うじきつよし

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 
うじきつよし おすすめDVD うじきつよし おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ハート DVD-BOX

(購入者の評価)
真夏のほんのひとときの中年と少女の絆。
探偵・サスペンス・笑い・涙あり、と幅広い層に受けいられるんじゃないでしょうか?
地元の横浜を舞台にしているということもあり、毎週楽しみに観ていました。
ラストのせつない二人の別れ(出発)はグッときたのを憶えています。
本田美奈子が出演している数少ないドラマのDVDということも見所だと思います。


ユメ十夜

(購入者の評価)
 10人の監督がそれぞれの持ち味を生かして十夜を分担したオムニバス作品である。原作は漱石の『夢十夜』。原作の忠実な映像化というわけではなく、多くは原作のモチーフを自由に展開して独自の作品に仕上げている。

 概して夢というのは見た後で何らかの解釈を与えたくなるものだが、この夢小説に対しても幾人かの映像作家は映像による解釈を試みてしまっている。盲目の子どもをおぶって歩いている第三夜 (清水崇監督) の場合は伝記的事実を参照することで原作者の深層心理を解剖しているし、運慶が仁王像を彫っているのを見学に行く第六夜 (松尾スズキ監督) や庄太郎が豚に舐められる第十夜 (山口雄大監督) にいたっては教訓を読み込むことで寓意物語に仕立て直している。原作は終始この種のこぎれいな解釈を際どいところで回避するような書き方をしているように私には思えるので、もし漱石がこれらのエピソードを見たら舌打ちするのではないかと思った。

 ひと通りの解釈によって整理しきれない不合理なところが消化しきれずに残るからこそ、夢としてのリアリティが保たれる。作者がそこに注意を払って書いているからこそ、この小説を読んで、私たちの心のなかにある闇の部分というか内なる自然の部分に一瞬触れえたような感じがするのだろう。その点、原作を忠実になぞっているだけのようにも見えるが実際には巧みな映像の話法を駆使した第二夜(市川崑監督)が、原作の不穏な味わいをうまく再現しており好もしい。


CURE キュア

(購入者の評価)
いや?面白かった? 間違いなく黒沢の最高峰 セブンを超えるサイコサスペンスです
低俗な日本映画やサスペンス映画が増えていく一方 このようなサスペンス映画は今時貴重だと言えます
元FBI心理分析官であるロバート・K・レスラーが「これは私の経験や知識にない前代未聞の恐るべき犯罪だ」
と絶賛しているように暗示だけで人を殺せる恐ろしき恐怖を描いています 
役所広司の演技も素晴らしい DVDも是非欲しいです 間違いなくサイコサスペンスの最高峰


フルメタル極道

(購入者の評価)
もう、血しぶき、内臓などの暴力描写はかなりのものです。(この監督の作品とするとたいしたことない範疇ですが)
しかし、映画全体ここまで、嘘っぽく作られていると許せるという範囲のものであり、見終わった後すごくスカッと気分良くなる復讐劇です。

この作品の監督の三池さんの作品にふれないで今の日本映画を語れないという感じもしますのでどの作品が良いかなと考えてみると、この初期の作品がお勧めというのが私の意見です。しかし、本当に異常なシーンもあるし奇想天外でもあるんですが、この映画に関しては笑いもあるし、俳優が決まっていますね。もともとこの監督の映画の男優はかっこいいんですがこの映画はうじきつよしさん、北村康さん(現北村一輝)決まってます。田口トモロウさん、大!杉漣さんの常連も良い味出てます。また映画とすると映像の色調もよく、バンドネオン中心の音楽もテンポ、メリハリを映画に持たせて良いです。ですから暴力描写を除くと、主人公の復讐の動機もいいし、かなり好きな映画です。この監督の映画未見でしたらこの映画あたりからはいることお勧めいたします。このあとどんどん、進化というか、異常なところに向かってしまっているんで、まだ胸キュンな部分があるこの作品がいいと思います。この映画もラストシーンは、唖然としますよ。

かあちゃん

(購入者の評価)
確かに、キャスティングもストーリーも、なんだか微妙に的からずれていて、だからこそ、映画がベタベタにならず、素敵なファンタジックな感じになっていて感激しました。見ているうちに、温かくて、懐かしくて、そして、強くて、清らかな「何か」が、自分の心に湧き出て、いまも留まっています。その「何か」が何なのか、よくわかりませんが、母親を懐かしむとか、そういうノスタルジックな趣向ではなく、近い将来、「母親」となるだろう方々に是非見ていただきたいフレッシュな映画です。かあちゃん・・・

黒沢清監督 DVD BOX 「PULSE」

女殺油地獄

(購入者の評価)
タイトルはおどろおどろしいのですが、美しい文学作品です。女優さん2人の演技も見事でしたが、堤さんの役者魂には脱帽です。2人の女に手玉に取られ翻弄される純情な男をまさに体当たりで演じています。堤さんの関西弁はなぜかすごく色っぽいです。関西弁といえばお笑いのイメージが強いが、しっとりしていて作品の雰囲気を盛り上げています。もっと評価されていい映画です。DVDが何故出ないのか?

