梅宮辰夫

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 
梅宮辰夫 おすすめDVD 梅宮辰夫 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
拝啓、父上様 DVD-BOX

(購入者の評価)
私は前作の優しい時間がすごく好きでした。 倉本作品はいつもシナリオ本も発売されるのですが、是非あわせてみていただきたいです。本当に演技派な方々が集められたキャスティングなんだと改めて思えます。 優しい時間で圧倒的演技力を発揮した二宮さんの倉本作品2作目。 全くちがったキャラクターなのでとても新鮮です。 ドラマとともにすごく癒されます。最近ではまったくみなくなったこの雰囲気はやっぱり貴重。 是非両方みてください。

野性の証明

(購入者の評価)
 この作品は、いろんなジャンルが入っていますね。最初はホラー的な殺人劇から始まって、任侠的展開から企業、暴力団と警察の癒着という社会派展開を経て、最後は元特殊部隊員が自衛隊を敵に回してランボー的戦いに挑む内容ですが、展開が多すぎて、結局何が主題なのかがわかりづらくなります。
 高倉健さんは、何をやっても様になります。中学生の薬師丸ひろ子は初々しいですね。当時一流の俳優が出演していますが、作品ではみんな死んでいくんですね。
 原作の森村誠一は、当時から人気作家でしたし、映画もヒットしました。アメリカのランボーは、この作品より後に上映されたことを考えると、一人の人間が軍隊と戦う構図は、この作品がさきがけだったということですね。


特命係長 只野仁 リターンズ 女弁護士の秘密を暴け!

(購入者の評価)
私はこの「特命係長 只野仁」のファンで全てを見ている。
その中でもこの「リターンズ 女弁護士の秘密を暴け!」は展開も面白く、好きな一話の一つである。
この話ではゲストのふかわりょうがいい味を出していて、笑わせてくれる。
高橋克典はじめ、永井大、梅宮辰夫、三浦理恵子らレギュラー陣が相変らず非常にはまり役でずばらしいことは言うまでもない。
是非見てください。


特命係長 只野仁 DVD-BOX

(購入者の評価)
私は原作コミックのファンなのだが、これはドラマ化が成功したなと思わせる作品。

原作の良さをうまく引き出せている。

よく原作と映画やドラマは別物というが、これは例外となった希有な作品。現に原作のファンである私は、原作を楽しむのと同じようにこのドラマを楽しんでいる。

あと、ドラマの面白さに加えて、蛯ちゃんが可愛いことも魅力のひとつ。蛯ちゃんは演技力は素人目にも分かるくらい誉められたものではないが、可愛いさは圧倒的。たしかなものがある。


県警対組織暴力

(購入者の評価)
ヤクザ映画の巨匠深作欣二監督の作品 裏切り、誘惑、チクリ生々しい話ばかりホント面白い
映画です この監督の「資金源強奪」も物凄く面白いけどDVDはおろかビデオも出ていません
これはヤクザ、銀行強盗、刑事がそれぞれ絡んできて 最後三つ巴の戦いとなる傑作娯楽作です
「資金源強奪」でも描かれていることですが 金さえ掛かれば刑事なんて簡単にヤクザと癒着する
この映画は友情の為に癒着する話ですが その面白さ人間の欲を描くのがとても巧い
ラストまで本当に目が離せません こんなん夜に見出したらワクワクしてしまいますね この映画は凄く面白い傑作です


最後の博徒

???広島・呉の戦後やくざ抗争史をひとりの博徒の目線から描いた東映実録任侠映画大作。荒谷政之(松方弘樹)は少年時代に石岡(梅宮辰夫)の子分として博徒の世界へ足を踏み入れた。やがて石岡と山辰(成田三樹夫)の抗争が激化。大親分の津島(萬屋錦之介)の仲介で一旦は手打ちとなるも、荒谷は山辰を狙って失敗し、刑務所へ。石岡も殺される。出所した荒谷は菅田組組長(鶴田浩二)と兄弟盃をかわし、結婚して小さな組を持つようになるが……。激動と呼ぶにもエピソードが満載すぎるほどのドラマ展開ではあるが、名匠・山下耕作監督は多彩な人間関係も明確に描き分け、メリハリの利いた演出でかつて『仁義なき戦い』シリーズでも描かれた広島やくざ抗争の歴史を再現していく。鶴田浩二や萬屋錦之介など往年の東映スターの登場も嬉しい。鶴田はこれが最期の映画出演作ともなった。(増當竜也)

