内田裕也

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 
内田裕也 おすすめDVD 内田裕也 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
JOHNEN 定の愛

ブラック・レイン デジタル・リマスター版 ジャパン・スペシャ

(購入者の評価)
舞台を日本にしたにも関わらず、日本の情景は小道具、舞台設定と勘違い多く、
アメリカ人の描く日本に違和感多数有り。松田優作の存在感、アクションは特別に
印象的で評価を高くしたが、映画自体は普通のアクション物。リドリー・スコット
らしい映像美もいまひとつ。
今となっては、後に松田優作にもっと活躍して欲しかったと思わずにはいられない。


ブラック・レイン

(購入者の評価)
松田優作のハリウッド進出と共に遺作となってしまった作品。主演のマイケル・ダグラスやアンディー・ガルシア、日本のトップスターの高倉健を差し置き、圧倒的な存在感とふてぶてしい演技には久々に興奮させられた。特に最初に画面に現れたレストランでの偽札の原版を奪うシーンはレストランに居合わせた客と一緒に緊張感を味わった。日本での大規模なロケで話題となり、興行的にも大ヒットした映画ではあるが、ストーリー自体には大した面白みもなく、バブルで鼻息の荒かった日本が世界的に脚光浴びて、日本を舞台にした映画が多く作られた時代の作品という印象が強い。

赤目四十八瀧心中未遂

(購入者の評価)

臓物の串刺し
冷蔵庫に保管された辞書
不自然に青い空
刺青
夜顔
愛のないSEX
コインロッカー


この映画には<死を連想させるアイテム>がたくさん登場する。モツを串刺しにする時や刺青マシンで肉を削る時に生ずるピチャピチャという耳障りな音にさえ死臭が漂っている。作家崩れの漂流物・生島役に<さしすせそ>を旨く発音できない俳優をキャスティングした点にも、監督の作為が感じられるほどだ。

作品全体が<死>の気配に包まれてはいるが、ルイ・マルの「鬼火」のようなドスンとくる暗さを不思議と感じない。それには、天性の明るさが染みついた大阪に近い立地と荒戸監督の気質が影響しているような気がする。赤目四十八滝という場所も、関西地方の人ならば誰もが知っている観光スポット。けっして華厳の滝のような自殺の名所ではない。

自分の居場所をみつけられない男は、地縛霊のごとく尼に住み着いている人々からも結局は追い返され、再び死に場所を求めてさまようことになるのだろう。蝶を追いかけて見知らぬ場所まで辿り着いてしまった少年のように。


ヨコハマBJブルース

(購入者の評価)
一部ではカルト的評価を受けているが、やはりマイナーなのはそれなりの理由があって、[判る人には判る]的な舌ったらずな説明不足の描写にストーリー、キャラクター。
主役が気持ち良くなる為だけに作られた映画。


ワンステップ・フェスティバル1974

(購入者の評価)
激レアDVD!ジュリーと井上バンドカッコイイ!!本当ジュリー歌うまいわ?英語の発音もGOOD!!岸部一徳わかい!ちゃんとベース弾いてる。内田裕也はツービート時代のたけしに似てる。歌は…プロデューサーとしては最高の人。ジュリーは色々な人に支えられてスーパースターになったんだね。ワイルドワンズの加瀬さんも写ってる。追憶は鳥肌もの!文句言ってる人の声がテリー伊藤そっくり。CDも買ったけどキャロルが入ってないのが残念。70年代最高!!

水のないプール デラックス版

(購入者の評価)
結論からいうと裕也さんの充実した傑作3部作の始まりです。
このあと『10階のモスキート』『コミック雑誌なんかいらない』に続きます。
裕也さんでしか表現しきれない、日常の平凡さの仲に潜む人間の歪んでしか表現できない
悲しさ、滑稽さ、そして狂気さを描き出しております。
ぎりぎりのところまでその感情を引きずり、爆発させる過程は
従来の日本映画のなかにはなかったひとつの原型をつくりだしたと思わせます。
そしてそれをなし得たのはやはり裕也さん、という個性のなせる技なのです。
鈴木清順監督ではありませんが
もっと高い評価をあたえる古典的作品です。1家に1枚、内田裕也。


赤目四十八瀧心中未遂 プレミアム・エディション

(購入者の評価)
男にとっては行為における至上の到達点として存在する「死」が、女にしてみれば分断された一回ずつの「添え物」を青天井の性欲により先鋭化しただけのことに過ぎない。
別に利口ぶって理屈をこねなくても、性行為を伴う2?3回の恋愛でウンザリするほど思い知らされるこのどうしようもない事実を、延々三時間の長尺で淡々と描かれても困ってしまうのだが、この辺どうなんだろう。別に邦画を格付けする偉い人たちが色事にウブであるとも思えないのだが、何がこんなに高評価ですか。
寺島しのぶの存在か、とも考えるのだが、アレをアレするだけでアレだというなら、日本AV界のキカタン女優には寺島氏以上の評価を受けて然るべき人材がゴマンといる。色気がある、とどれだけ言われても、私の知る限り「寺島しのぶ、妖艶なり」と評する方は決まってジェンダーが女性であり、なおかつ特有の共通した傾向(明記は避ける)があるため、客観的事実としては迂闊に信用できないのだ。
結局「なぜ」に立ち返ると、その理由には某女性劇作家に某権威ある文学賞を取らせたムーヴメント、すなわち日本のある種の人たちが持つ「ある種の人々の猥雑な生命力に対するコンプレックス」が根底に流れているのではないか、と思えてくるがどうだろうか。ある種、日本のジェンダーフリーについて考えさせられる。
最低ではないので☆ふたつ。トイレの我慢がキツかった。


