財津一郎

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
財津一郎 おすすめDVD 財津一郎 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
気分は名探偵 DVD-BOX

(購入者の評価)
当時見ていた水谷さんが演じる役は不器用だけど一生懸命!なんとかしようとするとちょっと空回りしちゃうんだけどとても気のいいお兄さんって感じ…私の持つ水谷さんのイメージもそうでした。高校生でしたが仕草や話し方一つ一つに何だかドキドキ…圭ちゃんは母性本能をくすぐるキャラでしたねぇ!?岡江久美子さんに嫉妬してましたもん!?

探偵物語

(購入者の評価)
 薬師丸は爽やかな女子大生を演じようとはしているが、
陰鬱な暗い事件設定の救いになるほどではない。
探偵役の松田優作もかんぜんなオーバースペック。
しかし、昔の映画ってこんなものなのかも。


ジャズ大名

(購入者の評価)
 70年代の岡本喜八は、「座頭市と用心棒」「ブルー・クリスマス」「ダイナマイトどんどん」などの大作の監督を任されるようになっていたが、作品のキレは50年代後半?60年代の頃よりも落ちていたような気がしていたが、この作品を見た時にはぶっ飛んで、岡本喜八の復活に喝采を叫んだ。
 筒井康隆の原作の中でも最も上手く映画化された作品で、最後の狂乱のジャズ・セッションのエネルギッシュな演出に圧倒される。途中すこしだれそうになる部分もあるが、1時間半という短い時間にまとめたため、ギリギリのところでテンションが保たれている。
 出演者の中ではソロバンをキックボードのようにして移動する財津一郎がグッド!


白椿

親子ねずみの不思議な旅

(購入者の評価)
冒頭の主題歌が流れるシーンから独特の世界観をかもし出していて、子供が興味を引かれるなんとも言えないちょっと暗い雰囲気があります。当時小学校3年生頃観ましたが、30年以上たってから観直しても、シーンの幾つかが記憶に残っており、主題歌までもが甦ってきたのは、個人的に驚きでした。子ねずみ役の声優の子がとても良く、財津一郎や大竹しのぶ等の声優陣も豪華です。

第4作 新・男はつらいよ HDリマスター版

CHECKERS in TAN TAN たぬき

(購入者の評価)
80年代のアイドル映画にしてはセンスのいい小技が効いてて今見ても面白い。公開時は狸の可愛さに夢中の幼児だったので、大人になって見返して初めて全編にチェッカーズの原点50'sが流れる映画に尾藤イサオが出ている意味が分かって嬉しくなりました。パッと見ベタなアイドルコメディーですが、それも逆手に取って遊んでしまうのが私の中のチェッカーズ(特にフミヤとリーダーの2人)のイメージに合ってて好きです。狸のお祭りが50'sのダンスパーティーになってるのとか可愛いなあ。

DVD恐怖劇場アンバランス Vol.1

(購入者の評価)
第1話「木乃伊の恋」は、川津祐介と大和屋あつしが出演するコミカルな時代劇パートと、渡辺美佐子と浜村純が出演するミステリアスな現代劇パートが入れ子になっていて、一話で二話分のドラマが楽しめるお得な作品です。深夜の墓地で物語が頂点に達するかと思いきや唐突にエンディングという作り方には賛否があるでしょうが、いかにも鈴木清順らしい作品です。なお、この作品には、音楽とナレーションが同一で映像だけが異なる別ヴァージョンの30秒予告編が存在し、1993年にKSSから発売されたLDボックスにはそちらも収録されていましたが、残念ながら、このDVDには未収録です。第2話「死を予告する女」は、ホラーサスペンスとしての物語性よりも、不条理な死の予告に脅える蜷川幸雄を何とか救おうとする財津一郎と名古屋章の友情のドラマとして見る方が、期待を裏切られなくていいかもしれません。また円谷特撮ファンには、『ウルトラQ』の「ゴーガの像」と『ウルトラマン』の『人間標本5・6」でサングラスをかけた謎めいたヒロイン役が似合っていた田原久子が、本話では荒砂(あれさ)ゆきの芸名でバーのママ・冴子を演じているのが、楽しい拾い物となるでしょう。

