上原謙

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 
上原謙 おすすめDVD 上原謙 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
清水宏監督作品 第一集 ~山あいの風景~

(購入者の評価)
 「山のあなた?徳市の恋」が清水宏監督の「按摩と女」のリメイクと聞いてまず驚いた。その評価は別にして、同時に清水宏監督の再評価になればと期待していたが、あにはからんや、こうして同監督の作品がDVDになるとはありがたいと思った。
 小津と並ぶ巨匠だったのに、いつしか忘られてしまったのは、はやくに監督をしなくなったことと、海外にも知られずに終わったからかもしれない。
 しかし、子供を使うと右に出るものがいないと言われている。今回はその子供よりも山間の風景を中心にしたものだが、「按摩と女」でも子供をうまく使っている。とにかく自然体を重視した人でわざとらしい芝居を嫌った監督さんだったそうである。また、即興性もあり、ここに収録されている「有りがたうさん」も上原謙に実際にバスを運転させている。危うく事故になりかけたそうだが、それを映画にもさっそく取り上げている。今なら保険の関係はうるさく、こういうことは許されないだろう。


雪夫人絵図

愛染かつら 総集篇

めし

(購入者の評価)
1951年公開作品、主演は原節子、上原謙(息子は加山雄三)、皆さん、書いていらっしゃいますが、日本の聖女とまでいわれた女優、原節子の変貌ぶりにとても驚きました、どこが違うかと言われても困るのですが、それまでも小津安二郎監督作品の清らかな偶像の様な美しさとは異なり、生身の生きた美女というか、妙に生々しい女の色気が充満している様に感じられるのです、不思議な事ですが、本当です、周囲の反対を押し切って激愛の末に結ばれた美男美女、けれど慣れない大阪での転勤生活、5年の月日の間に愛は薄れ、虚しい風を感じ始める妻、東京へ里帰りをするが、終戦間もない時期、苦労をする友人などを見る中、女の本当の幸福とは果たしてどの様なものなのかを考える様になる、題材がとても面白い作品でした。

海底軍艦

(購入者の評価)
昭和39年(もしかして38年?)当時わしは小学校3〜4年生でしたが、東宝特撮映画にもの心ついての最初の遭遇ーファーストコンタクトともいえるべきが、
神宮寺大佐率いる轟天建武隊の海底軍艦でした。
全長150m、排水量1万トン、電子砲、冷線砲、回転ドリルを装備し当時のキャッチコピー(?)は

「空を飛び、陸を走り、海を行く、陸海空万能戦艦・・・空中ではマッハ?、
海中では?ノット、地中では?km・・」(年月が経つので記憶が定かでないため迂闊に数字は記せない)という田舎少年にとっては血沸き肉踊るフレーズで
たしかに、ムー帝国への突入シーンでは伊福部昭の勇壮なマーチとともに

轟天号が艦橋、尾翼、水平翼をシューと艦内に縮め、先端ドリルを高速回転させながら、艦?|-!下弦のなんていうかモグラの足みたいなチェーンソー的な回転索で地中の土をかきいれながら艦尾から排出して前進のシークエンス

 冒頭、芦ノ湖かたぶん富士五湖あたりのどれかと思われる湖から海底軍艦がやはりフル突起物を格納した姿でザーと湖面の水を落としながら垂直上昇して初登場するシーンが今も脳裏に思い出される。
今みてもまさにカッコイーイ! なんとか探し出したい。DVDで発売希望の一品である。
 補足 

小林啓子扮するムー帝国女王も気品があって良く、また東京湾に半漁人に似たモチーフのムー帝国軍人がマンホールの蓋を白煙を吹き上げながら飛ばして続々登場

煙突の見える場所

(購入者の評価)
同じ物事も、視点が違えば、全く違った物に見える。

このテーマを様々な被写体に託し、全編に塗り込めた、漆塗りのような映画。
けっして雄弁にテーマを語るわけではないのに、見終わった後には素直にテーマが心に残っている。
「一見関係のない物を連続して映すことで、それぞれの印象の連結を操作、新たな意味を持つしーんとする。」
これをモンタージュ手法とすれば、この映画はまさにモンタージュ手法の積層だが、小難しい言葉で理解するより、「良くできた隠喩の集まり」などとした方がふさわしい気がする。