ブラック・レイン

(購入者の評価)
日本人が悪役だけれど日本の良いところも出ていると思います。極道の仁義、名誉、伝統、しきたり…。やくざにはいいイメージはありませんが共感できるところはありました。映画だけれどただ悪いことばかりではないのだなと。松田優作や高倉健がマイケルダグラスやアンディガルシアに劣らない演技をしていて、5回は観ていますがその度に感心させられます。僕は今の日本は嫌いで、アメリカの方が好きだけどこの映画は日本も負けてないなって思います。



十階のモスキート デラックス版

(購入者の評価)
先ず、ビートたけし演ずる競艇予想屋の身振りが素晴らしい。
ほかに娘役の小泉今日子が喫茶店で父から銭をせびる空虚さもいいが、
やはりラストの郵便局襲撃こそ映画史に残る名シーンだと私は思う。


エロティックな関係 デラックス版

(購入者の評価)
パリでのオール・ロケーションがこの映画の一番の見所かも。そのパリの風景の中に、宮沢りえ、ビートたけし、内田裕也の異色の三人が映ることで、タイトル通り「エロティックな関係」が感じられた。公開当時も豪華なキャスティングとして注目されたが、時が経った現在に同じ顔合わせで演じてもらいたいと思う。若い宮沢りえが美しい。

IZO

(購入者の評価)
この映画の真意は、最も簡単な言い方をすると、岡田以蔵の「霊界(正確に言うならば、レン獄又は幽界、中有界と言ったところか、、。)物語」であって、彼の死後、修羅地獄を彷徨い、最後に天界(一般的に言うと成仏)への導きがあるにもかかわらず、それに「乗れず」再びこの「迷界(娑婆世界、あるいは修羅世界)」に転生するという話のように思われる。その仕組みを理解しながら観ていると、やはりこれは傑作と言わざるを得ない特別な作品のように思う。確かにあまりに殺陣シーンが延々と続くので非常に疲れる部分もあるが、それ自体が、修羅地獄という世界の描写なんだと思う。ある種『エルトポ』的な、完全にカルトだが傑作であること疑いなし。

嗚呼!おんなたち猥歌 デラックス版

(購入者の評価)
面白い。裕也はモロにハマリ役だし、安岡力也のマネージャーもイイ。
神代辰巳監督は、本来的にはちょっと枯れた(というかニヒルな感じの)作風の人なんだけど、これは例外。エネルギッシュかつ良い意味でぶっとんだ映画であり、おそらく同監督のキャリアの中では最もストレートな娯楽性の出た作品だろう。
脚本は荒井晴彦。


ブラック・レイン

(購入者の評価)
役者の名演が本当に素晴らしい。
それと同時に、リドリー・スコット監督の演出と音楽を担当したハンス・ジマーが
力を発揮している。
日本が未来都市にみえた。
それもそのはず、監督のリドリー氏は、かつて「ブレードランナー(ハリソンフォード主演)」でメガホンを
とった。
思い起こせば、あの映画の未来都市は、アップグレードしたアジアの都市といった感じだった。
日米の文化相違点をスクリーン上で描いたところも注目できた。
主演の松田、高倉、マイケルもよかった。
脇を固めた、内田裕也、ガッツ石松、安岡力也などの好演にも惹き付けられた。
残念なのが、後半のマイケルと松田の格闘シーン。
それまでしっかりした作りだったのだが、荒削りな感じがした。
当時の映画情報誌などによると、予算がかなりオーバーしたため撮影に日数が掛けられず
納得いく映像が撮れなくとも、撮影を打ち切ったという。
大好きでかなり影響を受けた映画だけに残念でした。


IZO<特別版>

(購入者の評価)
通常版で全く不愉快というレビューに19人中10人が参考になったというのがおもしろかった
映画の内容は特にゼロにして本当の以蔵は人を斬り続けながら胴体と下半身を真っ二つに引き裂き突き抜けた先に何を見ていたのかがしりたい・・・
映画は以蔵が人を斬って斬って斬って30分弱くらいでもうキルビルの後半戦くらい斬ってたんちゃうかってくらい内容濃かった
そして最後に何を斬ろうか?っていう
映画はキャストが凄すぎ
かつてここまで強力なメンバーの作品があっただろうかってくらい
そこまでメジャータイトルでもないのにどの出演者ひろっても主演で映画作れるだろって人出すぎ
とても贅沢な一品でした


