ウォンビン

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 おすすめ 38 おすすめ 39 おすすめ 40 
ウォンビン おすすめDVD ウォンビン おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ごめん、愛してる DVD-BOX 完全版

(購入者の評価)
悲劇的恋愛劇でミサ廃人になれるものと期待してみたが、最後まで涙することはなかった。たぶん、ムヒョクのセリフが少なすぎて、視聴者を感激させるまでいたらないのでは。勝気なウンチェは私の好みのタイプではないためか、何故、ムヒョクが夢中になるのかわからない。結末は想定内ですが、誰もがドイツにいけばよかったのにと思うでしょう。

秋の童話 DVD-BOXI

秋の童話 DVD-BOXII

フレンズ ― メモリアル・ボックス

(購入者の評価)
今見るとウォンビンも若くて笑った顔が少年みたいでとても可愛かったです。今でもある日韓の色々な文化の違いや風習など考えさせられましたがウォンビン演じるジフンとフカキョン演じる智子のお互いを思いやる気持ちが胸が痛くなる程伝わって来て何度も泣いてしまいました。離れ離れになっても揺るがない好きだと言う気持ちが本当に素敵でした。特典映像でのウォンビンとフカキョンのやり取りが何だかほのぼのして良かったです。私はこの作品を通じて韓国語を勉強始めました。とにかく色んな方に見て貰いたい作品です。

ブラザーフッド プレミアム・エディション

(購入者の評価)
原題の「太極旗を翻して」なのか「ブラザーフッド」なのか。前者のテーマは「戦争」であり後者は「兄弟」。いろんな方のレビューに書かれてる通り前者を主眼にしても充分な内容ですが、もしもあなたが「お兄ちゃん」なら絶対必見の作品。間違いなくチャン・ドンゴンに感情移入して見るでしょう。時々ウォンビンに苛つくはずです。「弟」や「妹」ができた日から、こんな兄貴になりたいと一度は思ったはずの理想を具現化してます。そしてまずこんな兄貴には成れません。すまぬ、弟よ、妹よ。

BINUS / ウォンビン

(購入者の評価)
故郷・江原道で自然な姿で過ごすウォンビン、インタビューに率直に答えるウォンビン、そして入隊当日までをどのように過ごしたかなど、本当にありのままのウォンビンを見ることができます。このDVDを見て、兵役中の寂しさを忘れることができました。

B型の彼氏 コレクターズ・エディション (初回限定生産)

(購入者の評価)
B型の私的には面白かったんだけど…
というところが本音。
多分実際のB型さんたちはこんなことに慣れっこだから
韓ドラが好きじゃないとそんなに楽しめない気がする。
ぶっちゃけ、そんなに内容のある映画じゃなかった気がする。
B型をバカにした?そんな感じのストーリー。
しかも、私の周りのB型のほうが、
迷惑な時がある。
もっとB型について研究してから映画にしてくれれば…
と少し思った。

まぁお隣韓国でもB型は嫌われてるんだって感じ。
ちなみに映画の中で血液型を尋ねる質問があるんだけど、
私はまんまとB型が選ぶ選択肢を選んでしまいました。

☆4つの理由は出演者が好きだから。
バリ出来のミヒに、屋根ネコの室長に
サンドゥのミンソク氏。
なかなか豪華メンバーでそっちで楽しみました。


ガン&トークス ウォンビンスペシャル・エディション

(購入者の評価)
本編以外余計なものは一切いらない。という方以外は
こちらの特典付をおススメします。
私もウォンビンには全く興味がなかったのですが、
パッケージとちっちゃなフォトブックが多少ウォンビン寄りかなというくらいで
作品そのもの、他の役者さんに関しても特典で楽しむことができました。
特に特典ディスクに入っている未公開シーンが良く、
本編の後日談のような感じで面白かったです。


ブラザーフッド (ユニバーサル・ザ・ベスト2008年第3弾)

マイ・ブラザー コレクターズBOX

(購入者の評価)
初めてこの映画を見たのは、アジア系の航空会社を使って、北米に来た時に、飛行機の中で、でした。シートについている小さな画面、しかも英語の字幕での鑑賞でしたが、それだけでも十分内容が理解でき、展開も予想できる作品でした。日本でも劇場公開されましたが、主演がウォンビンではなかったら、同じように劇場公開されたかどうかは疑問。俳優より内容重視の本国韓国では見事にコケた作品です。さらに、このプレミアム・ボックスは、映画に関係のない内容や、ウォンビンだけにフォーカスを当てた内容の特典などを収録して、この値段設定はありえないと思います。ウォンビンファン以外には何の魅力もないセットですね。