ビートたけしの刑事ヨロシク

(購入者の評価)
24年も前の番組なのに今見ても懐かしさより「ビートたけしはやっぱりものすごいや!」と改めて認識させられます。

特命係長 只野仁 サード・シーズンDVD-BOX

(購入者の評価)
ストーリーがマンネリにもかかわらず、非常に面白いです。
それにしても、自称処女の佐藤寛子がベットシーンを演じるのには驚いたよ。次作ではエビちゃんのベットシーンを見たいです。


特命係長 只野仁 セカンド・シーズン(5巻セット)

(購入者の評価)
何と前回の初期シーズンの視聴率も良かったため、待望の2NDシーズンであります!!
またまた、只野係長の大活躍が見られます!!
前回との進展としては山吹一恵(蛯ちゃん)が只野を見る目が少し変わった感じかな。どの話もお勧めですので是非見てみてくださいね!!
結構大人向け作品であり、何気に現実でも勉強になります!!(例:人間の愚かさや欲望等)

少し???なシーンがありますが、深夜番組の中では是非お勧めです!!
まずは、初期シーズン見てから2NDシーズンを見ると良いでしょう!!


仁義の墓場

(購入者の評価)
深作欣二の最高傑作は?と聞かれた時に、邪道かもしれないが、仁義なき戦い代理戦争と、本作を挙げたい。前者は、群像劇をテーマにし、後者は一人の主人公に焦点を当てたことで、作風は大きく異なる。実録路線の真っ只中と終焉を飾った点での対比も興味深い。しかし、共通しているのは、両者ともに集団、組織からはぐれていく者の、悲しみなり怒りを表現しているところだと思う。そうした中で、菅原文太が陽だとすれば、本作の主人公である石川力夫を演じた渡哲也は間違いなく陰の存在である。辞世の句とともに「仁義」を自らの命と一緒に墓場に葬り去った生きざま、途中暗示的に劇中に出てくる風船のように、ただ飛び上がることでしか、己の存在を示せなかった、そんな暴力的な描写の中にも物悲しさも漂う傑作である。観たら、身体中に震えが走ること間違いなし!

特命係長 只野仁 スペシャル'06 高級レストランとおふくろの味

(購入者の評価)
この巻では、ドラマの製作過程の映像がまとめられて、付録映像として見る事が出来る。
これは大変おもしろい。
撮影合間の高橋克典と永井大の会話では、ドラマではケンカが弱い森脇だが、実際の永井大は大変なアスリートらしい。
話のほうは少々マンネリの傾向がないでもないが、ドラマの骨格とキャスティングが良いために劣化が少なく、十分楽しめる。


江戸プロフェッショナル 必殺商売人 (下巻)

(購入者の評価)
 前期必殺の最終回は名作が多いが,この「商売人」も人殺しの因果応報を問う秀作である。おせいの命が狙われる展開には無理が感じられるが,命を賭して男気を見せた新次の末路,一人淋しく江戸を去るおせい,そしてついに人の子の親となれなかった主水。最後の野辺送りのシーンは短いながらも印象的である。
 