話の展開としては結構悲惨で、物語のどの段階からでも単なる悲劇につなげることが出来そうだが、見ていて笑いがあふれ、ほっとする瞬間が多いのは、小津監督のサイレント「生まれてきては見たけれど」に近い感触。

男と女の人生での役割、という視点で見ても、一貫性があり興味深い考察が得られる。

曰く、男は理屈で人生を整理しようとして身動きが取れなくなり、女は感情で回りを散らかしながら、それでも前進していく。

二つの性が、ぴったりと重なるものではなくとも、お互いに掛け替えのない物として機能している姿が、ラストシーン。

一本の煙突なのだろうと、納得した。


新東宝名画傑作選 DVD-BOX VII 名作感動編

山の音

(購入者の評価)
敗戦後、民主化が進み、男女平等が歌われながらも実情はまだまだ男尊女卑、男が本当の意味で思いやりの心を持つのは円熟期に入ってから、他に女を作り、純粋で幼い妻を顧みない身勝手な夫を上原謙が演じる、映画(めし)に続き女優、原節子の夫役だが、今回は脇役に近い、中心的な人物として描かれているのは美しく幼い印象の妻と義理の父親といえるだろう、当時、不評に終わった作品だが、それはハッピーエンドではない事が大きな理由といえるだろう、だが、1954年公開のこの作品には当時の日本の姿が色濃く描かれているといえる。

夜の河

(購入者の評価)
聞くところによると吉村公三郎監督は色盲だったそうです。しかし、そんなとことを窺わせない見事な色彩演出の映画だと思います。色によって人物の心理を描く手法には感服しました。「赤」は情熱を表すもの。踏み切りのシグナル、赤い蝿の顕微鏡写真、赤い花、赤旗等々。ラストシーンはメイデイの赤旗が出てきます。松竹の先輩の小津安二郎監督から観客の口に砂を入れるようなことをするなと言われたとか。左翼運動にシンパシーを感じていた監督の心象を表したものとして逆に興味深いものを感じます。

有りがたうさん

(購入者の評価)
長い間観たい観たいと思っていた作品でした。 公開されたのが1936年2月27日と表記されており、あの2・26事件の翌日―ということになります。 ある一日のバス旅行の行程を描いた作品なのですが、そういった時代の世相が巧みに織り込まれています。 すでに日本で強制労働に従事していた朝鮮人の一行まで出てくるという先見性には驚かされます。 オール・ロケーションという当時では型破りのスタイルで撮影された作品で、伊豆の農村や漁村の情景がきちんとカメラに収められています。 当時のその様な映像と言うのは恐らく他にはないはずで、社会資料的な価値も高いのではないでしょうか。 ストーリーらしいストーリーというのはないのですが、それでもラストのどんでん返し(?)が微笑ましいと思うのです。 観終わってなぜかチョット幸せな気持ちになるーこれこそ清水マジックなのでしょう。 小粋な桑野通子姉さんもいいですね。

72年も前の作品なのですが、映像も音声もクリアーで問題ありません。 これより新しい作品で、雨だれ入りまくり・音声ボロボロの作品もたくさんあることを考えれば、この保存状態は奇跡的と言えるかもしれません。 ボックスセットと同時に単品発売というのも良心的だと思います。 なにしろ山あり谷あり、というドラマツルギーを排除した、しかもそうとう昔の作品なので全ての人にお薦めは出来ませんが、清水ファンや、この時代の日本映画に興味のある方ならこれを見逃す手はないでしょう。 


花咲く港

雪夫人絵図

(購入者の評価)
芦ノ湖(箱根)の外輪山にたたずむ瀟洒な別荘を舞台に物語が進行する。父が他界し、財産という財産をほとんど奪われた信濃の華族出身の女・雪(木暮実千代)。道楽三昧の養子の夫(柳永二郎)は、愛人を囲って散財をやめようとはしない。そんな夫を憎みながらも別れられない<女の性>を描いた秀作だ。

