内田朝陽

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
内田朝陽 おすすめDVD 内田朝陽 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
楳図かずお恐怖劇場 「蟲たちの家」 & 「絶食」セット

(購入者の評価)
 楳図先生の作品の中から厳選され、映画化された作品DVD化したものの一つです。
どっちかというと蟲たちの家は楳図先生の不陰気を出せたと思います。絶食は妹と自分を重ねていたという楳図先生の原作とずれているところが少しあります。
          ですが娯楽商品気分で一般の人が買っても楽しめるという商品ではありません。
  ですからまずレンタルビデオを一回見てから決めることがおすすめです。


スピードマスター プレミアム・エディション

(購入者の評価)
直線番長、乙。
しょーもない、こんなもん作るな。
ワイルドスピード、頭文字Dが受けたからって、
ゴミみたいな峠バトル物をどんどん作ったり、
海外向けで行ける様に無国籍にしてキモイんじゃ。
日本の恥。こういったバッタもんは中国の専売特許。
ええ加減にせえ。
以上。


連続テレビ小説 どんど晴れ 総集編

(購入者の評価)
これを出す意味は?…そう思う方も多々いるとおもいますが、これもドラマが人気があった証拠で、NHKの戦略でしょう。

アタゴオルは猫の森 DVD

(購入者の評価)
原作のファンということもあり、かなりガッカリしました。
登場人物や設定が大幅に変更されていたことはさておき、何より、原作の持つ魅力的な雰囲気が少しも伝わってこなかったことが、最大の問題点だと思います。

主人公ヒデヨシの太陽のような力強い明るさ、住人達のあっけらかんとした気楽さ、彼らを取巻く世界の神秘と静けさ、そして、時折見える作者のウィットに富んだユーモア・・・原作にある魅力は挙げればキリがありませんが、映画ではそれらがすべて安っぽいものに置き換えられていると感じました。

原作を知らない人にとっても、物語の展開が唐突過ぎ、登場人物やアイテムの位置付けも分かりづらかったため、ついていくのに苦労したのではないかと思われます。

背景は美しかったので、フルCGにしたこと自体を問題だとは思いませんが、猫や人の動きがぎこちなく、質感もテラテラしており、違和感を感じました。また、歌の場面で流れる、本編に対して長すぎる映像も、何かの比喩のように見せておきながら、全く意図がつかめません。

同じくますむら氏が原作の映画、猫の「銀河鉄道の夜」が素晴らしかったこともあり、「アタゴオル」も、もっと力のあるスタッフに制作して欲しかった・・・と、原作のファンとしては残念でなりません。


連続テレビ小説 どんど晴れ 完全版 DVD-BOX1

(購入者の評価)
レビューを見ただけでもこのドラマがどれほどの圧力から生まれた難産のドラマかわかります。
ただ、本当の結果は多くの視聴者が証明しています。
お金や年季の入ったスタッフが製作した後番組と違い、わずかな予算で新人を起用してのスタートはずのドラマが、
最低視聴率から高視聴率に成長した理由はここにあります。
決して、負けない一途で真面目、誠実な信念。
どんなに古臭くて定番のストーリーでも、新米の恥ずかしい演技でも心を打つのは何故か?
本当に日本国民が求めていたドラマがここにあるからではないでしょうか?
「どんど晴れ」!!
そう唱えるだけでイジメや大きな力にも勝てる様な気がします。
比嘉愛未さんスタッフの皆さん、素晴しいドラマを有り難うございました。


