ザ・イエロー・モンキー

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 
ザ・イエロー・モンキー おすすめDVD ザ・イエロー・モンキー おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
KAZUYA YOSHII LIVE DVD BOX『LIVE LIVE LIVE』(初回限定生産)

(購入者の評価)
イエローモンキー時代、腰をくねらせその妖しい指使い?で
フェロモンビームを放ちまくる吉井和哉が大好きでした。

ソロになって、とにかく暗い、重い。
DVD『THANK YOU YOSHII KAZUYA LIVE AT BUDOKAN』あたりでも
イエローモンキーの曲もうちょっと聴きたいなあと思ってました。

アルバム『Hummingbird in Forest of Space』?このLIVE DVD BOXの
流れは、イエローモンキーからソロ活動を経て、永く彼を見続けて
来た人たちの、なんだかうだうだぐだぐだしてるなあ吉井和哉。
というもどかしさを払拭してくれる作品だと思います。

イエローモンキーの曲はもうやらなくていいから、もっともっと
吉井和哉の世界をみせて欲しい!と嬉しくなりました。
昔のような、何者か解りかねる妖しさはもうないですが、
やっぱりエロい、吉井和哉。


CLIPS2〜Video Collection 1996-1998〜

(購入者の評価)
SPARK、LOVE LOVE SHOW、BURNなど売れた曲のDVD満載。
映像もとてもカッコよかったり、面白かったりで、かなり満足のできる一枚だと思います。
特にLOVE LOVE SHOWは必見!!


PUNCH DRUNKARD TOUR 1998/99 FINAL 3・10横浜アリーナ

(購入者の評価)
当時からイエローモンキーは知っていたし、メディアを通して目にしたり耳ににてたのに。
その時もすごく惹きつけられるものがあって気になっていたくせに、なんとなく危険な香りがして
あえて近づかないようにしていた・・・
なぜか何年も経って今更ながら突然また気になって仕方なくなり、発売当時買っていたGOLDEN YEARSを引っ張り出して
ヘビーローテーション。
そしてタイミングよく出た吉井さんの自伝を読むのを皮切りにイエローモンキーの足跡を追いかけてます。

まずはライブ映像を観たい!と色々自分なりにリサーチして購入したこの一枚。
自伝を先に読んでたため、113本という絶する壮絶なステージを観ながら非常に切ない気持ちにもなりました。
特に吉井さんのインタビュー映像などは、自伝の内容とリンクして観てしまうので、渋谷さんの質問を一体どんな
心境で受け止め、そして言葉を選び答えていたのだろうかと・・・・

ライブ自体は時に音程が外れたり、声がかすれたり、ヘロヘロな姿や合間に座り込んで肩で息をしている姿など
修正や手直しも加えられていないであろう、長いツアー最終日というパフォーマンスそのものを観れます。
吉井さんの売りであると思われる怪しい独特の色気や艶っぽささえ褪せてしまってるかのようですが、それでも
鬼気迫るものが充分に伝わってきました。
このイエローモンキーというバンドがどれほど大きく、強い何かを持ったバンドかというのがよく分ります。
それだけに今となってはこのバンドの生のステージを体験するのが不可能だという事が残念で仕方ないです。



RED TAPE

(購入者の評価)
1997年という年が、ザ・イエロー・モンキーにとって一大局面だったことをうかがわせるライブビデオ。全国アリーナツアー、スタジアムツアー、ライブin UK、よくぞこれだけの仕事をやってのけた!と感服します。「ライブがいちばん好き」と断言するバンドだからこそなしえた偉業でしょう。シングル「SPARK」以降、すべてのビデオクリップを手がけている高橋栄樹による映像編集は、レトロ感あふれる映像の巧みなコラージュ。吉井和哉はじめメンバーが敬愛するUKロックの「なつかし感」を絶妙に透かしてみせていて、ライブ・ドキュメントながらビデオクリップを観ているような、ただものではない作品に仕上がっています。

