ウエンツ瑛士

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 
ウエンツ瑛士 おすすめDVD ウエンツ瑛士 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
のだめカンタービレ in ヨーロッパ

(購入者の評価)
 ドラマが大好きだったので、迷わず購入しました。後悔ゼロです。期待通り、十分楽しめました。
 でも、皆さん絶賛されてるので、ちょっとだけ文句をつけてしまおうかな。

 週1回のドラマに比べると、ちょっと冗漫な感じがしたんです。
 ドラマは、1話ごとにクライマックスを持って来る必要があるせいか、1つ1つのエピソードやセリフに無駄がありませんでした。
 しかし、スペシャル版の方は、「この場面、要る?」「ん?、ちょっと引っぱりすぎでは?」という所がいくつかありました。
 まあ、魅力的な役者さんたちを見られる時間が、長いのはいいんですけどネ。

 それと、不自然なフランス語やドイツ語(仏語ネイティヴや、ドイツ語話者が聴いても、何言ってるかわかんないんですもの)は、思い切って削ってもいいんじゃないかな。最初っから日本語でいいのでは。漫画なんだし。

 あと、千秋ちょっと泣き過ぎです。あまり泣くと、感動が薄れます。ドラマでのベト7の涙には共感できたけど、今回のはちょっと。

 と、いろいろ文句をつけたのにも関わらず、減らす星は1つだけです。
 出演者のテンションや、スタッフの方が練りに練ったであろう小技、何度見ても楽しいです!

 おまけ / 個人的には、原作のイメージとは違うという(私はまだ7巻までしか読んでいないので知らないんですが)、オクレール先生の笑顔が大好き。とっても癒されます。


パリだ!プラハだ!!ぎゃぼー!!!のだめカンタービレ in ヨーロッパ ロケ地マップ

(購入者の評価)
テレビで放送したものを録画していたので、買おうかどーか迷ったんですけど買って正解でした!

デレビ録画と見比べたらデレビでは放送されてなかった映像がしっかり入っててまた楽しむことが出来ました。

デレビで観てない方はもちろん、デレビで一度観た方もまた楽しめると思います!


WaT LIVE TOUR 2008 “凶×小吉=大吉ツアー”at 日比谷野音

(購入者の評価)
私は初日のNHKホールとZePP TOKYOに参加して、セットリストはわかっていましたが、野音にも参加した友人から、最後に二人が感極まって泣いてしまい、その感動の渦の中でラスト曲の大合唱、生声の精一杯の感謝の言葉となりやまないWaTコールとともに余韻の残る雨の野音を後にしたことを聞いていたので、本当に楽しみにしていました。

予想に違わず、レパートリーが一気に増えた二人の音楽性の成長、バンドの方々をはじめ、スタッフの皆さんと一丸となって創りあげ、ファンと一体化して完成させたライブの白熱したステージに、涙が止まりませんでした。

WaTファンはもちろん、ちょっと気になっている方、一曲しか知らないけど…という方にも、ぜひ彼らのすべてが詰まったこのDVDを観ていただきたいです。

そして今も彼らはこれに満足することなく成長しようと努力し、現実に進化し続けています!

笑いも満載、最後まで釘付けになりますよ。



逃走中2~run for money~

(購入者の評価)
「本編99分+特典45分」と商品構成はDVD第1作とほぼ同じ。
著作権の理由でBGMの変更はあるものの、
本編はオンエア2回分を おそらく放送されたままに収録したもの。

特典映像は今回も「下見中・反省中・獲得中・牢獄中」であるが
前作よりも本編と重複が少なく、未公開シーンが多く収録されている。

ウエンツ瑛士さん、水野裕子さん、磯山さやかさんなどのファンが
彼ら彼女らのDVDを全て集めたい、というなら買う価値はあるでしょう。

しかし、
番組の性質上 購入して繰り返し何度も見るというよりも、
どちらかと言えばレンタルにピッタリの商品と思う。

こういったバラエティー番組の商品化は喜ぶべきですが、
放送ですでに見ている人は よく考えてから購入するべきと思う
(2本とも購入している私が言うのも変ですが・・・)。


逃走中~run for money~

(購入者の評価)
渋谷の路上での鬼ごっこ。捕まらなければ賞金が何十万も。捕まれば、ゼロ。
第1回と第2回を収録。

第1回は保坂尚希、ふかわりょう、梨花、ウエンツ瑛士など。

第2回は岡田義徳、袴田吉彦、出川哲朗、ゴルゴ松本などなど。


とにかく、お金が掛かってるのと、あと朝っぱらから黒いスーツのハンターに全力で追いかけられる恐怖からか、参加者の行動とか表情がとにかくリアル。
どこまでもマイペースな人、ずっとびびって隠れる人、冷静にハンターを観察する人などなど。