ブラックボード

宣戦布告

(購入者の評価)
邦画ということで偏見はありましたが、訴えたいテーマは理解できるし、思っていたほどにはショぼくなかったです。お涙頂戴のSAT隊員殉職シーンと、香港映画みたいな女工作員との格闘シーンはちょっと、と思ったけど。ただ、自衛隊の戦闘シーンについては 「弱すぎ」って評もあるけど、恐らくあんなもんですよ。法律うんぬんの問題じゃなくて、もっと根本的な問題...。

首都消失《デジタル・リマスター》

(購入者の評価)
実は、この作品大好きです。(星は個人的点数
子供の頃テレビで見たとき、都市を怪物のように稲妻を轟かせながら覆う灰色の雲。
衛星から見た、関東地方にかぶさる異常なまでに丸い雲。
そして政治的な事をバッサリ切り取り、正体不明の雲と戦う人々。
その攻防に、ドキドキしながら観てたものです。
何より、ただの雲が怪物に変わるその怖さは一種のトラウマになっていたときもあり…。
そんな事を思い出しつつ、DVDが出たというので購入。昔の印象そのままでしたね。
パッケージも、当時のポスターの図柄を使い迫力満点。ある意味、このパッケージ通りの無意味な迫力の映画です。
当時原作を買って、中身が大人の世界に入り込むやいなや「つまらない」と放り投げたのもいい思い出。
原作ももちろん面白いのですが、映画はコレで決まりです(笑


探偵物語

(購入者の評価)
みんなが知ってるドラマの探偵物語とはちょっと違います。
ドラマは観た事ないから、比較できないけど、この映画の松田優作好きです。 不器用さがなんかいいです。

最後がシーンは印象的です。
正に熱いキスを見ました。



てなもんや三度笠 爆笑傑作集(1)

てなもんや三度笠 爆笑傑作集 DVD-BOX

多羅尾伴内

(購入者の評価)
Amazonの表記では、まるで八代亜紀主演みたいだが、彼女はあくまでゲスト出演。
小林旭が監督しているわけではない。作品の出来は片岡千恵蔵のシリーズを踏襲していて、
リアリズムを求める方には不向き。かなり荒唐無稽な描写もありますから。
なお、この映画は、例の決めゼリフに不適切な表現が含まれていることから、現在では
地上波テレビでは放送される可能性がきわめて低いので、この機会に片岡千恵蔵主演作
とともにコレクションしておきたいと思います。


淋しいのはお前だけじゃない

(購入者の評価)
 70年代から80年代にかけ、山田太一、倉本聡と共に、TVドラマ界をリードした市川森一による、あの「傷だらけの天使」と並ぶ最高傑作。その作品を愛するあまり、“○○史上に残る傑作”という表現を使って、贔屓の引き倒しをしてしまう事があるが、今作は、正真正銘、TVドラマ史に燦然と輝き、いつまでも語り継がれる傑作だ。市川ドラマの魅力とは何か。前述の二作品に脈動するイズム、それは、社会の中で、堕ちこぼれ、どうしようもなくみっともなく生きている者たちへの共感であり、優しさであり、可笑しさであり、切なさであり、激励である。西田敏行扮するこのドラマの主人公は、ちんけで狡猾でくたびれた零細サラ金取立て屋。怒鳴られても何も言い返せない妻の泉ピン子は場末のキャバレーの売れないホステス上がり。汚い男西田が、瞬時良心を取り戻すきっかけとなった木の実ナナは、広域指定暴力団幹部を捨てた元愛人。多額の借金を抱え、借金返済と生き延びるための旅一座の役者たちも、皆西田の元客で、サラ金に手を出しながらそれを踏み倒し、世間から逃げている者たちだ。正に、社会の敗残者と言える人たちの、悲喜こもごもの人情劇が、斬新な構成とカメラ・ワーク、照明の中、ケレン味溢れる演出と共に展開される時、臆面もなく熱い感動へと誘ってくれる。例えば、極めつけの傑作エピソード第9話「切られ与三郎」の、フェリーニの「道」のジュリエッタ・マシーニを思い出させる泉ピン子の健気さと、西田敏行の沈痛さを見て欲しい。ラスト、「みちのくひとり旅」に乗って、舞台上で踊る西田に、“ニッポンイチ!”の掛け声を入れながら偽物の万札を投げ入れるピン子の姿は、涙なしでは見られない名シーンだ。