酒を含んだ口で強引に唇をすわれた雪が壁にもたれかかったその時に一輪挿しの花弁がハラリと落ちたり、本当に愛する男(上原謙)から見捨てられた雪が立寄るホテルのテラスで、給仕の間にふと姿を消してしまう心憎い演出などが、いかにも溝口流。女を描いた作品に抜群の冴えを見せる溝口ではあるが、濃厚な濡れ場シーンはほとんどといってなく、むしろ大・小道具を利用した演出によって<女の情感>を描くのが非常に上手い映画監督だったような気がする。

得意分野である京都・祇園をはなれ箱根・芦ノ湖を舞台にした残酷なメロドラマは、ゴテ健のスランプ期にあたる作品として位置づけられるが、日本家屋の構造を知り尽くした抜群の構図や、霧が湖上や野原を覆う耽美な映像が美しい、まぎれもない溝口ワールドを十分堪能できる一本に仕上がっている。


木下惠介 DVD-BOX 第1集

(購入者の評価)
 木下恵介監督作品といえば名画ぞろいです。一度は見たい映画がたくさんあります。
 でも,なんといっても,この価格でドンと出されては,ちょっと手が出ません。
 映像業界の事情というものはよくわかりませんが,こうした販売形式は何とかしてほしいと思うのは,わたしだけでしょうか?


木下惠介 DVD-BOX 第2集

(購入者の評価)
勘違いされてレビューされている方がいらっしゃいますが
本DVD-BOXに収録されている『カルメン故郷に帰る』はカラー版です。
特典映像のDVDに白黒版と、カラー版の予告編が収録されています。


そよかぜ<リンゴの唄>

四谷怪談

新東宝名画傑作選 DVD-BOX7 名作感動編

男の意気

婚約三羽烏

有りがたうさん

(購入者の評価)
 昭和11年松竹作品。清水宏監督。川端康成原作。上原謙主演。

 昭和初期の伊豆地方を舞台に、道行く人とすれ違う時に、必ず
「ありがとう」と声をかける名物運転手「有りがたうさん」の乗
合いバスが駅へ向かう車中での出来事を牧歌的に綴る。松竹110
年祭プログラム。

 まだ自動車が普及していない時代でノロく、しょっちゅう休憩
する。停留所らしきものはなく、道すがら客を拾っていく。伊豆
半島を縦断するのに丸一日以上かかるのである。

 街道には様々な人たちが往来する。旅芸人、酌婦、学生、失業者、
薪運び、馬に荷車を引かせる者等々。乗客も様々だ。エセ紳士然
とした者、都会へ売られる娘、娼婦、行商人etc。軽快な音楽にの
って街道を走るバスとは対照的に、車中には不穏な空気が流れ続
ける。乗客達の相容れない雰囲気がその場を支配する。

 一般的には、この映画はいわゆる人情ものの扱いを受けているが、
はたしてそうか。好人物として描かれる有りがたうさんにしても、
決して明朗快活な男ではない。愛想は決してよくないし、思いを寄
せる娘を結局救うことはしないのである。

 最後の場面で、娘にとってつけたようなハッピーエンドを語らせ
てはいるが、本質的な問題、庶民の不寛容(イントレランス)はま
るで解決せず放置されたままである。人情はない。あるのは世間と
いう大きな魔物の不気味さだけが残る。

 救われない貧乏が方々にあった時代である。「ありがとう」と声
をかけられてもバスには乗れない人々が、バスが通る道やトンネル
を作り、土地を去っていく朝鮮の女がいた。ドアを隔てて世界は分
かれており、またドアの中でも同様であった。

 この映画は、昭和初期のそんな庶民の世界の世知辛さに彩られて
いる。そして、ロケーション撮影による当時の伊豆地方の風景を収
めたことで、恐ろしく棒読みの役者のセリフの陳腐さ等を抱えてい
ても、時代の風雪に耐えうる魅力を備えているのだろう。


>> つづきをみる

父・上原謙への恋文

がんばってます―人生はフルムーン

三羽烏一代記―佐分利信・上原謙・佐野周二

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4