内野聖陽

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 
内野聖陽 おすすめDVD 内野聖陽 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ゴンゾウ〜伝説の刑事 DVD-BOX

(購入者の評価)
「風林火山」で内野聖陽に興味を抱き何気に見始めましたが、回を追うごとにはまっていきました。前半を録画していなかったことをどれだけ後悔したことか・・・。DVD-BOX化でしっかり見直します。
「風林火山」関連のキャストもレギュラー・ゲストに数多く出演されているのでそういう意味でもオススメです。


蝉しぐれ

(購入者の評価)
ちょうど3年ほど前の年末に放映された連夜の再放送で見てはまり、これ以降藤沢さんの小説をむさぼるように読みました。
これは凄いドラマです。

ストーリーは下級武士の文四郎と隣の少女ふくとの淡い恋を軸にしながら、藩政の陰謀、友情、剣、親子の親愛が描かれているのですが、これらが見事に調和して奥行きのある物語を作り上げています。
この原作も素晴らしいのですが、このドラマは原作と比べても遜色のない、ある意味それ以上の出来栄えとなっています。
登場人物達の目には緊張感があり、視線を交わすだけなのにそこに抑えた深い情愛を感じ、短い言葉ひとつで亡き父への思いを表したり、見事な殺陣にも驚かされてばかりです。

同作品は映画化されていますが、絶対にこちらの方がお薦めです。
時代劇はもちろんここ最近の映画やドラマでこれを超える作品には出会っていません。
食わず嫌いの方にもお薦めできる、本当に良い作品でした。


SHINKANSEN ☆ NEXUS vol.2 「Cat in the Red Boots」

(購入者の評価)
PVじゃないDVD買ったのは初めてです('∀`q)
DVD買う程好きになった芸能人はいなかったけど斗真君で買っちゃいましたw

リノ君からファンですがリノ君終わった後露出がなかったので悩みながら購入決意!

けど成功でした★
舞台初めて見たのですが面白かったです(パ∀?*))
殺陣も迫力ありました!

特典映像も充実で買って損なし♪


真田太平記 第弐集

(購入者の評価)
真田=幸村の方は、是非この作品を最期までしっかり観て下さい。
真田一族(昌幸から始まる世代)の生き様が、描かれています。
また配役が素晴しい!
真田家がいかにして、戦国時代を生き抜いたのか。幸村だけが、
特筆されるものが多い中、昌幸・信幸の存在感をも描かれた、
稀有な作品です。
是非最期まで観てご堪能頂きたい、日本で5本指に入るであろう
映像がされた時代絵巻をご堪能下さい。


(ハル)

(購入者の評価)
昨今の深津さんの演技もいいけど、『(ハル)』のほし役(カワイイ!)はとても自然体でいいと思います。森田監督が「最初は文字だけで映画をつくりたかった」と言ってるように、ある意味主役はパソコンの文字であり、心情を語り、エピソードを積み重ね、狂言回しの役割を担っていることが、逆にハルとほしの場面にリアリティを与えているように思います。事実上のクライマックスである新幹線のシーンも印象的だけど、ほしがおしながきを書いてたり、村上春樹、宮沢賢治の愛読者だったり、天気予報の電光掲示板等のディテールもすごく印象に残ってます。でも何と言っても「メールが一通届いています」、その後のほしの表情がこの映画の全てのような気がして、ハルがノートパソコンを抱きしめるようにしてソファーに寝転がる姿が全てのような気がして、またこの映画が観たくなってしまうのです。私もこの映画に出会えてよかったです。

NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第弐集

(購入者の評価)
怒鳴りつけられるのも殺すと脅されるのも一般人は怖い 劇中 自分自身の正しさを泰然と 全身全霊で熱意を内に秘めて体現する勘助は 目上で決定者の景虎も今川義元も小者に見せてしまった 甘利の「戦とは(中略)何を守り 何を失うかじゃ」わたしは戦を人生に置き換えた すると 人生を簡潔に 多義的に いさぎよくまとめた格言となった
晴信を子供の時から見守る女たちも当時の女人像を保ちつつも自分らしかった 三条夫人は公家の姫の おっとりとして 勝気として夫を支え わが子を案じ 大井夫人は実家の敗北も武田の中興も目の当たりにしたことが持ち前の寛容と洞察力を深めたのだろう
小山田と美瑠姫は ともに自己愛が強く手段選ばずの似たもの同士ーー半身だが 小山田は自分が愛しているほどには美瑠は自分を愛していないと気づいていた 言動とドラマが切り取った状況からすると美瑠は わが子に先立たれたため自分の立場が不安定になったことと またしてもの敗北感から小山田を殺害したのだろう 貪欲でみえっぱりな女にとって官能は救済ではないのだ 不動明王を前にした大井夫人「わたくしは あらゆる欲 あらゆる見たくないものを見て参りました もはや何も恐れるものはございません ただ一つ あなたさまのみ心だけは はかり知れないのでございます」性別も世代も超越した悟りと懐疑 由布姫に対しても
敗北者の娘とか 自分も実家を武田に滅ぼされて親の仇の子を産んだとか一言も言わず
「そなたは いつまでも諏訪の姫のままで よいのです」と本来の生まれを認める
甘酒事件も由布姫を諏訪に住まわせることで丸く収め 諏訪衆の支持を保った
大井夫人は もう一人の主役だったのではないか
古きよき日本人と こわれゆく現代人が武田軍団のなかで共存共栄し 弔いあい 戦略 機転
伝統を培うという意味で 五百年前が現在に迫りくる


黒い家

あかね空 特別版 (初回限定生産)

(購入者の評価)
素晴らしい映画でした。一組の家族の人情が次の家族に受け継がれてゆきます。人が生きているのは自分だけではなくいろんな人の思いやりが支えになっています。そんなことを思わせられました。江戸深川の長屋町。落語の世界でしか味わえないような人情話が見事なばかりの絵になっています。家族同様に生きる長屋の人たちの姿。受けた恩を一生大事に慎ましく生きる夫婦の姿。これが日本なんだな、と思います。江戸時代の人たちはこんな風に暮らしていたんだな、とセットなども興味心身でした。企画、製作、脚本に篠田正浩さんのクレジットがありましたが、CGの大胆な使い方など篠田氏のアイデアなのかな、と思います。キャスティングも本当に良いです。内野さんの二役。そして中谷美紀さんはここでも凄いです。勝村さんも良い味でした。中村梅雀さんは、貫禄ですね。

不機嫌なジーン DVD-BOX

(購入者の評価)
ドラマはリアルタイムで見ていたのですが、DVDを購入したのは2007年の年末、ドラマの始まりに設定されていた時期です。なぜかずっと心に残っていたドラマだったので、確かめるような気持で、見ました。最近も諫早湾のニュースがあったので、また見直してみましたが、何度見ても、新鮮な楽しみがあります。なぜ、このドラマにこんなに魅力を感じるかというと、人って理屈じゃないんだよな・・・それこそ遺伝子に支配されているとしか考えられないような行動をとってしまう、そういうところすごくうまくドラマにしているからではないかなって思うんです。
竹内結子さん演じる主人公の仁子が最高。「女の子だったら誰しもおしゃれや恋愛や結婚やそういうことに興味があるはず」という決め付けから外れて、子供のころから虫が好きで、そのままの興味を育てて研究に打ち込む、媚びない女の子。だから彼女が恋愛するときって、それこそ遺伝子が働いたとしか考えられないやむにやまれない惹かれる気持ちが起こったとき。だけど、教授に対しても、健一君に対しても不器用で、上手に続けていくことができない。健一君との恋愛の始まり、大好きで楽しくてっていう時期、そしてどうしようもなく壊れていくところなんて、身につまされました・・・。
いろいろな要素がいっぱいあるけれど、誰しも人間には多面性があっていろいろなこと抱えているんだよということの象徴になっている感じです。ともかく、脚本がすばらしく、素敵なセリフも多くて、教授も研究室の人々も神宮寺も勝田もみんなそれぞれに魅力的。でも私はやっぱり、媚びない女の子、仁子ちゃんバンザイと言いたいです。




