宇野重吉

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 おすすめ 38 おすすめ 39 おすすめ 40 
宇野重吉 おすすめDVD 宇野重吉 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
関ヶ原

(購入者の評価)
最近、某サイトの『や○夫が徳川家康になるようです』にハマってまして(苦笑)
そこからの流れで久々にDVDにかじりついてしまいました。

昔から家康ファンの私としては空前絶後、最高の作品です。
と言うのも私は山岡家康ではなく司馬家康が大のお気に入り。
あの煮ても焼いても食えない老獪さ、『爽』という言葉から最も懸け離れた性格と思考回路、沈殿し切った泥沼の如く深い知恵……etc
司馬マニアの方には共感して頂けると思いますが、歴代作品の中でも後白河法皇と並ぶ圧巻の存在感。
それを演じ切った森繁と、『三河の空気』を画面一帯に漂わせ家康を引き立てた三国連太郎。
正に司馬ワールドで描かれる家康と正信を現実世界に再現した2人の偉大な俳優の実力に驚愕させられるばかりです。昔も、今も。

そんな家康ファンの私でも、脳裏に焼き付くのは『爽』を具現化した様な西軍メンバーの存在感。
私にとって未だに、石田三成は加藤剛であり、島左近は三船敏郎です。
そして……忘れてならないこの男。
『わしもお主も、もう目が見えぬ!』の件。27年前も泣きました。そして今、大人になっても号泣します。高橋吉継、最高に凛とした男です。

歴史が好きな方、司馬遼太郎が好きな方、そして『漢』の生き様を見るのが好きな方。
是非、ご覧ください。心が打ち震えますよ、きっと。


西鶴一代女

(購入者の評価)
井原西鶴の好色一代女が原作で、ヴェネツィア国際映画祭国際賞、BBC「21世紀に残したい映画100本」に選出されています。黒澤監督が「羅生門」で賞を取ったのに触発され、製作したそうですが、完璧主義故に製作陣とも大変なバトルがあったそうで、そのかいあっての栄誉でしょうね。まるで江戸時代に撮ったのか!と思える映像がとにかく素敵です。凄いです。セットも美術もライティングもカメラワークも江戸時代です。ストーリーはこんな不幸なことがあっていいのか!というような悪循環ストーリーで、主人公のお春が可哀想すぎます。封権男性社会だからでしょうけれど、、。美しすぎて純愛に走ってしまったがために、どんどんと身を崩して行ってしまう、、そして、老いて行ってしまう切ない物語です。最後に殿様になった子供から一緒に暮らすことを提案されるけれど、身を持ち崩しすぎて、それもかなわぬものとなってしまう。。。ああ、可哀想。お春が花魁になって、越後から来た偽金持ちに、金を渡そうとしてお春に断られるシーン、金をばらまくシーンは、おそらく「千と千尋の神隠し」にも影響を与えていると思います。そして、余談ですがものすごく若く柔らかく癖のない三船敏郎が出てます。

シリウスの伝説

(購入者の評価)
当時、公開された劇場数は多くなかった。
けれど、見た人の誰もが、この作品を「美しい」と思ったのは間違いないと思う。
無理矢理付いてきてもらった、映画を多く見ない、アニメなんてまるで見ない両親に「なんて綺麗な映画なんだろう」と言わしめたことからも、想像してほしい。

見た時の衝撃は凄かった。まだVHDも高価な時代、ビデオを入手するのも大変だった。
CDなんてものもないから発売されたサントラLPは聴きすぎてあっという間に痛んでしまった。
それでも、その中の曲、シーン、全てが強く焼きついて、アニメーション映画が単なる「まんが映画」ではなく、実写に勝るとも劣らない芸術作品になれるのだ、と考えが大きく変えられた作品だと思う。

全てのセル画が人の手による手書き、そのキャラクターの表情や姿がくずれないよう、1キャラ1アニメーターという手法を基本として製作されたこのアニメーションの素晴らしさ、その線の柔らかさ、丁寧な色使いはやはりCGでは表現しきれないのだ、と一見してもらえればすぐに理解できる。