ウエンツ君が追いかけられる時の絶叫ぶり、あと金子君が必死に逃げすぎて後で「あ?チャック開いてた??!」などなど思わず笑ってしまいました。

この後の回と比べると、まだゲーム中に行わなくてはいけない「ミッション」だとかも少なく、変わったハンターもまだいないけれど、このリアルなドキドキ感はオススメです。


参加者のファンは勿論ですが、
ドラマで言えば「ロスト」、あと何年か前に、無人島で集団生活して、一人づつ投票でいなくなってゆくっていうバラエティー番組が好きだった方は特にオススメです。


仮面ライダー THE FIRST

(購入者の評価)
「風よ、オレはおまえの使者だ」

とは、原作中のライダーの台詞。
(自分の記憶なので、少し違っているかも)

仮面ライダーは、変身したり、エネルギーを得るために
風の力を利用して変身ベルト(タイフーン)の風車を回さなければならない。
(だから、仮面ライダーに変身ポーズはなかった)

どうやって、風の力を得るのか。
それは、サイクロンというバイクに乗って得たり、
(だから仮面ライダーは、4輪車「ドライバー」であってはならない)
みずからジャンプすることで風の力を得る(これは、テレビかな・・・)。

テレビで仮面ライダーをリアルに見ていたオレ達ガキどもは、
風の力を感じるために、自転車をビュンビュン走らせたり、高いところから飛び降りたりして、
ライダーごっこをやっていた。
(で、大人から、ライダーごっこは禁止された)

こんな経験を持つオレからみて、
この映画、「風を感じない」。

ある場面なんか、手で風車を回しているようにも見える。

ライダーでなければならない理由を忘れた「仮面ライダー」じゃなく、
「風の使者」、仮面ライダーにもう一度会いたい。


ゲゲゲの鬼太郎 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
鬼太郎や猫娘などの配役が酷いと思います・・・よ!
もう少しイメージに合った人はいなかったのかね、監督しゃん?
へへ・・・凄く良かったのはこなき爺と鼠男と目玉の親父だけだからね!
よくも日本の名作ゲゲゲの鬼太郎をこんな配役で映画を・・・私は許しませんよーっ!
でも、ストーリーは良かったわねぇ
配役とかを気にしない子供たちや話を重視する人にはオススメですわ
お父さん、お母さんは子供に激買してあげてくれ!!!!


ブレイブ ストーリー

きらきら研修医DVD BOX

(購入者の評価)
髪を切ってますます「ちっちぇー顔しやがって!」な小西真奈美がキュートさ全開のハマり役で最後までドタバタやってくれる楽しく切ない医療ドラマ。バラエティに富んだキャストが皆さん強烈で飽きさせない、個人的にはガチャピン先生こと生瀬勝久さんが一番でした。
そして第7話に桐谷美玲ちゃんが客演☆ あんな可憐で華奢なくせに凶暴なバイオリニストの役でキュートに暴れてくれてます。ファンの方はお見逃しなく!
メイキングや現場レポ等(プロデューサーのドアップは勘弁して!って感じですが)特典のほうはまあそこそこ標準。
―ちなみにこのピンクのBOX、パッケージは勿論、医療器具等をあしらったピクチャーディスクも綺麗で、なかなかファンシーでいいですよ☆これ。


ブレイブ ストーリー コレクターズBOX (初回限定生産)

(購入者の評価)
 
 映像も美しく、お話も素敵で泣きました。

 本作品も、キャストに俳優さんを起用した作品ですが、全体的にさして違和感は感じません。特にワタルは、常盤さんが演じているとは話を聞くまで気付かなかったほどにお上手。

 特典ディスク収録の、子ども番組内で放映されていた「じゃかじゃかジャンケン」映像も○でした。
 映画の中では、あまり楽しそうな表情や、子どもらしさをのぞかせない印象のワタルくんやミツルくんたちが、歳相応にかわいらしくほほえましいです(^ ^)

