宇梶剛士

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 
宇梶剛士 おすすめDVD 宇梶剛士 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ナビゲートDVD「20世紀少年」秘密大図鑑 上巻

(購入者の評価)
映像化不可能といわしめたコミックの実写化ですが、本当に見事な作品でした。
現在、未来と70年当時の世界を表現した原作があまりにもリアルであり、素晴しいので製作サイドは随分頭を痛めたことと思いますが、セットの細部にわたるディテールへのこだわりやコミックのキャラに似た演技人のキャスティングに成功したことで虚構の世界をリアルなまでに、観客を大事件の目撃者として惹きこんでくれます。
また、長編コミックなので1部でどこまで描けるのか不安でしたが、中途半端に終わらず、見事に締めくくられていて納得のいくものでした。これで安心して2部を観る事ができます。
もちろんとにかく次が観たくてがまんできすにこのナビゲートDVDで欲求不満を緩和するわけですが、主演の唐沢さんの持ち前のキャラで癒しながらなんとか来年まで待とうと思います。


真救世主伝説 北斗の拳 トキ伝 通常版

(購入者の評価)
原作を無視すれば楽しめます。

このシリーズはサイドストーリーではなく、
オリジナル破壊ストーリーとしか思えない。


炎と氷

ウルトラマンガイア メモリアルボックス

(購入者の評価)
ティガ、ダイナと続いた平成ウルトラシリーズ最新作。当時、僕は小学校に入学したばかりでした。ティガ、ダイナもリアルタイムで見てたが、前の二作よりもガイアは記憶の隅に焼き付いて、離れない。それだけ当時の僕には印象的な番組であったのだ。
スプリーム・バージョンが初登場した回、ゴキグモンの回、ガンQの秘密が明らかになった回、そして、最終3部作が好きです。
この作品では、ガイアとアグル、二人のウルトラマンが登場しますが、このウルトラマンガイアと言う作品は、二人のウルトラマン、どちらかが欠けたら、成り立たないと言っても過言ではない程、二人のウルトラマンにスポットが当てられてました。この二人のウルトラマンのドラマを見事に描き切ったのが、このガイアと言う作品が成功した要因と僕は思います。
しかし、二人のウルトラマンの話だけが、ガイアの魅力ではありません。主人公、我夢の成長、我夢を取り巻くXIGの隊員達、随所随所に出てくる民間人、それぞれのドラマが丁寧に描かれたのも成功だと思います。そして、それに反する特撮シーンのクオリティの高さも特筆すべき点です。
とにかく、ウルトラマンガイアは僕の中では、永遠に輝くヒーローです。


真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章 コレクターズ・エディション 通常版

(購入者の評価)
北斗ファンならかつて誰もが心躍らせた熱き男の戦いを、TV版より格段に美しい画で再作した点にのみ価値がある作品。前作「殉愛の章」では引き絵が雑なシーンもあったが、今作ではそれも改善されている。
ただし、全体のストーリーの流れや各キャラクターのバックボーンについては相変わらず説明不足で、「鬼の」フドウが今に至った経緯は省略されているし、主役であるはずのラオウの心理描写も説得力のある形で新規に描き加えられたとは言い難い。
更に言えば、人気キャラであったジュウザは未登場、ヒューイの死はスルーされ、シュレンは原作の壮絶な憤死から、あっけない爆死に変更。
前作で無理やり登場させた感のある新キャラ、レイナの結末もすっきりしない。修羅の国へ帰ってどうするんだ?原作における「修羅の国」編とどうやって辻褄を合わせるんだ?

