陰謀、友情、剣、親子の親愛が描かれているのですが、これらが見事に調和して奥行きのある物語を作り上げています。
この原作も素晴らしいのですが、このドラマは原作と比べても遜色のない、ある意味それ以上の出来栄えとなっています。
登場人物達の目には緊張感があり、視線を交わすだけなのにそこに抑えた深い情愛を感じ、短い言葉ひとつで亡き父への思いを表したり、見事な殺陣にも驚かされてばかりです。

同作品は映画化されていますが、絶対にこちらの方がお薦めです。
時代劇はもちろんここ最近の映画やドラマでこれを超える作品には出会っていません。
食わず嫌いの方にもお薦めできる、本当に良い作品でした。


大奥十八景

(購入者の評価)
類似商品欄にもありますが、一昔前は大奥エロスというジャンルがありました。これもその流れのひとつですが、セットや衣装、エキストラの数など一見しただけでも結構な予算がかかっていると思われます。時代物ゆえ予算が膨らむのは仕方のないところでしょうが、これで内容がほぼポルノなのですから太っ腹な時代だったと言えますね。

86年の公開ですが、大奥女優には当時のセクシー女優の綺麗どころがズラリと顔を揃えています。辻沢杏子、野村真美、山本奈津子、美波千秋、森田水絵・・・と数ある大奥エロスでも美形度トップレベルの布陣です。皆最低でも1濡れ場は用意されているのでサービスにもぬかりはありません。あえて難を言うならば、キツネ顔のパッとしない女優が準主役扱いで目立っていたことと、新藤恵美のいらぬ濡れ場があったことぐらいですかね。

話のほうも城内の権力争いに巻き込まれる女たちの野心と性がテンポよくまとめられていて、脚本演出ともに作りはしっかりしています。大奥エロス未見の方はまずこの作品から入るとよいかもしれません。


英霊たちの応援歌 最後の早慶戦

燃える勇者

(購入者の評価)
…と当時真田サンと勝野サンはCMで共演してましたね!中国、アメリカときて今回はアフリカからやってきた主人公真田サン。突然ダンスしちゃうとかツッコミたいシーンもあるけれど当時は違和感なく見てましたね!?相手役オーデションで選ばれた伊藤かずえチャンが羨ましいかったなぁ…黒崎輝サンはギター片手の流しで、もんたサンが歌ったり、悪役ネジネジ中尾サンが脂ぎってて富三郎サンはトラックドライバー…なんか東映って感じのノリとアイドルしていた真田サンも懐かしい作品です!

鬼平犯科帳スペシャル 一本眉

暴れん坊将軍 DVD 先駆け版

(購入者の評価)
これは、暴れん坊将軍放送500回を記念して(実際にはその直前でしたが)放映されたものです。
記念作品らしく、主役側悪役側ともにキャストも豪華で、吉宗の宿敵である宗春や薩摩藩主も登場、歴代お庭番のみなさんも特別出演しています。(殉職されたはずの方もいますが、そこはツッコまないであげてください)
以下あらすじです。
吉宗の親友、結城一真(勝野 洋)に助けられた遊女、奈美(栗田陽子)は、死の間際に目安箱に投じた。
彼女たちは琉球の王族、金城貢(沢 竜二)とともに吉宗に琉球の舞を見せに来たが、薩摩藩江戸家老、鏑木軍兵衛(大門正明)たちにより金城以下男たちは皆殺しにされて貢物はすべて奪われ、女たちは吉原に売り飛ばされたとのことだった。
吉宗たちは妹の留美(柏原芳恵)とともに真相を探りにかかるが、証拠は全て鏑木によって消されてしまう。
そして意外な真相を知った吉宗は留美とともに琉球に向かうのであった……。


海でのはなし。

(購入者の評価)
観始めた当初は、やっぱり歌詞や草野マサムネのイメージに依存した安易な映画かなって思ってしまいましたけど、結末まで観終わって、シンプルだけれども「相対」と「絶対」を軸とした奥の深いストーリー展開に感動してしまいました。これだけ平易にシンプルに自然科学と哲学を橋渡しする『パンセ』を表現していることにも驚きです。スピッツの楽曲は重要な要素ではあるけれども、助走なんですよね、最後までスピッツにこだわってしまってこの映画の素晴らしさに気づいていなレビューが多かったので、思わず書き込んでしまいました。この映画を見てスピッツの楽曲のイメージも膨らんで、もっと好きになりました。

堀部安兵衛

星砂の島、私の島~アイランド・ドリーミン~

(購入者の評価)
僕も最初は6期メンバー目当てで買ったのですが見終わった後はそれだけではありませんでした。
ストーリー自体はシンプルですが共感できる部分も多かったので見ていて苦にならずとても楽しめました。
それだけなら☆3弱というところですが見ていて気が付いたのは所々で流れる音楽でした。
心の中に自然と溶け込んでいく曲がタイミングよく挿入されていてストーリ全体をさらに引き立たせていると思います。
特に個人的にはBEGINさんの「ユガフ島」がお気に入りです。
音楽ってつくづく不思議だなと思ってしまいました。
この作品を見終わった後サントラを聞くと所々の場面が思い起こされて2度楽しめると思います。(個人的にはBEGINさんの曲もまたその後聞くと3度楽しめます。)
ちょっと自分の周りで嫌なことがあってリフレッシュしたいなぁと思ってる方見てみて損は無いと思います。