 ただ、はしょった感が出すぎています。
 観ているほうは展開の速さに拍子抜けというか、置いてけぼりをくらう感は否めません。
 私は映画を観たあとで小説を読んだのですが、原作から入った方には、特に受け入れがたい点が多々あるかと思います。それらが、作品の説得力や感動を半減させてしまっているのが残念。
 長い原作を二時間という枠組みに収めなければならない点を差し引いたとしても、もう少し丁寧なストーリー展開にして欲しかった。
 エンディングの差異も、賛否両論でしょう。
 個人的には、映画のほうが後味は良く、ホッとしました。原作のシビアな余韻も捨てがたいけれど(^^;) 映画館では、クライマックスで泣いている子がたくさん居ましたから・・・

 いろいろ文句がありつつも、ついDVDを買ってしまったので、☆三つ。
 単純におもしろく、良いお話だと思います。
 小学校五年生の時に、この映画を観てみたかったなぁ・・・ 
 
 
 


ブレイブ ストーリー

ゲゲゲの鬼太郎 低価格版

(購入者の評価)
アニメで有名なゲゲゲの鬼太郎の実写版
ウエンツ瑛士が鬼太郎、ヒロインの人間の女の子を井上真央が演じる。

幼くして両親を失ってしまう井上真央とその弟。

しかし鬼太郎の出生の秘密。生まれる前に両親を亡くした鬼太郎。
妖怪とは言え、そんな悲しく辛い過去を持ちながら、逞しく明るく懸命に生きる鬼太郎や妖怪達を見ると
何か自然と勇気と元気が沸いてくる。
人間だって妖怪に負けちゃ居られない。もうちょっと頑張ってみようと。

井上真央とその弟が黄泉の国で父親と再会する場面。
親代わりで弟の面倒を見る気丈だった井上真央が初めて父親に甘える姿には
目頭が熱くなる。

それにいずれ死に別れる人間と妖怪の恋の切なさも
妖怪だからこそのシリアスな部分を上手く引き出している。

日本の蒼々たる俳優陣の演技も映画に深みを増す一員となっている。
そこここに織り込まれたギャグもツッコミどころ満載で笑いを誘う。
鬼太郎が毛針を打った直後どうなるか??
天使の様な天狐(小雪)が欲した物は?

良く知られたアニメ ゲゲゲの鬼太郎とはちょっと変わった
シリアスなストーリーの実写版ゲゲゲの鬼太郎は予想を裏切って、一見の価値あり。


キャプテントキオ プレミアムエディション-Are You Happy?BOX-

(購入者の評価)
最近はこういう映画は少ないですね 話はよくありそうな内容ですだからオチも
解ってしまうだけど面白い 今時よくあるどろどろとした話に飽き始めた人には
お勧めですね結構笑えるシーンもあるしなにより気軽に楽しめる映画なので良い方だと思います


ブレイブ ストーリー (Blu-ray Disc)

(購入者の評価)
MPEG-2 BD50
1:52:01
34,477,971,456
Average Video Bit Rate: 38.53 Mbps
DD AC3 5.1-EX 640Kbps


天才てれびくん ワイド ミュージックてれびくん ザ・ビデオI

(購入者の評価)
ウエンツファンにゎカナリぉ宝な一枚です彼の原点が詰まってます!!ウエンツくん出演曲ゎ♪8cm、♪can do it、♪世界中の全ての色 です。ウエンツファンじゃなくても天てれファンまたゎ当時天てれを見てた皆さんにもオススメです!当時のMTKで好きだった、耳に残ったメロディが蘇り、懐かしく新鮮な気持ちになれます!!若かったあの頃に戻りたい方(笑)必見です!!自分自信へのプレゼントにどぅですか?

ゲゲゲの鬼太郎 ブルーレイディスク

(購入者の評価)
アニメで有名なゲゲゲの鬼太郎の実写版
ウエンツ瑛士が鬼太郎、ヒロインの人間の女の子を井上真央が演じる。

幼くして両親を失ってしまう井上真央とその弟。

しかし鬼太郎の出生の秘密。生まれる前に両親を亡くした鬼太郎。
妖怪とは言え、そんな悲しく辛い過去を持ちながら、逞しく明るく懸命に生きる鬼太郎や妖怪達を見ると
何か自然と勇気と元気が沸いてくる。
人間だって妖怪に負けちゃ居られない。もうちょっと頑張ってみようと。

井上真央とその弟が黄泉の国で父親と再会する場面。
親代わりで弟の面倒を見る気丈だった井上真央が初めて父親に甘える姿には
目頭が熱くなる。

それにいずれ死に別れる人間と妖怪の恋の切なさも
妖怪だからこそのシリアスな部分を上手く引き出している。

日本の蒼々たる俳優陣の演技も映画に深みを増す一員となっている。
そこここに織り込まれたギャグもツッコミどころ満載で笑いを誘う。
鬼太郎が毛針を打った直後どうなるか??
天使の様な天狐(小雪)が欲した物は?