とまあ、不満ばかり言いましたが、それでも、海王堂のフィギュアに今でも心躍らせてしまう私は、流麗な絵で描かれるラオウVSフドウ、ラオウVSケンシロウを観たくてついレンタルで借りてきてしまうわけでした^^;
原作読了者で、北斗南斗の漢たちの生きざま死にざまが堪らなく好き!という人なら、一度見てみるくらいの価値はあると思います。


炎と氷 2

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章 ディレクターズ版 通常版

(購入者の評価)
劇場で観ました。
ラオウ役の宇梶さんの声は優しすぎる気もしますが、苦心して熱演されていると思います。
ケン・サウザー・シュウの声はいい感じ。特にシュウ役の大塚芳忠さんはかっこいいです。ケンとの戦いはTV版以上の出来だと思います。
残念なのは、引き画の一部に非常に雑なシーンがあったところと、
致命的な欠陥として、サウザーがどうして愛を捨てあのような残虐な独裁者になったのかの鍵になる師・オウガイとのエピソードが割愛されているため、ケンが最後に有情拳で情けを掛けた理由が不明になってしまっている点ですね。サウザーはあのエピソードがあったからこそ、その後もケンの中で「強敵」として生き続けた訳ですから、その件のカットはプロデューサーの失態だと思います。
あとは・・・これ、「ラオウ伝」なんですが、主役はけっきょくケンシロウなんですよね。
ラオウサイドのストーリーは、新キャラであるレイナ兄弟との関わりで主に語られるのですが、あまり成功したとは思えません。

じゃあ観る価値がないのか?と言われたら、芳忠シュウと、サウザーの名言「引かぬ!媚びぬ!顧みぬ!」の新作カットを観るだけでも、コアな北斗ファンには価値があるかもしれない、そんな作品です。


すみれの花咲く頃

(購入者の評価)
寂れた雪の町で、望みの薄い夢を抱いて、現実とのギャップに鬱屈とした日々をおくる可憐なヒロインを多部未華子が熱演。母に内緒でバレエのレッスンを続ける姿がいじらしく、宝塚を目指してることを周りに茶化され、濱田岳君の顔面に硬い雑誌で(本気の!)一撃をくらわすとこや、「…この町が嫌い!…みんな嫌いッ!」と言い放つシーンの凜烈な声の張りこそまさに多部未華子の真骨頂! 「…私ってずるい!…私、汚い!」全てをぶちまけて泣くクライマックスの大泣きが胸にグッと響きます。…… エンディングには坂本美雨、はかなく消えた青春の夢の名残りが、穏やかな美声に癒されて、心地よい余韻を残します。…

真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝 通常版

(購入者の評価)
ユリア生存→南斗最後の将に!という流れは、原作でもあまり説得的に描かかれておらず、色々謎も残されていました。
で、ここでユリアを主人公にした新作を作るのであれば、当然それらを説明するのが本作の使命だったと思います。なぜ「南斗六聖拳」の拳士が拳法ではなくヒーリング能力を有する女性だったのか、等々。
しかし、その挑戦は失敗に終わりました。
「あなたこそ南斗正当血統!最後の将」と言われて彼女は納得したんです、と言われても、視聴者としては納得できないのですよ。

更にファンの期待を裏切ったのが、
人気キャラであるレイが顔見世程度に登場し、シュレンらの連携の前にあっさり捕獲されてしまうカッコ悪さ。しかもその後身体を拘束された上でユリアに説得されてケンをバックアップすることに・・・という流れは原作のジュウザ(新作で未登場)と同じという安直なストーリー展開です。

また、ユリアを奪ったシンとの決着編は今後リリース予定の新作に収録されるようですが、本作内ではケンシロウは負けっぱなし。シンを唆したジャギとの決着も次回作で描かれるのでしょうか?
このように、各キャラクターの物語が、一本一本の中でちゃんと区切りを迎えないまま終わってしまうところが、この新シリーズの悪いところだと思います(「殉愛の章」は比較的マシですが)。

TVシリーズでは比較的作画の酷かったシン編を綺麗な画で観たい、という人には、まあ一見の価値があるかも?(わたしもそのクチでした)


クライマックス・ストーリーズ ウルトラマンガイア

(購入者の評価)
話中心で全然、戦闘シーンがなく、突然別のシーンになることが多くて他のクライマックス・ストーリーズよりも残念な仕上がりでした。でもエンディングは燃えたので星3つ!