天国の樹 DVD-BOX

(購入者の評価)
白雪姫のレビューに「今後のイ・ワン君の動きの注目」と書きましたが、思ったとおりやってくれましたね。演技もずい分上達していて、特に「涙のラーメン」シーンは印象的でした。
さて、主演のイ・ワンとパク・シネですが、二人は「天国の階段」のシン・ヒョンジュンとチェ・ジウの子ども時代を演じたということもあってか、色々なシーンで「天国の階段」とかぶっているように感じました。
「天国の階段」では、親の再婚で義理の兄妹になって、兄のテファは最初は冷たかったのですが、誕生日に妹のチョンソにワカメスープを作ってもらって恋に落ちるというパターンでしたが、「天国の樹」ではワカメスープの部分がラーメンになっているぐらいで設定はほとんど同じのようでした。
一つ疑問に思ったのは、舞台が日本で、韓国人が日本人の役を演じるということに対して抵抗感はなかったのかなということです。
これはドラマと関係ないことですが、私はかれこれ10年ぐらい韓国語をやっていますけど、いまだにカタコトの域を出ません。16歳の韓国の女の子が日本語を巧みに操っているのを見て羨ましく思いました。
さて、肝心のドラマの方ですが、出会ってはいけない二人が出会ってしまった。愛し合ってはいけない二人が愛し合ってしまった。運命に翻弄された二人の結末やいかに…。という内容で、これぞ韓国ドラマだという複雑な人間関係と、どろどろ感、たっぷりと涙を誘い、交通事故もあって、韓国ドラマの真髄が楽しめます。


精霊流し

アオグラ 四月になれば彼女は

(購入者の評価)
卒業後の選択肢に悩む、今より少し遠いその時代の地方と東京の距離感や、
今もおそらく基本的にはあまり変わらないはずの、一生語りあえる同級生との友情を、
重くならず爽やかに楽しく表現された作品です。
様々な場面での仲間同士の掛け合いの台詞がとてもテンポよく、方言も地元の方が聞くと
拙いアクセントだと思いますが、それも全体の流れの良さで乗り切っていると思います。
内田朝陽さんの大柄で朴訥な青年「沢木」は、卒業したあとも進路に悩み考え込んでいる
はずなのに、周りの強引な行動にズルズル引きずりこまれてしまう気弱な性格を
高感度いっぱいに演じています。
共演の友人達もそれぞれ個性的に演じ分けがされていて脚本、演出の緻密さが伝わります。
大口謙吾さんの学ランにリーゼントなど絶対他の作品では見られないファッションも新鮮です。特に徳山秀典さんの表情の細かい動きや役作りが必見で、少年時代から大きく成長した演技に驚きを感じました。


天使 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
好きな映画です。深田恭子が無邪気で屈託のない天使をナチュラルに演じています。
台詞をなくしたことで空気感のある天使の存在が引き立っています。すごい使命がある訳でも
なくどこか小動物的で思いつきで行動しててとっても不思議な存在です。物語の中に登場する
人物と天使の関わり方がそれぞれ違っていて面白かった。天使が見えてしかも空を飛んじゃう
女の子もいれば、ただそばにいるだけで心が和んでいく姉妹とか・・見えなくてもどこか影響を
受けていく。

特に好きなのが「天使のキッス」。KISSをされた人は、病気が治ったりとか直接的に救われる
ことはなくて、気持ちの中にちょっと元気や優しさを注入するだけ。あとはゆっくり自分で気
がついて元気になっていく感じ。魔法使うみたいなスーパーな天使ではありません。

天使を見ることが出来ないいじめられっ子の女の子が「今日はとっても調子がよくて・・
周りから何を言われても平気って日がある・・きっと天使さんがそばにいてくれるんだよね」
という台詞が好きです。彼女が天使を見れない理由は見なくても感じることが出来るからなん
ですね、きっと。疲れた時にゆっくり観たい優しい映画でした。








天使(スマイルBEST)

