宇津井健

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
宇津井健 おすすめDVD 宇津井健 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
マリと子犬の物語 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
何気なくみたのですが、見たらこれが泣けて泣けて! 
子犬もかわいいし、船越さんもいいですね。


山田太郎ものがたり

(購入者の評価)
ニノのほんわかしたやさしい演技、櫻井くんのクールでかっこいい演技、出ている方達がみなかわいく?あたたかい気持ちになれるドラマでした。山田くんちのような家族がいればお金では買えない幸せという事も納得できますね・・毎週家族で楽しく観てました。個人的には忍成くんの役がずっこけているんだけれどかわいく山田くんを一途に思う所が好きでした!

マリと子犬の物語スペシャル・エディション(2枚組)

(購入者の評価)
感動する作品だと思います
ただ実話とは違う点がかなり目立ったのでもう少し現実に沿って造っても良かったかなと思います
『実話を元にしたフィクション』としては星5つ
実話を伝える点では星2つ

よって星4つの評価です


ごくせんスペシャル 「さよなら3年D組…ヤンクミ涙の卒業式」

(購入者の評価)
放送していた頃は欠かさず観ていた大好きなドラマです。
この卒業式スペシャルも含め、思い切って第1シリーズ全部購入して改めて観ましたが
やっぱり最高です!買ってよかったと思いました♪
ヤンクミの演技はもちろん、松本潤さんたち生徒ひとりひとりの演技が素晴らしくて
何度観ても飽きないし、分かってても泣いちゃいます。。。
ただこの卒業式は第1シリーズを全てチェックしてから観ることがおススメです。
最後の感動が全然違うと思うので。
また、今売れっ子俳優さんの松山ケンイチさんも3D生徒役でチラッと出てます。

知ってる方は改めて、まだ観たことない方は是非観てみてください。
きっと大好きなドラマになると思います。


被取締役 新入社員

大地の子 全集

(購入者の評価)
テーマがあんまり好きなドラマではなかったのですが、観るとハマリました。原作はもっと悲劇的なシーンが多いようですが、これ以上悲劇的だと、個人的には、観れません。中国の俳優の演技も新鮮でしたし、風景も素晴らしい。人生で、苦境に立っているときに観ると、勇気づけられると思います。

鬼平犯科帳スペシャル 一本眉

YUICHIRO SAKURABA in ムコ殿 DVD BOX

(購入者の評価)
これ、再放送の度に必ず見てしまいます。
とにかく桜庭裕一郎が熱いんです!!
毎回見ると絶対に感動してしまう。

出演者のみなさんの演技も味があっていいです。

家族愛についてよく描かれていて
いいドラマですね。

上杉鷹山 ~二百年前の行政改革~

(購入者の評価)
あのアメリカ大統領 ケネディが尊敬していた上杉鷹山!
代表的日本人でその5人の中の一人 上杉鷹山!

童門先生の講演を聞き、本を読み次にDVDを買った。
損はしないしよく描かれていると思います。
江戸時代の名藩主が成し遂げた大改革。

学問の為の学問でなく! 実際の生活に行動に照らした学問。
人を導くには、その人が本当に尊敬されなくてはならない。
今までのぬるま湯体質を変えるには、領民の意識改革が基本とならなくてはならない。
その意識の火種を一人でも多く育てていく。
基本は、藩の教育が大事で武士も領民もだれもが塾に入れるシステム。
現在でも 哲学、理念は 会社経営でもそのまま使える話です。