ブラザーフッド コレクターズBOX (完全予約限定生産)

(購入者の評価)
面白いけどコリアン美化しすぎ。
事大主義なので演技もうまいのでしょう。
本当のコリアンは・・・いや、日本の女性は夢見がちで日本のすばらしさ
を理解するのは死ぬ間際かコリアに住むことになてからでしょう。
もっと戦争論とかもう黙ってはいられないとか読んで歴史の勉強しましょう。


秋の童話 ビジュアル オリジナル サウンドトラックDVD

秋の童話 ORIGINAL SOUND TRACK MUSIC DVD

(購入者の評価)
NGシーンがあると説明を読んで楽しみしていましたが、
最後にほんの少しだけで、非常に残念でした。
また、付属の写真集は、カラーコピーしたような
もので、写真集とはいえない感じです。
でも、秋の童話をにはまっている方は購入しても
損はないと思います。


韓国ドラマOSTコレクション ~ドラマ音楽DVD~

(購入者の評価)
心地よいシーンに流れる音楽,事件の時に流れる音楽,ハッピーな時やさびしいときに流れる音楽,ドラマの良し悪しは挿入された楽曲に左右されるといっても過言ではありません。
音楽を聞けば映像が浮かんでくるような作品は,質的な問題は別として心に残った作品ということになるでしょう。それほど現代の映像文化は音楽抜きでは語れないものになっています。
音楽と映像を切り離して考えますと,音楽の歴史は映像よりも遥かに古く,映像の方も当初は映像と音楽は別物として扱われていました。
現在のように映像と音楽が合体して相乗効果が問われるようになったのは20世紀になってからのことです。
本作は,「映像とOSTを効果的に使うとこうなります。」という,オムニバス的なもので,新しいスタイルの韓流商品といえるでしょう。
韓ドラファンだけでなく,音楽ファンにも受け入れていただける作品に仕上がっていると思います。
さらには,「ドラマで学ぶ韓国語」の」ような感じのコーナーが特典として付いており,韓国語の学習者にとっても魅力的なものとなっています。
収録作品は「愛の群像」「死ぬほど愛してる」「ワンダフルライフ」「アイルランド」「Ready Go」「がんばれ!クムスン」「私の名前はキム・サムスン」「ひまわり」「弁護士たち?あなたに捧げる罪?」「勝手にしやがれ」「屋根部屋の猫」「わが家」「商道」「秋の夕立」となっています。


追憶 もういちど逢いたい・・・

(購入者の評価)
ミュージッククリップ集なのですが、一曲一曲のドラマが本当にすごく良く、かなり長めに丁寧に作られているので、一曲聞き終えた時点で映画を一本見終えたような感動と余韻に浸れます。セリフはほとんどないのに、観ているだけでストーリーがとてもよく分かる作りになっているのは、さすがです。
これより後に作られらクォン・サンウ主演の『クリーナー プロジェクトX』。あれも音楽と映像を融合させた画期的な作品と謳われましたが、観ていて物語がよく分かり少しも飽きさせないという点では、こちらの『追憶』のほうがよく出来ていると、個人的には思います。
このクリップ集のすごい所は、なんといっても出演している俳優の層の厚さでしょうね。ドラマや映画で観た事のある若手の俳優さんが数多く出演していて、その華やかなことといったら!ここでは、映画ではなかなか共演しないような男優女優が思いがけずカップルを演じていて「えっ、あの人とこの人がキスシーンを?!」なんて楽しいサプライズもあったりします。
そして、舞台を日本の北海道や香港、アメリカなどに設定した物語ではそれぞれ海外ロケを敢行していて、スケールが大きい!本当に映画のようです。
ドラマの内容としては、幼い頃に別れた幼なじみとの再会、交通事故、病気、記憶喪失‥など韓国映画お決まりの似たようなシチュエーションが多いのですが、一つ一つの完成度が高い作品群なので、これは一本ずつ大切に丁寧に観るべき価値、大です。
余談ですが、字幕に日本語だけではなくハングル表記やその読み方、英語や中国語(しかもちゃんと簡体字)までもがあるところが、語学学習者にとって非常に有り難い、親切な商品となっています。