死者の学園祭 限定プレミアムBOX

(購入者の評価)
どちらかと言うと“深田恭子さんの初主演映画”と言うアイドル映画的なスタンスの作品ですが、原作の『死者の学園祭』と比べると酷ですが…シナリオを比較しなければこの作品はそこそこの出来です。原作ファンとしてはストーリーも仕方のない事ですが当時高校生であった深田さんの演技力の拙さはやはり感じ、内容も原作と比較すると何処か未消化な感じを受けますが…ある程度妥協して見る事が出来れば未消化ながらもそこそこな作品ですね。この映画の見所は個人的には深田恭子さんの初々しい演技やこの世代の持つ爽やかさよりも、加藤雅也さんの演技ですね。普段弁護士系の役柄を演じられる加藤さんとしては、高校教師と身近な感じで良かったなと思います。

スクール・ウォーズ HERO

(購入者の評価)
 青春スポーツものの典型といってもよい作品なのですが、それが実話をベースにしていると知ったときに受けた感動を僕は忘れることができません。この作品の美しさは、その物語を伝えようとする人たちの熱い思いに由来するのでしょう。
 人は誰でも自分自身に納得したいし、誰かに認められたり、大切にされたいものです。そして、そのための努力をきちんと積み重ねることができれば、やがてその人もまた誰かを大切にできるようになります。
 この作品に登場する学生たちは、正面から自分に向き合おうとする一人の教師との出会いによって、こうした努力の尊さ、そして真っ直ぐに生き抜くことの素晴らしさを知ります。だから、僕はこれはとても普遍性のある物語のように思うのです。
 「One for all, All for one」はラグビーだけのことではなく、僕たちの人生の様々な局面、そして社会の全ての場面において大切なことだと思うのですが、この作品を観ながら僕は改めてそのことを胸に刻み直しました。


深紅

(購入者の評価)
 内山理名、水川あさみ、緒形直人と役者がなかなか良くて、ストーリーにも緊張感があり、秀作だと思いました。
 冒頭はダリオ・アルジェントの「サスペリア」ですね。堀北真希が高速のインターのトイレで鏡を見ているところなんかは、モロにホラー映画の演出です。このとき、堀北真希は自身の家族が大変なことになったという状況なのに、曖昧な笑顔を見せます。このあたりはとっても良かったです。ここはストーリー上、後につながる重要な場面なのですが、変に泣き崩れるような設定になっていないのが素晴らしいです。曖昧な笑顔は意味があるような、ないような感じで、ホラー映画的な演出とともにサスペンスを盛り上げます。
 その後、堀北真希が成長して内山理名になって、自分の家族を殺して死刑が決まった緒形直人の娘、水川あさみに近づいていくのですが、内山理名が声高に恨みや憎しみを叫ばずに、内に秘めているところも良かったです。実際に水川あさみと会ってみると憎しみながらもどこか惹かれていったりして。実際にはこのような展開にならないとは思いますが、フィクションとしてはとても面白い関係です。
 2人の心理のバランスの微妙さが、ストーリーの中でうまく語られていると思います。だまされてキレる緒形直人も良かったです。血だまりに緒形直人の顔が映る場面は「サスペリア2」、つまり原題の「ディープ・レッド(深紅)」にも同じ場面がありましたね。
 ただ、アルジェントばりにときどき妙な場面があるのが気になりました。屋上かと思ったら水が下から押し寄せてきて、海辺みたいになったり。こういう場面があってもよいのですが、ホラー映画ではないので、全体のバランスからややはみ出ております。
 ラストのキスシーンはいいんですけど、周りをカメラがグルグル回って撮るという演出はどうでしょうか。ちょっと疑問もありますが、最後まで緊迫感があって見応えのある作品だと思いました。


精霊流し

(購入者の評価)
ヴァイオリンの勉強のために長崎から叔母のいる鎌倉に預けられる主人公。
電車の窓から、手を振りながら併走する母の姿。このへんでうるうる来てたら、
一気に主人公が大学生になり、ヴァイオリンに触れもせず、無気力に暮らすシーンに…。