筒井道隆も良かったが宍戸開も非常に良かった。そして、黒木瞳は、いつみてもワクワクさせる。



死に花

(購入者の評価)
20年ほど前にK・ダグラス&B・ランカスターの「タフガイ」という大傑作があった。老いた元闇社会のふたりが、大列車強盗をやってのけるこの作品には心底パワーを感じたものだが、「死に花」を観て思ったのが、まずこの「タフガイ」であった。リタイヤした人たちは、静かに余生を送ってください、ってヒトの人生を社会が決めるんじゃねえ!という怒りと、本当の人生の愉しさを本作の名優たちは見事に具現化して魅せた。山崎勉、宇津井健のふたりはほぼ初共演!なのだというが、すごく芝居も合っていたし、また青島幸男、谷啓、藤岡琢也、長門勇、松原智恵子、加藤治子らの演技も素晴らしい。あの名優たちが、大脱走さながらの穴を掘りながら銀行の金庫を狙うなんて、もう面白すぎる。掘るのが早すぎとかいくつかのツッコミはあるが、そんなことはもうどうでもよいではないか(笑)!とにかくみんなカッコいいのである。こんなオトナになりたいよなあ、とつくづく思う自分であった。メイキングで山崎努が「すべての原点は好奇心」と言っていたが、まさにその通りだと思う。人生好奇心が途切れなければ愉しく生きていけるのだ。それにしてもこれだけのサムライを料理した犬童監督の手腕にも大拍手である。いつもの演出で通用するのは星野真理くらいで、みな人生の先生ばかり。後期なんとかとか高齢者問題がクロースアップされるが、そんな関連で本作を観ると泡食うはずだ。シニアのカッコよさに「惚れる」こと請け合いの名作である。

フジ子・ヘミングの軌跡

(購入者の評価)
テレビでこの番組を見て、録画し、何回も見続けました。

夜中に何気なく見ていたNHKのテレビにフジ子さんのピアノを弾く姿を見て、彼女の奏でる音に硬直してしまいました。
そのときにメモを取るのを忘れて、何と言うピアニストかなど全然情報がないまま、月日が流れ、また、たまたま、再放送も見ることが出来ました。2回目ながら鳥肌が立ちました。

彼女の奏でる音は彼女の人生を語っていると思います。
菅野美穂演じるフジ子さんの姿は本当にすばらしいと思いました。それに、母親役の十珠幸代さんの演技も本当に最高でした。すごく名コンビだと思いました。

DVDを買った理由は単にビデオを消してしまったのです…しかし、DVDで2箇所ほど自分が気に入ってたシーンがカットされてしまっていたので、少しショックで評価を★4つにしてしまいました。しかし、本当にいい内容なので、是非見てください!

新幹線大爆破

(購入者の評価)
俳優陣は皆トップスターで、それぞれの俳優が一番カッコイイ時の作品でもあります。
ダブル健さんは言わずもがな、丹波哲郎も出番は少ないながらも、決めるべきシーンで確実に決めています(最後のセリフはホンットかっこいいです!)。新幹線の特撮は・・・まぁあの時代にしては頑張ったんではないでしょうか。意欲は伺えましたし。予算さえ確保できていれば、かなりの所までイケたのではないかと感じました。ただ一つ難を言えば、音楽でしょうか。特にラストのあのシーンにあの音楽は無いでしょうよ(ラストで最高の演技を見せた健さんが泣いてるぞっ)。全てにおいて大満足ながら、その点で☆一つマイナス。


秋刀魚の味(TV版)

(購入者の評価)
同じスタッフによる前作の東京物語のリメイク版よりも良いリメイクだと思います、なぜこちらのほうが良いかといえば、嫁ぎ遅れそうな娘の縁談という題材そのものが東京物語よりも現代的ということでしょう、配役もミスキャストのない現在望み得る最高の俳優人と思います、

一点だけ気になって仕方が無いことは、セリフがオリジナルのままであることです、製作者側とすればどうしても一度オリジナルとおりに再現して見たかったのだろうと思いますが、違和感は払拭できません、現在普通に使われている丁寧語にすればもっとリアルな印象を受けるさらに親しみやすい作品に成っだろう考えます、

大映テレビ ドラマシリーズ 少女に何が起ったか

(購入者の評価)
数ある大映ドラマの中でも、これでもかといわんばかりに様々な要素が取り入れられた作品。
はっきりいって、このオーバーリアクションには、当時みんなが洗脳されたかのように魅せられていたはず。
大映ドラマには必ず毎回出てくる決め台詞のようなものがあるが、
この作品では、石立鉄夫さんの「薄汚ねえシンデレラ!」。

小泉今日子さんが猛特訓する課題曲の、ショパンの練習曲第12番ハ短調Op.10-12「革命」。
この曲を聴くと、ショパンではなく、ピアノを演奏する小泉さんの映像が出てくるほど、強烈な印象を残している。
エンディングテーマは東京JAPの摩天楼ブルースだった。