秋の童話プラス ユン・ソクホディレクターズカット

???韓国ドラマブームを巻き起こした『冬のソナタ』のプロデューサー、ユン・ソクホの、四季を題名にした純愛シリーズ第1弾。主演女優のソン・ヘギョはこのドラマをキッカケに大ブレイク。深田恭子と共演した日韓合作ドラマ『フレンズ』に主演し、日本でも大人気のウォンビンの出世作でもある。
???全話を貫くのは、幼児の頃の子どもの取り違いと、もとは兄妹として育った男女の切ない愛の物語。両親や頼もしい兄ジュンソ(ソン・スンホン)に愛され、何不自由なく育った金持ちの娘ウンソ(ソン・ヘギョ)は、交通事故をキッカケに、子どもの時クラスメートのシネ(ハン・チェヨン)と病院で取り違えられていた事を知る。これまで金持ちのウンソに嫉妬してきたシネは、ウンソを追い出しのウンソの家族たちと渡米。一方、貧しいシネの家で辛い毎日を送るようになる。そして10年後、ホテルで働くウンソは、兄のジュンソと再会。ホテルのオーナーの息子テソク(ウォンビン)に愛されながらも、ジュンソに惹かれるウンソ。いつしかふたりは愛し合うようになる。
???素直なヒロインと嫉妬深いイジメ役、そして元兄妹という微妙な関係を乗り越えての大恋愛、と見どころたっぷりだ。(茂木直美)


ウォンビン オフィシャル・プレミアムBOX

(購入者の評価)
値段以上の価値があると思いました。写真集はほとんどがモノクロでまとめられていますが、とても自然なショットが多く、もちろんどれも素敵です。中に綴られている彼のエッセイもまたとてもよいです。彼の考え方や普段感じていることがとてもよく伝わってきます。このBOXの一番の魅力はDVD。ナレーションをつとめる彼の声がまたとても良いです!!サッカーを楽しむ彼の笑顔がとても印象的でした。ますますウォンビンが大好きになること間違いナシです!他にも特典がいろいろついてますが、直筆プリントレターは嬉しいです★

BINUS/ウォンビン

同感DVD アルバム

クァンキ

(購入者の評価)
話数が半分に減らされているということはこちらのレビューで知った上で購入しました。
ウォンビンさんの長髪姿が目的だったのですが、今気になっているイ・ドンゴンさんと二人のじゃれあう様子にびっくり(フレンズでの共演は息があって当然ですね)したり、また、はじめウォンビン演じるミンと仲良しの女の子ルナ役のペ・ドゥナさんがとってもかわいいな〜と思っていたら最近映画『リンダリンダリンダ』のプロモーションで来日していたりと、いろいろな発見がありました。
イ・ドンゴンさんはこれがデビュー作ということですが、とても自然な演技をしています。メガネをかけたりして、ソフトな雰囲気の、素敵な役です。
主役とは関係ないのですが、最後の方のクァンキメンバーのお父さんのストーリーがとても良かったです。
『コッチ』の長男ヒョンテ役チョ・ミンギさんが大学の先生(であり先輩であり会社の上司)の役を演じています。また、『美しき日々』の作曲家の方も、個性的な先輩を好演しています。


>> つづきをみる

K・BOom (ブーム) 2008年 09月号 [雑誌]

秋の童話 (バンブームック―韓国ドラマ公式ガイド)

(購入者の評価)
何度もDVDを見ました。子役のテンウヒョン ムングニョンもとてもかわいくて 又感動の連続でした。ソンスンホンの役柄がとってもよく出ていて最後のシーンは あれで良かったと思います。

ウォンビン写真集 dream in HEAVEN

(購入者の評価)
私は、ウォンビンのファンです。今まで見た男の人のなかで、一番カッコイイかな!世界的美男(アジア)に認定されているウォンビン。フォーバルのCM、素敵でした。幼い頃のウォンビンの写真を見ることができて、買って良かったです!