ライブ帝国 THE YELLOW MONKEY

(購入者の評価)
かっこよすぎ!!まさにNo.1ロックンロールバンド!!(o^∀^o)

CLIPS 3〜Video Collection 1999-2001〜

(購入者の評価)
パッケージから意表をつきました。
イエモンらしいエロチックな下半身の持ち主は一体なんだろうと
期待してめくったら・・・・「うわぁ(予想外)」というモノが。
やっぱり彼らは、いい意味で期待を裏切るバンドだと
再認識させられました。(解散までは裏切りすぎ・・・)

個人的にはCLIPS2の方が完成度が高いようも思えましたが、
「BRILLIANT WORLD」「プライマル。」は、それを
補うに十分な楽曲でした。PV自体も娯楽性より、彼ら自身の
存在をアピールするもので、一番に楽しさを表現してました。

音楽って、”音を楽しむ”って書くんだよな・・・
本当にそういう印象で、最後のPVをこれで締めくくるのならと、
満足できるものでした。

プライマル。ばかり絶賛しましたが、BRILLIANT WORLDも
スケールの大きさがとても魅力的です。

CLIP Video Collection 1992〜1996

(購入者の評価)
個人的にイエモンのビデオクリップ集の中ではこれが一番好きです。
デビュー曲から「JAM」まで順番に9曲のビデオクリップと
ビデオクリップの撮影風景が収録されています。
どことなくシュールな映像は一度見たら忘れられないです。
買うのを迷っている人は買って損はないですよ。


メカラウロコ7

(購入者の評価)
吉井さんが伝説のライブと言っておられるのが納得の一枚!

なんか凄い妖気が漂い、何かが降りてきてるかのようなライブ。

吉井さんの佇まいも何かが憑いてるかのようで、圧倒的な存在感と

パフォーマンスです。

頭から最後まで、一つの物語みたいな感じを受けました。

選曲はマニアックかもしれませんが、これぞイエローモンキーだと言わんばかりの

ステージは見る価値大!


THE YELLOW MONKEY LIVE BOX

(購入者の評価)
「ライブバンド」だと、改めて痛感させられるボックス。そしてコンパクト。
後からのファンの方は単体DVDで集めるのもいい手だが、やはりボーナス特典はこのボックスでしか存在しない事実が、やはり痛い。
個人的には、この10枚目のために買ったと言っても過言でない。

膨大な暇があるとき、ディスク1から辿ってみると、彼らの、とりわけ吉井氏が次第に自信に満ち溢れていく様をリアルに追える。ええ、ヒーセのルックスの不変性も(笑

これから益々プレミアがついてしまうであろうこの作品。他の娯楽を少々我慢して購入できるのであれば、是非、手にとって頂きたい。星7つ。


jaguar hard pain Live’94

(購入者の評価)
「jaguar hard pain」とは元々コンセプトアルバムになっています。ストーリーを簡単に説明すると、1944年戦争で恋人"マリー"の目の前で戦死した"ジャガー"という男が自分が死んだ事に気付かず、50年後の日本で生まれ変わり恋人マリーを捜し求めるという悲劇から幕を開けるのです。それを演劇のように見せてくれたのがこのライブ。ボーカルの吉井和哉がジャガーを見事に演じています。恋人マリー側からストーリーが進められているライブビデオ「追憶の銀幕」の後に続けて観る事をお勧めします。

TRUE MIND TOUR ’95〜’96 FOR SEASON:in motion

(購入者の評価)
イエローモンキーDVDは全部持っていますが
個人的に1番すきなDVDです。
いつ観ても泣き笑いしてしまいます。
今も大好きですが、あのころの吉井さんの
綺麗なこと(*'ェ`*)ポッ
あんなに綺麗なのにパワフルで色っぽくて
かっこいいんですw
今の吉井さんしかしらない方にも
是非観ていただきたい商品です。



Life Time SCREEN(追憶の銀幕)