美しい絵、ストーリー、曲、コーラス、全てが揃う、見た人が決して忘れる事のできない名作。


NHK映像ファイル 「あの人に会いたい」DVD-BOX

第17作 男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け HDリマスター版

(購入者の評価)
「庶民の味方、寅さん」けっこうカッコいいぞ。ただ、個人的には渥美さんの圧倒的なおかしさ、悲しさ、庶民そのものといつた初期作品とは一線を画するとの位置づけです。まだ、面白いといったレベルかな。ギャグは、やるだろうなぁ、やっぱり、やった、という感じかなぁ。

愛妻物語

金環蝕

(購入者の評価)
 封切りの時に観た時は、ピンと来なかったが、見直すとなかなか面白いことに気づいた。登場する政治家は実際を彷彿させるものもあるが、それ以上に国民のことなど一切眼中にない連中ということで、そら恐ろしさを覚える。
 登場人物は全て「悪い奴」である。仲代達矢のクール、三国連太郎の怪演、宇野重吉の入れ歯を変えて形相を変えての熱演。そういう演技の渡り合いも見所である。


日本列島

(購入者の評価)
シリアスなストーリーもさることながら 芦川いづみさんの演技が素晴らしいです。芦川いづみさんの演技の巾は広いですが、トラブルに巻き込まれた影のある女性を演じたら、芦川さんの右に出る女優さんはいないと思います。

震える舌

(購入者の評価)
前々から気になっていた作品ですが、ついに購入しました。本作品を観賞する前にWikipediaで破傷風について調べておいた方がいいかも。前レビューにもあるように、力の続く限り、どんなに苦痛でも、耐えなければならないのだなと実感しました。それでも生存率はごくわずか。医学部の生徒によい資料となるのでは?今後もこのような作品を期待したいです。一見の価値あり!

ドレイ工場

(購入者の評価)
これは労働組合運動のあり方を描いた映画で、自主上映の時に必ず上映してくれという人がいました。その人はある労組の幹部でした。「がんばろう」という歌などは社会人になってから歌ったこともある歌です。50年代の作品よりは生硬さもなくなり、よく出来た映画ではあります。なお、これに出演した前田吟は山田洋次監督の目に留まり、「男はつらいよ」の博役に抜擢されたといいます。そういう観点で観ても面白いです。

NHK大河ドラマ総集編 花神

(購入者の評価)
司馬さんの人気小説3つを併せて練り上げた脚本、当時の人気俳優を惜しげもなく配置したキャスティング、時代考証に念入りさが伺える小道具や衣装も全部いいです。
ただ、他の方も指摘してますが、折角DVD化したのに、章ごとに区切った頭出しが出来ないのは残念。星4つです。


縮図

(購入者の評価)
 
こんなにカメラがよく動く映画は久しぶりに観た。

前半、芸者になったばかりの銀子が客とじゃんけん
遊びをするシーケンスで、人物に寄っていくカメラ
がゆっくりねじを回すようにねじれていく動きや、
人物の上からカメラがかぶさって乗り越えるような
動き。

ねじれる動きはスムーズなので機械的な機構だろう
が、人物を見下ろしながら乗り越えるカットは手持
ちらしくカメラが揺れる。今ならステディカムでで
も使うところなのだろうが、そんなものがない時代
にこういうカメラの動きを要求した先進性には驚く。

もう一つ印象的だったのは、芸者の弾く三味線のアッ
プだ。よくロックバンドのギタリストの華麗なフィ
ンガリングをクローズアップにするため、ギターの
ネックの先にCCDカメラを固定して、遠近法の奥
行きを効かせてフレットを撮っている絵があるだろ
う。新藤監督はあれを三味線でやっているのだ。

もちろんあの時代に小型カメラなどないので、三味
線の棹の先にカメラを固定する代わりに、おそらく
カメラに三味線の棹の先を固定して、そのまま演奏
させていると思われる。

本作は原作が自然主義小説だし、新藤監督はリアリ
ズムの作風だとも言われるが、宇野重吉演じる父親
が作業している様子を、広角レンズをつかって俯瞰
でとらえる奇妙に丸っこい絵なども、絵はかなり意
図的に作り込まれている点が印象に残った。
 

男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け

(購入者の評価)
たまたまこの映画を観る機会があったんですが、普通に面白かったです。
心が温まるような内容で、笑ったりジーンときたり、ストーリーも文句の付け所がないです。エンディングも素晴らしい。
映画の要素の全てがこの1本に凝縮されているという気もします。