Korean wave―特集/ウォンビン (スクリーン特編版)

(購入者の評価)
いろいろなウォンビンが見れてよかったです。 インタビューの内容も沢山書いてあってよかったと思います。 ウォンビンファンには是非見てほしいと思います。 あと、他にも韓国のスターがでていてオススメです。

韓流ファン vol.2 (COSMIC MOOK)(大型本) (COSMIC MOOK)

(購入者の評価)
2話まで見て若干わかりにくかったのですが、前半部分の解説を読んで、人物関係具合がよくわかった。ドラマの展開がますます楽しみになった。後半?結末までも詳しく書いてあるみたいですが、もったいないので見終わったものからじりじり読んでいく予定です。おすすめ。

「KOREA MOVIE」 コリア・ムービーVol.3 (白夜ムック172)

(購入者の評価)
表紙と同じウォンビンのクリアファイルの付録が付いていて、表情がすごくカッコイイので宝物にしています。

アクターズ・スタイル KOREA SPRING 2004 Bamboo Mook

(購入者の評価)
来日したスターと今、注目の俳優が沢山。
しかも、カラーばかりなので嬉しさ倍増!
プレゼントにはサイン入り色紙が!!
試写会もプレゼントにあってびっくり!


韓国ドラマ・映画スター事情 ~ペ・ヨンジュン、ウォン・ビンに出会うソウルからの最新リポート~

(購入者の評価)
他の方も指摘されていますが、まず作者の頭の中で「秋の童話」と「美しき日々」が混乱しているようですね。それと「韓国のマスコミは日本のように芸能人のプライバシーまで追いかけない」「ワイドショー的番組はない」と書かれていますが、韓国にも芸能番組はあり、スカパーで毎週見ることができます。入院中の女優にマイクを突きつけるなど、日本より過激だと思うこともしばしばなので、作者の指摘には「?」でした。韓国人の友人も同意見です。作者は「伊東順子」名で「ピビンバの国の女性たち」なる本も出していますが、こちらも疑問点が多く、信憑性に欠ける内容となっています。残念。

韓風マガジン Vol.1 (ACムック)

(購入者の評価)
生い立ち、生き方、考え、思い、まわりの記者や、事務所の方、スタッフがあかす、素顔の、ペ.ヨンジュンが見られます。気骨、頑固 それでいて、優しい、優と剛。冷静と情熱両方を、兼ね備えた、素晴らしい俳優だと、記されている。なぞが多ければ多いほど、カリスマ性があり、それを知りたくて、作品を、鑑賞する。見れば見るほど、解らなくなるそれが、魅力かもしれない

ウォンビン オフィシャル・エッセイ写真集

(購入者の評価)
美しい容姿をもちその笑顔だけで人々に幸せを与えられるのに、不器用なほどに全力で懸命な彼の、底にある考え方がつづられていて切なくなるほどのエッセイです。この本に使われている大小合わせて115余のウォンビンショットの内、カメラに目線が合っているのは5枚程しかなく、それも決めポーズではなく全くの自然体で、街でお忍び旅行中のウォンビンを見付けたような感覚に成ります。
とはいえ、さりげない仕草や楽しそうな笑顔 歩く姿、全て絵になるウォンビンの魅力が満載。
本の仕様もがっちりとしてアルバムのようで、シンプルな表紙がかえって高級感があり、魅力満載の内容を考えてもホントニコノネダンデイイノ??って感じです。
BOXまでは…とお考えの方も、是非こちらは手にされると良いと思います。

日本でのものは僅かしかありません。それを考えると、この旅で如何に膨大な量の写真が撮られ、その中から今回のコンセプトに沿ったものとしてウォンビンが選びぬいた115余か ということですね。今回使われなかった中にも、まだまだたっくさんお宝があることは間違いありません。

ウォンビンへの手紙

(購入者の評価)
サッカーシーンなどプライベートチックな素のウォンビンが満載です!アップ目の写真が多く、大満足。
ダイヤリーはとても書き込めませんがプレゼントがあたったらハングルで書いてみたいと思います。プレゼント当たりますように!!!