ションベンライダー

(購入者の評価)
1983年の相米慎二監督作品。
押井守監督のデビュー作、「うる星やつら―オンリー・ユー―」と同時上映された。
押井監督が褒めていたので、観ました。

まず最初がいきなり8分間の長尺のショット。
このロングショットが、次から次へと続くので、役者側は必然的に演技の失敗が許されません。
ワンシーン・ワンカットではないけど、ワンシーンでのカメラの切り替えは極めて少ないです。

それと、相米監督らしく、中学生の河合美智子の胸が見えるショットが少しあります。

後の台風クラブとかと比較すると、ちょっと荒唐無稽かなという気がします。
ATGというよりかは、パゾリーニとか、日活の映画みたいです。
押井監督から言わせると、「映画になってる」みたいですけど。

永瀬正敏のデビュー作でもあります。


落葉樹

(購入者の評価)
 母親への限りない慕情を、旧家の没落とともに描いた本作品、遅くに生まれた末っ子という設定から、母子間のつながりがかなり強調されているように思われました。子役と並ぶと、祖母と孫にも見えてしまうところを、さすが乙羽信子といったところでしょうか、乙羽が演じる母親は、日本人の抱く理想のお母さんといった感じで、立派でした。欲しいものを買ってもらえずだだをこねる子供に見せる表情や、家を手放す羽目になった夫(財津一郎)の無力さに対し、子供が感じるであろう理不尽さを、黙って見守るしかない複雑な胸中など、印象深いシーンもありましたが、驚かされるようなシーン(入浴)にも出会える不思議な作品だと思います。住み慣れた屋敷が解体される場面は、木造家屋のきしむ音がリアルで、胸が痛みました。あと、あえてモノクロにしなくても良かったのではないかと思いました。

NHK連続テレビ小説 天花 完全版 1

(購入者の評価)
主人公・天花を演じる藤澤恵麻さんのことはモデル時代から知っていました。演技はまだ少し棒読みだなという感じはしますが、演技経験もなくいきなり主役というプレッシャーの中よくがんばっていると思います。恵麻さんは声がやさしく、瞳がきれいで天使みたいです。そこが天花に選ばれた理由なのかもしれません。

ストーリーとしてはおもしろくもつまらなくもないという感じです。脇役を豪華な役者さんで固めてありますが、それぞれを生かしきれていないのが残念ですね。ヒロインは今までにないタイプだと思います。朝ドラは恋愛も夢も自ら進んでいくというヒロインが多いですが、天花は何事も受身ですね。もう少し主体性があるともっとよかったかな。

NHK連続テレビ小説 天花 完全版 DVD-BOX 第1集

(購入者の評価)
ここでのレビューのように評価が両極端に分かれる作品も珍しいと思いますが、私は高く評価しています。脚本が悪いとか演技が下手だとか言われる方がいます。確かに話の流れが悪く、始めのうちは完全版ではなく総集編を見ているような気がしました。ヒロインの演技もベテランの役者と比べたらいくらでも批評できるところがあると思います。しかし、逆にその素人らしさがこの作品の最も重要な要素ではないかと思います。現実の世界ではおそらくほとんどいないだろうと思われる純粋無垢なヒロインの姿に私は癒されました。それだけでこの作品は価値があるものです。この手の作品にリアリティは必要ありません。理屈を抜きにして貴方も素直な気持ちで鑑賞してみてください。きっと心が癒されるはずです。

>> つづきをみる

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4