こういう、心が温まる映画って、最近少ないですよね。
薄っぺらに戦争や病気や恋愛をテーマにした映画は数ありますが、心底から感動できる映画というのは数少ないです。
「男はつらいよ」というタイトルで敬遠されている方もいるかもしれませんが、純粋に映画として面白いですよ。


第五福竜丸

(購入者の評価)
1950年代の日本人の生活、漁業、アメリカへの思い、ピカドンへの差別がよく描かれている映画です。
殺生を生業とする漁民の船上生活や漁村が生き生き描かれ、脚本もしっかりした決して思想を押しつけない、独りよがりのない、見て楽しい映画です。
私は高校生の時に、まだ夢の島に野ざらしにされている第五福竜丸を見に行きました。
ダンプが走り回り、風に無数に舞うビニールゴミが足にまとわりつき、ズボンが真っ白になったのを思い出します。
そんな私も、今日までこの映画の存在を知らずにいたことが、恥ずかしいばかりです。
それにしても、この映画のDVDを置くレンタルビデオ屋があることにうれしさを感じます。


原爆の子

(購入者の評価)
被爆からわずか七年で創られた作品です。
実際に被爆した方の姿や復興前の広島の姿が映っているので半分はドキュメンタリーのような作品です。
被爆者の痛み、苦しみ、慟哭が生のものとしてフィルムに映し出されています。
太郎ちゃんとそのお祖父ちゃんのエピソードなど、涙なくしては見られません。もし戦争がなかったら、原爆が落とされなかったら、二人の人生は家族愛に包まれた楽しいものだったに違いないのですから。
彼、彼女らの苦しみを直視するのは辛いですが、しかし深い傷を負いながらも互いにいたわり合い、支えあう人々の姿の清々しさ、心の美しさを私はこの作品の中に同時に見ることができました。原爆症という大きな傷を負いながらも、人は生きていきます。結婚という祝い事があったり、歌を歌ったり、そんな人間としての当たり前の日常はなんと煌いているんでしょう。
戦争はしていいのか悪いのか。
一人でも多くの人がこの映画を観て、その答を考えて欲しいです。


女の一生

(購入者の評価)
「栗塚の前に土方なし、栗塚の後に土方なし」で知られる稀代の土方歳三役者、栗塚旭。
日本人離れした知的で端整な美貌と美声、重厚な演技、そこはかと漂う哀愁。
土方や用心棒でみせる、ニヒルでストイックなヒーロー像は限りなく魅力的でカッコいい。
しかし!! ここへきて、大変なものをみてしまった。
岩下志麻扮する主人公が結婚した相手は、ケチで短気で女好きの、とんでもない男だった。
主人公の乳兄弟(姉妹?)にあたる下働きの女・左幸子に手を出し、妊娠させる。
主人公との間に子どもができても、人妻・小川真由美と不倫の仲になり、挙句の果てに、
密会の現場に踏み込まれ、その夫に猟銃で射殺される。
全女性の敵ともいうべきこの男が、栗塚旭なのである。
初夜までは、爽やかでほれぼれするような、よい男。特に白絣の浴衣姿には、主人公ならずとも、女はときめく。
ところが一夜明ければ、声を聞いても虫唾が走るような、嫌な奴。彼は本当に、あの栗塚旭??
下働きの女に無理矢理関係を迫る圧巻(?)のシーンをみて、血圧が急激に上昇、
「ヒッ、ヒッ、ヒジカタさーん」と叫んで昏倒、3日3晩うなされる、という栗塚ファンが続出したとか。
結局、息子・田村正和は、どうしようもない不良ドラ息子で、主人公は泣かされっぱなし。
この脚本を手がけたのが、野村芳太郎と山田洋次と森崎東。原作は、モーパッサン。
女の敵・栗塚旭と、いじめられ女・岩下志麻がみられる、貴重な作品である。


太陽への脱出

乳母車

(購入者の評価)
芦川いづみさんにとっては2本目の主演作。まだ若いとはいえ節度ある「女優・芦川いづみスタイル」が既に確立されてるのは さすが!裕次郎&いづみ映画は多数あるが この乳母車が内容的には最高傑作だと私は思います。ただ芦川いづみさんの本当の魅力が開花するのは この作品の 2年後。1958年(昭和 33年)からだと思います。

家なき子 DVD-BOX (期間限定生産)