13人連続暴行魔 (レンタル専用版)

(購入者の評価)
この作品の素材は、アメリカで実際に起こった殺人事件である。
だが、この映画は寧ろテロリズムに関する作品として捉えたほうがいいと思う。
金も無く、身分も無く、風采の上がらない一青年が、社会に対して叛逆を企てるのだ。
無論ピンク映画なので、狙われるのは団地妻や婦警といった女性ばかりだが、本質は「アルジェの闘い」などにおける爆弾闘争に近いと思う。
興味深いのが、女性画家の登場する場面である。彼女は主人公の住む町並みを「きれいだわ」と表現するが、これは難民キャンプを見て「きれいだわ」と言うようなものだ。主人公の逆鱗に触れるのは当然である。ここには製作者の風景論が織り込まれている。

この映画のテーマを、単純に「勝ち組」と「負け組」の闘いとして捉えてもいいし、パレスチナ問題とのアナロジーを考えてみてもいいだろう。若松監督の、かの地に対するこだわりを考えれば左程不自然な発想ではない筈である。
ラストの一連のシーンは、本当に凶悪なのは誰なのかということを如実に示している。「社会はクソったれだ」という、若松映画の永遠のテーマはここでも踏襲されているのである。


すてごろ~梶原兄弟激動昭和史

さらば愛しき人よ

ブラック・レイン 劇場公開15周年記念ジャケット

(購入者の評価)
悲報は公開直前だったでしょうか、それとも公開してすぐだったでしょうか? 夜だった? 翌朝はスポーツ新聞を全紙買いました。かなりページを割いてました。それまで一人では映画館に入ったことがありませんでしたが(一人って何か恥ずかしかった)これは速攻で行かなければいけないような気がして、初めて一人で見た、しかも初めての立ち見でした。かなり大きな映画館だったのに、座席と座席の間の通路(階段)も、ずらーっと地べた座りで埋まっていました。もうみんな始まる前から、無口なんだけど熱気がある感じ。みんな一人で駆けつけた方ばかりのようでした。というか、なんかこれだけは一人で見たかったんです。うまく言えませんが、みんなもそんな感じだったように思います。みんなの好きな松田優作(ほとんどの兄貴格)がスクリーンでハリウッドスターと対等に渡り合っている、いやっ、一番存在感あるじゃないですか! 内容は省略です。・・・映画が終わったとき、物凄い大拍手が沸き起こりました。それはもう自然に同時に一斉に、だれもかれも私も、思わず手を叩いていたんです。映画で拍手が沸き起こったのも初めての体験でした。感動しました。よくやったぞ!というような拍手に感じました。なんかみんな誇らしげでした。その後セルビデオは擦り切れるほど見ています。サントラも好きです。いつもは最後に死ぬ役ばかりだったのに、パート2も考慮に入れつつ、らしからぬ感じで、最後に死なないパターンをやったら、本人が死んでしまったんですよね。思い入れが強いんで星4プラス1です。冷静に評価出来ません。でも時々無性に見たくなるんです。

コミック雑誌なんかいらない デラックス版

(購入者の評価)
芸能人の私生活をのぞき見たい視聴者。暴きたい芸能レポーター。
80年代中盤ごろが一番行き過ぎてました。

このスキャンダリズムに疑問を持ちながらも、これもジャーナリス
トとしての仕事だ、とある意味自分を騙して猛進していく内田裕也。
不器用で疲れている中年男の情けなさと色気を見事に体現しています。

三浦和義、殿山泰司、安岡力也が短い出演ながら、好演。




>> つづきをみる

ぼくのしょうらいのゆめ

(購入者の評価)
 新聞でタイトルを見てすぐ買いました。中身はともかく最近こういうタイトルに弱いんだよね。
 登場する方々は大体僕と同じくらいの世代の人たちで、それぞれユニークな分野で成功していて今は安定している。皆異才を放っているけれども、昔は苦労している人が多いね。戦前生まれの人たちは特にものすごい社会的な変化とか悲劇を体験している。僕を含めて戦後生まれの人には出来ない経験をしている。
 皆小さい頃から好奇心旺盛で、自分の興味に忠実で、ある人は自分に対して実に頑固でさえあった。自分も振り返るとそういうことが昔は許されたし普通だったんだな、と懐かしく思う。最近まで、高度成長期の影響が大きかったと思うけど、中流家庭が増えて人々の夢が画一的で人間的なユニークさをなくしてしまうようなところがあった。でも、今後はまた個性とかユニークなものとか、人間的なオモシロさとかが普通になってくる社会を期待したい。
 僕は、固くて柔軟性の無い半ば強制的な社会よりも、柔らかさがあって個性の発揮を重んじもする社会の方がずっといいと思うし、その方が皆んなもっと生き易い思うんだ。
 そんなことを考えさせてくれた一冊でした。


音楽をどう生きるか―内田裕也対談集 (1974年)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4