(購入者の評価)
昔、欲しくて欲しくて、けどなかなか売ってなくて、買うのを諦めていたビデオです。今ならDVD化されているかも?と思い、調べてみました。で、早速買ってしまいました。10年前のロビンさん、なかなかかっこいいですよ!最近の吉井さんを好きな人も、勿論他のメンバーが好きな人も、ただ曲が好きな人も・・・色んな人に見て欲しいです!特に、昔の曲が好きな人でコレ見ていない方が居たらもう是非ッ!!ちなみにファンだった当時私は14歳で、今23歳です(笑)。今見ても、「カッコイイ!」と思える内容です☆

THE YELLOW MONKEY CLIP BOX

(購入者の評価)
お葬式から早1年…、紅白のスキウタのリストで「JAM」入ってないかチェックしてしまう年末、改めてCLIP見て、1枚目の特典の自分の一番スキな「空と青…」のエンディングのメッセージ、この先一生忘れられないと思います。持っていない方、ぜひ見て読んでほしいです。
THE YELLOW MONKEY から離れられないヒトへ…。


Cherry Blossom Revolution

(購入者の評価)
彼らにとって初の武道館ライブを収めたこの作品。
年間100本以上のライブを成功させる事になるこのバンドの原点を見た気がしました。
パワーと艶かしさを持ち合わせたLOVINのヴォーカルもさることながら、
EMMAのセクシーなギターサウンド、HEESEYの歌うベース、武道館を楽しそうに駆け巡るANNIEのドラム。
特に、ライブでは初披露となった「Oh!GOLDEN BOYS」のイントロのドラムロールは必聴!!
また、ファンの間ではお馴染みとなった「SUCK OF LIFE」でのLOVINとEMMA妖しい絡みも必見です。

ブレイク寸前の彼らのエネルギーと魅力の詰まった見所満載のライブです。

また、DVD版にボーナスクリップとして収録されている「夜明けのスキャット」のPVも
素晴らしいです。
モノクロの映像が都会の冷たい夜明けを引き立てています。
それにしてもメンバー全員モデル並みのルックスですね。


SPRING TOUR

(購入者の評価)
垣間見るような内容です。曲よりそちらの方の内容が濃い感じがしました…なんだかやはりこの後に活動休止?解散の流れに向かう意味が分かるような空気が終始流れています…見て損…だけど成長しすぎたものはやがて滅びる運命にあると…そう悲しくなるような舞台裏での葛藤を延々と眺めるような内容ですが、きっとYELLOW MONKEYが好きな人には見るべき内容でもあります。よって自分自身のこのDVDを見た評価は☆5です。事実色々YELLOW MONKEYのDVDを見た結果これでしか分からないような記録の数々です。

BLUE FILM

(購入者の評価)
イエローモンキー本人の映像を期待されている方にはお勧めできません(悲)アートとして楽しめる作品ではありますが。。

>> つづきをみる

COMPLETE BURN

(購入者の評価)
THE YELLOW MONKEYの約15年を綴ったロッキンオンジャパンによるインタビュー集。そして解散発表後のインタビュー。まず、一言で中味は物凄く濃いもの。。イエモンファンの方、吉井さんがソロになってからイエモンの事も気になった方、そして何かを極めたい人にはご一読をオススメします。ホントに笑える場面もあり、(私はエマの単独インタビューが一番笑えました。吉井さんに出会ったエピソードとか…)インタビューに対するシリアスで現実すぎる吉井さんの回答。バンドとメンバーへの本当の愛情。メンバーが吉井さんに対する絶対的信頼。
解散後の「これは解散っていう名の活動なんだよ」は名言中の名言で心に強く残ってます。
元々私は、東京ドームの最後のライブDVDを見て、なんで解散しちゃったの?っと思い、購入した一冊です。でもその一冊が、極めたいものがある自分にも勇気付け、一つの事をやっていくってのは、こういう事なんだよ、って教えてくれた一冊になりました。
バンドとしての復活も願うケド、それぞれソロとして、充実した活動も送って欲しいなと思いました。
自分の生き方に戒める事の出来る一冊でもあります。
ソロになってからのインタビュー集も作って欲しいなぁ?。