銀河鉄道の夜

(購入者の評価)
たとえば村上春樹の『ノルウェイの森』。映像化権は某テレビ局が持っているらしいが、映像化の話は聞いたことはない。したくても出来ないのだろう。このまま他局に譲らず、眠らせて置いて欲しいと思う反面、極私的キャスティングを妄想し、映像化を待ち望むもう一人の自分がいたりするのである。 さて『銀河鉄道の夜』、初の実写映画化らしい。ジョバンニ役は谷村美月だという。予告編に「何か」を感じたので、最小限の期待感を持って観たのだが、観終った感想は「失望」の一語に尽きる。上っ面を撫でただけの脚本、「幻想」を小手先で映そうとする演出、カンパネルラも頂けない。監督は初実写化の栄誉が欲しかっただけなのでは、と勘ぐってしまう。最早、これは現代版などではなく、原作への愛情も、理解も、畏敬の念さえも感じ得ない、残念な作品だと思う。原作が原作であるだけに、映画化となれば『櫻の園』や『1999年の夏休み』あたりの出来を期待してしまうのは酷な話なのかもしれないが…。どちらかと言えば、特典映像のキャストインタビューの方に見入ってしまいました。 ただ、イメージDVD『谷村美月in銀河鉄道の夜』としてなら価値は見い出せると思う。 マイナスポイントを差し引きすると星が無くなるが、とりあえず音楽とストーブ列車、そして谷村美月君に星一つずつ献上。

はるか、ノスタルジィ デラックス版

(購入者の評価)
この映画のさみしさは、この世のものではないというような、そういう心の奥の繊細なところに達するような経験をさせたということでは、「さびしんぼう」や「おかしなふたり」などとも並んでいる。
まあ、ちょっと中年クライシスをジュブナイルな話にしたように誤解されると、若い女の子とかには気持ち悪がられてしまうかもしれない。
しかし、そのくらい赤裸々に大胆に語ってくれる監督など、なかなかいるだろうか。

舞台である小樽がまた別の尾道のように、しっくりと、映画自体に欠かせない場所にまで命を与えられている。
少年版「さびしんぼう」であると直感させる、松田洋治が演じた少年の闇の中の立ち姿や後ろ姿、表情などは、この映画のシンボルとなるぐらいに、すぐれたキャスティングであるとぼくは断言したいところだ。

この映画や「転校生」「さびしんぼう」の原作者である、山中 恒さんが書いていた面白い話がある。
「・・・本が出来上がる前に、小樽でロケがおこなわれました。私がロケの見学にでかけた時、カメラは入船の坂の途中に据えられていました。なんとそこは、私がかつて下宿していた祖父の家のあった場所で、しかもそこは私が、小樽にいる間、ふとんを敷いて寝起きしていた場所だったのです。もちろん大林さんはその場所を知っていたわけではありません。故郷の私を呪縛する不思議な力のようなものを感じました。・・・」。

映画って怖いでしょう。映画という創作それそのものが、縁と輪廻を包含しているような感じは、多くの作家がきっと感じているだろうと思う。
よく、監督・黒澤 明が、風を望んだら風が吹いた、といったような話があるが、あるんです本当に。


地震列島

(購入者の評価)
一緒に小学生以来に見ました、懐かしいですね、小学生のころは地震ってこわいなぁと思ったんですが、私も中越地震を経験しましてあらためて日本は地震国と再認識しました。みんなで地震に備えてできることはやっておきましょうよ(^-^)

ブルークリスマス

(購入者の評価)
その昔、テレビで放送した物をビデオテープに録画した物はもっていたのですが、これもDVDで発売されたのですね。
作品の内容については、みなさん書かれているので、自分なりの感想を。

ホントに地味に、じわじわと恐怖を感じさせてくれる映画ですね。
あんまり地味すぎて興行的にはヒットしなかったようですが、なぜこの作品を私は知っていたのだろう。テレビの放送時の作品紹介欄を見て興味を感じたのかな。
そこのところ記憶が曖昧で、、、。
家が映画館をやっているので、それで見たことがあったのかも。

いずれにせよ。名作です。


ザ・商社-全集-

(購入者の評価)
ドラマのラストで社主の江坂さんが涙ぐんでいるシーンがあるけどその気持ち痛いほどわかります。レコードコレクターである私も同じような経験をしているからだ。ふがいない自分に涙がでるのだ

太陽の傷

(購入者の評価)
一言でいふと『時計じかけのオレンジ』と『狼よさらば』を足算して100倍にしたような作品です。
 犯罪被害者の片山を哀川翔が、天使の様なあどけなさを持った殺人少年神木を森本慧が好演というより熱演している。
 少年法で保護される少年犯罪、犯罪の被害とマスコミの報道での被害を二重に苦しむ犯罪被害者をこれほど現実的に描写した作品が在ったでしょうか? 私の知る限りでは在りません。
 法務省矯正局の現場の法務教官に観て頂いて感想を聞いたのですが、
その方は「一日中嫌な思いをした」と悲壮な表情で言っておりました。
この作品は鑑賞する人達にいろいろな問題を投げかけてきます。どのように感じるかはその方の立場や人生経験によって異なると思います。作者の意図する物は正解は一つではなく、「みなさんモガキ苦しんで下さい」突きつけられる様な印象を受けました。


鬼平犯科帳 スペシャル 山吹屋お勝

赤かぶ検事奮戦記 2

(購入者の評価)
法廷バトルが最高に面白いです。人情味溢れる赤かぶ検事がいいです。いろんな人が赤かぶさんを演じていますがフランキー堺が1番最高!原作に忠実な「蟷螂みたいな容貌」なら今の橋爪さんがぴったりかもしれないけど。早く星野知子が葉子の次のDVD発売してください。首を長くして待ってます。

実録・横浜暗黒街1

葵 徳川三代 総括関ヶ原

【レンタル専用版】銀河鉄道の夜

>> つづきをみる

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4