蝉しぐれ プレミアム・エディション

(購入者の評価)
原作もドラマも映画もみました。
ドラマも映画も、どちらも良さが出ていたと思います。

ドラマは登場人物に深く入り込み、自分がその時代にいるように感じました。
映画のほうは、遠くから眺めるような感じ。遠い時代を懐かしむように思いました。

端折っているとのご指摘もありますが、映画にする以上良い作品とする為にはテーマと余り関係ないところは入れない必要があると思います。その点この映画ではうまくまとまっていたと思います。

岩代さんの音楽は特に印象的で素敵でした。


NHK大河ドラマ 風林火山 総集編

(購入者の評価)
やはり時系列だけ要約しても面白くない作品だと思いました。

この作品の特徴としては

・第三者の行動によって人間の運命が変わってくる
・何気ない人物の言動がかなり時間の過ぎた出来事の伏線になってくる
・脇の登場人物が魅力的でありこの人物の運命とともに出来事が大きな意味を持ってくる

これらの事を総集編ではバッサリ切っているのが致命的です。

さらに主要人物のかなり重要な台詞もいくつか切られている為、
感情移入しにくく平坦な作品になっています。
戦国物のドラマですが勘助を中心にした人間ドラマがメインのドラマである以上、
時系列だけ並べても元々の作品の魅力の十分の一も出なかったということですか。
全話DVDがレンタルとして商品として普及している以上、
大河ドラマ総集編も存在価値がなくなりつつあるのかもしれません。
正直言ってお勧めできません、最低限の「風林火山」入門編として星一つ。

本当は第一話から予備知識無く一気に最後まで見るのが醍醐味です。


NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第壱集

(購入者の評価)
私は前半が面白かったです、というより前半の勘助の姿勢が好きでした。勘助が血にまみれ、泥にまみれ、出世欲にまみれ、生きる事に必死のギラギラした姿に惹き付けられて見ていました。千葉さんが登場しなくなった辺りからGacktさんが登場するまでの話は多少退屈でした。Gackt謙信には賛否両論あったようですが、私もキャストが発表された時は「否」の意見でした。日本画にCGアニメを合成させる様な無茶苦茶な事になるんじゃないかと心配しましたが、いざGackt謙信を見たら(私は多少中だるみ感を持っていたせいか)、Gackt謙信という全く新しい「血」がドラマに加わり、最終回まで楽しめました。信玄の妹役の桜井幸子さんが子供を人質として差し出すシーンは泣きました。脇を固める俳優さんに佐々木蔵之介さんや、佐藤隆太さんなどが居て、私的にはかなり贅沢な大河ドラマでした。

人情しぐれ町 DVD-BOX

昨日の敵は今日の友

(購入者の評価)
7年前?にTVで放送されたドラマですが、質の高いドラマだと思います。
家族愛、夫婦愛、友情...心温まる話です。
ドラマの中で祐一郎さんが気持ちよさそうに歌うシーンがあちこちにあり、ファンにはたまらない1本です。


エースをねらえ! DVD-BOX

(購入者の評価)
テニス合宿にタテ巻きヘアーとオ―トクチュ―ルのドレスで参加するお蝶夫人がたまりませ?ん
着物姿の内野さんも素敵


秘太刀 馬の骨

(購入者の評価)
”秘太刀馬の骨”の使い手を探すため、決闘、また決闘。決闘シーンは
かなりの練習をしたこともあって見応えがあります。
そして、何といっても特典映像の充実さに内野ファンなら満足するでしょう。
メイキング映像のほか、収録最終日に内野さんに1日密着取材をしています。
内野さんの素顔に触れられます。
内野ファン、また内野さんに興味のお有りの方は特典映像だけでも一見の価値
があると思います。
個人的には、素に近い(?)段田さんのお堅い役にも好感が持てました。


連続テレビ小説 ふたりっ子 完全版 DVD-BOX2

(購入者の評価)
当時も好きでこのふたりっ子を観ていたのですが、学校に行っていて観れなかったところも多かったです。なのでこんなシーンがあったのかと新しい発見があってとても楽しいです。