坂口憲二主演のNHKのドラマに比べると、展開が速く、急ぎ足の印象。
これだけの内容を二時間程度の映画に収めるのは少々無理があったのでは?
いや、無駄なシーンはそぎ落として、見せるところを魅せるという制作意図かもしれない。
ただ、気恥ずかしいくらいの告白シーンは、(これって、さだまさしの自伝を基にしてるはずだよね?)
なんて考えていると、やや違和感が残る。

それでも、映像は美しいし、実話から生まれた音楽が流れるし、圧倒されてしまう。
「自分の心に正直に生きていれば苦しい事もある。だけど決して不幸にはならない」
という叔母さんのすがすがしい生き方が素敵。
その生き方に共感できず反発していた主人公が、実は誰よりも大きな愛に
包まれていたことに気づくシーンは、台詞が少ないだけに、ジーンとくる。

親の子を思う心、子の親を思う心、色々な人とのつながりが切ないほど伝わってくる映画。


どんど晴れ 完全版 DVD-BOX3

(購入者の評価)
こんなドラマで感激なんて出来なかったし、ありがちなパターンの作風に、容易に先が読める内容なので、面白味が無かったし、こんなドラマでおもてなしてくれたNHKには悪い意味で頭が下がります。

なんにせよ、このドラマを見て、悪いとは思っても、良いと思った事は一度もないし、NHKもこういう内容ばかり最近創っているなと思います。


シナリオ登龍門2003 「なつひかり。」

連続テレビ小説 どんど晴れ 完全版 DVD-BOX2

(購入者の評価)
いくらドラマだからって、最後の方にゴチャゴチャ外資本業者が乗り込んできて・・・という現代の日本事情を持ち込んではいても、メチャクチャになっているし、変な意味で盛り上げようとして空回りした感じです。

それ以前に、老舗でもあんなボロ旅館がターゲットに入るとは思えないし、NHKもよくもこんな俳優だけが豪華な薄っぺらいドラマで2007年の朝の食卓をおもてなしてくれたと思います。


死者の学園祭

(購入者の評価)
 高尚なサスペンスを狙っているのだか、いないのだか、脚本、演出が平板過ぎ。ヤマなし、タニなし、どうでもいいオチでした。
 友人が次々死んでいくのに「次はワタシか?」という緊張感もなく、ただただうろうろする主人公。3人も学友が死んでいるののに、あわてずさわがず、「劇を上演しようじゃないか。」と唱和してしまう演劇部員達。ものすげーー違和感!!!本来ならこの演劇部、活動停止か解散になってもおかしくないのに。
 怪しい外人教師、消えたフロッピー、謎の転校生、深夜に密談する覆面の男達など、思わせぶりな事件を並べながらも、それらがまったく生きていません。真相もなんてことなく、真犯人さえ、別にどうってことのない人物です。
 おそらくこの作品は、『死んだ友人の書いた劇を上演することで犯人を暴く』という江戸川乱歩的な『劇場型推理』を狙って制作されたあげく、撃沈してしまったモノでしょう。


天使 プレミアム・エディション (限定生産)

(購入者の評価)
期待してたよりフカキョンがかわいくなくて
ちょっとがっかり。
もうちょっとメイクさん力入れて欲しかったなーという感じ。

最初はセリフなしなのは
つまんないかなと思ったけど、
これはこれで面白い試しみだし、よかったと思う。
もうちょっといろんな点で
改良できるところは多々あったとは思うんだけれど。

ちーちゃんとフカキョンの散歩のシーンが
一番の難。
何がはじまったのかと思ったし、
映画の質を下げてるだけのような。

でも、全体的にはよくまとまってるし、
何がいいたいかよくわからんような前半とは一転、
それぞれのエピソードにちゃんとオチがあったし、
少しほろりと出来たのでヨシとしようw


モーニング娘。新春! LOVEストーリーズ

(購入者の評価)
三話のオムニバスになっているのですが、お気に入りは石川梨華主演の『はいからさんが通る』です。
彼女の演技力には前から注目していましたが、見事に主人公の花村紅緒を演じきっていました。大正ロマン溢れる作品であり、時代風景にマッチした梨華ちゃんがいとおしく想えました。
余談ですが、後藤真紀主演の『伊豆の踊り子』で、保田圭が叩かれるシーンで笑ってしまったのは私だけでしょうか?