(購入者の評価)
凄い作品ですので作品内容については語りません。 映像内容などについて
書きたいと思います。 

2002年にジェネオンから発売されたDVDとマスターは同じようです。
今回のBOXの為に再テレシネやリマスター作業はされていません。 
なので画質も凄く綺麗というわけではなくそれなりに綺麗です。

オープニング映像も前期(26話まで使用)の素材がなぜか第1話にしか
付いていません。第2話からは後期ヴァージョンになっています。(後期
はマチヤ、リーズなどが登場するOP映像です。再放送ではすべて後期に
なっています。) 制作会社表記はオリジナルのまま「東京ムービー新社」
になっていますので安心して下さい。

あと初回放送で使用された字幕(歌詞やスタッフ表記)が動かないヴァー
ジョンのオープニング映像は未収録になっています。

とりあえず上記を除けばノーカットの完全収録版なのでファンは安心して購入
する事ができます。 杉野昭夫描き下ろしのBOX、ジャケットも素晴らしい
です。 DVDは、1枚目?8枚目までは各6話収録されています。9枚目
のみ3話収録です。

映像特典は、海外用OP、ED素材の他に初ソフト化のノンクレジットのOP,
EDが収録されています。OPは前期、後期の映像が収録されているのでファ
ン必見ですよ。 欲を言えば、第1話の予告、番組CMや当時の素材集なども
入れて欲しかったですね。

価格も廉価盤価格と書かれていますが、高いと思ってしまうのは自分だけでしょ
うか? この内容なら2万5千円ぐらいが妥当だと思ってしまいます。


愛妻物語

(購入者の評価)
黒澤のようなストーリーテラーとしての巧さがあるわけでもなく、溝口のような流麗な映像美を作り出す才能にも恵まれていない新藤兼人が、巨匠とよばれるまでの映画監督になった理由は、そのひたすら真っ直ぐな映画表現にあったのではないかと思う。見ている方が恥ずかしくなるくらいストレートな演出は、純粋で粘り強くしかも濁りがない。シナリオライター時代の半自伝的な物語をつづった新藤兼人監督第一作目には、彼の映画に対する接し方がそのまま現れている。

売れないシナリオライター・沼崎(宇野重吉)をささえるため孝子(乙羽信子)は、駆け落ち同然で実家を飛び出し沼崎の下宿にころがりこむ。2人が住居を構える京都には実際いくつかの撮影所があるが、しのびよる戦争の影響により合併を余儀なくされる状況が伝えられる。なかなかライターとして芽のでない悶々とした生活描写の背景として、戦争に駆り出される学徒やその死、次第に圧迫されていく撮影所の経営状況が描かれる。新藤監督の反戦に向けられる目を、デビュー作においてすでに感じることができる。

当時「100万ドルのエクボ」というキャッチフレーズで映画界に登場した乙羽信子は、本作品の中でまぶしいくらいに輝いている。この上なく美しく撮られている紗がかかった乙羽の顔アップを見れば、新藤監督がいずれこの女優と恋に落ちる運命になることは必然だったと納得できる。そのくらい監督の女優に対する気持ちが素直に現れている作品も珍しい。


>> つづきをみる

宇野重吉一座最後の旅日記 (小学館文庫)

旅廻り宇野重吉一座

かにむかし―宇野重吉の語りきかせ (1968年)

天の笛―宇野重吉の語りきかせ (昭和43年)

チェーホフの『桜の園』について (1978年)

新劇・愉し哀し―宇野重吉えっせい (1969年)

じゃがいも父さん―宇野重吉一座 最後の旅日記

光と幕 (1957年)

自己を生かす交際 (1962年)

久保栄全集〈第12巻〉書簡ほか (1963年)

久保栄全集〈第8巻〉翻訳 (1962年)

久保栄全集〈第7巻〉評論 (1962年)

久保栄全集〈第3巻〉創作 (1961年)

久保栄全集〈第4巻〉創作 (1962年)

久保栄全集〈第1巻〉創作 (1962年)

久保栄全集〈第5巻〉評論 (1962年)

久保栄全集〈第2巻〉創作 (1962年)

久保栄全集〈第11巻〉日記 (1963年)

徹子の部屋想い出のスターたち 2 (2) (テレビ朝日CASSETTE)

久保栄全集〈第6巻〉評論1933-1944 (1962年)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4