良く知られたアニメ ゲゲゲの鬼太郎とはちょっと変わった
シリアスなストーリーの実写版ゲゲゲの鬼太郎は予想を裏切って、一見の価値あり。


ブレイブ ストーリー

(購入者の評価)
宮部みゆき原作の同名作品のアニメ化。私は原則としてAV作品のレビューはしないのであるが、この作品、あまり評判が芳しくないので助太刀をする。

確かに、原作を大胆すぎるほどにカットし、作者が伝えたかった大切なメッセージの多くを犠牲にしてまとめた印象が強い。しかし、2時間の作品に仕上げるのに、こうでもするしか方法はなかったのではないか。最近のアニメはどれもそうだが見事な映像美であるし、いくつかのエピソードに絞って全体を流れよく形作った制作者の努力は、もっと評価されてよいと思う。但し途中で主題歌が入るのは、歌が作品から浮いているだけに痛かった。

原作とは違う物語だと割り切って楽しめばよいのだ。私はこれで満足である。先にこちらに接した人は、どうか原作に挑んで欲しい。読みやすい作品であり、原作の広さ・深さは新たな読者を歓迎してくれるだろう。


ブレイブ ストーリー

ブレイブ ストーリー

(購入者の評価)
歌だけがよくて、映画の中身は最悪です。見ない事をお勧めします。本の方は読んでいないのでわかりません。

ゲゲゲの鬼太郎 スペシャル・エディション

(購入者の評価)
アニメで有名なゲゲゲの鬼太郎の実写版
ウエンツ瑛士が鬼太郎、ヒロインの人間の女の子を井上真央が演じる。

幼くして両親を失ってしまう井上真央とその弟。

しかし鬼太郎の出生の秘密。生まれる前に両親を亡くした鬼太郎。
妖怪とは言え、そんな悲しく辛い過去を持ちながら、逞しく明るく懸命に生きる鬼太郎や妖怪達を見ると
何か自然と勇気と元気が沸いてくる。
人間だって妖怪に負けちゃ居られない。もうちょっと頑張ってみようと。

井上真央とその弟が黄泉の国で父親と再会する場面。
親代わりで弟の面倒を見る気丈だった井上真央が初めて父親に甘える姿には
目頭が熱くなる。

それにいずれ死に別れる人間と妖怪の恋の切なさも
妖怪だからこそのシリアスな部分を上手く引き出している。

日本の蒼々たる俳優陣の演技も映画に深みを増す一員となっている。
そこここに織り込まれたギャグもツッコミどころ満載で笑いを誘う。
鬼太郎が毛針を打った直後どうなるか??
天使の様な天狐(小雪)が欲した物は?

良く知られたアニメ ゲゲゲの鬼太郎とはちょっと変わった
シリアスなストーリーの実写版ゲゲゲの鬼太郎は予想を裏切って、一見の価値あり。


>> つづきをみる

小池徹平 2009年カレンダー

オトナファミ 2008 AUGUST [雑誌]

(購入者の評価)
オトナ向けゲーム誌、というわけではないようです。
映画の情報だったらほかの雑誌読むってば、、、
それぞれの記事は悪くないんだけど、まとまりが悪い。
なんか中途半端かも。


ウエンツ瑛士 2009年カレンダー

NHK 天才てれびくんワイド 天てれ大入り袋

(購入者の評価)
昔にもどりたくなって
この曲を買いました
全部の曲を覚えてて
自分でもびっくりしました


ウエンツ瑛士 2008年カレンダー

(購入者の評価)
映画、バラエティ、音楽とマルチに活躍しているウエンツ瑛士。
2008年度のカレンダーは全ページ取り降ろし写真ということで購入しました。
芸能人のカレンダーを買ったのは生まれて初めてです。

カレンダーでは、バラエティ番組などで見せる明るく愉快なキャラクター・表情とは別に
ソロシングル「Awaking Emotion 8/5」で見せたもう一つの顔、クールな一面がフィーチャーされています。
男性にこういう表現をするのもあれですが、綺麗ですね。
全体を通してカッコイイです。


ウエンツ瑛士 2007年 カレンダー

(購入者の評価)
JUNONの協力で作られているためか、過去のいろんな髪型のウエンツ君の素敵な表情が見られて大満足です!

CL103 ウエンツ瑛士 カレンダー 08

CL108 ウエンツ瑛士カレンダ- 09

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4