たそがれ酒場

(購入者の評価)
公開された年は1955年、昭和でいうと30年、終戦からわずか10年の時の作品である。この時代に懸命に生きる老若男女の人生を、酒場という一つの舞台に凝縮し描いている。予算的な制約もあったであろうが、舞台を一つのセットに限定し、様々な登場人物のエピソードに実際に歌やレコードなどの音楽を随所に挿入することで、全編が淀むことなく展開してゆく。終戦からまだ10年とあって、年配者の人生いずれにも戦争の爪あとが深く残されている一方、若者は未来に向かって生きている。貧しくも互いに助け合い懸命に生きている人々の姿が、心に沁みてゆく作品である。
黒澤作品でおなじみの加東大介や東野英治郎、多々良純などが登場する一方、映画デビュー間もない丹波哲郎や宇津井健の若かりし姿も見る事が出来る。声楽家を目指す青年とその師匠には、実際の音楽家のプロが演じているが、俳優の中に交じってまったく遜色は感じさせない。特筆すべきは、踊り子を演じる津島恵子の美しさ(前年公開された『七人の侍』では農民の娘を演じているが、そのギャップの大きさ!)、そして小杉勇演じる老年画家の味わい深さであろう。


ザ・ガードマン1967年度 DVD-BOX 前編

(購入者の評価)
幼かったころ!この作品には思い出がいっぱいあります。当時は白黒テレビ*手で回すチャンネル!あぁ懐かしい。始まる時間が結構遅かったので寝ぼけながら見てたのを記憶しています。宇津井健、藤巻潤、中条静夫、倉石功、ブルドック顔の中年の男性等の出演者。刑事ドラマでなくて、ガードマンというところがとってもいい!スリリングな展開。奇抜なアイディア満載の現在では見られないとっても素晴らしい作品。

赤い疑惑 DVD BOX

(購入者の評価)
説明無用の山口百恵・三浦友和の赤いシリーズである。
が、
主演は宇津井健である。

物語は山口百恵を中心に話しは進んでいくのだが、
なんというかさすがは主演、宇津井健のパワーが物凄い。桁外れである。
かんたん携帯のCMのしょぼくれた彼とはまったくの別人である。
蒸気機関車のごとくモクモク煙を出して進んでいくように力強いのである
(更に彼は実生活でも山口百恵の仲人をしたので、それを思うと感慨深いものがある)。

それにしてもなんというかこのドラマ、
今の時代の父親達が失ってしまった『厳しい父親』というものを見事に描いている。
最近よくある友達のような父子関係とはまったく違う。
演歌風に例えるなら冬の日本海のような厳しさである。
しかし当然のことながら厳しさの裏側にそれと同じだけの愛情が潜んでいるのである。
ゆえに劇中彼が微笑んだ表情を見せると、
観ている側はそのぎこちない表情に惹き込まれるのである。
制作していた当時は無意識であったとしても、
時代を超えて求められる理想の父親像を既に30年前に表現していたのだろう。
まぁとにかく当分はこのDVDで楽しめそうである。

そうそうこのDVD-BOX、外箱もトールケースも真っ赤っかなので
『赤いシリーズを買った』という満足感はかなり得られます。
但しブックレットや特典映像が無いのは減点かな。


新幹線大爆破

(購入者の評価)
今では実現不可能なパニック映画の最高傑作です。天国と地獄を彷彿させる設定に新幹線をからめたすごさ。後年スピードにも影響を与えたアイデア。ヒーローであるべき高倉健が犯人を演じるという意外性。日本映画にはかってこんなパワーがあったのだと驚かされる最高傑作。

ごくせんスペシャル「さよなら3年D組…ヤンクミ涙の卒業式」

(購入者の評価)
確認メールも早かったし、届いた商品もきちんと包装されてましたが、ところどころ、上の部分で、画像がゆがみ、お世辞でも、いい状態のテープとはいえませんでした。ちょっとがっかりです。

赤い疑惑 7

>> つづきをみる

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4