堀部安兵衛

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章 コレクターズ・エディション 初回限定版(2枚組)

(購入者の評価)
正直、純愛の章、ユリア伝と見て、前者は紙芝居的アニメーションのクオリティーの低さに後者にはそれ以前に絵の下手糞ぶりに、この激闘の章には全く期待をせずに見ました。しかし、結果としてこの作品はいい意味で期待を裏切ってくれました。

絵とアニメーションのクオリティーは格段によくなり非常に見ごたえのあるものに。そして演出も映画らしく壮大かつ美しくなされていて感動すらしてしまいましたよ。2度ほどジーンと来るところが。。。

たしかに宇梶氏の声は時折「ん!?」となりますが、それでも一作目に比較するとかなり似合ってきました。阿部氏はもはや問題ないですね。しかし個人的には嫌いでない石田氏のユリアにはどーもその感情が伝わりにくかった。演技力自体はある女優さんなのにその感情がどーにも声から伝わってこなかったですね。演出的にあのようなトーンにしていたようですが、もちょっと浮き沈みのある声でもよかったかなと。

欲を言えばBGMにはオーケストラを使って厚みを出してほしかったですが、まぁそれは個人的な意見ですね。

ユリア伝の出来があまりに酷かったので出来ればこの映画のスタッフで作り直してもらいたいな? もう海外のアニメスタジオを経費削減のために多用するのはやめましょう。明らかにクオリティーが下がります。

とにかくこのラオウ激闘の章には拍手を送りたい。この調子で4も5も制作して下さいよ!お願いします。

星を4つにしたのは一番最後のレイナのシーンが不要と思ったので。折角のラオウの雄姿が少し薄れてしまいました。CGのクオリティーも低かったのでマイナス1点。

アニメ映画として見る価値はあるのでまだの方はぜひ見てみて下さい。


真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝 初回限定版

(購入者の評価)
絵は綺麗なんですが、声優さんが棒読み状態でダメですね。
どのシーンでも声のトーンが一緒で、感情が感じられません。
特にユリア役。
残念な作品。


eiko[エイコ]

(購入者の評価)
麻生久美子はいつも何か陰のある役柄が多いため、押し黙っている美女、というイメージが強い。だから、本作のようなコメディに出ると「素」のアソクミが観れてとっても良い感じである。個人的には「ステレオフューチャー」もお気に入りだが、今回のバカ正直で騙されやすいエイコ役もバッチリはまっていた。ジャケットの写真はイマイチだが、劇中の麻生久美子は激烈に可愛い。意外なことに、今までまともなピン主演作がないため、男性主役のヒロインか引き立て助演役では見えなかった魅力が全開。あまりの「いい人」ぶりに、本来は悪人役の沢田研二も情に絆されてしまうが、あの純粋さをみたら、さもありなんである。まあ、2本目を撮れといわれるとなかなか難しいタイプの映画だが、またアソクミには同様の作品にチャレンジしてもらいたい。「夕凪の街、桜の国」みたいな名作も似合うが、こういうハジケぶりも捨てがたいからなあ。

真救世主伝説 北斗の拳 トキ伝 初回限定版

(購入者の評価)
大作アニメの声優には、芸能人には無理なんだなと、痛感しました。


スタアの恋 DVD-BOX

(購入者の評価)
本当に贅沢なキャスティングです。サンマルコハムの皆さんは最高に息があってて、どれがセリフでどれがアドリブなのかがわかりませんでした。最高でした。見ていて、サンマルコハムの皆さんのシーンは、すごく楽しかった。
勿論、紀香さんは美しく、見とれてしまいました。みんなに愛されるスタアを見事に演じられてたと思います。
買ってから、時間が立ちますが、何回も見てます。