前略おふくろ様II DVD-BOX

(購入者の評価)
 このころのショーケンは輝いていました。「約束」や「青春の蹉跌」などの主演映画の成功に加えて、テレビドラマでは「太陽にほえろ!」「傷だらけの天使」など、それまでのドラマでは観られなったキャラクター作りで、当時、多くの若者の支持を得ていました。しかし、この「前略おふくろ様」では意外にも田舎出の純情青年役で、板前らしく頭を短くして、それまでのショーケンのイメージとはまったく異なる役作りが成功しています。ほかにも桃井かおり、川谷拓三などがこのドラマでブレイクしました。そして、かすみちゃん役の坂口良子も最高で、このドラマと映画「犬神家の一族」の旅館の女中さん役で彼女は70年代もっとも可愛い女優さんでした。
 大好評の前作を受けて続編の登場だったわけですが、この続編では脚本を全て倉本聰が書いています。前作ではいくつかのエピソードが市川森一など別の脚本家によって書かれていましたが、作品としては悪くはなかったにも関わらず、物語が途切れてしまったり、独立したエピソードのような回があったりして、何かトーンが異なる感じがあったので、このパート2の方が流れがスムースでこちらも傑作です。
 後に「北の国から」でも使われた主人公のナレーションによる進行、最終回に膨大な人数のスタッフ・キャストが全員50音順で出てくるエンド・ロール、など倉本ドラマの特徴の多くはこの作品で完成しています。逆にとんねるずを使った「火の用心」や最近の「拝啓、父上様」などの作品を見ると、倉本作品が、悪い意味でこの「前略おふくろ様」に縛られてしまっている感もありますが・・・。
 おふくろ様が他界してしまう回では、おふくろ様を演じた田中絹代が放送日直前に亡くなるという信じられないエピソードがあったことも思い出します。


不良番長 送り狼

前略おふくろ様 DVD-BOX

(購入者の評価)
 倉本聰の代表作。「北の国から」でも使われていた主人公のモノローグで進行していくのが当時は印象的だった。ショーケンは「傷だらけの天使」の次がこの作品で、これまでの彼の役柄とはまったく異なる純情な田舎出の若者を好演していました。髪の毛をバッサリ切ったことでも彼の入れ込みようがわかります。坂口良子のかすみちゃんの可愛かったこと。桃井かおりの海ちゃんの強烈なキャラクター。梅宮辰夫の格好よさ。川谷拓三の可笑しさ。その他脇の個性的な出演者たち(小松政夫、大滝秀治、北林谷栄、など)も懐かしい。倉本氏はこの後、「大都会」「あにき」「浮浪雲」「さよならお竜さん」と1980年まで傑作を連発し、1981年に「北の国から」を発表後は傑作を残せず失速していきます。(「優しい時間」が唯一の佳作)いま見ても、会話の面白さは抜群で、古さをまったく感じさせない傑作です。

江戸プロフェッショナル 必殺商売人 (上巻)

(購入者の評価)
他の方が書いているようにひたすら主水の殺陣が迫力があります。仕業人での仕置とは相反する堂々とした殺陣です。又、いつもなら新しい仲間が出来ても
次第に仲間意識が芽生えてくるのがパターンでしたが、今作にそういった要素は、かなり終盤まで見受けられない事はとても新鮮でした。
音楽に関してはいつもの平尾楽曲は全く使用されておらず、森田公一の音楽のみなので、最初はとても違和感があります。
ただ慣れてくればとても物語にマッチして商売人世界を彩っています。殺しのテーマも次第に癖になります。
作品全体としてはバラエティ色を取り入れるなどの仕事人以降の要素もありますが、可も無く不可も無くといったところです。
かといってつまらないというような事はありません。
仕事屋のおせいと中村主水の競演を見るだけでも一見の価値ありです。


カポネ 六本木錬金の帝王

青春の門 自立篇

(購入者の評価)
佐藤浩市さんとかいろいろな方が信介やってますが煮え切らない感じの田中健さんが一番ですね。ちょっと俺たちの旅のオメダとダブってしまいますが昭和ドラマファンとしてはそこがまたいいんです。

人間魚雷 あゝ回天特別攻撃隊

実録 東声会 初代 町井久之

(購入者の評価)
企画・俊藤浩滋物が最高と思う古い人間ですが、俊藤氏が最後に仕事をした辻裕之 監督が無難にまとめています。出演している松方や梅宮の先輩でも在る曽根晴美が重厚に児玉誉士夫を演じているのが本作を締まった作品にしていると思います。音楽がもっと良ければ・・・祖国と日本の板ばさみに悩む力道山など登場人物も魅力です。

>> つづきをみる

辰ちゃんのうまい丼

梅宮辰夫の豪快男の魚料理 (1)

俺は人生料理人―気楽にいこうよなんとかなるさ

辰ちゃんの料理ノート

梅宮辰夫の全国漬物図鑑 (小学館文庫)

梅宮辰夫のくいしん坊!万才 (北海道・東北編)

梅宮辰夫の豪快男の魚料理

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4