>> つづきをみる

楳図かずお恐怖劇場 「蟲たちの家」 & 「絶食」セット

(購入者の評価)
 楳図先生の作品の中から厳選され、映画化された作品DVD化したものの一つです。
どっちかというと蟲たちの家は楳図先生の不陰気を出せたと思います。絶食は妹と自分を重ねていたという楳図先生の原作とずれているところが少しあります。
          ですが娯楽商品気分で一般の人が買っても楽しめるという商品ではありません。
  ですからまずレンタルビデオを一回見てから決めることがおすすめです。


acteur(アクチュール) No.3 (2006 NOVEMBER) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

スクール・ウォーズ HERO

(購入者の評価)
 青春スポーツものの典型といってもよい作品なのですが、それが実話をベースにしていると知ったときに受けた感動を僕は忘れることができません。この作品の美しさは、その物語を伝えようとする人たちの熱い思いに由来するのでしょう。
 人は誰でも自分自身に納得したいし、誰かに認められたり、大切にされたいものです。そして、そのための努力をきちんと積み重ねることができれば、やがてその人もまた誰かを大切にできるようになります。
 この作品に登場する学生たちは、正面から自分に向き合おうとする一人の教師との出会いによって、こうした努力の尊さ、そして真っ直ぐに生き抜くことの素晴らしさを知ります。だから、僕はこれはとても普遍性のある物語のように思うのです。
 「One for all, All for one」はラグビーだけのことではなく、僕たちの人生の様々な局面、そして社会の全ての場面において大切なことだと思うのですが、この作品を観ながら僕は改めてそのことを胸に刻み直しました。


深紅

(購入者の評価)
 内山理名、水川あさみ、緒形直人と役者がなかなか良くて、ストーリーにも緊張感があり、秀作だと思いました。
 冒頭はダリオ・アルジェントの「サスペリア」ですね。堀北真希が高速のインターのトイレで鏡を見ているところなんかは、モロにホラー映画の演出です。このとき、堀北真希は自身の家族が大変なことになったという状況なのに、曖昧な笑顔を見せます。このあたりはとっても良かったです。ここはストーリー上、後につながる重要な場面なのですが、変に泣き崩れるような設定になっていないのが素晴らしいです。曖昧な笑顔は意味があるような、ないような感じで、ホラー映画的な演出とともにサスペンスを盛り上げます。
 その後、堀北真希が成長して内山理名になって、自分の家族を殺して死刑が決まった緒形直人の娘、水川あさみに近づいていくのですが、内山理名が声高に恨みや憎しみを叫ばずに、内に秘めているところも良かったです。実際に水川あさみと会ってみると憎しみながらもどこか惹かれていったりして。実際にはこのような展開にならないとは思いますが、フィクションとしてはとても面白い関係です。
 2人の心理のバランスの微妙さが、ストーリーの中でうまく語られていると思います。だまされてキレる緒形直人も良かったです。血だまりに緒形直人の顔が映る場面は「サスペリア2」、つまり原題の「ディープ・レッド(深紅)」にも同じ場面がありましたね。
 ただ、アルジェントばりにときどき妙な場面があるのが気になりました。屋上かと思ったら水が下から押し寄せてきて、海辺みたいになったり。こういう場面があってもよいのですが、ホラー映画ではないので、全体のバランスからややはみ出ております。
 ラストのキスシーンはいいんですけど、周りをカメラがグルグル回って撮るという演出はどうでしょうか。ちょっと疑問もありますが、最後まで緊迫感があって見応えのある作品だと思いました。


>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4