真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章 ディレクターズ版 初回限定版

(購入者の評価)
語られていない部分が多すぎます…。
声優に関してはもう当時から大分経過しているので
どうこう言う気は起こりませんが。
ストーリーがひどすぎます。
わざわざ北条司氏にデザインしてもらったオリジナルのキャラも
何の為に登場したのかもよく分からず…。
サウザーもただの悪党です。
物語の過程が大事だというのに、とてもがっかりの作品です。
劇場版のわりにはアニメーションのクオリティも低く
結局のところ何も伝わってこない作品でした。


お父さんのバックドロップ

(購入者の評価)
これは父と息子の絆を描いた男の映画である。ラストのレスリングシーンはまさしく「ロッキー」であったが、最後に抱きしめたのはエイドリアンではなく、息子の一雄だった。とにかく主演の宇梶剛士がカッコいい!息子のために、亡き妻のために、そして自分の父親のためにファイトをする姿は感動的である。観客がいなくても、ヒールになれ、と言われても、朝令暮改でヒールをやめろ、と言われてもとにかく「男は黙って」と40歳過ぎの男がもがき苦しむ。でも前向き一直線の姿がたまらなく渋い。これを支える息子役の神木隆之介もベテラン真っ青の好演で応える。南果歩のやさぐれぶりもとってもいい。そして大日本プロレスマネージャー役の生瀬勝久が泣かせる。いつもヘンな役が多いので、この絶妙な配役にも感心した。シネカノンという配給会社は、日本のメジャーといわれる映画会社よりもはるかに日本人の心に訴える作品を送り出している。この会社の配給だったら大丈夫だ、と思う。李鳳宇+石原仁美のコンビは、このあと傑作の「フラガール」を作ることになる。ベタベタ関西ノリの映画だが、ロケ地は横浜や川崎だったりする(商店街シーンのほとんどは六角橋商店街)のも面白い。大阪では実は全く撮っていないらしいが、それはそれで凄い。お勧めです!

魂萌え!

GUN CRAZY Episode-1:復讐の荒野 デラックス版〈初回限定仕様〉

>> つづきをみる

不良品 (SB文庫)

(購入者の評価)
かつてブラックエンペラーというチンカスたちのリーダーであった宇梶は芸能活動で得た全財産をかつて自分たちが迷惑をかけた人々への慰謝料に費やす。ある時にかつてカツアゲした人間からペットのうんこを食えといわれても宇梶は「わん」といって食う。またある時はうんこ後のアナル舐めをさせられる。1畳トイレフロ無しで生活する宇梶の懺悔の日々に感動。「生まれてきてごめんなさい。宇梶です」に感涙。必読の名作。

転んだら、どう起きる?―壁を打ち破る人生論

(購入者の評価)
「イヤな奴に会ったらどうしていますか?」
「なぜ、人を殺してはいけないんですか?」
「友だちって必要ですか?」
「どうしたらケンカが強くなれますか?」
「個性的になるにはどうしたらいいんですか?」
「どうやって自信をつけたらいいですか?」
「宇梶さんの恋愛を教えてください」
「夢をかなえるにはどうしたらいいんですか?」

…などなど、宇梶さんがさまざまな質問に対して、
自分の実体験を元に、丁寧に自分の考えを述べている。
何か行き詰まったとき、つまずいとき、何とか現状を打破したいとき、
この本はそこから抜け出すキッカケとなるかもしれない。
基本的には青少年向けの本なのかもしれないが、大人でも一読する価値はある。

「一生は一度きり。どうせ一度なら、いい人間になってね。優しい人に。
 本当に価値のある人間とは、優しい人のこと。」

あとがきにある、宇梶さんのこのメッセージが特に良かった。


不良品―オレは既製品じゃない!

(購入者の評価)
多感な青春期に親元を離れて暮らし、
打ち込んでいた高校野球では苦汁をなめ、
暴力事件をきっかけに警察の世話になった。

そして非行に走り、暴走族の頂点に立った著者だが、
暴走族、そして暴力の空しさを感じていることが伝わってきた。

実に興味深い半生記は、生きる力を与えてくれる。


>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4