盲導犬クイールの一生 DVD-BOX

(購入者の評価)
映画版よりも入りやすい雰囲気です。
全7話と短めですが、深く描かれています。
特に渡辺さん家に行ってからの大の犬嫌いだったはずの
渡辺さんとのエピソードには泣かされます
当時、中型、大型犬を室内飼いしている家は少なく
家の事情などからクイールは外飼いにされてしまいますが
いつのまにか室内飼いになるくだりは微笑ましい。
山登り後の急な渡辺さんの入院以降の下りは涙無しでは見られません。
間違いなく完成度は高いと思われ、色んな方にぜひ見て欲しいです。


本当のエピソードかはわかりませんが
話中に出てくる馬鹿飼い主とシェパードには同じ犬飼いとして
腹が立ちました。
犬を飼育する者としても、街中で盲導犬と出会っても
迷惑をかけないようしつけを再確認したいと感じました。



フルメタル極道

(購入者の評価)
死んだヤクザがサイボーグになり(ほぼ無敵)よみがえり復讐する話
妖怪大戦争でちびっこの人気者、三池崇史監督の本音といった感じか
舌はチギレルし、胴体と下半身は切断されるし、下半身はモザイク修正で、生首はごろごろ転がるし心臓もリアルだった
そんな細工がどんどん飛び出すのでかなり楽しめる作品
途中まではストレートな極道映画なのですがサイボーグになるところから急にコメディに変わる・・
ここまで映画のジャンルがガラッと変わるのもはじめて
次は同監督『IZO』を見たいのだけど、幕末に数々の幕府要人を暗殺した“人斬り以蔵”と恐れられた岡田以蔵の話かと思いきやその以蔵の魂が時を越えて現代のホームレスに宿る…・・・・・
というものだった笑
やはり一筋縄ではいかないぶっ飛んだ面が突出している監督だ


ハート vol.1

CURE キュア

(購入者の評価)
これまで自分をジラしてジラして我慢してなかなか観ようとしなかった。ついにDVD購入してしまいました。
面白い! A時間がグイグイ引き込まれます。昼間明るい中ではなくて、夜に部屋の電気を消して、音声を聞き取りやすくして集中して観ました。
映画の内容・解説は他の方が詳しくされてるので、自分なりの意見だけを述べます。
アニメ「妄想代理人」を観た時に納得・理解できなかったモヤモヤが、この「CURE」で払拭された感じです。
「CURE」を面白くない、時間の無駄だと思う人は、妄想代理人を観ても同じ事を言うでしょう。


あと間宮は自分で自分に催眠をかけすぎたんですよね?


OTSUYU〜怪談 牡丹燈籠〜

(購入者の評価)
日本のおばけ話の傑作「牡丹燈籠」。四谷怪談と並んで有名な話であるが、映像になると恐ろしさが増す。ただ、怖いだけでなく悲哀物語なので、人の情けを感じてしまう。そんなところが日本のお化け物語の良いところだと思う。13日の金曜日やエルム街の〜などを観る前に、是非、おさえていただきたい一作である。

盲導犬クイールの一生 1

盲導犬クイールの一生 3

盲導犬クイールの一生 3

???クイールと名づけられた盲導犬の一生を、さまざまな人間との親密なふれあいを通して描いた感動作。盲導犬センターのトレーナーがドラマの狂言回しとなる格好で、ブリーダー、パピーウォーカー、パートナーへと引き継がれていくクイールの生涯がリレー形式でつづられていく。その三者三様にクイールとの深いきずなは培われていくが、とりわけクイールのパートナーとなる渡辺(玉置浩二)が登場する4話以降からドラマは急速に高まっていき、6、7話にいたっては涙なしには見通せないほど。
???クイールを演じた十数匹の犬たちが実に素晴らしい。また、パートナー役の玉置浩二とトレーナー役のうじきつよしの名演が、実話をもとにしたこのドラマにさらなるリアリティを与えている。人間ドラマとしても見ごたえ十分で、中でも渡辺と妻・祺子(竹井みどり)との語らいの場面には胸を締めつけられずにはいられない。親子で見られる作品としても、おすすめしたいドラマである。(麻生結一)


OTSUYU〜怪談 牡丹燈籠〜

盲導犬クイールの一生 2

盲導犬クイールの一生 2

???クイールと名づけられた盲導犬の一生を、さまざまな人間との親密なふれあいを通して描いた感動作。盲導犬センターのトレーナーがドラマの狂言回しとなる格好で、ブリーダー、パピーウォーカー、パートナーへと引き継がれていくクイールの生涯がリレー形式でつづられていく。その三者三様にクイールとの深いきずなは培われていくが、とりわけクイールのパートナーとなる渡辺(玉置浩二)が登場する4話以降からドラマは急速に高まっていき、6、7話にいたっては涙なしには見通せないほど。
???クイールを演じた十数匹の犬たちが実に素晴らしい。また、パートナー役の玉置浩二とトレーナー役のうじきつよしの名演が、実話をもとにしたこのドラマにさらなるリアリティを与えている。人間ドラマとしても見ごたえ十分で、中でも渡辺と妻・祺子(竹井みどり)との語らいの場面には胸を締めつけられずにはいられない。親子で見られる作品としても、おすすめしたいドラマである。(麻生結一)


ハート vol.3

盲導犬クイールの一生 1

>> つづきをみる

うじきつよし笑顔とセーターの本―リラックスを、着ようよ

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4