ガン&トークス

(購入者の評価)
ウォン・ビン主演映画、『ガン&トークス』のノベルズ。
映画では見ることのない裏ネタに映画本編が載ってる感じですね。
映画のほのぼの(?)した部分が好きな方にはちょっと
濃い感じを受けるかも?
しかし映画の細かいとこをDVD見る前に再確認したい方
にはオススメです。

個人的には最初映画のまんまを期待してたので以外な面にちょっと

ビックリしましたが、コレはコレで面白いですよ。
映画見た方は読むと「ああ、そうゆうことか!」って思えるはず。
読むのは映画を見てからのほうがいいと思います。

「韓流スターの時代2」ブラザーフッド~ウォンビン/チャンドンゴン (HOT CHILI PAPER PLUS)

(購入者の評価)
ウォンビンとチャンドンゴン、二人の大ファンの私にとっては待ち望んでいた一冊です!一般的な雑誌よりしっかりした装丁だし、内容も濃い、本当に二人の特集版です!ただ細かく見てみるとウォンビンの特集ページが28ページなのに対して、チャンドンゴンは18ページしか無い・・・だからチャンドンゴンだけのファンの方には少し納得いかないかな?でも値段で考えてもとてもreasonableですよね*^-^*
一番気に入ってるのは、後ろについているポスター2枚が表がウォンビンなら裏がチャンドンゴンというカンジになっているので、切り離した場合、どちらも好きなスターの方を飾ったり貼ったりできる点♪私のように二人を好きな場合はそのまま見てるか、もう一冊買うか、悩めるところですが・・・(^-^;) 私のイチオシです!


韓通 han-tsu 2006 Vol.1

(購入者の評価)
俳優ではクォン・サンウ、歌手ではチョ・ソンモが大好きな私。
この雑誌は、表紙と中身からサンウ目的で購入。
内容も、ただ俳優のインタビュー等だけを載せるのではなく、
韓国の様々な分野で活躍している人、韓国のガイド的な内容もあり、
結構充実していました。

驚いたのは、付属の特典DVD!!!!!!
ソンモのファンとして驚きました!
だって、My Firstの予告編、
そして、ネット配信でしか見たことのない
入隊の時のあの映像が入ってるんですよ!
もう涙ものでした。


ウォンビン公式カレンダー 2008年

ウォンビン2008年限定カレンダーBOXセット

(購入者の評価)
壁掛け用カレンダー・卓上カレンダー・山吹色のミニ手帳・ポストカード5枚セットになっています。
2年間じっと待っていたウォンビンファンは、購入の価値ありです。ウォンビンの違った表情が楽しめます。白黒ファッションの地味めですが、彼のハンサムぶりで補っています。以前より若い感じです。素敵な笑顔がなかったのが、少しザンネン・・・。
ウォンビンほど、毎回イメージが変わる人も珍しいのではないでしょうか。


ウォンビン主演映画「マイ・ブラザー」オフィシャルフォトブック

美しき韓国ドラマダイアリー2005年

(購入者の評価)
久々に某名○○市に出たとき書店をのぞくと、案の定どこでも最近の韓流ブームにあやかった本がいやでも目に入ってきて、写真集から韓国ツアーガイドまがいのものまでずらり。
そこにこれがあって、マニアっぽいなと思いながら見てみたら、チャン・ドンゴンとか、かなりレアものの写真が載ってて、これは結構買い!と書店でにんまり。
四天王との星占いにいたっては思わず笑ってしまいながらも、ついついじっくり読んでしまっている自分を発見………。
ダイアリーになってたりするし、しかもよくもここまでというくらいなDVDの情報とか、ドラマの情報とか隅の方に載ってるので、パク・ヨンハの写真集を買うついでに買ったにしては◎!


WWW(Wonbin Wide pinup Web)―ウォンビン・オフィシャル・ピンナップ集 (Gakken Mook)

(購入者の評価)
待ちに待ってやっと復刊されました〜(^^)
値段の割にはポスター、ポストカードが沢山付いていて、
非常にお得間バッチリです。
ビン君のどの表情もかっこいいし、かわいいし★
ファンの方には是非ともお勧めです!!


ウォンビンポスターカレンダー 2003年版

(購入者の評価)
日韓制作のTVドラマ「フレンズ」で深田恭子ちゃんと共演した彼が、このウォンビン君です。
彼の魅力は、なんと言っても笑顔! 初々しくって、澄んだ瞳に心が洗われます。
このカレンダーで堪能しませう。
2ヶ月1枚のポスターカレンダー、曜日はハングルと英頭文字の併記です。


>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4