連続テレビ小説 ふたりっ子 完全版 DVD-BOX 1

(購入者の評価)
紅白に出場したオーロラ輝子こと河合美智子、三倉茉奈、佳奈姉妹、「山本勘助」こと内野聖陽。
個性の強いホームドラマでした。もう一度みたい人にはもってこいです。


ラブジェネレーション Vol.1

(購入者の評価)
ありえない出会いで始まる、トレンディドラマの要素が残ったストーリーで、今となっては懐かしく楽しめる。この頃のキムタクはまだいけてたし、主題歌の幸せな結末がとても良い。

ミセスシンデレラ(1)

(購入者の評価)
久々にこのドラマを見ました。
みずほが光にひかれつつも、大きな選択をすることは拒んでしまうせつない前半の部分が好きです。
薬師丸ひろ子さんの演技力に引きつけられました。
既婚者の家にあんなに多くのバラを贈られるというのは違和感があり、好きではありませんでしたが。

以前見たときは、前半のお姑さん、旦那さんに腹を立てましたが、今回は「いやなところもあるけど、悪人ではないんだな」と冷静に見ました。やはり自分が結婚生活を送って、いいことばかりではないと実感しているからでしょうか。

自分自身意外だったのですが、何年も前に見たときよりこのドラマを楽しみました。



>> つづきをみる

ゴンゾウ 伝説の刑事 (朝日文庫 こ 24-1)

(購入者の評価)
ドラマのノベライズって初めて読みましたが、全体的に放映されたドラマのセリフを拾った部分が多く、あまりドラマと大差ありませんでした。
登場人物のバックグラウンドやシーンごとの細かい心理描写を期待して読んだのですが、あまりそのような記載はなく、圧倒的にドラマのほうがよく描かれています(そもそも、ドラマのノベライズはそんなに期待して読むものでもないのかもしれません・・・苦笑)。
ですので、まだドラマを観ていない方は、DVDレンタルor購入してまずはドラマを楽しむべきです。
また、ドラマを既に観た方であれば、ストーリーの流れやセリフの確認程度にはいいと思います。


レプリークBis Vol.8 (HANKYU MOOK) (HANKYU MOOK) (HANKYU MOOK) (HANKYU MOOK)

(購入者の評価)
巻頭を飾る小栗旬と成宮寛貴の対談。
表紙やその中にある二人の写真がとてもいいです。
二人は2004年に「お気に召すまま」で共演し、
2007年に再演をしています。その再演にかける
二人の熱い想いが、語られています。
私は、生の舞台を観たわけではありませんが、
2004年の「お気に召すまま」のDVDを見た後、
2007年の再演では二人がどんな想いをもって
臨んだのかを知りたくて手に入れました。
他にもシェークスピア劇を演じてきた俳優さんたち
が感じるそれぞれの「シェークスピア」が語られて
いて、内容的にも充実しているのではないかと思い
ます。
読み終わった後、劇場でシェークスピアの劇を観た
いと思いました。


acteur(アクチュール) No.8 (2007 SEPTEMBER) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

風林火山 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

(購入者の評価)
評価が高い今年の『風林火山』を楽しめるツールとして、この本を見ています。
前編には少なかった、家臣団のインタビューでは、特に飯富役の金田さんの
「今年の大河はオヤジが熱い」という言葉が印象的でした。
他にも表紙を飾る3人の対談や脚本家のインタビューも読み応え有り。
他の方も仰っている通り、あらすじはほぼ忠実に描かれているようなので
ドラマを楽しみたい方は読まない方が賢明かと思います。


acteur(アクチュール) No.10 (2008 MARCH) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

封じ込められた宇喜多秀家とその一族―豊臣五大老(戦国武将)

時代劇マガジン Vol.16

(購入者の評価)
紹介欄で織田裕二さんの『椿三十郎』を掲載とありましたので
注文したのですが1ページもなく、がっかり・・・
かなり高価な本でも雑誌は返品できないとのことでダブルショックです。
手に取って確認できないだけに内容紹介につきましてはもっと
確実にお願いしたいと痛切に思います。
何の興味もない人のでている本はゴミになるだけです!!


>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4