THE YELLOW MONKEY 「15YEARS」

(購入者の評価)
私は、for seasons が出た時になにげなくアルバムを手にしなにげなく楽曲を聞いてました。その当時はまあ流行りだから...と大して自分に何か影響するなんて思っていませんでした。昨年発売されたベストアルバムをきっかけにずるずるとイエモンの世界観にのめり込み、現在は年代をさかのぼって勉強中でございます。そんな時にこの本!これまた偶然と言うか、音楽雑誌はまったく見ない情報薄だった私のもとに奇跡が(笑)インタビュー本が出ているぞってな感じで購入しました。読んでみて感じたのは、そこらへんの流行のバンドマンと一緒にするなよってことですね〜感性豊かで、かつロック魂もあり惚れ直しました。みなさん是非読んでみてください!

バンドスコア THE YELLOW MONKEY/MOTHER OF ALL THE BEST DISC-1 (BAND SCORE)

バンドスコア GOLDEN YEARS SINGLES1996~2001/THE YELLOW MONKEY (BAND SCORE)

(購入者の評価)
"The Yellow Monkey"の後期のシングル全曲のアルバムのスコア。どかまでもlooseな中に、細かく計算されたrock tasteが演奏しながら堪能できます。
「楽園」から「プライマル。」まで、その時その時の"The Yellow

Monkey"が訴えかけてきたgrooveを、それぞれのコピーする人間の角度や尺度で考えて演奏するといいと思います。見逃してはいけないのが、keyboardが非常にいい味を出している曲が多いという事です。

バンドスコア THE YELLOW MONKEY/MOTHER OF ALL THE BEST DISCー3 (BAND SCORE)

バンドスコア THE YELLOW MONKEY/MOTHER OF ALL THE BEST DISC-2 (BAND SCORE)

想い出のTHE YELLOW MONKEY

THE YELLOW MONKEYの飛躍 (アーチスト解体新書)

THE YELLOW MONKEY大辞典

(購入者の評価)
イエローモンキーの曲は大好きで、彼らのこともちょっと知りたいなーっていう人にはオススメです。しかし、私みたいにもっとマニアックなことが知りたいよーっていう人には少し物足りないです。

スコアブック ザ・イエロー・モンキー/スマイル

ザ・イエロー・モンキー/フォー・シーズンズ

バンドスコア ザ・イエローモンキー PUNCH DRUNKARD (バンドスコア)

バンドスコア THE YELLLOW MONKEY/jaguar hard pain 1944-1994 (バンド・スコア)

(購入者の評価)
10年以上前に出版され、入手困難となっていた
初期のスコアです。
個人的にはこのアルバムの曲は全て好きなので、
何十回繰り返して聴いたかわかりません。
再出版ということもあり、
TAB譜もきれいで見やすいです。
その他巻末付録として、メンバーごとに
各曲について機材やらニュアンスについてのコメントが載っています。
当時の写真もあったりで、何かと面白い一冊です。


ギター弾き語り ザイエローモンキー全曲集 (ギター弾き語り)

バンドスコア ザイエローモンキー シックス (バンドスコア)

バンドスコア the yellow monkey/EXSPERIENCE MOVIE

やさしく弾ける THE YELLOW MONKEY ピアノソロアルバム (ピアノ・ソロ)

(購入者の評価)
 ピアノ・・・っ弾けない私も大好きなJAMひきたさに練習を重ね
ちゃんとそう聞こえる曲を奏でられるまでになりました。
アレンジがいい?ちゃんと各パートの主要な音が拾われてるので
聞いた感じ原曲に忠実。
今はBURNに挑戦中、初心者のあなたもOK
すぐにいい気分!!請け合いです。
 


バンドスコア ザイエローモンキー フォーシーズンズ (バンドスコア)

スコアブック ザ・イエロー・モンキー/ジャガー・ハード・ペイ

THE YELLOW MONKEY―7YEARS

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4